SSブログ

第2922回 報道特集雑記 小池都政の実績 都民ワースト [授業・雑記]

 さて今週の報道特集では小池都政に対しての実績と評価という話でしたが、総評的にはややマイナス的な感じですかね? 確かに小池都政で褒められる部分などは一部ありますけども、全体的には都民無視して政治している状況が強く、誰の為に行なわれるべき政治なのかを履き違えている元自民党議員という感じの都政運営。
 そして今でも透明化される事なく、前よりもブラックボックスの闇が強くなった感もあり、やっぱり自民党系ってどこまで行っても同じ穴の狢?というしかない状況ですね?

 子供に少額のばらまきや高校授業料実質無償化などの形は一部褒められるべき所ではありますが、規模は小さく、同時に金持ちも優遇しまくる所は自民党らしい形という評価であり、都民での貧困者は一切無視して自分の顔をアピールする事には躊躇なくお金を使う様は正しく独裁者の風貌も見せる状況である。
 さらに都民ファーストを立ち上げながらも神宮外苑部の自然や五輪会場の件では都民の考え直してという批判を完全無視してトップダウン式に判断下すのは、都民ワーストの独裁者の行動であり、都民よりも自分の利益やレガシー(遺産)欲しさの行動中心になっている節も多くみられ、全体的には元自民党議員らしさが溢れる状況で都政をやっているようにしか見えない。

 また朝鮮人への虐殺への反省と繰り返さない為の言葉は行おうとせずにむしろヘイトスピーチに参加するような活動まで見せていて、その部分は一部の都民ファーストとも言える所だが、実際には誰かを傷つけてまでやる事ではなく、それは東京都知事が行う振る舞いとして相応しくは無いと言える。
 被害者や貧困に寄り添う心や都民の大多数の意見も聞けずして何が都民ファーストの代表と言えるのだろうか?
 さらに都政運営にしても最初こそ透明化を強く打ち出していた割に、コロナ禍では休業させる企業に協力金を出すなどの対策は良かった物のその仕組みはどうにもブラックボックスに近かったようですし、その後の都政に対してもブラックボックスの闇が深まる状況で、自民党と仲良くするたびに暗闇が深くなっていく状況で、透明化は小池都政ではもう実現不可能?というレベルにまで至ってきている。

 それでいて小池都政7つの0にする公約も実現が不確かというか無理を出来ると嘘付いている状況も含めて、自分を良く見せる為に都民を犠牲にする都知事という感じが見えてしまう状況でもある。
 結局小池都知事の目的は自民党での総理大臣になる為のステップアップの為の都政であって、本気で都民の為に政治を行なおうというつもりがない為の行動だろう。
 全部自民党に評価してもらうための行動で、自民党にとって喜ばれる行動はするけど、評価されない行動はする必要が無いというただそれだけの女性という事ではないでしょうかね?

 実際問題ファーストなどと掲げている奴らの行動は実際がワーストになっている事なんて普通にありますからね。そういう意味では本当にトランプ氏と仲良いね?


 それではここまで見て頂き誠にありがとうございます
 報道特集~終了~都民ワースト



























 本当に都民の為に政治を行なえるのは、縁の下の力持ちのような人で、不満が起こりにくく皆がそれなりに幸せを得られる状況が本当の都民の為に政治を行なえる人ではないでしょうかね?
 強いリーダーシップも一応必要ですが、それと同様に協調性と必要な事ならしっかり伝えられる発言力も必要だと思いますね?一方的な発言力ではなく、広く伝えられて納得させられる発言力が必要という事です。民主主義においてはそちらの方が強く必要。 都民ワーストEND
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント