So-net無料ブログ作成

第1124回 たかじん委員会雑記 出来事の裏特集 負け犬戦線日韓トップ [授業]

 さて今日は軽くたかじん委員会の雑記ペースで話をしていきます。そんなに濃い内容はないけど、日韓ダメトップバトルと捕鯨に関しては少し掘り下げて行きます。

 さて時事も特に無いですかね。今日のたかじんに絡む所で、韓国での慰安婦財団が勝手に解散されて余ったお金が宙に浮いて、日本の気持ちを踏みにじる行為をまた韓国政府がやらかしたという報道はあるようですけどね。 要はいくら謝罪の気持ちを出しても、相手がそれを正しく受け取ろうとしなければ解決なんかしないという事ですよね。それで追加の謝罪をエンドレスに要求してくるのだから、外交的には付き合い切れないという状況でもあるでしょうね。韓国が日本の謝罪を正しく受け取る用意と覚悟が出来ない限りは、日本が謝罪をする必要はないと見ますね。 これは私の見解ですね。韓国側が問題を解決させようとしないから、問題はいつまで経っても解決に辿り着かないのですよ。ついでに恩を仇で返し続けようとしている限りもそれに然りですが。

 さて今回のたかじん委員会は様々な報道の出来事の裏についての内容とメディアの状況についての話でしたが、特に隠された裏という事はあまり無くて、分かり切った裏ぐらいでしかなかったですね。
 大阪サミットでの活躍者はトランプ氏であり、米朝の電撃的な首脳対面後会談でも両者の利益になる事柄だからという分かり切った事でしたからね。まあそれで非核化が進む事はまずないでしょうけど、トランプと連絡が取れる状況では北朝鮮もあまり過度な行動はしないでしょうから、棚上げ状態にするだけという感じでもあるのでしょうかね。
 あと日米安保に関する所は、トランプ氏のいつもの如くでの守ってやっているのだからもっと金寄越せ的な発言での意味があるのでしょうし、どこまでもアメリカの利益至上主義という感じですね。
 それを少しでも緩和させていきたいのなら、日本独自の防衛力だけは上げて行く必要があると思えますけどね。いつでもどんな時でもアメリカが守ってくれるわけではないわけですし、少しは守り切れそうな防衛力は持っていないと、アメリカが他に掛かり切りな戦いを始めたら、日本の防衛は放って置かれる可能性もあるでしょうからね。
 まあトランプの安保関連の話は、早く安倍総理に日本もアメリカの攻撃行動に参加できる用の法改正をしろという意味も込められていたのかもしれませんけどね。 護衛艦の空母改修や戦闘攻撃機の大量購入に対敵基地攻撃能力の大量保有を進めている安倍政権下の形の中でね。もう完全に法改正が済んだらこれからどこかと軍事戦争行ないますという布陣ですよね。 アメリカの戦争支援国が今の安倍政権の進むべき最初の一歩となるのでしょうかね? 後の日本大帝国を復活させる為の行動としては。

 それで日韓の問題ですけども、特別解説者さんは韓国の国というよりも文プレジデントが無能すぎて理想主義者で現実を何も出来ないからの状況と言っていましたけども、まあ基本正しいのとそれに加えて一部の反日過激派と仲が良いというのも加えての形だと思いますね。
 彼の文さんは安倍総理以上に無能であるという所で、負け犬戦線で両者が今戦っている形で、地力の無い韓国が日本に何も語らず部品だけ寄越せと言い続けてきたら、審査を良い状況で渡せる形から普通に審査する形にすると言ったら逆切れして、いいから韓国に従って部品寄越さないといろいろ世界に訴えたり自由貿易から日本だけ外す経済制裁加えるぞとか脅してきているわけですね。
 そうしたら韓国の方が世界からのけものにされる可能性があるのに、日本になら好き放題しても世界は許してくれるという勘違いが韓国反日過激派にはあるのでしょうね。 そしてその状況で、心かなり同じくしている文プレジデントもその方向で動こうとしているけども、日本がこれまでの恨み辛みも含めての態度と行動になっているから、今までのやり方では効かずに無能に困惑して動けずにいるという辺りでしょうかね? 日本がせめての形で韓国政府に強制労働やらで日本企業に害がない形で動いたり送っている部品の使用先の情報等を教えてくれたりする仲良い行動が出来ていれば、今回の事にまで発展する事はなかったのでしょうけど、日本の度重なる様々な要請に無視を貫き続けて、韓国の身勝手な要求に応じろと迫るだけな一方的な状況が続いたから、起こった韓国の悲劇という顛末の状況でしょうね。 もっと文プレジデントが感情や理想よりも現実も踏まえて考えて行動出来る人だったら韓国もここまで落ちぶれる事はなかったでしょうね。外交能力が安倍総理以上に無い無能だという事ですね。ついでに周りの人選的にもそれを支える役目がいない事も問題でしょうけど。
 現状韓国はこの状況が長続きしたら経済が死滅して行く結果に繋がるでしょうね。それで日本にも被害が及ぶのは及ぶのでしょうが、現在韓国が世界市場を保っている場所においてはその後釜的に日本の企業が狙える位置にいたりするようなので、そこも含めたらあまり日本に影響が無い形になりかねないという噂もあるようで、結局その形のままでは韓国が1人寂しく落ちて行くという形になって行く。
 ついでに韓国がこのまま報復経済制裁で日本の不買行動を厳格化させて行ったら、後の経済的な繫がりも絶って行く事になりかねないので、より深刻化されていくでしょうね。韓国の輸出能力が激減して、日本との経済的な繫がりも自ら遮断させて行ったら、自滅しかないでしょうに。中国とも関係が親密というわけでもなくて、アメリカとも良いわけでは決してない状況では、自分から活路を閉ざして行っているようにも見えますね。まあ韓国がそれで良いなら別ですけどね。

 それで最後はいよいよ勝手に始まった商業捕鯨に関してですけど、国際社会無視して勝手に政治家とその周りの利権目当てなだけで行動してクジラ取って行く行動というのは、腐敗が招いた政治の暴走とも言って良いのではないでしょうかね? 今の日本にどうしてもクジラを食べたいという人は少数派であり、商業的にもビジネスでも受けられる確率はかなり低い状況にあり、昔と違って他の大体肉で安くておいしいのならいくらでも選べてある状況では、偉い人や金持ちの高級食材として少し流通させるぐらいにしか出来なくて、ついでに今の日本の商業捕鯨出来るクジラが今まで取っていたクジラよりも数が少なく、ついでに味も悪いという有様では、意味は無いかと思われるのですけどね。
 私も地元は山口県だったので、たまにスーパーに並んだ物で食べた事はあるのですが、あんな物よりも普通に鶏の唐揚げなどがおいしくて安かったですね。(笑) 無理してまでクジラを食べる意味など無く、そんな金があるのならもっと安くておいしい肉をたくさん食べた方が良いと思うのですけどね。 まあ庶民に出回る物は質が悪いというのであれば、なおさら商業的な意味合いは薄いと思いますけどね。
 どうしても商業捕鯨で確立させたいのなら、クジラも養殖業で行く方向にしたら世界の批判もある程度回避出来る方向になるのでは? ついでにそれに加えて世界での鯨害を日本は放置する方向で行けば、クジラを何が何でも守ろうとする人たちも自然と減って行くでしょうね。
 黒い内容で行くなら、懸命にクジラを守ろうとしている人達の国々近くに養殖などで増やしまくったクジラを大量に渡して、そのクジラを懸命に守ってもらう方向にしたら、自分たちの食べる分が少なくなって飢えて行って、考えも少しは変えられていくのではないでしょうかね? クジラが増えすぎて起こる被害の事を何も考えられないバカだとしたら有効でしょうね。 それをクジラを何が何でも守ろうという国々の近くなどで行なっていけば、クジラによって国の存亡の危機に落とし込まれて行ったら、さすがにそれでも自分達を殺してでもクジラを守り抜こうという国は無くなるのではないでしょうかね? そんなことしたら国民たちの不満で政治家達が辞めさせられていくでしょうしね。 悪質ですかね?手口。
 まあ最終的には乱獲で絶滅は禁止だけど、適度な所で行う分には問題なくてどちらに対しても無理強いはしない方向にまとめる形に出来れば、それが最善の形に出来るのではないでしょうかね?

 というか、知能高い動物で現在食用にされている動物たちと言ったら、普通に牛や豚にニワトリ等もそれなりに知能はある形ですし、韓国などは今もあるかは知りませんが犬食っていたりもするのですから、大概な感じですし、魚等でも知能高い魚も結構いてそれらを普通に食っている時点で、何を言うのか世迷い人たちよという話ですけどね。 それに、クジラも知能がかなり高いのであれば、人間に食われないような特殊な毒を備えて行けば出来るはずなのにそれを出来ないというのは、そこまでの生物的知能は無いのかやる気も無いのかのどちらかでしょうね。

 まあなんだかんだ言っていますが、決して私が捕鯨賛成派であるというわけではなく、一方的な考えの押し付けでそれぞれの原住民たちの文化を汚そうとする姿勢がむかつくからの話ですね。
 その国ごとの文化はそれぞれですからね。まあ日本政府の捕鯨&食用クジラのビジネスを日本全体化させようと押し付けるのも間違いですけどね。小さな所でひっそり文化の維持ぐらいで良いのではないでしょうかね? 現状のクジラを食べる必要性のない現状ではね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 たかじん委員会~終了~負け犬戦線





























 さてと、次の特化型ビジネスマンションの事柄は何にしようかな? そろそろ安直に考えつくのも出して行きますかな? まあ別のが思いつけば別のにしますが。 FIN
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感