SSブログ

第1754回 ビートたけしのTVタックル あおり運転には車、不法投棄には無人機 [授業]

 さて久しぶりなビートたけしのTVタックルからの話ですね。コロナに紛れた犯罪についての話でしたが、コロナから始まったわけではなく、コロナでも構わず行なわれた事に関しての犯罪等についての話ですよね。
 まあ大体の話において、人が管理するのは既に限界なのだから、素直に機械に任せる所は任せる事が、犯罪抑止に繋げて行けるという事ですよ。性善説では救われない人が大勢いるのですからね。

 さて時事に関しては、特に変化なしですね。まあミャンマーの件で、ようやくアメリカ側も虐殺だと言い始めたのは良い事ですが、そう思うのならば、さっさとミャンマーに巣食うテロリスト共を一掃して欲しい所ですよね。戦争しなければ助けられない命がそこに大勢いるのですから。
 この状況でもまだ平和的にと言っていたら、その間に普通に1万人以上は虐殺されるでしょうね。1万人以上が虐殺される事が平和的な解決方法ですか? そうだというのなら、私はそんな平和なんてゴミ箱に捨てますね。

 さてそれではさっさと本題の止む事の無いあおり運転と繰り返される不法投棄にゴルフ殺人鬼共等の駆除に横暴な市区町村長共への新たな対処策についての話などをまとめていきます。
 まずあおり運転に関しては、いくら罰則付けてもキレやすい短気な奴ら(暴力団含む)にはあまり効果が無いので、人の自制に頼るのではなく、機械の方である車に防止策を取り付ける事を義務付けさせて防止させていく流れにして行くのが最善の形と思われます。
 1つは操作抑止で、あおり行為に該当する運転をしだしたら、車の方がそれを自動的に防ぐ防止能力でもって抑止に働かせたり、逆にあおりを受ける側の車にも自動対応で、受けた際に運転者に適切なアドバイスをする形かつ、した方も併せてあおり運転が発生した場合に自動的に警察への通報が施されて、警察への追跡補助機能も自動発動させる形で、さらに受けた方の車は、自動で扉のロックして、ドライブレコーダー等も普通に回して、取り付けられる機能としてあるのなら、扉部分への電流スタンガン防御機能と、自動迎撃システムでも付けて、襲い掛かってくる相手に対して、正当防衛を自動発動させられる機能を取り付けて行けば、あおり運転からその後の行為の抑止に十分な効果を発動させて行けると思いますね。
 まあこの話で1番簡単な方法は、基本一般においての車の完全無人運転化の形、実現ですけどね。
 あとは、運転免許教習所にて、ドライブシミュレーション用いてのあおり運転危険度で危険度0判定が出るまで、免許が与えられない等の追加試験を実施させていくべきでしょうかね。

 ついで不法投棄に関しては、機械での警察の形のロボコップを隠して配置して、顔写真等の撮影が常時できるような形にしたり、夜に関しては、急激なフラッシュで目を潰して、そのまま捕縛方向に進ませられるようなロボットを出すという形でもよいでしょうかね。
 まあ基本は、飛行ドローンでの写真撮影で十分な対策効果は出せると思いますけどね。 捕縛方向も飛行ドローンでも可能で、電気ネット投下で捕まえていく形も出来るかと思いますけどね。そしてどうせなら、車等事まとめて捕縛の形にすると、対処がしやすいかもしれませんが。
 そしてゴルフ殺人鬼も基本同じ流れで良いでしょうし、何なら警察官立ち寄りでの交番作り上げて、常駐は警察所属の無人機で見回り等を24時間行えるようにすれば、よほどの捕まりたがり屋のバカ以外は、違反行動をする事は無くなるでしょう。

 そして最後に横暴な市長等に関しては、全住民の10%の票で解任するかどうかの住民投票が出来る権利の形として、その代わり、1度発動されると、6ヶ月~1年間は再発動できないとするなどの制限も付ければ、横暴行政家は居られなくさせやすいと思いますね。
 ちなみに住民投票では、有効票数からの半数以上の票が必要という形とする。それで1度解任させての再選挙で、再立候補は可能という形にする。まあ強制解任された状況で、再度当選できるかは、甚だ疑問が生じてくるけど。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 ビートたけしのTVタックル~終了~人の犯罪抑止には、機械で対応





























 人での抑止には限界があるし必ず穴が出来てしまうけど、機械に任せる形ならそれらを全て埋めていく事も可能だという事ですね。いつまでも人至上主義で性善説に頼るばかりでは、到底解決させる事は出来ないのですよ。
 私に任せてもらえるなら、いくらでもほぼ0%の所までは持って行けるのですけどね。私の方法なら、朝飯前というよりも寝起きの頭で十分だと言えますね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント