SSブログ

第1790回 医療特化型ゲームポッド‐全自動医療部屋‐ [新アイテム開発]

 さて今度は医療系特化での流れですね。まあとは言え、高度医療の形はまだ作り難いでしょうけど、中程度以下であれば、今の技術レベルでも十分に作り上げる事は可能だと思われますね。
 ポッド自体を1つの医療空間として、全自動で医療体制が組めるような形に出来れば、全世界での医療に対する負担度は大幅に下げて行けるでしょうね。これは基本的病気等の医療やリハビリ等に介護の現場の形の補助としても使って行けるものです。

 さて時事としては、現状の状況のままでは、緊急事態宣言は普通に延長する方向になる模様ですね。まあ分かり切っていた事ですけど、これで解除するなんて小学生でもしませんよね。宣言発令する前より明らかに酷い状況で、マンボウも完全無駄に終わったと分かる状況で、解除するなんて道理はどこにも無く、ついでにマンボウが無駄だという事は、下手に解除してマンボウ移行しても、もう意味は無いという事であり、現状緊急事態宣言以外に手はないけども、その宣言自体にもあまり効果が無い状況で、日本政府のやる気のなさが思いっきり前面に出ていますね。
 自民党に任せるだけ、医療崩壊が進むだけでしょうね。たぶんこのまま行けば、確実に五輪も自民党が思いっきり潰す方向になるでしょうし、日本全体で医療崩壊地獄絵図も、自民党が政権握る限り悪化の一途を辿りそうですね。
 これはもうワクチンが来た所で、地獄絵図は避けられないかと思いますね。接種予定の話も、医師会に丸投げで、政治家が特にこれといった方針とお金を付けずにやる気がない状況ですから、たぶん7月末でも無理だと思いますから、自民党に任せて全て失敗に終わるのが今の分かりやすい結果なのではないでしょうかね?
 海外の成功例を完全無視して、失敗例を見習って行動するバカ政権では、同じ失敗の道を辿るのが目に見えているかと思いますね。というかわざと失敗して犠牲者を増やそうと行動しているかのように。やっぱミャンマーのテロリストと同じく、虐殺志向の強い政権なのでは?

 あと別件の話では、生活保護申請者に対して、嫌がらせして拒絶するよう仕向けているとも噂ではありますし、生活保護者は後に皆殺しにするつもりがあるとも自民党の腐れたバカ共は考えがあるような状況を作っているようですね。国民は労働奴隷だから、働けなくなったらさっさと処分するのが正しいとでも思っているのでは?

 そして世界では、いよいよ高性能型ヒューマノイドロボットが出てきているようですね。ノルウェーが作ったというヒューマノイド型ロボットのEVEの情報が、so-netの所でも出てきて、世界の技術はかなり進んできている感じがしていますね。これが一般量産されてきたら、かなり人手不足な状況は解消されて、むしろ人手が余る形にもなって行きそうですよね。
 まあでも、日本でなら医療人材が大量に不足していますから、大量購入しても良いのではないのか?とも思ってしまいますけどね。

 さてそれでは本題も医療系での人が要らない医療の形を体現させようとする医療特化型ゲームポッドの話ですね。
 基本的にこれは、大型デジタルデバイスの中に入って使う物であるが為に、医療用の形として使っていく方向で考える事もでき、一般家庭用や巨大型での部屋の1空間分の大きさでのポッドの形も想定させて、ベッドを丸ごと収納できる形から、基本的医療の形を全自動で行なわせていく形での治療等含めた事が出来る形とします。
 まあ医療に関して高度な複雑知識はないので、簡単な所ですけど、病気や怪我での入院レベルでの高度医療が必要無い範囲で、機械が状況判断したり、遠隔操作から状況判断して自動対応に繋げていくという形で、ベッドの形も専用のタイプを用いて、可変可能で、ベッドタイプからポッド通常の椅子型に変形可能な形から、運動も可能な形に可変できる形として、必要ならばポッド内での運動をする事も出来る形から、トイレ可変機能に食事モードでの手動or自動型も選べるような形で、出来る形とします。
 そして医療部分においても、薬の用意や服用タイミング等のお知らせ等も自動で行なってくれる形で、点滴等の用意や海外でも実用例がある注射の機械打ちの形も実装させれば、中程度医療ぐらいならば、普通に自動化の流れで対応していく事が出来るでしょうね。
 その他ゲームポッドとしての他の機能もいくつか含めて、基本的な時間を何かで補えるような形に出来るでしょうし、VRも活用して行けば、医療状況だとしても、快適な生活を送って行ける形にして行く事も出来るでしょうね。
 それで、医療型フルダイブ技術等が出来れば、意識だけをVRの世界に飛ばして、現実の形で同時期に治療を行なったりしていく形にも出来るので、苦しみを和らげる方向で用いていく事も出来ると思いますね。 ちなみにこれは、アニメの中でSAOがメディキュボイドとして使っていたという事もアイデアの1つに含まれている話です。

 さらには、ベッドを専用系で作り上げる形から、密閉移動治療型としても個別に移動出来る形から、さらに別の高速移動用治療ポッドに換装して、高度医療行ないながらも移動優先で進められるような形も後に作って行けると、治療の形は進ませやすくなるでしょうね。 これは基本的に、一般家庭用のポッドから病院専用型へのポッド移動用の形で考えています。

 そして前回のゲーム特化の方でも話したリハビリの形でも使えるという事で、運動系の補助機能としながら楽しくリハビリを行なって行く方向にも頑張りやすくしていく方向にも機能させて行けます。
 また、ポッド内でのマッサージ機能や鍼灸治療や電気刺激に熱音波刺激等の治療もポッド内に追加していく形で、纏め上げながらカスタムして行けるので、1回の形で複数同時に治療を行なって行くという形にして行く事も出来ます。
 ついでにポッド内で電磁力機能から無重力や高重力設定も出来る形から、宇宙訓練用に宇宙空間滞在時や帰還時の筋力トレーニングやリハビリ等にも使っていく形にして行けるでしょうね。

 あとは介護等の現場においても、このポッド型でベッドタイプにも出来る形を導入させて行ければ、基本的な介護の形等を機械に任せていく流れができ、基本的お世話等も全部機械が全自動で行なって行く流れで、誰かに迷惑かける事もストレスから暴力振るわれる事も無く、安全安心に介護されるという状況で、1人で過ごして行く事も可能な形にして行けるようにもなりますし、特別な介護施設等でも、その補助の役割としては十分に機能していくでしょうね。
 緊急時の対応もしやすいですし、痴呆症の人等に向けた対応もしやすく、ポッド内で基本的な事はでき、運動も可能でVRによる体を動かしながらの安心仮想空間外出もできる形から、今よりも職員の負担軽減にも、本人の身の安全等にも配慮行き届きやすい形にして行けると思いますね。
 ついでに基本的生活等をポッドの中で、運動等も遊んだりも普通に行なって行ける状況でならば、外から運ばれる感染症の心配もなく、楽しく日々を過ごして行く流れにもしていきやすいので、こちらの方が安心安全な生活はしやすいのではないでしょうかね?

 まあこの介護系に関しては、確実に一定層完全否定派がいますが、同時にその否定派の形で現実に繰り広げられている虐待や殺人も普通に起きているので、どちらの方が安心なのかは、利用者やその家族が自由に選べる環境こそが良いと思いますけどね。
 高額なお金が支払えないのなら、機械に任せる方が安全な形も多いと思いますね。この辺は国が費用負担持ちにして、人手が掛からず余計な事件事故が起きない形で医療にもあまり迷惑を掛けさせないとすれば、総合費用的にはかなり機械化の方が低いとする形になると思いますね。
 あと突然容体の変化対応にも機械化全自動の方が対応しやすいという事もありますしね。人だと遅れる事があるし、運が悪いとそのまま孤独死まっしぐらですからね。本当に、どちらが良いのかは選べる形が良いのですよ。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 医療特化型ゲームポッド~終了~全自動医療





























 それにこのポッド型ならば、全員個室空間で自由に楽しむ事も安心する事も可能ですから、医療治療の充実性含めて、さらに検査能力の拡大なども含めて実現して行ければ良いと思いますね。
 この医療用ポッドでならば、同時にあらゆる検査(専用大型装置が不要な物以外)も自動で行なって行ける形にして行けるならば、個室空間という事も含めて、男女共に検査を受けやすい形にもしていきやすいかと思いますね。
 どうせ検査判定するのは機械が基本なのですから、全ての動作を機械が自動化していく流れにもしていきやすいと思いますけどね。そしてそれを一般用にも回して行けるようになれば、基本的な検査を自宅で毎日行なって行けるようにして、病気の早期予防に繋げていく流れにもしていきやすいと思いますね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント