SSブログ

第1425回 たかじん委員会 コロナに隠れたニュース どれも微妙 [授業]

 さて今日は、たかじん委員会の話ですけど、地味で微妙なのが多いですな。まあ最後の方は私の政策とも絡んできますから、それで挙げているだけでもありますけどね。

 それで時事の話は特段の事も無いのですが、安倍政権のせいで経営破綻が増えている問題が今見ているバンキシャの方で出ていますね。遅すぎるというか、やる気が見られず助ける気0と見た方が正しいくらいですよね。迅速にと言いつつ後50年後ぐらいに支給するとかやりそう。それぐらいやる気が見られない。
 これはもうコロナの影響ではなく、アベノウイルスが日本経済を蝕んでいる状況ですよね。どうにかしてこちらのアベノウイルスの特効薬とかワクチンを作るのが先決では? せめて緊急事態宣言中の必要固定費の補償ぐらいはするべきでしょうけどね。じゃないと国が恣意的に様々な店を潰そうと行動している海外のスパイ同様の行為でしかなくなりますからね。中国共産党の手先でしょうかね?

 さてたかじん以外でのコロナに隠れた時事ニュースとして、大気汚染の状況とか地球温暖化への上昇率等は、ここ最近凄く落ちて収まっているようで、人が活動しない分地球には優しい状態になっている所が多く見られて、空気が澄むような所が出てきたり、温度上昇率の平均値が下がっているという事なので、人にとってのダメージですが、人が住む地球にとっては良い方向に働いているようですね。
 これも昨日の若干黒い話と似たような物で、増えすぎた人間種に対する地球が行なった免疫行動にも見えてしまえる状況ですね。それを中国で引き起こさせたのでしょうかね? まあ黒い噂では、中国のウイルス兵器の噂が絶えませんけどね。現状そういうウイルスはバイオ兵器として開発研究する国はいくつかあるようですからね。中国もそれに漏れずに含まれているという事ですね。

 それで本題のたかじん委員会の話に関しては、森友問題からの公文書破棄や改ざん問題での再調査に関する事と、死刑囚たちの状況に年金制度の変更等の改正に関しての話でしたけども、前2つは正直微妙で、公文書含めた問題は、今の独裁政権下では真実が明らかにされる事も無く、検察等が動ける事もあまりないでしょうね。なにせ人事権等も安倍独裁者が握りしめている状況では、YESマン以外はいなくなるでしょうからね。その辺は北朝鮮の体制と変わりませんよ。せいぜいしくじっても処刑されないぐらいでしょうかね。
 そんな独裁者らに信じる要素は何もないし、正義なんて言葉が絶対に似合わないのが安倍政権ですよね。ああ、自分たちに歯向かう国民を虐殺の限りに尽くす事が正義だとかイスラム国のような感じで言うのでしたら別ですが。
 信じる者は裏切られて、信じない者は助かるのが安倍政権政治です。あんな奴らの言葉を聞く必要はありませんが、少なくとも専門家たちの言う事はそれなりに聞く必要はあるでしょうかね。
 まあそれでも専門家たちも結局責任は取らずに打倒に向けて必要な事だけをしゃべるので、経済的にいくら死者が出ようがお構いなしなのが基本的な専門家たちの意見でしょうかね。例えそれでコロナ以上に大量の犠牲が出ても、コロナで死ぬ数が少なければそれでよいとしそうですしね。
 だからその意味でのそれなりにという事ですよ。

 それで、死刑囚たちに関しての内容ですけど、毒物カレー事件に関して私は詳しくは知りませんが、あれは決定的な証拠は何1つ無く、全て状況証拠で固められただけの判決ですよね。ならば死刑制度執行に反対するのは普通の考えだと思いますね。まあでも、決定的な証拠がない状況で死刑というのも感情論で判決が決められたような物に近いでしょうけどね。誰かがその場所から盗み出して使ったという可能性もあったりするでしょうから、状況証拠だけでの死刑の形には反対ですかね。
 結局この形では、本当に反省したりする状況かは分かりませんし、反省などの程度や本当にやったかどうかの判断等は、裁判前に行なうのではなく、刑務所の中で行なっていくのが正しい結果へと繋げ易いのではないかと思いますけどね。 その意味でも基本的死刑制度自体に反対の立場ですからね。
 裁判で仮初の反省の意思を見せるのは、よほどの知的障害者や頭の中がきれいに無くなったバカでない限り誰でも出来る行動です。それで反省の意思を確認するというのは、相手が詐欺師だと分かっていながら連帯保証人にサインしたりするのと同様のバカな行動であり、そういう反省の意思を本気で確認するならば、それは裁判所ではなく、刑務所の中で見られるようにするのが正しいでしょうに。だからこその私の形の仕組みでもあるのですよ。
 反省しているのかどうかをうわべだけで見る無能なバカの方法ではなく、きちんと内面まで見られる状況で判断出来るようにして、その状況次第で刑の長さが変わって行くという形にするのが、本当の犯罪という罪に対する罰の形だと私は思うわけですね。
 それで障害者連続殺傷事件に関しては、何度も語っていたりしますが、真正の優性保護思想者というよりも、他の助けられそうな命等よりもこういう生きているだけで周りの人達だけを良く出来る人達だけの為にお金をかけて良いのかという意味で、選別して行なった結果でしょうね。
 だからすべての障害者に対して攻撃を行なったわけではなく、多少は人間らしく対応が出来ていた人には攻撃しなかったようですから、完全に偏った感じで見る事は、この人の本音を感じ取ることは不可能であると言える状況でもあるでしょうね。偏見を元に見ていたら話しの真実は見えてこない。
 結局今の状況では、誰を助けるのかという所で、障害者達には手厚くお金をかけて守りながら、新たに生まれていく貧困家庭の子供たちには見殺しにするような対応にしている状況が、こういう優性保護に似た思想の人を生み出して行くという事ですよね。それも全ては今の政治の形がこういう人たちを生み出して行っているという事ですよ。
 状況的には、社会の一助になれるかどうかを判断基準の1つにしていたのではないでしょうかね?
 それにああいう施設に送られる人たちは大半が、基本的な介護等の形では面倒見切れなくなった人たちであるのだから、それを社会の荷物だと考える人が出ても何もおかしい事ではないと思いますけどね。現状で人手不足で困る所が出ている状況なのに、何も社会の助けになれないような人たちが政府からもお金等を貰って人手の加護も受けて生きられるという状況にイラつく人は出てくると思いますよ?
 それに対して否定する事は出来ないでしょうし、社会へのこれから含めた影響値においては、どちらを優先するべきかと言われたら、多くの人はこれから生まれていく命を助ける方に選択するのではないでしょうかね? まさかこれから生まれてくる新しい命は皆殺しにしても良いから、今生きている重度含めた障害者達を非常に大切にするべきと考える人はいませんよね? これは極端すぎる話ですが、要はそういう事での程度の話ですよ。どちらも取れるならばそれが1番良いのだろうけど、現状そうではない状況になっているのだから、どちらを取る為に行動するべきかと問われれば、結果論として、行動自体は間違っていたとしても、その思考の方向性には間違っていたと断言する事は出来ないと思いますね。
 その方向性を定めさせたのが今の政治体質にあるのですから。

 さて長くなりまして年金に関する話ですけど、75歳で受給開始が出来るとかの話は、結局の所なるべく国民に年金を渡したくないからという事と、財源財政が芳しく無くて自転車操業状態だからという事ですよね。
 まあこれは元の仕組みから完全な自転車操業の形で作られていますから、疫病とか大災害等が起きる要素を全く無視して作られた政治詐欺師が作り上げた制度ですよね。 まあそれ以外にも人口減少の何かしらの要因があるだけで簡単に破綻してしまうというのは、欠陥以外見る事が出来ない制度でしかないですよね。
 結局は最初の頃ではお金が多く溜まるからこの制度で余分なお金を好きに使えると思った詐欺師政治家共が作り上げてそのまま続けていたけども、少子高齢化で逆転した辺りから、完全な破産を迎えるまでの火が付いた自転車操業状態になっているという事ですよね。
 もうすでにこの欠陥しかない年金制度は当に破綻していて、少子高齢化が続く限りは問題は変わらないのですから、どうにかする為には破壊して別の形を作り上げる以外他に方法は無いのですよ。
 それが出来なければ、国民の平均年齢以上にまで受給開始年が引き上げられる事になって、名実ともに完全破綻して高齢者たちが大量虐殺されるまで続くのでしょうからね。まあその状況からでは、まともに年金を払うバカな若者もいなくなってくるでしょうから、崩壊は簡単に早まりますよね。
 現状今の政治家達に年金制度を何とかしようとする人は1人としていないでしょうから、外部からハンマー持って行かない限り時限爆弾が爆発するのはただ近くで待って死ぬだけですよ。火薬が満タンまで溜まる前にさっさと破壊しないとね。

 それの代案は私の最強政策の1つの衣食住最低保障ですね。まあ年金と共に生活保護もぶち壊して、こちらに置き換えるという話で、これなら対象は完全に国民全員が年齢関係無く受け取れる仕組みとなりますから、若者だとか高齢者だからとか関係なく最低の生きる事の保障は受けれて、またその制度が悪用される事もほぼ無いので、安全に用いて行けるという事ですね。
 おバカで悪用されるような現金支給はしませんからね。住む場所が与えられて、食事も食堂で毎日分出されて、着る物の支給もあって、その他足りない物等は、専用の電子マネーの形で付与されていく形で、その電子マネーは他の通貨やポイントに電子マネーへの変換は出来ないというのが基本設定ですから、振り込み詐欺の対象にもならなくなりますからね。
 ついでの仕組みで上限金額まで設定されて、制度以外へのショッピング利用の形には、認定された所でかなり交換レートが高めで損をするような形でしか取引できないとすれば、99%以上は悪用できないようになりますね。
 だからこそ国民全員が均等に受けられる仕組みになるけども、あくまでそれは最低の保障に留まるから、それ以上を求めるのなら、制度の中で自由に働くか普通に社会に仕事をして稼ぐのかを選んで、貯めた分は自由に好きな事に使えるようにするというのが、共産社会主義と資本主義の長所だけを組み合わせた新たな独民式自由主義の形の骨子ですね。
 短所は、それするまでに大規模な政治改革等で大嵐が吹くという事ですけどね。(笑)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 たかじん委員会~終了~コロナ以外の話





























 どこまで行っても私の主軸はぶれませんね。全てにおいて生活含めた経済の生きる保障が欲しいのなら、私の形こそが現状最強だと言えるでしょうね。国会議員給与なんて、最低今の1/3以下は必須ですよね。ちなみに総収入分ですね。地方等はまた別の計算。隅々まで知っているわけでもないし。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント