SSブログ

第1592回 時事雑記 自民党が進める日本の軍事国家化と福島処理水海洋流出の問題 [授業]

 さて今日の報道特集は少し微妙なので、最近の大きなニュースとまとめての時事雑記とします。

 それで、時事雑記なので初っ端から参りますけど、まずは報道特集系の学術会議に対する自民党の締め付けに関しては、学問の自由に対する侵害と日本を元の軍事国家に戻そうという流れという感じで、報道していましたが、大体はその通りでしょうね。
 基本的に自民党自体の体質が、軍事国家での戦争中の考え方のままな政党であり、あの時代こそが日本が世界に戦争を仕掛けまくっていた時代こそが最高だと考える人達が、自民党に集まっているようなものですからね。
 それでそこに戻そうとするのは、当然の基本方針だと思いますね。その為に色々法改正等もして、着実に日本でまた戦争が行なえるようにしていく準備を整えているわけですからね。その有様は、昔のヒトラーが民主主義を独裁政治に変えていくのと同じようにね。
 結局、このまま放置していけば、日本は平和を忘れて、また戦争国家へと戻って行くでしょうね。大体は、中国かアメリカに使われる形で、戦争奴隷扱いで日本の若者が戦争でむごたらしく死にまくって行く状況になるでしょうね。
 本国はどちらかが守ってやるから、戦争が起きたら真っ先に突撃する特攻軍になれとか言う契約で成りそうですね。そして若者が死んでいき、今の腐敗老害政治家ばかりが残るという状況でしょうかね。
 そして最後は、北朝鮮のように核強国路線を取る形で、世界の嫌われ者になって行く状況となるでしょうかね。それでも、今の自民党の基本精神では、それが最高の状況だという感じなのでしょうね。
 いくら若者が死んでも、それは中流層以下の者ばかりで、上流階級の子供は裕福に生き残る形で、後は戦争で奪った先の奴隷も活用すれば、国は強く維持できて最高だという考えなのではないでしょうかね? まあその辺は、独裁系が好きな北朝鮮や中国共産党と同じような物だという事でしょうね。政党的に基本精神が同じなのですよ。

 まあそれに対して、学術会議の方は、現状の政権下の中で内閣府管轄の枠から反旗を翻して、民間活動の形から、学問の自由を守るとか国民の安全を守るとかの形から、打倒自民党での選挙体制を一時的にでも作り出した方が良いのではないでしょうかね?
 もしくは、新たな国家体制を作り上げていく形で対抗するというのもありかも知れませんけどね。自治権等を確立させる形で、学術都市国家等を作り上げて、政府の範囲から完全に外れた形で、外部的立場から日本を変える為に行動していく形を作り上げるなどしても良いかと思いますけどね。
 経済を回しながら、学園生の数を日本よりも多く得られるようにして、日本が得られる形の若者の人材が欲しければ、この学術都市国家と平和的な対等な交渉が無ければ得る事が出来ないという所まで持っていければ、日本は国としての力を振るえなくなっていくでしょうね。
 外部的な形で対抗していくならば、何かしらの形で国としての生命線を断絶させる流れにすればよいのですよ。私はそのプラン式で、日本を内部から攻め落とす為には、食料による兵糧攻めの形が好きですけどね。食料の自民党本部への供給網を少しずつ弱めていきながら、代わりに地方の自民党議員や支援者たちを次々と本部に集結させる流れに持って行くと、自然と内部分裂と内部紛争が巻き起こるようになるでしょうね。人が生きる事において、食料は非常に大事な物ですからね。
 無駄な食い扶持だけが増えたら、そりゃ揉め事が起こらないわけがないでしょ? これを日本全国の形からやると、どれだけ強固な独裁体制を敷いていても、内部自給が取れなくなったら終わりでしょうからね。
 だから北朝鮮も内部自給率を上げる為に必死だというわけですね。これがダメになったら、国が終わるから。どれだけ屈強で強靭な肉体を持つ人でも、人である限り食料が絶たれれば、戦えなくなるのですよ。さらにその状況で、無駄な護るべき人員だけが増えるような事になれば、内部紛争は回避できなくなり、余計に弱体化させられる事にもなっていく。 そしてトドメは~と、話がズレてきているので、終わりとして、要は、自民党との対立軸から新規政党を作るなり、最悪民主党等と連携して、もう1回自民党を政権の座から引きずり落として、初期化処理がさせられるような形に持って行くのが良いでしょうかね。
 それ以降自民党の老害共が政治の場に戻れなくしてやれば、かなりの初期化状況にして、自由民主党に戻せるでしょうからね。今の政党名は、不自由を追求する不自由民主党ですから。

 そしてもう1つの大きなニュースとしては、福島の処理水をついに海洋流出にするという流れにしたという事ですけど、まあ基本的に処理水がトリチウムだけであるならば、十分に薄めて流す分には、世界各国の原発保有国も普通に垂れ流しているわけですから、問題はどこにも無いのですが、現状で日本が問題視されているのは、こちらでも情報のブラックボックスに近い事と本当に処理水が完璧な物なのかどうかという事で、以前に出来ていない事が判明された事もあったので、その真偽において、情報が透明化されて公開された上で、国際機関の調査もしっかり受け入れてから、流す形にするべきでしょうね。
 いきなり決めましたからありきで流し始めたら、絶対に不純物交じりがあるけど、隠して流しているとしか思われなくなるので、世界的信用性が落ちるとともに風評被害が大きくなっていくでしょうからね。
 そして今の政権では、流すのは勝手にやったりしても、風評被害等のダメージの補填等はする気も無いでしょうから、日本の漁業を潰す気でやろうという気がしないでもないですけどね。だからこそ開かれた透明性での情報公開と、国際機関の調査もしっかり受け入れる対応が必要だという感じですね。
 その上で海洋流出させる前に、再度処理を行えるような施設も新たに作り上げて、二重の体制から、絶対に処理されていない水が海に流れないようにする体制で行く事が必要でしょうね。
 まあ後、海洋流出させるならば、安心性を世界に発する為に、その時の政権の大臣以上全員が、薄めた処理水を飲んで、安全性アピールするという形にすると、なお良いでしょうね。

 ちなみに名前は放射線のように見えますが、トリチウムという物は、性質がほぼ水であり、水と切り離す事が出来ない物質であります。そして水と関わる物では、ほぼ全てに微量含まれており、トリチウムを体に全く保有していない人間等この世にいないというほど、普通に存在している物となりますので、トリチウムで差別等が起きたら、その人が生きている事自体をも否定する話になってくるので、無知バカが出たら、憐れんで諭してやりましょう。
 だから私は、前に平気ならば飲んで解決すればよいという内容も出していたのですよ。自然界に普通に存在する物質を一方的に嫌っても、切り離す事が出来ない存在で居て、今飲んでいる水分にもトリチウムが確実に含まれているのですから、今後一切の水分類を取らない事を誓えば、差別しても良いですよという事になる。(ちなみに果物系にも当然のように含まれているので、水じゃなければ大丈夫なんて馬鹿な発想は通じませんよ。(笑))


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 日本の軍事国家化~終了~トリチウム水





























 まあ今回の内容は、どちらにしても、無色透明の真水のように情報等の透明性をしっかり行なってもらわなければ、自民党は絶対に信用してはいけない政党となって行くでしょうね。嘘のフェイクニュースしか話さない政党を信じれますか?借金から夜逃げばかりする人の連帯保証人になれますか?と同等の話ですね。 透明性END
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント