SSブログ

第2090回 時事雑記 車・戦争 [授業]

 さて今日は特筆すべき内容が無いので軽い感じで行きます。
 それと明日は普段よりも短めとします。ゲームの方で大幅更新というのが起こるようで。期待値は薄くともイベント開始時間も遅いので、そちら優先としてね。

 それでウクライナ戦争はまだ続いているようですね。現状は若干膠着状態でロシア軍およびプーチンが少し苛立っている模様で、大規模な空爆を都市部に行なえない事で悩んでいるという所でもあるのかな?
 それやった瞬間ロシアの言っている事が全て嘘でしかないと世界的に自分から認める行為となるし、下手すると報道機関等にも無差別攻撃となり、世界のメディアが完全に敵に回る事での今後の状況が完全に黒塗りされてしまう事を恐れての形ですかね。
 それでもロシアとしては中国のパラリンピック開始までには終わらせたいと思っているのかもしれませんが、それまでに終わらず戦争続行のままでやると中国のメンツをいくらか潰す事にはなるでしょうかね。まあ戦争を起こしているのだから中国のパラリンピック等どうでもよいという感じで、平和不要のロシアという形で行くのかもしれませんが。

 そしてもう1件は本日のビートたけしのTVタックルでは再度の所での高齢者と車の問題等をやっていたりしましたが、車側のサポート能力で高齢者等の運転補助で事故を限りなく無くす方向はかなり難しいでしょうね。
 どう考えてもレベル4クラスの自動運転能力を有しながら人の運転のサポートを行なうという形でなければ、かなり難しいでしょうね。現状のレベル3では、人が起こしたりする予期せぬ動作には対応できませんから、高齢者等の運転レベルに合わせて事故を少なくさせるべく動かすレベルは4が最低条件必要でしょうね。
 確実に必要な形が人のサポートというよりも車もその状況を正しく認識できる状況で、人が間違った運転を行なったと認識出来る時に補助に入るという形が必要となるので、単純な踏み間違いなどとは少し事情がまた変わってくるでしょうからね。全般的な道路運転においてはね。

 そして最後の方では空飛ぶ車の方が実現が先になるとか何とか言っていましたが、実現自体は可能かもしれませんが、一般利用で車機能と飛行機能を自由に扱えるレベルでの運用は相当先になるでしょうし、そもそも空飛ぶ車が飛行モード基本というのなら車に近い操作で空が飛べるヘリという扱いにしかなりませんよね?
 見た目車の中身ヘリというのでは、一般的なヘリの形と見た目だけしか違わない事になるので、空飛ぶ車というのなら、一般車道も普通に走る事ができ、そこから飛行状態に移動可能な形で運用できることが条件ですよね? で無ければただのヘリですし。
 そして空飛ぶ形で一般利用を普及化させようとしたら、起きる事態は空での事故やトラブルが起きた場合その車が地上に落下するわけですよね?民家やマンションに歩行者天国関係なく落下する事により毎回大惨事が引き起こされるようになるという所ですけど、運行可能後1週間待たずに全面禁止になる未来しか見えませんけどね。

 なので基本は3次元に考える立体階層型道路の形式が1番楽で安全な未来の道路事情の形という事ですよね。
 あと車の駐車とかに関しては、駐車場所もしくは駐車場に細かいセンサー等を張り巡らせて、そのシステムから車を自動で動かして自動駐車に出来る形でシステムを作り出して行った方が、よくある駐車場等で起きるアクセルとブレーキの踏み間違いをほぼ100%防ぐ形に出来ますけどね。
 いったん車を駐車場のある場所まで進めれば、あとは全自動で車の自動運転駐車場版をシステムで発動させて全て全自動で行える形を普及させれば、踏み間違いなどは一切起こさせない方向に出来ますよね?
 それで事故を起こすのは、そのシステムを無視したり導入拒否して身勝手に進む人だけとなりますので。面倒で手間の掛かる物をお手軽に楽チンに出来る形を拒否しようとするバカが多いとも思えませんし。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 ジェノサイドLOVEプーチン~終了~自動駐車システム





























 自動駐車システムはかなり楽に作れるはずですけどね。車側への装備は必要となり、駐車場へのセンサー装備は必要となりますが、その代わり駐車自体はとても簡単になり、車の出し入れ自体もすごく楽な形に出来て、場所によってはある程度店舗付近に自動で持ってこさせる流れにも出来るので、利便性は大幅に向上させることができ、事故の発生率等も大幅に減らせるので、やって損はあまり無いですが、導入コストが少し掛かりますかね。 その分利用される率も向上しますが。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント