So-net無料ブログ作成

第1179回 報道特集特集 香港民主主義運動問題 民主主義VS独裁共産 [世界問題]

 さて今日は普通に報道特集での話をベースに行きますが、基本的には人権無視する中国への批判内容過多ですな。最悪香港を発端に第3次世界大戦が開かれる可能性もあるので、その辺の話が主ですね。 まあその状況で第3次世界大戦となったら、=核戦争勃発ですよね。

 さて時事に関しては、昨日の報道でまた沖縄に米軍ヘリからの落下物がやってきた事で副知事が厳重抗議をするという戦いが繰り広げられていたようですが、基本的には沖縄にあれだけ民間地区に隣接する状況でアメリカ軍が軍事訓練やっていれば、偶発的にでも起きる可能性は普通にあるでしょうね。 それは米軍に限った話ではなく、日本の自衛隊でも似たような事は結構起こしているわけですし、町中を飛ぶ際の宿命のようなものですね。 そう言えばオリンピックに合わせて飛行機が東京の街中を飛ぶという情報があるのですが、今後は沖縄を遠巻きに見ているだけには済みそうにないでしょうね。対岸の火事ではなく、東京にも同じようにやってくるのだとすれば、沖縄が常に抱えている危機感にも察する事が出来ると思うのですがね。
 私の理論で言えば、基地を陸地の上だけに限定する必要はないわけですから、私の理論で考えれば早くに沖縄から危険は除去できると思われるのですけどね。 ちなみにそれは今後の東京にも当てはめる事は可能。海のど真ん中に空港を作れば良いだけの話ですからね。日本の造船技術があれば普通に建造させる事は可能でしょうしね。
 報道特集の後編でも話されていたF-35Bの離着陸が可能な装備の船が作れるなら、普通に可能な理論設計のはずですからね。
 ついでに私の考えるカタパルト方式ならば、全ての長い滑走距離が必要な航空機の移動距離を大幅に縮めさせる事ができ、それは着陸時にも使う事の出来る場所的エコな形にさせる事も可能です。ついでに言えば、カタパルト方式だと、燃料消費量も現在の形から減らす事が出来ますしね。

 あと韓国はいろいろ日本に対して挑発行動ばかりの反日続きですけど、こうなったら徹底的に動かざること山の如しで対応した方が良いでしょうね。韓国側から日本に対して日本の謝罪がある場合は正式に受け付けるという対応があって今までの非礼行為を謝罪する気持ちもある状況になるまで、動かずそのままの状況維持に努めて、日本からはこれ以上動かないという態度で行った方が良いでしょうね。
 それはアメリカに何と言われようとも行動方針は変えないという状況として、少しでもこちら側が早く軟化すれば、韓国はまたつけ上がり問題が続けられるだけで日本に何1つ良い事はあり得ないでしょうからね。それをアメリカにも伝えて、頑なな態度で韓国と対話していく方向性で行った方が良いでしょうね。謝罪を受け入れる気のない韓国政権と対話する意味は微塵にもありませんからね。
 まあそれで民間的には韓国は反日でしょうが、日本は関係無く民間の心から動かして反日では損をするという方向に動かせれば、良い方向に持って行きやすくなるのではないでしょうかね?
 まあ韓国の国民たちは、今は反日メインよりも文政権の不祥事に夢中のようですけど。

 さてそれでは報道特集の香港の民主主義運動での大バトルに関する内容を行きますが、基本的にこの戦いは香港が周りの民主主義国と連携して中国との本格的な対立軸に持って行く流れにしないと、香港人側の目指す勝利はあり得ないでしょうね。
 つまり中国とは決別する意思があるのかないのかによるという所も大きいですね。それは1国2制度という温い状況でいずれ中国カラーに染められる制度ではなく、はっきりとした独立か他の民主主義大国の庇護下に置かれる形での独立自治権が与えられる形の所にまで持って行けないと、香港の人達が望む民主主義化における香港の存続は難しいと言えるでしょうね。
 そしてそれは基本的に中国との戦闘あるいは戦争が最低でも1回は無いと達成する事が出来ない話であります。現状のまま香港の自治権と民主主義を認めさせる形は中国の国内支配下においてはまず不可能であり、中国政府は武力もしくは経済的弾圧によって香港の力を落として制圧していく流れにするでしょうね。基本的には今香港は中国の植民地支配を受けているに該当する状況にあり、そこから中国がさらに支配権を強くして香港人の人権をも完全に奪い去ろうと行動しているというわけですね。
 そもそも中国国内において人権というものは存在せず、中国の独裁共産党によって気に入らない人物は極秘裏に処分されたり不当逮捕される事は普通であり、一般的な民主主義の国で普通の人権は中国には存在しない状況にありますからね。
 故にその中国に反発する者は次々と消されていき、中国の恐怖政治に付き従う者だけが生き残れて、その腐敗の権力に可愛がられる者だけが裕福な富を得られていくだけの状況ですからね。
 まあその状況だから、権力者の国のトップが変わる度に不正撲滅と称して、粛清劇が行われるわけですが。そのトップと敵対して争う者達が消されていくわけですね。これ自体は北朝鮮でも似たような状況で、中国がそれとは違う所は即銃殺刑とかの野蛮な行動に出ない事ぐらいですかね。
 それやると世界から除け者にされますからね。例え経済大国だったとしても人権的に世界とは思いっきり受け入れられない状況が横行しているならば、民主的国には無理でしょうからね。

 だからこそ中国が香港に対して武力制圧による第2の天安門事件を引き起こした時には、今度こそ世界との軋轢が強く生まれて、最悪第3次世界大戦が引き起こされて、その中での米中の戦いから核戦争勃発にまで歯車が回る可能性があるという状況になるわけですね。
そりゃまああくまで平和的に民主主義を訴えるデモをしている人達に対して、いきなり武力でもって民間人を虐殺していくような状況になったら、民主主義国に対しては平和的にしていようともいきなり武力でもって攻め入る事と同義になってきますから、そういう民主主義国にとっての明らかな脅威は早めに世界から取り除こうという事で行動に出るようになるでしょうからね。
 まあその最悪の未来があるからこそ、中国も現状迂闊には動けないわけですよね。人権的な大量虐殺をしての世界的印象が悪くなっても今の経済的な行方からすると終わりでしょうしね。
 何せ経済大国と人口長者の行方がそろそろ変わって来そうな状況にあり、インドやアフリカが取って代わりそうな勢いで伸びてきているようですから、中国の経済大国の繁栄が脅かされるようになる事態を速める行動は、中国としても現状はしたくないでしょうし、取り敢えず圧力と静観で事が過ぎ去るのを待ってから、一気に落としにかかる方法にするつもりなのではないでしょうかね? 香港との対立都市を作っていて、香港の力を弱めた後に完全制圧で他の少数民族弾圧の様にして行くつもりなのでしょうしね。
 まあ基本中国は独裁国家なわけですし、現状況下のままでは香港が食い尽くされるのは時間の問題であり、それを理解している香港人も多く、脱出計画で行動している者も出始めてきて、その現状が大きくなれば香港は終わりを迎えるでしょうね。

 それを回避したいのなら、他の民主主義の国の属国的扱いでとりあえず我慢する道を選ぶ辺りが現状での最善の手となるでしょうかね。その上で、中国情勢での中国の勢力が減退するまで待ってからようやく独立を目指す辺りが香港の民主主義を取り戻す地点になるでしょうかね。
 もしくは可能性が低いですが、本格的に軍事クーデターを引き起こして、中国との戦争で防衛しきって中国が諦めるまで防衛戦を繰り広げる事が出来れば、単体独立も可能でしょうが、そこまで現実は甘くないですからね。
 何かを守る為には時に戦わなければいけないが、安全策で行くなら支配権を中国以外に一時的に譲渡させて、そこから独立に向けて再度行動して行く必要があり、危険策で行くと中国との本格的な戦争が待ち構えているという事になりますね。
 あくまで平和的を貫きたい場合は、他国に香港を一時的に売って、多額の利益を渡して香港を中国から守ってくれるようにお願いする事でしょうかね。 今の日本とアメリカの関係のような状況にする事が、香港にとっての最善の平和的な戦いになるという事でしょうかね。
 あくまで香港存続での民主主義を目指して行きたいのならばですけどね。

 土地は関係無いというのであれば、脱出して保護してくれる所で経済利益での見返りを渡して、新たな新天地で頑張るという方法もありますけどね。
 方法は少ないようでそれなりにありますね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~香港





























 まあ最近はデモが強い国が目立っていますね。そこが必ずしも民主主義では無いという事も相まって、目立っていますね。
 基本的に民衆の反対系デモが起こるのは、その国が民主主義ではないからという事もありますね。 国会討論や議論の場にそういう意見の人達の意見が出されないから声を上げる必要が出てくる状況になるので、それは必ずしも民主主義の正常な状態ではない事の表れともなりますね。
 だって、その声を上げる事を政治の場で言論弾圧している事になりますからね。そんな国は民主主義ではない。
 それが人種的な問題である場合、お互いに本気で仲良くしようとしていないか片方が仲良くしようとしていないから発生している状況であり、その状況下で意見をまとめる事は不可能に近く、何かしらで対立が発生している場合はその状況下で無理やり仲良くする必要は無いと見る。
 仲良く出来る者達だけで仲良くして、それ以外はそれぞれ分かれた方が余計な戦いを発生させずに済む。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。