SSブログ

第1560回 家キャン ベランダ専用テント~洗濯物にも大活躍~ [新アイテム開発]

 さて今回の話は、最近のコロナでの流行で、独自のキャンプや家でのテント立てての家キャンが流行っているという事だったので、それ系のアイテムの話ですね。 そしてそれが意外な方向にも大活躍する結果に。

 さて時事としては、菅総理という事での報道が多いですかね。まあ海外の反応は、誰?という所もあったり、民主党時代の菅(かん)総理と名前が一緒で、軽くパニックになっている所もあったりと、様々な反応ですね。 名字だけ取るとたまに名前が被ってくるのは、どこでも似たようなものでしょうけどね。
 あとは好意的な報道では、改革系の話が多くて、期待する人も居るとかですが、批判系の報道だと、安倍の負の遺産絡みの話やコロナの状況と解散総選挙絡みの話が出ていますかね。
 まあどう出るのか?と言った所ですけど、コロナに関しては今の所不安要素しかない状況で、東京での感染状況が高止まりから、また山登りし始める??という不安定な情報があり、検査数との陽性率が詳しく分からない為不確定ですが、少なくとも10月からいろいろ始まってしまうと、少なくとも低くなる要素はどこにも無くなるでしょうね。
 そしてインフルエンザとのWアタックを受けてしまう結果になると、国としてもまずい状況になりかねないでしょうね。
 どうにも安倍総理の今までの形では、コロナ対策よりも経済優先傾倒傾向にありますから、それをどう軌道修正を掛けられるのかが最初の勝負になってくるでしょうかね。まあ国民の命なんて無視しまくれば、副総理の望み通りに早期の解散総選挙は簡単に出来るでしょうけどね。
 どうせ自民党の基本は、お金で票を買い漁る選挙のやり方ぐらいしかしませんから、よほど浮動票が自民党離れを起こさない限りは、選挙では普通に勝てるでしょうからね。どうせ日本の選挙は金次第ですから。自民党は1億5千万円で当選したという実例がありますからね。
 どんな新人でも金を積めば当選できるのが、日本の選挙の特徴ですよね。まあ立候補する時点で、一般庶民は完全排除の方向ですから、それも普通なのでしょうけどね。最低300万円ぐらいの参加費用が必要なようですから。 これが日本の政治が腐る理由の1つでありますし、女性参加が低い理由の1つでもあるのでしょうけど。

 さてそれでは、本題の話に移って行きますけども、今日の話はベランダ用のアイテムの話ですね。 ベランダの特性に合わせたテントの形を用いて、手軽に設置出来て、自宅でもキャンプ気分が味わいやすいようにする目的から、普段は外との繫がりであるベランダの部分を、普通に部屋の一部に変える事も出来る形にしたり、その特性から、風通しの機能を付けて、簡単な屋根&プライバシーガードの意味で持って、普通の雨風程度ならば、ベランダで風干しが可能に出来るアイテムにもなります。
 さらに女性としては、プライバシーガードの形から、洗濯物も出しやすい形に出来ますので、家キャン用から洗濯物干しの手助け品まで活用して行けます。

 それで具体的な仕組み系では、一軒家等では、通常のテントタイプでも良くて、追加で足を付けられる形ならばそれで良いでしょうけど、私が今回言うベランダ専用テントの主な位置合いは、マンションやアパートにある基本洗濯物干し用のスペースの話ですね。
 なので普通の構造とは少し違う形にして、ベランダに基本常備されている物もある程度取り込みが出来るようにしながらも柵を使ったり、窓との組み合わせの形から固定が出来るような形にして、ベランダ空間をそのままテントの形で部屋に繋げられる形にするのが簡単でしょうかね。
 それでテントの材質素材として、2重構造から雨は避けつつ風は取り込める形にして、日差しやプライバシーガードにしながらベランダを1つの部屋空間として作り上げる事も可能になります。
 その形ならば、部屋内のクーラーにて、ベランダテントの方にも冷気を送ったりして、快適テントキャンプ気分を味わう事も出来るようになるでしょうし、単純に外から特別視認されないプライベート空間の部屋の広さを増やす方向にする事にも使えるでしょう。
 また、テントからの特性で、ベランダから入る日の光を遮って、暑さ軽減としながら、自然の風を取り入れられる構造で、少しは涼しくさせられる効果と、直接のクーラー風が苦手な人用の形としても使えるように出来るでしょう。

 そして、ベランダに付けるテントの形として役に立つ形としては、雨除けで風を取り込む形から、雨の日でもベランダで洗濯物を干せるようにも出来て、日差しが当たる部分に関して、マジックミラー的な素材を用いて、外から視認させない仕組みの形で、光や熱は取り込める形に出来たりすると、洗濯用にも使える仕組みになるでしょうね。(布の二重構造で、外側は光を通して、内側の布で展開収納できる形から、光のオンオフが出来る形にすればよい。風の取り込みも似たような形。)
 この仕組みならば、女性でもベランダ干しがしやすい形にも出来るし、同時にテントでの防犯的な窃盗防止効果に繋げる事も可能になる。基本外から見えなくなるから、相手はいつ洗濯物が干されているか分からなくなり、危険を冒して行動をする事がよりしにくくなる。
 失敗したら行動がばれますし、それだけで器物損害罪で逮捕案件にもされてしまいますからね。
 中を物色したいのならば、テントを破壊しないといけなくなりますからね。まあその形も含めて、狙いにくく出来て、防止しやすい形から、犯罪の被害対象になりやすい女性への防犯用のアイテムにもなります。
 まあそれに、普通の家キャン用でも使われる形にすると、中の住人構成を全く知らない窃盗犯から見ると、どれが女性宅なのかも分からなくさせる効果にも繋げられますので、その意味においても防犯効果を高めやすいという方向に持って行けます。 全てにおいてミスったら、ホモの犯罪者が作り上げられてしまいますし。

 あとは地味だけど重要な効果としては、子供がいる家庭でのベランダからの不注意な転落防止効果に使う事も出来ますね。光取り込み系の仕組みを外側全面に作れば、景色そのままに防護膜も作られる形に出来て、転落防止効果にもなるでしょうからね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 家キャン~終了~ベランダ専用テント





























 キャンプ由来のテント形式からならば、ベランダ空間でも簡単に作り上げられるテントは今の時代ならば作れそうだし、収納も同様で、ベランダに設置できる形ならば、いろいろと使い勝手広く使えるでしょうね。
 あと普通のキャンプ用テントも、骨組みを強固に出来るならば、簡単2階部分にハンモック付けて、下で居住空間で、上で寝室場所にして、スペースの最大利用が出来るテントとかあっても面白そうですね。
 まあ真横に付けずとも、斜めに付けても良いでしょうしね。 END
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント