So-net無料ブログ作成

第1190回 休息 変わりゆくブログ方針 [休憩]

 さていつも通りの休息回ですね。まあ私はのんびり休息出来ていますが、自民党政権から見放された千葉県の人々は大変でしょうね。一部で批判が噴出しているようですけど、内閣改造やる暇があるのなら、今停電と熱中症で困り果てて大変な千葉県などの人達を助ける事に尽力しても良いはずなのに、近くで困る国民見捨てて政権改造が大事というのはとんだ民主主義を謳う独裁政権ですね。
 その中に小泉氏も参加して喜ぶというのは、今までのは全部パフォーマンスですか?と問いたくなる情景ですよね。 政治家ならば、国民の危機に尽力対応した後に行なっても何ら悪い事は無いと思うのですが、そんなに困窮する国民見捨ててまで内閣改造が大事なのでしょうかね?
 ここで昨日の内容を挟みますが、簡易的な物であれば、どこでもコンセントは機械工学等に詳しい人なら作れるはずなので、その支援に出せればかなりの人が今の困窮状態からは回避出来るでしょうから、可能ならば行なって見ても良いのではないでしょうかね? 私の独力では難しそうなのでね。(コンセント部分と電池系の繋ぎさえできれば取り敢えずの物は出来るはず。まあ安全に使える物を作ろうと思ったら専門的な工場とかで作り出せるようにした方が良いのでしょうけど。)

 政府もマスコミも今日本で困っている人への支援よりも国民見捨ててまでやる内閣人事が大切という事でしょうかね。これは…腐っていますね。私なら国を挙げて全力復旧目指してからにしますけどね。 まあそもそも地上型なら復旧が早いからと高を括っていたのが災いして、これだけの大惨事になっているのが現状なのですけどね。やはり送電線やら電柱は地下に埋め込んだ方がいざという時の自然災害対策としては良い気がしますね。最近の日本の災害状況から見たら事は急務な気がしますね。
 いざという時に国民を見捨てるのが今の自民党政治であり、今後は小泉氏もそれを学習して行動し始めるという事ですかね。前に言っていましたが、普通に腐敗が政治家としての進化という事なのでしょうかね? ならばそんな政治の形はこの国には要らないと思いますがね。
 千葉県は海に面していますし、自衛隊の軍艦をいくつか横付けして全力支援する事も出来るはずですけどね。電力復旧するまでの一時避難施設としても使う方向で行わせる事も出来るはずなのですがね。私ならばそういう事も考えの中に入れたりしますけどね。 ま、それを見越した物も私は考えの中に入れていたりもしますが。

 さて雑記な所を終えまして、休息回本題の話をしていきますが、変わりゆくブログ方針というのは、今までの主に日本において考えて行くという流れから世界に打って出て行く流れにしていきます。それは既にそういう形で考えているアイデアが最近いくつも出していると思いますが、世界の問題事象に対して解決していけるようなアイデアを今後は優先的に出して行く予定です。
 まあ砂漠の緑地化周辺が変わって行った辺りですかね。日本優先は飽きたので次は世界優先で行こうかと考えています。
 それでお次の取り敢えずのターゲットは、海面水位の上昇とそれに起因する水没の対策ですね。
 国や町等で海面水位の上昇で危機的になっている所も出てきているようなので、水没していく事前提での対策などを今後は重点的に考えて行く方向です。つまり地球温暖化と呼ばれる現象の対策は全く無視した所での話ですね。普通に世界人口が増えている状況では地球の自然現象と相まって防ぐ事はほぼ不可能だしね。
 まあ私の考えた砂漠テラフォーミング策を用いるのならば、大量の海の水が用いられるから、海面水位上昇をなるべく防ぐ流れにも出来るでしょうけど、それもすぐに実行できる話ではないので、海面水位上昇を前提条件として対応策を考えて行くという内容ですね。
 今考えられる状況だけでも2~3ぐらいは方法があり、その為に必要な技術である水中建築なる物も編み出して行かないといけなくなるかもしれませんね。
 ちなみに水中建築においては、同時に宇宙建築等においても応用発展させられる技術なので、水の惑星から技術を安定的に習得できる流れにして行っても宇宙への時代に向けては良いかもしれませんね。
 ついでに言うと、この水中建築というのは水没系対策の建築の形の1つにもなるので、大雨水害や浸水水没で悩まされるこの日本でも使っていく事は普通に出来るでしょうね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございました。
 停電と内閣人事~終了~海面水位の上昇





























 今後は世界が舞台で、ついでで日本という感じでお送りいたします。
 世界の為になるアイデアや世界の問題事を解決していくようなアイデアで参って行きます。
 日本は救いの手を差し伸べようとしても、それを払って大災害受けてダメージを受けるバカなMが多いしね。日本で相手にされないのなら、次は世界ですな。その際世界のどこかから来たら、日本の問題等はまるっきり見捨てて日本を苦しめてもかまわない状況になるかもしれませんけどね。
 救いの手を払い除ける状況ですから、そうなっても仕方ありませんよね。まあもし来たらの話ですが。 END
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。