So-net無料ブログ作成

第1183回 休息 海上高速輸送 バンジー・カタパルト式 +地下高速輸送 [休憩]

 さて休息回ですね。今回は普通に休息がてらに新幹線の高速輸送に似た感じで、地下や海上での荷物の高速輸送のアイデアの一部を紹介します。

 さて本日の時事は…特段無いですね。日韓の事はいつものことだし、日本の大臣等の新人事に関しても、特段今気にする事は無いですからね。そこら辺は全部1人の人が決める事ですし、一般民衆には民主主義と言えども触れる事すらできない出来事ですからね。
 まあ私の政治スタンスではそこもかなり違いますがね。私のやり方では完全に適格者しかなれない選び方になりますからね。それも大勢のカメラ報道記者が所狭しといる状況下で。

 さて時事で話す事が本当に無いのでさっさと本題話して休み(本音)ますが、まず話が簡単な地下の方ですけど、単純に高速の物資や荷物輸送の形だけならば、道路を新しくしていくついでにそういう機構を道路に沿うように地下に埋めて行くようにすれば、荷物だけの単体輸送の形なら比較的楽に作り出す事が出来て、地上の影響を受け付けずにまた事故の影響もほとんど無くて高速に輸送させられるように出来るので、地上方面で何かある可能性が高い場所ほど効率的に機能させられるのではないでしょうかね?

 そして海上の方ですが、こちらはレールとか道路とかは無いので、かなり豪快な輸送方式になるのですが、1つは物資や荷物輸送だけならばバンジー式として、海上航行も可能な輸送用コンテナに強力バンジーの紐等を付けて、ジェットコースター等でも使われる電磁式や後の仕組みのカタパルト式に爆発火力等による瞬間速度的火力で横方向に吹き飛ばす形(正確には放物線を描くような形。)で勢い良く吹き飛ばして、海面に着水する前にフロート構造を展開させて、若干水切りのような形で勢いを殺さずにそのまま真っすぐを目指させて、勢いが無くなったら普通にスクリュー式に切り換えさせて輸送させる形にすると、片道分にはかなり素早く物資等の輸送が出来るようになります。(別名大砲式) ちなみに最後の方辺りで目的地方面に移動出来るような仕組みを付けて到達させて、取り出しや戻す物等を入れた後は、バンジーの紐を勢いよく戻して、回収するという仕組みとします。
 これなら比較的低コストで単純物資輸送を高速で行えるように出来ます。
 それでもう1つのカタパルト式というのは、空の方で基本的な考えで出していますが、海の方でも小型船程度であれば、爆発的な初期加速力を与えさせる事が出来るようになります。
 まあこれによって行きだけの燃料消費量を削減させる事にも繋げれますし、高速移動にもなります。まあその分の反動は強いですけどね。
 基本的に海の方では、海面と水平に射出させる形で、射出カタパルトは電磁式である程度の歯止めと爆発的な加速力まで引き上げる為の電磁力を引き上げさせていき、極限のゴムや弓を引くように稼働させて爆発的な瞬間初期加速力を船に与えさせる事で、行き限定の初期超加速力での高速移動を実現可能に出来ます。
 この仕組みを島と島に備えさせれば、海上方面の超高速輸送(船版)も可能になります。 まあただしこの形では、なるべく人が操縦したりするよりも全部ロボットで操縦したりできるようにした方が犠牲者はなるべく少なくて済むかと思いますが。 ちなみにロボットと言っても完全自立行動型やAI搭載をさせる必要は必ずしもなく、昨日言ったように遠隔操作型で操縦できるようにしても良いので、こちらのハードルもそこまで高くはないでしょうね。

 ちなみにカタパルト式と結構使っていますが、仕組み自体は今回説明で出したように弓矢などの極限効果で出される爆発的な加速力の形ですね。飛行機や船を矢と見立てて、それを勢い良く飛ばす為の弓となる仕組みがカタパルトと言った次第です。SFロボット系のアニメ等では結構出てきますしね。(ガンダムシリーズでも登場回数は結構あったはず。)
 ちなみに私の考えている物は既存の物よりも走行等の距離が短くて加速力の高い新型ですね。
 というか、カタパルト式を宇宙船発射等にも組み込んだらもっと成功率高められるでしょうにね。(安全性のある代表例などは同ガンダムシリーズで登場していたりします。)
 あとは普通に飛行機にも組み込めるように出来て、客の体感Gを減らす仕組みを付けられるならば、飛行機の移動時間もかなり減らせるでしょうね。そして燃料費も少なく出来る。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 高速輸送~終了~カタパルト式





























 宇宙船発射の仕組みに関しては、カタパルト式が取り入れられるならば、燃料切り離し方式を作らなくても良いので、比較的失敗の可能性低く出来るはずなのですけどね。
 まあ宇宙船用のカタパルトは大掛かりになりがちでそれ自体のコストもかなり必要になる所がネックだからでしょうかね。それでもその後の安全性高確率を格段に引き上げさせられる所は、後の利用開発コストからみればかなり安くなるはずなのですが、目先の宇宙船ばかりに目が行っているのですかね。
 まあ簡単牽引式で行くならば、大陸間弾道弾に引っ提げてもらう形にすると、意外と簡単に実現できるかもしれませんけどね。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。