So-net無料ブログ作成

第574回 正月休み 普通にまったり [休憩]

 大きいの出した後は普通に休憩タイムです。というか正月休むと言っておいて急に思いついた内容だからね。予想外は私にとって普通に近いけども。 そんなわけで普通に休憩回です。今日は特にこれといった内容にする気はないので、一般サラリーマンの方はさっさと残りの休暇時間を有意義に使用してください。その他の休みが長い方も他の時間に当てましょう。

                       THE END




































 ここまで離せばスルーしてくれるでしょうか? 久しぶりですね。この手法。初期の休みでは結構乱発していたけども最近はご部沙汰でしたので、そろそろ引っかかる人が出て来る頃合いかと思い使用しました。さあうまくダミーに引っかかる人はどれだけいるのか楽しみです。
 とは言いつつ休憩回だというのは変わらずで、軽く雑記で終わりというぐらいです。
 では軽く行きますが、正月報道はめでたいのもあるけど、政治のキナ臭さなものやら世界情勢の変化までありますな。韓国と北朝鮮の話し合い回線復活の情報から安倍独裁(1強)政権はどこまで続くのかという話までいろいろとありますね。そりゃまあコロコロ国の代表が変わるよりかましでしょうが、国民の信頼性の低い1強代表というのも国にとっては不運でしかない状況に発言も苦しく、出来ないものでしょうかね?(自由に動けない現状穢れなき1つの芽) そもそも国民と真っ向から向かい合って対話していく事が出来ない国のトップなど本来国を治める人に絶対的にふさわしくない状況だというのに、そういう人が絶対に国のトップに付けない政治体制にしているから国がおかしく荒れて行く状況になるのだという事を、政治家が理解出来ていない状況が1番最悪な政権状態というのではないでしょうかね? どこの国のトップも国のトップについたら=それは国の中で1番偉い事の表れと勘違いして政治を動かそうとするから国民と離れた傲慢政治に変わっていくのです。一部の民主国家は国民により接する形の政治手腕を誇っていたから、世界からも認められる素晴らしい国の代表として認められたのだろう。生活は国民の水準と同じ環境で、そこまで欲を欲せずに国民の為になる行動を重視した心優しいとも思える人だ。さらには独裁国家でも国民の為にを第1として行動する国は国民の満足度も高く、並の民主主義国家よりも民主性にあふれている独裁国家も存在するのだから、一概に独裁国家だから悪いとは言い切れないが、それも全て国民の信頼度などが半分以上を常にキープしている国限定である。国民の信頼度が半分も治められない状況で、国のトップとしてふさわしい人物である事は絶対に言えないというのは明らかな状況だろう。 せめて今のままの日本のトップ体制で行きたいのなら、国民の疑問に真摯に向き合っていける状態でなければ、私が悪性独裁国家と罵っても拭う事は出来ない状況下である。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 正月休み~終了~国民目線の政治家
















 まったりのんびり。ちなみに明日から本気出すとかは全く無いので、無期限休暇状況は未だに続いておりますよ。なのでこれからも緩く軽く、時々強烈系で行く予定です。 fin
nice!(0)  コメント(0)