SSブログ

第1021回 車へのリレーアタック物理対策法 +AI殺戮兵器に対する考え方について [授業]

 さて今回は今日のビビッドにて話が出ていた車へのリレーアタックの被害とAI殺戮兵器に関する危険性の話に対して、前半は物理対処策を後半は止めるのではなく殺戮させない考えを推して行くべきという話をしていきます。 ちなみに車に関しては、盗んでくださいと置く形にしているのが悪いのですよ。利便性と性善説では何も守れないし防げませんよ?

 さて時事に関しては、沖縄がようやく安倍総理の行動に対して民主主義を無視した行為やら破壊する行為やらの考えを出しましたけど、遅すぎですね。少なくとも数年ぐらいは遅いと言える。
 ただ、それをバカのさえずりで言った所で安倍総理は何とも思わないでしょうね。沖縄の意見はどうでも良いと考えて、沖縄県民という日本の奴隷は口答えするなというのが安倍総理の本心でしょうからね。だからこその話し合いを一方的に無視し続ける行為をひたすらに続けるのです。沖縄には日本と話し合う権利は何も与えられていないと言っているわけですね。ただ奴隷共は黙って総理の言う事だけに従えばよいと安倍総理は思っているでしょうね。現在それを体現しているわけですしね。 それで一方的に反対意見等を行動で封じて、悔しがったり悲しそうな顔をするたびに内心笑顔でほくそ笑んでいるのでしょうね。安倍総理の喜びは沖縄を破壊する事なのでしょうからね。 そしてついでに欠陥米軍新基地にて、大爆発等を引き起こさせて、米軍人諸共辺野古を無に帰そうと企んでいるといった感じでしょうかね。そこに住む沖縄県民達も大量虐殺させる目的で。
 だってそうとしか考えられないようなこの状況でしょ? そういう風に邪推しても結果行動として安倍総理はそう行動しているわけだし、私の考えも数ある未来の一場面になる可能性があるという事ですね。
 まあ相手は民主主義を否定して一方的に支配しようと行動している沖縄にとっての侵略者ですから、それに対して物理的な防衛行動に出るのは、日本の専守防衛にも当てはまる行動になると思うのですがね。それで事実上でも安倍総理が国民との民主主義を否定したが為に守ると言っていた沖縄県民達と内戦するような状況になったら、世界はどう見るのでしょうかね? そこで、日本政府が国民に対して虐殺のような事でもしてしまったら、どういう状況に変わるのでしょうかね? それもG20が始まる前辺りで起きたりしたら? まあそうでなくても例の黒い作戦にて、沖縄県民に負傷者が基地建設の警備部隊に一方的に負わされるような事があれば、それもまた大問題として安倍総理に悲惨な状況となるのでしょうかね? 特に今の選挙タイミングでやったら、日本各地の選挙にどういった影響を与える事になるのやら? ふっふっふ… 私ならそれら込みで狙ってやりますがね。沖縄に一方的に侵略しようとする輩共を排除する為にとか言って。 別にそれで物理的に勝利する必要はありません。行動した段階で政治的に政府がほぼ負けるだけですからね。 ついでに私だと、代替案も持っていますから余計にね。

 それでは沖縄の今後について熱く語った所で本題の話に移って行きますけども、車へのリレーアタック防止策は結構単純ですね。電子キーだの物理キーだのの話ではなくて、駐車場所に対する施しの話ですからね。
 それでそのリレーアタックやら名称ちょい忘れましたが電波のコピーする機械でやる方法等を防いで守る事の出来る対策法としては、車等を物理的に囲って守れば良いのですよ。個別型の車庫みたいな形でね。ただそれも、普通に漫然と存在する物ではなくて、地下に収納させる形や囲いが地上から生えてきて守る形にすれば良くて、それらの動作システムを建物からの電動機械的な形にして、それの操作の認証システムに指紋や網膜で認識させて基本的に建物の場所からでしか操作できない仕組みにすればよい。(ついでに直接の囲い本体の方にも同様のシステムを付けておけば、建物に何かあっても操作可能に出来る。まあその際のさらなる安全システムは長いので説明省きますが。)
 それで基本的には車の駐車スペースに車を置いた後、そのシステムの一時的な登録や本登録などをして、車を守る為に地下に格納させる形か地上に囲いを出現させて物理的に移動させられないようにするのかの2種類が選べます。 まあ地下の方が安全性はより高く出来ますが、単純に車だけを盗まれないようにするのなら、地上囲い型でも十分です。 これらの判断は個人の考え方や高級車などを置く可能性がある場所の管理者達が方法を決めれば良いだけですね。
 こうやって物理的に車を囲って守るようにして、その囲いを外す方法として指紋認証等のシステムを建物側等から操作出来るようにすれば、基本的に簡単に狙う事は不可能に出来ますよね? そしてこの形ならそこまで利便性を失う物でもありませんし、車とその中の物の安全性を考えたら、この対策方法が現状強いと言えます。
 まあそれ以外の方法としては、簡易固定式でこれまた地上の駐車スペースから発生する形で、車を止める車止めを車体にぶつけない程度に大きくタイヤ部分を囲う程度に発生させて、動きにくくまた無理に動かすと傷がついてしまうという形にすると、盗みにくくする事にも出来ます。
 また、警備用の巡回ドローン等を用意して、チェックさせたり、顔認証機能による車とその運転者の顔を同時に認識させて、それ以外の運転者が乗っていた場合にはその駐車場から出られないようにするシステム等でも防げるように出来るでしょうね。 まあその他いくらでも対策する方法はあります。別に車側のシステムや鍵の取り扱いに任すのではなくて、その駐車場がある場所側に対策を施す形が1番手っ取り早いのですからね。 ホテルなどであれば、お客様の預かり物を正しく守れるようにするのは義務のような気もしますけどねぇ? 特にそれが高級車などで来る人も狙うような場所であればなおさらねぇ?

 車も1つの財産の形である以上、それを地上の駐車場でただボケッとのさばらしで放置させるのは、犯罪者達に好きにしてくれと言っているようなものです。 それを性善説でやらないだろうと考えるのは日本人の悪い癖ですね。まあ現状そこに関しては世界も似たようなものですが。

 さてもう1つは世界でも危険視される核兵器等に続く新たな人類の脅威になりそうなAI兵器による完全自立行動型のAI殺戮兵器に関する話ですけど、AIによる無人兵器を軍事的に活用していく動きは人同士での殺し合いを間接的に防いで行く事に関して見ても、率先して取り入れようとする国はいますね。その動きや流れを止める事はほぼ不可能で、それを否定しようとしても、それなら人同士の殺し合いや大量虐殺の方が良いのかと言われれば、それも否定せざるを得ないでしょうし、結局の所それらAI兵器に関する事で批判する事は出来ないのですよ。その存在を否定しようにも、それが無くても世界は戦争で満ちており、人同士での銃などの兵器を使った殺し合いは日常的に起きており、またテロリスト等もそれらを使ったテロ攻撃も普通に起きている状況においては、AI兵器が無くても現状況は何も変わらず、むしろ悪化する事の危険性もある状況で、何の意味も無い状況にあります。 あと「テロリストたちが持ったら~」とかいう意見に関しては、AIのシステム系は結構普通になってきているので、メカニックや電子工学に知識のある者がテロリスト内に居れば、普通に自力で作成してくるでしょうから、それに対して何の対策もせずに世界が出来ないならば、テロリストも出来ないなんて幻想を抱くのは止めた方が良いです。 入手して作ろうと思えばいくらでも作れるこの今の世界ではね。 だからいまさらそんな否定議論には何の意味も無い。
 それが無ければ平和にとか馬鹿な幻想を語るバカが多いけども、それなら今は世界的に見て平和ですか?と問いたいですね。世界で戦争の行動は起き続けて、テロも起きまくるこの形が平和だと言えるのなら、存在を否定しても良いでしょうが、そうでは無いのなら、その言葉には何の説得力も無い無能な発言でしかありません。
 現状存在していく物の存在を否定しようとも、作り上げる人々はこの広い世界に必ず存在して、無謀な平和論語って人を使って殺し合う方が良いとかいう奴はただのバカな偽善者でしかない。

 現状その存在を防いで行く事が出来ないのなら、AI兵器においての世界の決まりとして、人を人として認識できる状況では、その人は絶対にAI兵器の自動行動では殺しては行けず、殺傷しない所(五体満足に動かせるレベル)での行動封じか身柄の拘束で動けないようにする所までを条件に設定するように出来れば、民間人などへの誤作動含めた虐殺行動の出来るAI殺戮兵器にはできないようにする事は出来るでしょう。 AI兵器の攻撃対象をあくまでも人や生物以外の存在に対してのみ圧倒的な攻撃力を用いて倒せる形の兵器形式にすれば、世界が恐怖するような最悪の形は避けられるように出来る。 ただし、この形においては、人を認識できる状況での殺人攻撃は不可であるというだけで、戦車などに乗っていたりして見えない場合には構わず攻撃して良くて、戦艦などにおいても人に当てずに戦艦自体に攻撃を当てる形であれば可能という事であり、ついでに建物等にも攻撃可能という意味となり、最悪は防げるけれども、基本的には兵器としての意味合い強い形に残せる。 あとは攻撃意思のない物体等には攻撃できない等の決まりも含めれば、民間人の建物には攻撃させられなくする事も出来るでしょう。

 それでこれを破る形にしたら、世界から総攻撃を受けても仕方ないという形で約束を世界で交わせば、世界を制覇する気が無い限りは無茶な行動を起こさせないある程度の抑止効果にさせる事が出来る。

 あとAI兵器は攻撃だけでなく、防御での守りの意味でも強い働きを持ち得て、一般的に戦争攻撃兵器として見られがちだが、防衛防御用として侵略攻撃等からテロリストたちの攻撃に対して防いで行く形に対しても強い力を発揮して行けるので、それを完全に否定するのは悪い流れでしかない。特に戦える人の数が少ない所において多くの民間人などをテロリストたち等から守ろうと考えたら、AI兵器での防衛用兵器を量産させて自己防衛できる形にして守って行く形が結果的に多くの人の命を守って行くようにも出来るので、後は全部使い方次第である。
 AIによる完全自立行動型とは言っても、その行動パターンによる指示を人が行うのであれば、結局それは人が介入している行動にほかならず、それが人によって動かされるかその命令行動を受けたAIが自立行動するかの違いなだけで、本質的な状況は何も変わっていない。 これがAIが全部自分で何の人の忠告や意見を聞かない上で出した行動原理であれば別なのだが、そこに少しでも人の考え方による行動原理が存在するのでは、それは人の行動命令による行動の形として、動くのが人から機械に変わっただけでしかないのである。 それで機械をAIを否定するのは道理が違う。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 リレーアタック対策~終了~AI兵器





























 私のAI兵器に対する考え方では、基本的に人は絶対に殺させずに、最高でも身動きを封じて閉じ込めて生きる事だけ与える形にして、それ以外の敵対して行動してくる敵兵器だけを無慈悲に攻撃し続けるAI防衛兵器が私の考えの基本ですね。
 最終的には戦争の決着の付け方も、AI兵器による戦争に終結が決まった時点で終了して、人同士の戦いも無く粛々と手続き等が取り決められていく形にして行けば良い。 それで虐殺が始まったら、世界から敵と認定されて集中砲火を浴びる形にしたら、そこまでバカな行動を起こす国はほとんど無くなるでしょう。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント