So-net無料ブログ作成

第1181回 新幹線超高速荷物輸送~大型荷物の別個輸送式~ [新アイテム開発]

 さて今回は少し前の報道で新幹線の指定席の後ろ側の席のスペースの扱いの話や北陸新幹線では専用のスーツケース用のスペース車両を用意したりしているという外国人旅行者向けな対応について報道されていましたが、それとは別に後付け式での高速荷物輸送の仕組みがあるので、それのアイデア公開と致します。 ちなみにこのアイデアの前形はかなり昔に語っていたりします。

 さて時事に関してはまた児相が関与しなくてはいけない事件で女児が殺されたニュースをやっていますね。まあ基本的に言える事は、今の大半の児童相談所には子供を本気で救おうという気が無くて、仕事でやらされている感でやっている状況であり、中には進んで子供を殺す為に動いている児童相談所もあるようですね。
 ここの改革はかなり大事であるはずなのに、今の政権は放置状況であるからこそ、世界的にも日本は子供を率先して殺す国だとか言われるわけですよね。(だから少子化促進にも繋がっている。)
 今回も助けられるチャンスは幾重にもあったというのに、児相が助ける気が無くて子供を見殺しにして給料を得るという仕事を選んだからこその結末であるとも言えるでしょうね。 まあもっとも悪いのは無抵抗の子供を殺す人たちであり、それを殺人罪で罰す事の出来ない司法も重罪状況ですが。
 結果的にそれが子供たちを殺しても良い動機に使われる事になる。日本においての殺人罪の適用範囲はすごく狭い。だから平気で殺しが出来る国でもある。世界においても最低ランクでしょうね。これで法治国家とは笑えてきますね。

 さてもう1件は香港での民主運動での戦いの状況ですけど、ついに香港警察が中国の命令で何も関係のない無抵抗な市民を襲撃してデモ参加者たちに対しての人質作戦とかやり始めたようですね。
 デモをやるなら警察が無関係の無抵抗市民たちを襲撃して最終的には虐殺するぞというような脅しで来始めたようですね。そして襲撃時には幼い子供までも一方的に暴行したようで、最早警察というよりもただの犯罪者テロ集団と警察が化している状況ですね。
 民主的デモを鎮圧させる為なら、中国は警察をテロリストに変えてでも鎮圧しようという気でしょうかね。もはやそれは人権完全無視の最低行為だというのに。
 ちなみに場所は地下鉄のようで、他の一般人には見られないように集団暴行を一方的に行なっていたという事のようですね。
 ただそういう行為は一歩間違えると、国際間戦争の引き金にもなりかねないという事を中国は理解出来ていないのでしょうかね? それが外国人旅行者だった場合には、警察が先制攻撃をしたという状況は、国際的にも酷い内容に上がること必至でしょうにね。
 まあso-netニュースでパッと見た情報なので、どこまでが本当の内容であるのかは現状知りませんが、興味がある人は調べてみてはいかがですかね? まあ真偽はどうあれ、中国なら普通にやりかねないのは今までの行動から予測は出来ますがね。だって中国政府からの暗殺が横行する国家ですしね。

 それでは本題の話に移って行きますけども、今回の話は仕組み的にはかなり簡単な形ですけど、大規模輸送の形には使えませんね。あくまで新幹線を利用する顧客毎の大型荷物等を個別輸送する形式(駅単位)ぐらいが妥当な感じの内容です。
 それで、新幹線での荷物問題からこの内容は来ているのですが、主に外国人旅行者などが持ってくるスーツケース等が大きくて置き場などでのスペースで大変になったりしているようで、指定席最後尾のスペースの利用や席上部にある荷物置き場の大きさの変更やはたまた荷物専用の車両の用意とかいろいろ考え始めている状況にあるようですね。
 ただそのどれもが既存の考えに基づく新幹線内だけで片付けられる範疇で考えているようですけども、新幹線には必ずレールがあって、そこを走るわけですから、その位置取りに基づく形で荷物だけの高速輸送ラインを新規に構築させる事も出来るのではないでしょうかね? という話です。
 基本的には線路のレールに沿う形で、周りなどに荷物高速輸送用のレーンまたはレール等を用意して、新幹線と連動させたり個別に超高速輸送で送る方法にしたりして、新幹線内のスペースを比較的空かせる形に持って行く仕組みにする事も出来るのではないでしょうかね。
 ちなみにそのレーン等は、最低でも4つは必要で、各駅式の往復用に快速式での往復用に用意させると、その数は必要となり、輸送形式としても滑車やトロッコ形式での高速車輪式輸送の形やモノレール等でも使われる電磁石の形から超高速射出式に弾き飛ばす方法等でも使う事が出来るでしょうね。中に入っている物が生き物でない限りは、基本的に超高速射出等でも平気でしょうからね。
 そして新幹線のルートに合わせるわけですから、無人運転化等は全く必要無く、ただ単に超高速で送り届けられるだけの仕組みを新幹線のレールに沿う形で追加すればよいだけの形になるので、設置コストに対しての利用価値における経済効果はかなり高い物になるかと思われますね。
 ついでにレーン数が増やせるならば、他の荷物輸送に使っていく事も可能になるので、新幹線から始まる新たな物流網を構築させる事も出来るでしょうね。もちろんこの仕組みは普通に在来線等に持たせる事も可能です。ただし、一般利用者用に使うのはかなり厳しいかと思われますが。(2~3駅10分以内程度の距離だったりする場合はねえ。)

 そしてこういう別個の高速輸送形式で、お客の荷物を輸送できるようになれば、安全対策管理の仕組みもやり易くはなるでしょうね。 基本的な高速輸送が可能ならば、送る荷物の審査等と持ち込む荷物の審査を分ける形にする事も可能ですし、基本的に新幹線内ではない形での高速輸送で、その間の空間においても荷物が突然爆発などしても新幹線には被害が無い形での防護壁を作れれば、個別送りでの荷物の安全確認はしなくても良い形にもする事もでき、中に持ち込まれての危険性の排除に役立てるようにする形にしていく事も出来る。
 あとついでの意味とすれば、駅における移動の手間を軽くさせる効果や荷物の盗難置忘れ防止の意味においてもこの別個高速輸送の考えは作り出しても良い仕組みに出来る。駅側が預かって輸送して送り届けるまでは保証の範囲に入るでしょうしね。
 荷物を持って歩くのと歩かないのでは、経済的効果もまた変わってくるでしょうしね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 新幹線超高速荷物輸送~終了~別個輸送式





























 まあ大型荷物の範囲を決めてスペース用意すればよいだけなので、作り出して取り付けるのは意外と簡単でしょうかね。まあその仕組みと駅の仕組みを連動させる仕組みの方が大変かもしれませんが。
 あと砂漠の緑地化の方法がいくつか思い浮かんだので、近い内に紹介しますね。 これも一種のテラフォーミングになるのでしょうかね? 砂漠を森にテラフォーミング?
 ただし超絶大規模な方法しか思い浮かんでいませんけどね。1国家や国際連合一致団結レベルじゃないと無理でしょうね。それでも私が考える方法でなら確実に砂漠を緑の森に変えて行く事が可能となります。そしてこの方法は、同時に海面上昇を食い止める形にも持って行く事が出来ますね。
 まあそれぐらい大規模だと思っていてください。 END
nice!(1)  コメント(0)