SSブログ

第1973回 時事雑記「刷新立憲民主・電車の安全性と利便性・石油の代わり」 [授業]

 さて久しぶりな時事雑記の話ですね。昨日の今日とで立憲民主ががらりと状況変化という形で、私のブログを立憲民主党の誰かが見ていた?とでも思いたくなるような変化が起きましたね。政権交代する前に立憲民主に求められたのは党首交代の世代交代ですね。
 まあ基本的に立憲民主のイメージが悪くなった原因は現党首は頑なに認めようとしませんが、幅広過ぎの多様性で共産党と肩を組んだ事にあるでしょうね。幹部のイメージよりも共産党とタッグを組む方が反発は大きかったようですし、共産党の方も同じような状況でダメージが大きかったようですし、野党共闘(共食い)で同士討ちしまくる状況で支持が逃げて行ったことが1番強く影響しているのでしょうね。
 そしてその逃げて行った票は維新や自民党に持って行かれる事となり、結果的に本来相容れない野党共闘は結果的に敵に塩を送る結果となったので、さっさと共産党との縁は切っておいて国民民主や維新と意見を交わせられるような新体制に変わって行ければ、まだ望みはあるかもしれませんね。
 あとれいわ新撰組も無理に野党共闘に入らずともそれなりに政党としての勢いは党首だけのカリスマ性はあるので、もう少し共闘関係よりも自主性を強くしていった方が良いかもしれませんね。
 あと新生立憲民主に期待する事は、若者登用しまくってさらに女性も登用しまくって明らかに自民党とは根本的な所が違うという形で政党のイメージを激変させられれば、次以降の選挙においても追い風に戻す事も出来るやもしれませんけどね。
 まあそれと必要な事は、批判ばかりのバカスタンスではなく、政策等で自民が無視を決め込むならば立憲民主の支持がある場所等で独自に暮らしを良くしていく実りある対応で支持の盤石さとそれを拡大波及させていく事に繋げて行ければ、もう少し政党としての強さと実績も得られると思いますけどね。

 それでお次はハロウィンの夜に起きた電車でのテロに近しい無差別殺傷事件ですけども、また起きたというべき事での報道の形になっており、今回の犯人も前例を見てやってみたという形で行っていますし、電車の環境での安全性と利便性をどううまく折り合い付けて確保していくのかでのせめぎ合いとなっていますね。
 とは言え、根本的な対策が取れない状況であくまで抑止力を限定的に置いていくだけでは、完全な防止にはなりませんし、それこそ自爆テロ系等の形を取られればどれだけの抑止効果を電車内等に置いても無意味に近しいです。
 電車に乗る前に防止して行けるような形にするか電車の在り方を変化させない限りは無理でしょうね。まあ今は安全性よりも利便性重視で手荷物検査等いちいちできないという意見のようですが、それならばこういう事件は今後も起きていくという事で電車内における安心感は薄れていき、利用率も低下する方向になりそうですよね。
 刃物等の物理武器であれば抑えられればまだ良いですけども、放火の類や爆発物の類では抑えきれずにどれだけ現状からの対策を取っても安全性は担保できない形で一定の犠牲は出るという形になりますけども、今こそアナログ主体の電車の形もそろそろハイテクデジタルの世界へと移り変えて行っても良いのではないでしょうかね?
 まあそれをやってしまうと今の鉄道電車愛好家たちが悲しむ結果になって行きますが、それは別の観光目的の所できちんと手荷物検査等が取れる場所で存続させて、基本的な通勤通学移動の手段として存在する鉄道類は全部デジタル化での安全性も利便性も両立可能な新世代型の電車の形に置き換えていく方が良いと思います。
 その電車の形は、今までとコンセプトがまるで違い、1つの箱に大量に人を詰めて纏めて運ぶという形ではなく、1人用と複数人用で分けた形でコンパクトに高速鉄道輸送させていくという基本的概念自体も大きく変化させていく内容ですね。
 乗り物の大きさも縮小させつつ1人でゆったりの形と複数人でゆったりと座れる形の2種類のコンパクト電車を作り上げて、利用したい人の状況に合わせて適時走らせていくという個別スタイルで、集団から個別型への変化という形で電車の在り方を変えるという内容です。
 今は電子制御もかなり使えるようになっていますから、運転手も無い形で鉄道型無人タクシーのような形で用いて行ける高速鉄道の仕組みで基本的に目的地までノンストップで走れる形とします。
 それで線路の数は今よりも倍以上に増やして、横だけでなく縦方向にも増やせるようにします。
 電車の在り方自体が非常にコンパクトになりますし、その分線路としての面積も取りやすく耐荷重量からの問題もかなり低減されるし、重さが軽くなるという事で電磁力も用いれる方向で考えれば、今よりも輸送コスト低く電気使用量も抑えながら利便性と安全性は今以上の形を作り上げる事も十分に出来るでしょうね。
 そしてコンパクトな形になるとこれまで電車で起きていた問題がかなり改善されます。女性専用車両の存在は不要になりますし、痴漢やスリに電車内での犯罪絡みはほぼ起きなくなります。あと寝過ごしや電車内マナー問題も無くなり、電車マスク着用義務化の必要も無く電車内での感染症の問題すらも起こり得なくさせて行けるので、現状の大半の問題は発生させ無くして行けるでしょうね。
 まあその代わり犠牲になってもらうのは電車の運転手の職業と鉄道ファンたちの活動が通常鉄道においては無くなってしまう事での喪失感などですかね?後はファンたちによる鉄道グッズの購入活動での売り上げも減少しそうですね。
 まあその犠牲になる所は、別に行なってもらう観光鉄道の方できちんと安全管理を行った形で楽しめる方向で存続させるという形で可能性を残す方向にするとよいでしょうね。

 そして最後の話として石油に関する物の値上げが続いているという事で一般家庭等への経済打撃が酷い状況になって行っているという事ですけども、岸田政権はこれに関しても当てにはならないでしょうし、国民を助けるなんて言う当たり前の事は出来ないでしょうけども、海外資源依存ではこういう事に振り回されても仕方ないと言えて、全部政治の形が悪いとも言えますよね。
 完全海外資源依存の形からはさっさと脱却する形で、石油に代わってバイオ燃料を日本でも大量生産していく方向性で変えていき、海外石油依存からの脱却を果たしてエネルギーの地産地消が出来る国へと変えていく事が望ましいと言えますね。
 まあそれをやらないのは、暗に自民党が永遠と国民を苦しめ続けて海外にお金をばら撒こうとしているからとも言えそうですが。どこまでも国民を助ける為の政治活動はしたくないというのが自民党ですよね。
 化石燃料での火力発電でも言える事ですが、自民党政治は基本的に他力本願であり日本独自で頑張ろうとする姿勢がほとんど無い日本を捨てて滅ぼそうとする者の集まりですよね。まあ老害ばっかで日本の未来なんて気にする必要も無く腐らせても良いと考えるゾンビばかりな政党ですから仕方ないのですかね?
 変えようと努力すれば、日本はいくらでも自然の形からエネルギー大国に生まれ変わる事も出来るというのに、それをしないのは地球環境を気にせず破壊する事を楽しむテロリストだけですよね。政治信条持って地球環境を壊して国民の暮らしも破壊して行こうとしているから自民党はテロリスト集団と何も変わりませんよね。
 私が用いる資源エネルギーの活用法で行ければ、エネルギー等に関する経済的&一般生活に掛かるコストは今の半分以下に簡単に抑える事が出来るのですけどね。それを許さず行なわないとするのが自民党テロリスト共ですが。
 原油価格の高騰などは主に日本政府(自民党)が国民を苦しめる為にしている活動でもありますからね。そういえば一部報道では、自民党政府はアフガニスタンでの混乱の際に日本と関係があって仲良かったアフガニスタン人達を皆殺しにしても良いとする活動をしていたようですね。
 いざという有事になったら奴隷は遠慮なく切り捨てるのが自民党流外交ですか。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 刷新立憲民主党~終了~コンパクト電車





























 私に変えさせてもらえるならば、電車も今よりも利便性良く安全性もしっかり確保された形に変える事が可能ですけど、今のままの安全性が無くて一歩入れば無法地帯とも言えるような環境が皆さんのお好みですかね?
 そして今度酷い感染症が日本に入ってきた時は、どれだけの人が電車等を使って死んでいくのでしょうねえ。
 あと今回の感染症は案外電車等から無症状感染が広まりまくって、気付かぬ内にある程度の抗体を国民の大半が得ていた可能性もありそうですよね。現状でも無症状感染者の状況は把握しきれていないわけですし。その上で、日本特有の現象でなぜか日本ではウイルスの弱毒化が起こりやすいという事も説の1つにあるようですけどね。地域や風土でも関係しているのでしょうかね? END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント