SSブログ

第2193回 多目的室内型お日様乾燥室 [建築]

 さて今回は…家電系と組み合わせる目的で考えていたはずなのに、何故か部屋その物にまで発展しての家電との組み合わせ物になってしまった話ですね。本来はこれ自体も1つの家電製品の形で考えていたけど、別に野ざらしお日様乾燥させる必要微塵にも無いよね?と思い至ってしまってからは室内型に変更となりました。
 専用の部屋の形式でのIoT家電等との組み合わせによる面倒な作業の完全自動化も果たしておまけがついてくる内容ですね。

 さて時事としては特段無いのですけど、オーストラリアにて何やらインフルエンザが思いっきり流行中のようで、コロナオミクロンと合わせてついに同時流行を迎えているようです。となると、日本もこれから海外観光客を迎え入れていくという事では、オーストラリアの二の舞になる可能性もありそうという事ですね。
 インフルエンザと思ったらコロナだった、コロナと思ったらインフルエンザだったという事も出てくるのかな?対応がややこらしくなってきそうですね。
 そしてアメリカのモデルナ社が新たにオミクロン用のワクチンを作って効果量約2倍弱の強さの抗体が作れるという事で効果期間も増えるという事のようですが、要するに副作用系の発動確率や効果期間も同様に2倍弱になるのかな?
 あとはそれを接種したいかどうかです。

 では残りは接種する方の自己判断に任せるという所で、本題の多目的室内型お日様乾燥室の話をして行きます。
 今回の話もまあ過去にいくつか話に上げている安全に洗濯物を乾かすという目的での主に女性向けの話ですが、用途的に洗濯乾かし以外にも色々使えそうだという事で多目的という名称をくっつけた感じですね。
 屋内(室内)での洗濯物を安全に乾かして、かつ洗濯から自然乾燥に収納までを全部1つのルートにして機械による全自動化の流れが出来たらかなり便利になりそうと思って、考え始めた今回の形ですけど、外と導線繋ぎながら全自動とさせるのはかなり物理的に無理があったので、どうにかして乾燥部分の機械家電製品化をと考えていたら、別に家電製品ありきでなくてもいいよね?という方向に思い至り、室内に太陽光を取り込めてついでに自然風も取り込める部屋があれば、外に洗濯物出す必要無いよね?という事になり今の形となりました。
 屋外から受ける太陽光の取り込みはガラスと鏡による光の屈折で行ない、自然風は換気扇の発展型で取り込めるようにして、室内でありながら太陽光を入れて、自然の風が循環する形で自然乾燥を出来る形の部屋の形にして基本形とします。
 そこに連動させられる外部付属での洗濯機を用意して、洗い物が完了したら自動で取り出して、室内に洗濯物を自動で干して行けるような機械や仕組みを設置して干して行き、乾いた状態になったら今度は取り込みを行ない、それをさらに隣接する衣類収納棚に放り込んで、最新家電での自動折り畳み機能を用いて、洗濯機に放り込んだら後は全自動で医療収納棚まで入れてくれる機能がこれで導線繋げられます。
 まあそこまでやらなくても、ある程度隣接連動できる形から、選択終了の洗濯機から自動的にその室内の部分に流されて干し作業をしやすい形にして、取り込んだ洗濯物はその部屋で折りたたんで収納棚に入れたら、別の部屋からも引き出せるような形での前後二重引き出しの形にすれば、洗濯物の動きを減らす流れに出来ます。

 それで、洗濯物等の乾燥が目的の時にはそれで用いて、外に出すわけではないので誰に見られる事も盗まれる事も無く安全にお日様に当てながら自然乾燥させる形に出来ます。日光が無い時は洗濯乾燥機等が出来る追加機能を取り入れておくとよいかもね。(日光に近い形で、赤外線とか遠赤外線とかで当てるのもあり)
 選択乾燥の時以外には、室内にいても屋外での日光の形や風が受けられるという特徴を生かして、のんびりする場所用にも軽く日焼け目的で用いたり、太陽光が欲しい目的でソーラー時計の充電やソーラーパネルからの充電が得られるような形にしても良いですよね。
 鏡による光の屈折具合を変化できるようにして、部屋全体に万遍なく当てたり、部屋の中央付近に集中させたりして、日光の強さと範囲を変化させられるようにしたら、色々使える形は出てきますし、場合によっては子供の科学の実験目的で使う事も出来ますよね?
 あとは室内型でのプランター等を用いた家庭菜園やお花を育てたりする方向でも用いて行けますね。
 強い風雨にさらされる事は無いので、安心してある意味簡単な温室栽培が出来ますし、台風等が来るとしてもわざわざ室内に取り込む必要が全くありませんからね。
 まあ洗濯物でも同様で、突然の雨が降っても全く問題無しに出来ます。なぜならそこは屋外の環境を受けるとしても室内であるから。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 多目的室内型お日様乾燥室~終了~洗濯~収納まで全自動化





























 まあ今回の内容の1番の点は、主に女性向けに洗濯物の安全を守る事と全体向けで突然の雨風での洗濯物にダメージや飛ばされる影響を無くして安全に出来ることを最優先目標として、その次に便利な全自動化の流れに出来るという点ですね。 END
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント