SSブログ

第1725回 報道特集特集 繰り返される接待汚職…そして政治家と企業の闇の繫がり [授業]

 さて今回は報道特集での話ですね。まあとは言っても、自民党だからこそで繰り返されているいつもの事に過ぎないという事もまた言えるのですけど。腐った生ごみを政治の場に置いておくのは、正しい選択と言えるのでしょうかね? 綺麗にする為には、まず清掃業者呼んで、しっかり綺麗にさせた方が良いのでは?
 あと本題の方でも語りますが、総務省は今回の件で、反省していないという意思がはっきり出ていましたし、今の形のままだと、絶対的にまたやるでしょうね。なにせ本当の反省をまるでしていませんから。国民に反省する必要はまるで無いと、高を括ってあざ笑っているようですからね。

 さて時事に関しては、山火事にようやくの目処が付いたりしているようですが、まだ予断を許してよいというわけでもないでしょうね。今回の話とは多分無関係な言葉でしょうが、山の天気は変わりやすいという言葉もある事ですからね。最後まで気は抜かずに対応する事が大事ですよね。
 コロナ感染対策と同じように。 まあコロナの方は、現状対策で完全鎮圧させる事は、ほぼ不可能に近いと思えますけどね。もう少し国が国民に寄り添った対策が出来ていれば、完全鎮圧も不可能な話ではなかったのですけど、国民の命よりも自分たち(政治家)の利権の方が重視だったといういつもの事で、そのチャンスを棒に振ったというだけですからね。
 あとは、明日解除の緊急事態宣言を首都付近以外で、というのも、専門家たちは猛バッシングだったようですが、政府のお金をあまり使わずに経済を回そうとするがあまりの独断的対応であるとも言えて、やはり国民の命よりも自分たちのお金が大事な所は、菅政権になっても変わる事は無いという事ですよね。
 土地税や住宅税等に関わる所を特例処置できれば、それなりの経済維持の対策とかもできそうな感じですが、やっぱそこは搾取して、少しでも政治家の遊ぶ金に回したいという思惑が強いのですかね? 接待を受けるだけでは飽き足らないと言いたいのですかね?
 それか、やっぱりお1人様向けの補助やら黙食系の補助やらを出して行く形にした方が、まだ良いかもしれませんね。それが出来るならば、時間制限は全解除でも良いとかにすると、それなりに経済を維持させる方向に回せるのではないでしょうかね?同時に感染症対策としても結構効果があるでしょうし。

 それでは報道特集の話ですね。
 今回は、総務省での放送権に関しての菅長男交えた闇接待での問題だという事のようですけど、今の自民党ならば、それぐらい普通に平気な顔してやっていそうなぐらいの感じですよね。それだけ腐敗の蔓延化体質とも言えるのですけど、民主主義国家にしては、長く続き過ぎですから、与党政党を変えない限りは、今後いくらでも掘ったら出て来るでしょうね。竹林地帯での筍掘りの如く。
 そして総務省の面々と今の総理付き広報官での接待問題とされていて、広報官の方は、過去の話だからお咎めは特に何も無しで、取り敢えず国民に示しを付ける為のとても軽い減給処分で終わりとするのは、政治家官僚で、途中で移動すれば、それまでどれだけ闇接待を受けても良いとする政治家官僚の接待合法化の仕組みが、今の自民党政権にはあるという事になり、これは相当な問題が残りまくっている証拠という事にもなるでしょうね。
 それでいて、総務大臣は、その事に対しての答弁から逃げている状況では、今もし接待を受けている人が居たとしても、すぐさま他の部署等に移動させれば、お咎めは基本無しとすると言っているような物であり、闇接待を受ける事は、今の総務省では当たり前の事だと言っているのと同じだという事になるでしょうね。
 だからこその、他(身内)への示しを付ける為にも、処分は極めて軽くしたという事で、国民なんかはどうでもよくて、自分たちだけがおいしい思いが出来ればそれでよいと思っている総務大臣だという事でしょうね。
 それに逃げたのも、総理の顔を立てた忖度政治でしょうから、菅政権になっても悪い体質は何も変わっていなくて、だからこその腐敗しきった自民党だとも言えますね。
 もうすでに、接待を受けて何が悪いとか思っているような議員とかもいるのでは? だってそれが自民党の基本ですし。

 あと菅総理の記者会見から逃げての囲み取材変更というのも、問題が無いのなら、記者会見やるべきですよね。それとも、緊急事態宣言解除での国民の不安などは、自分たちの事に比べたら気にするまでもないほどの些末な事だと思っての囲み取材の気持ちだったのでしょうかね?
 そうだとしたら、そちらの方が国民を侮辱していると思われますけど、もう少し国民と目を合わせられる総理もしくは総理候補は、自民党の中にいないのでしょうかね? まあいたとしても、自民党の中では、はぐれ者ぐらいしかいないでしょうね。国民を下等生物だと思うのが、自民党の基本理念でしょうから。
 内部から変えるとか言っても、結局染まっているような人は結構多いですしね。石破さんも多少染まっているし、小泉さんもかなり濁りましたよね。それが自民党だという証拠ですよね。白を黒く染めるのが、とても上手な政党。
 それで少し戻りますけど、問題ないのなら、記者会見で表に出して、ついでに集中砲火を浴びるようにさせれば良いだけです。どこかで記者たちからの禊や身体検査が無いままに隠蔽して大事にしようとかするほどに、国民の事をちっとも見ていない証拠になって行きますから、何が現状で大切な行動なのかを、もう1度改め直す必要がありますよね。

 そして菅長男の人事等に関しては、どうにも親しくしてくれた放送局に対して、コネで入れたような感じになっていて、コネで入る代わりに放送権等でうまく取り計れるようにするなどの裏取引があったように見えますね。
 まあその辺りは、腐った政治家がやるいつもの事という事での話であり、菅総理も例外なくその例に該当していたという事ではないでしょうかね? 間違いなく、菅総理の長男だからという事でセッティングされた物は多いようですから、それを知らないとかの言葉は、単なる醜い言い逃れでしかない。
 まさか政治家官僚は、相手の事も良く知らないままに接待を受けるとかの今以上の事をしでかしているわけじゃないでしょうからねえ? もしそんなことがあるのだとしたら、総務省全体の体質が腐りきっていて、総務省解体を視野に入れないといけない事態だとも言えるでしょうね。

 あと今回の件は、前のしゃぶしゃぶみたいに、検察が動くのでしょうかね?動かないのだとしたら、こちらも自民党の性で普通に腐りきった税金泥棒という警察に逮捕されてくださいと言いたいぐらいの無駄飯食らいになりそうですしね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~繰り返される接待汚職





























 もうこの問題も、自民党の根っこからの問題ですし、さっさとこの腐った花を根っこから燃やして完全に火葬処理させた方が良いと思いますね。絶対的に言える事は、自民党である限り、同じ事は無限に繰り返されると断言できますね。
 まあだからと言って、根っこが同じの民主党も人の事を言える口ではありませんが。自分たちでならば行う改革案とかも出せないようでは、与党を取った後にいずれ同じ道を歩みそうですし。
 このままの腐敗政治が続けられるのなら、1つの政党連合で務められる与党の任期を最高8年とかにしたら、腐敗が起きにくい形にも少しはなるのかもしれませんけどね。
 まあそれか、私等のような人が、外から1度徹底的に叩き壊して生まれ変わらせるぐらいじゃないと、明るい未来は望めないでしょうね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント