SSブログ

第858回 たかじん委員会 見直し特集 大体全部見直すべき [授業]

 さて今週もたかじん委員会系のお話で行きます。(特集内容によってはたまにやらないけど。)
 今回は世の中の様々な事を見直す必要があるかどうかについてでしたが、不倫議員は割かしどうでも良くて、あとは大体見直す必要はあるでしょうね。 今回はその中から幾つかに関して話をしていく予定です。

 さて豊洲市場の渋滞は特に問題ないようですね。(他の問題は継続中のようですが。)ただそれもたぶん初日の渋滞の影響を見て、業者さん達が直接市場に集まらないようにした結果かと思われますね。という事で結果的に業者さん達に負担を押し付ける形で渋滞問題が解消されたことになり、豊洲市場の根本的な構造上の問題が解決されたわけではない状態で一応の解決に至っていると見るべきでしょうかね。 あとは場所ごとが非常に分かりにくい問題が未だ続いているようで、初期の段階でこれらの対策は出来たはずなのに取ってこなかったのは建物設計においての痛恨のミスでしょうね。もう少し分かり易くする事は2年もあればいくらでも出来たはずですけどね。

 されではゆるく本題に行きますが、大体の事はこれまでにも語っている事が多い内容ばかりなので、緩めで行きます。
 ふるさと納税は半ば無視して、就活ルールに関しても世界基準に合わせる形を取るのであればそれで良いでしょう。というか事実上形骸化している状態でルールを守りましょうと言ってもあまり意味無いですしね。 それで日本国内において日本の若者の就業率が落ちたら日本で会社がやって行き辛くなるのですから、その辺の塩梅は会社が見極めないといけないでしょうね。利益や技術力だけを追求しての資本主義社会一辺倒で行くと、日本の経済は確実に潰れる事になるか日本でもアメリカのトランプのような人が政治で暴れまわる事態になりかねなくなるだけでしょうからね。 ついでに普通の人材力においてはロボットも台頭してきていますし、このまま資本主義で行けば確実に待っている未来は貧困層の大幅拡大における経済の停滞化が巻き起こるだけでしょうね。バカな教育制度のせいで若者が就職に辿り着けなくなって、物の消費が極端に落ち始めて利益重視の会社が日本から離れて行ってのマイナスのスパイラルにより経済がどんどん低迷していく事になるという未来が透けて見えそうですね。 ちなみにここで言う経済というのは一般的な全体の方ではなく、その国における国民の経済率ですね。生活水準の大幅引き下げと言っても良いでしょうか。 まあこれは生活保護のシステム系にも絡んできますが、資本主義と利益主義による雇用が蔓延していくと、そこから蹴落とされる人々がどんどんたまっていく事になり、そしてそれが国の経営や経済に暗い影を落としていく事になる。要はお金を使える人の数が減っていく事になるわけですから、必然的にその分だけの消費も減っていく事になりますからね。当然の結末ですよ。
 基礎研究に1人に1億とか分配するのと同じようにお金を集中的に使うとそこだけしか消費の発生源が生まれずに、次第に経済は擦り減っていく事になるのです。人材を育てる事を資本主義で止めてしまえば、消費者の絶対数が減っていく事になり、それはひいては物を消費してくれる数自体も減っていく事になる。そうなれば経済が低迷するのは自明の理だと考えますがね。
 まあこれを資本主義社会ではない形で実行するのであれば別に何ともないのですが、資本主義で利益主義のまま行えば必ず生み出されるのは、そこから蹴落とされて捨てられる人達です。そしてその捨てられた人たちの何割かが確実にこの世界や社会に対して酷く恨みを持つテロリストになっていくというわけですね。 つまりこの流れでの雇用の一極化が進めば、それに伴って増えて行くのが世界のテロリストたちという構図になるのですよ。つまり資本主義社会がテロリストを生み出し育んでいるというわけですね。 というか日本での暴力団もテロリストと同じ理由で誕生しているわけですしね。姿形は違えども、どちらも同じ理由からこの世界に誕生している存在で、その根源を断とうとしない限りは永遠に無くす事は出来ません。

 それで生活保護に関しては私の見解はいつもの通り最善の形が衣食住最低保障というので私は決まっていますね。これは年金システムとの合体の形でもありますから、今回のパネラー陣の話から統合させても私の考え方のシステムが最善であるという事は言えるでしょう。 不正を発生させず無駄も行わせずに誰もが気軽に利用できて基本的な生活環境が守られるこの制度でならば、今の様々な問題を一掃する事が出来るでしょう。ああ、ちなみに医療費は無料にする気は無くて、専用ポイントでの消費体系に組み込ませます。ちなみに医療に関してのみほぼ無限に使用可能(ポイント残りに関係なく可能)ですが、その代わりに翌月以降の支給ポイント量を減らしていくだけにしますからね。別にこの制度ではポイントを使わなければ生きて行けなくなる事ではないその他のお金的な意味合いとなるので、基本的な医療に関してはポイントを使い切っていた状態でも問題なく利用できる形にする事が可能です。(翌月以降の使えるポイント量が減らされるだけですから。(笑) まあ負担割合はその時の状況で考えますけど。)
 そして衣食住最低保障であれば、いくら資本主義で利益重視の会社体系が増えても基本的な生活に困りお金が無い人がいなくなるわけですから、問題なく機能させ続ける事が可能ですし、特定の技術への習得に関してもたっぷりと余暇時間が出来るわけですから、習得しやすくなって会社などに役立てやすくなるでしょう。まあそもそも独民においては教育体制も一新させますから、そもそもの話で就職などに関して海外の学生等にも負ける恐れがほぼ無くなるでしょうね。 今の時代直接社会の仕事に対応していない事ばかりの教育体系など時代遅れだというのに、いつまで旧時代の教育体制を貫き衰えていくのでしょうかね日本は。

 そして最後は現金主義に対する事でパネラー陣は批判的な意見が多かったですが、見栄や見た目とかは古い考え方ですよね。それに電子マネー等は盗まれやすいと言っていますが、現金でも普通に盗まれたり強盗などで大量に奪われたりしていますし、日本における現金等の落し物の額は毎年数十億円にも及んでいるとかで、とても現金持ちの方が安全とは言い難い状況になっている現状を知らないのでしょうかね? まあ盗み系に関してはどっちもどっち的な感じが正しいと思いますよ。要はきちんと守る為のセキュリティ系統をきちんとしているかどうかという話ですからね。 さらに言えば、電子マネーは災害時等に使えない事が多いと言われますが、災害時等に財布持って出かける余裕がそんなにいつもあるのでしょうか? また災害状況によれば紙幣等がボロボロになって使い物にならなくなる恐れなどもあり、その意味における損失額は現金の方が大きい状況になるかとも思えます。 まあ災害時に電子マネーが使えないというのは、そのレジ系統のサブ端末の小型化や再生可能エネルギーの増進と普及率の上昇によっていかようにも防いで行く事は可能です。要は今の災害にとても弱い体制が日本で存在しているから使えないと思っているだけで、実際対策等を万全に出来れば、現金よりも遥かに安全でかつ使い勝手の良いお金の体系という事になるでしょうね。 あとは災害時に盗人に盗まれにくいという面もあるでしょうか?
 あと電子マネー等に関して海外での普及率は高いが盗まれる率も高いから問題だという件に関しては、その国だけで使える電子通貨体系にすれば、海外などから盗まれる可能性自体を大幅に減少させる事も出来るでしょう。つまり、他の国のお金や他の電子マネーからはこの通貨に換金したり逆にする事が出来ず、その国のみで特定の所でのみ使う事の出来るお金の体系にすれば、盗まれる心配は大幅に減少する。ちなみにその場合では、国内でのみそのお金が渡される仕組みにして、使える場所も大金が発生するような所ではなく、一般庶民が普通に利用する所に限定させれば、そもそも盗む価値自体が薄れる事になる。たとえ盗んでも自由に使えず大金系トレードに使えないお金なんて犯罪者にとってみれば無価値でしょう? ちなみにその体系を組んでいるのが、衣食住最低保障でのポイントにあります。ちなみにあれでは普通の買い物の使用には基本よりも高いポイントが必要になる為、大量に盗んだとしても二束三文以下にしかならず、毎月一定数自動支給されるので、交換レートも発生しにくい。(ほぼ使えない物に何を使う?)
 あとは基本的な国の電子マネーの形を作る日本で言うならばネットマネー円を作成して、現金の円と似たような体系で使用できる電子マネーを作り上げれば、通貨としての安定性や利便性良く使用して行ける形になる。 その為の利用媒体の普及に関しては国が支援する形にして、まんべんなくすべての店舗等で利用できる形に尽力すれば、電子マネーの普及率も高めやすい状況になるでしょう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 たかじん委員会~終了~社会全体見直し
















 さてそろそろTV関連の話に行きますかね。視聴時間で受信料が決まる新たなTVの受信料体系の話をね。 これならば、あまり見ない人はほとんど支払わなくても良くなる。逆に良く見る人でも上限は決められるので、好きなだけ見たい所に見た上で満足のいく形の受信料支払い体系に出来る。 要はその支払いが納得できる形になるかどうかの話であり、TVを見るからには必要な動作になるのであれば、不払いを起こさせなくできる仕組みにもなる。 というかこの体系は、全てのリース等にも使える仕組みになるのかな? END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント