SSブログ

第1636回 特化宿泊業 ゲームセンターホテル [NEWビジネススタイル]

 さて今週の特化宿泊業は、ゲームセンター要素がメインのホテルですね。ホテルから出ずに、ホテル内だけで楽しみ尽くせるゲームセンターメインのホテルの形です。

 さて時事としては、月曜日なのに低いとも言えないような感染者の数字になってきていて、より深刻度を増している医療崩壊前半の日本ですね。これが菅政権の成果である。どこまでも経済優先し過ぎて医療崩壊を引き起こした政権の成れの果てである。
 まあ既に箱(病室)は確保できても看護師等がいないから治療できないという事で、空室状況は虚しい状況に変わって来つつある状況で、菅政権は未だに箱があれば大丈夫だと考えるバカ共しかいないようで、現実が全く見えていないようですね。
 そしていまだに使われずに残っていると思われる第2次特別予算の7兆円が消えて無くなっている状況にもありますよね。確かコロナ対策目的に残っているはずの7兆円ですが、安倍マジックと同じように菅総理でも菅マジックによって菅総理のお財布に消えて無くなってしまったのでしょうかね? 国民の為に使うと言って予算を組んだわけですが、いつの間にか着服されている状況では、とても信用できる総理ではありませんよね。
 今は経済対策でも医療支援でもお金が大量に必要なはずですが、7兆円無視して第3次とかやっている菅政権は、今度はどれだけの国民の血税を着服する気なのでしょうかね? 全ては自民党政治家達の遊興費のポケットマネーに消えて無くなる? どこまで行っても自民党だと、国民の命よりも政治家の遊ぶ金の方が大事という事でしょうかね? 7兆円はどこに消えたのでしょう?
 これは、安倍桜よりも重大な問題です。それがあれば、時短要求や休業補償の為にももっと使えるでしょうし、医療従事者たちの待遇改善と人数確保の形にももっと使えるでしょうからね。
 あと今の官房長官が大失言をやらかしたようですね。国民の現実を見ていないのか、それともフェイクニュースを現実の物だと言い聞かせたいのかは知りませんが、今のこのコロナ混乱は一切起きていないだなどと妄言を吐いているようですからね。ちなみにGoTo関連ですね。

 それでは本題の話に移って行きます。
 今回の特化宿泊業は、ゲームセンターをメインに取り入れた物で、宿泊料金の中にホテル内の全てのゲームセンターの利用料金分も入れた金額の形として、基本的に宿泊すれば、ゲームし放題の権利が得られる形とします。
 故に昔ながらの筐体型のゲームとか、体を動かしながら遊ぶタイプにダンスや太鼓等の音楽系にメダルゲームと、もちろんプリクラ等も含めて、一般的にゲームセンター内に入れられる類のゲームは全て、プレイし放題の楽しみ放題になるホテルの形ですね。
 それでホテル側としては、お金を入れる系統は、入れなくても動かせるように改造したり、メダルを入れてプレイする形に全部変えたりして、ホテル内だけでプレイ可能なメダル形式の形で、利用客の持ち手が無くなったら、いつでも補充してくれる形で、宿泊中は無制限にプレイ可能な形にします。
 そこからさらに可能ならば、ホテル内ネットワークとだけ繋いで、専用アプリ等の形からプレイして行けるような形から、高得点や仮想ゲームメダルの集まり量から現実やスマホデータでの特別プレゼントも用意しますという形にすれば、さらに宿泊客を集める方向にも出来るでしょうね。

 そしてゲームの質と数の用意の為にどれだけ用意するかによってホテル内の場所の占有率は変わってくるでしょうけど、その形での大きなフロアとか以外にも通路等にも置けるタイプの物は置いて行ったりして、よりどこでも遊ぼうと思えば遊べるような形の作りに出来るとさらに良いでしょうね。
 さらにこのホテル専用体系で作り上げられるならば、各部屋にも専用の保管場所等から専用エレベーターを通じて、ゲーム台を部屋の中に持ってこられるようにして、24時間いつでもどこでも遊びたい時に遊ぶ事が出来るゲームセンターホテルの形とすると、一部の人達には大人気となるホテルになるでしょうね。
 しかもこの仕組みならば、コロナ等の感染症対策にしつつ存分に楽しんでもらう方向でも使えますからね。
 というかこの形のホテルだと、普通に感染者宿泊用のホテルでも飽きる事無く楽しめて、ついでに運動不足も普通に解消できるホテルにも出来るでしょうかね。

 まあ普通に大人よりも子供たちに大人気のホテルになるでしょうねえ。ホテル内だけで、1日中遊び尽くせるというか遊び尽くせないほどの形にもして行けて、何度も来てもらえるようなホテルの形にもして行けるのではないでしょうかね?
 まあそれだけのゲーム台等の質と量的な数が必要になってきますけどね。

 あと追加要素としては、ネットで繋げる形から、複数の同じタイプのゲーム台のゲーム内容を繋いで、別の台でプレイしながらの協力プレイとか、対戦プレイの形にしたりして、大人数プレイとかできるようにすると、その方面での新たな遊びが出来るゲームセンターの新たな形として、魅力度を高めていく方向にも出来るのではないでしょうかね?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 特化宿泊業~終了~ゲームセンターホテル





























 協力プレイ型でのチーム戦となるワニやらモグラ叩き等で複数の台を使ってやる形にすると、新たな遊び方にも出来るのではないでしょうかね? 同様の形を太鼓の達人とかダンス系の形にして、複数人が息の合ったプレイが出来れば、息が合うほど更なる高得点の形とかにすると、さらに今まで以上の遊び方が作れるでしょうね。
 あとはプリクラの台をネット内で繋いで、複数の台の画面を繋いで、横長に大人数を入れての同時プリクラに出来るとかの形にするのも面白いでしょうかね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1635回 ロボット活用社会~医療編~ 医療の安定化と安心の確保 [授業]

 さて、少々前倒しでのロボット活用社会の医療編ですけど、コロナでの医療の逼迫状況からの医療従事者不足が最大の問題とされている事や今日のたかじんでの医療問題に関する話等がされていたので、今日は私がこれからの時代に必要とされる医療のあるべき形についてを語って行くとします。
 ロボットやAIを医療現場でも大いに活用していく事は、人がやる事よりも遥かに医療の安定化と医療に対する信頼性での安心感に繋げられます。 AIならば、セカンドオピニオンとかの言葉は基本皆無ですからね。現状の総合知識から最適解を常に選び出してくれるから、医療知識のバラつきでの複数の医者に掛からないといけない事態が発生しなくなる。 これだけでも、社会保障の医療費に掛かる割合は相当下げられると思いますけどね。同時に個人負担額もかなり下がるでしょうしね。
 出だしのこれを聞いても、頑なにロボット医療を否定する気にあなたは成れますか?

 さて本題の前に時事ですけども、まあ日本のコロナの状況はあまり変化無しといった所ですかね。本来この状況ならば止めなくてはいけないGoTo動かしたままですから、どうしようもないと言えばそうなのですけどね。特に東京が放置されたままでは、大阪・北海道を一部除外した所で、上昇率を多少減らす程度にしか効果を果たさないでしょうね。
 それに、時短要請とかも、かなりの店舗が協力してくれるのならばともかく、1割以上の店舗が無視した場合、その店舗での密集率が高くなりやすくなるでしょうから、時短の意味があまり無くなるのではないでしょうかね?
 お酒で複数人でどんちゃんがまずいのならば、ビートたけしのTVタックルの方でも少し話されていたりして、私の方でも勧めているお1人様用の形に限定させる形にするべきではないでしょうかね?
 つまり、時短要請ではなく、時間帯によって1度に利用できる人数の制限を行なう形で、1つの席に1人までというような形で、近くに仲の良い人が居ない状況での1人飲みの形にした上で、横方向に衝立を置く形にすれば、感染対策にしつつ営業させる形に十分できると思いますね。
 カラオケ店とかでも、1人カラオケとかって言葉もあるくらいですから、そちらでの利用に制限させるようにするとかでも良いのではないでしょうかね?
 それでどうしても寂しいようなら、リモート形式で繋がる方向性もありでしょうしね。

 ちなみに海外は、きちんとロックダウンが成功した所は、クリスマス等を少しは華やかに出来そうだとしているようですけど。まあその場合、盛り上がりが終わった瞬間から、もう1回掛ける必要性があると思いますけどね。中途半端では、それまでの苦労が水泡に帰しますからね。

 それでは本題のロボット活用社会の医療編の話に参りますけども、大事な事なので、こちらでも再度言う事は、ロボット人材ならば、肉体的精神的疲労を覚えて動き辛くなる事は無く、ロボットに人間のウイルスが感染する可能性も無く、雇用に関する賃金や残業代に特別手当の必要性も無く、医療技術の確保と状況に応じた人材の大量確保において、人間と違って必要条件が整えればすぐにいくらでも用意して行けるのが、ロボット人材の強みです。
 つまり今の医療体制で抱えている問題のほとんどが、ロボット人材ならば、簡単に解決できてしまえるという事ですね。ロボット人材を医療現場や介護現場の所に大量充填できれば、コロナ禍に限らず、生涯医療崩壊になるような状況をかなりの確率で回避可能となります。
 さらに言えば、ロボット人材でならば、日本全国すべての場所に満足分以上の医療体制を配置させる事が可能となり、どんな片田舎の地方だろうが、離島だろうが関係なく同等の医療の形を受けられるようにして行く事が可能となります。
 ロボット人材での医療技術の形は基本的に同じですからね。後は病院設備の方をどうにかできれば、都会だろうが地方だろうが関係ない医療の形を実現可能となります。
 あと私が考えている所の現在の民営主体から国営も半分(以上)くらいは、取り入れる形にすると、全体の医療費の大幅削減と全ての場所に万遍なく医療体制を完備させられるように出来ます。
 人で民営だとどうしても人件費と営業利益の事がネックになりますが、ロボットで国営型ならば、そんなこと気にする必要もなく、国民の生命を守るという観点から国の予算で動かして行く事が可能となるでしょうね。
 そして人件費や技術費等が必要無くなってくるので、社会保障の医療費と個人負担額も今よりも大きく下げていく方向にする事が可能となります。
 そして冒頭でも言った通りに、医者毎の技術レベルの違いと、考え方の違いからのセカンドオピニオンの必要性はほとんど無くなり、患者の負担は大きく下げられる事になり、同時に医療に対する安心感を強くさせられる形に出来ます。
 この方向での例外としては、人の医者が作り出す最先端技術の形には、ロボットAIが追いついていくのに時間が掛かる為、その状況下での最先端医療で進歩がある場合は、人の医者の方に頼る場合が良い場合もあるという形ですね。ただしその形も、ロボット医師の形ならば、可能性として勧めてくれる形にもしやすいでしょうから、その辺の連携の形も従来よりもかなり取りやすくなるでしょう。ロボット医療に自分の所でお金を落としてほしいとする欲望等は微塵にもありませんからね。

 そして医療の技術レベルに関しては、習得に関して最初の人から学び取って行くAI学習の形と学術医療知識とを合わせて学習させていき、基本的な医療現場毎の対応技術レベルにまで達して行ければ、後はそのデータから量産して行けばよい形になるので、最初の準備期間に半年から2~3年掛ければ、大体の高度手術治療含めた医療技術に関する内容の完成データが作り出せるでしょう。
 それで大まかに分けるとすれば、医者と看護師と介護士辺りでしょうかね? 細かくすれば他にも大量にあるのでしょうけど、一般的な大まかな分類としては、この3種類でどうにかなるかな?
 そしてそれぞれの専門能力を有するロボットたちは、大量に作り出して行く事が可能で、この状況で医療に関する基本的人材不足の発生は無くなり、安心で安いロボット医療と人間味有りでお高い人医療の形に、大きく分けられていく形になるでしょうね。
 それでロボット医療ならば、治療や手術等に関して、人的ミスや不注意での医療ミスが発生する事は無くなり、その段階での医療レベルに応じた医療の形を、全国どこでも出来る形にさせられます。
 代わりに、ロボットが覚える前の最先端の医療技術等や人の温かみに人同士での人情味の医療が欲しい人は、民営の病院での治療が良いという形になりますね。 ただし、相手が人になり民営となるので、要求される医療費は総じて高くなりやすく、お金目的の人が適切な処置や言葉を必ずしてくれるという保証はなくなり、治療や手術等に関しても人的ミスや不注意での医療ミスが発生する可能性が出てくるのは、人がやるうえでの宿命となりますけどね。
 まあ、人の温かみとかのレベルも、将来的には、ロボットが勝ち得ていく事が出来るかもしれませんけどね。単純に話し相手が欲しいレベルであるならば、既にロボットの方が遥かに上を行く形になりますからね。人はそこにまで貴重な人材を分ける余裕はあまり無いでしょうからね。医療費をその分含めて大幅に上げれば別でしょうけど。

 そしてコロナ等の感染症対策としても、対応する医師や看護師等も全部ロボットでやるから、医療従事者が感染する恐れはなくなり、同時に感染対策としてのロボット側の防御具は必要無くなり、経費削減に繋げつつ、ロボット自体の消毒だけで済ませる事が出来るようになります。
 この辺だけで見ると、医療に必要な装備品関連での大幅な資源の無駄消費を無くす形のSDGsに沿うような形にも出来ますよね。基本的にあれらも大量にプラゴミの元でしょうに。
 ロボットならば、耐熱加工した上で、熱消毒にさせたりも出来るので、消毒作業も楽にさせたり出来ますしね。

 そしてロボットだから出来る事は、数多く量産しても人材が余る状況になったら、待機させる事は出来るし、一般的ロボットの性能があるならば、中身のデータを一時的に切り替えて、他の作業や仕事に当たらせていく事で使っていく事も自由に出来ますので、臨機応変に医療人材の増減をさせやすいという面でもロボット人材は優秀なのです。
 ロボットに基本的な感情が無いままであるならば、不平不満を言う事も基本的にありませんからね。まあ中国の方では、独裁的な管理の形はダメだとかダメ出しされたから、使用禁止にされたAIとかもあったようですが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 ロボット活用社会~終了~医療ロボット





























 ちなみに、私の友人には、介護士で働く人が居るのですけど、私のロボット活用には、介護の面で大反対されていますね。やはり人間味での暖かさとかが必要だと言われる形でですね。
 だけども、そんな理想論だけでは、医療や介護で必要とされる全ての人を救う事は出来ませんから、どれだけ友人や人至上主義者達に猛反発を受けても、私は現実を見て、ロボット医療での現状足りない部分を補う必要性は必ずあると考えますね。
 理想論だけで語った結果が、介護現場での虐待に繋がったりもしているから、ロボットの選択肢も入れる必要性があると考えますね。相手に申し訳ないと思う必要が無く、安心して医療や介護を任せられる相手としては、ロボット以上に最適な人材はいませんからね。
 人だと、ストレスで時に虐待や人殺しに向かわせてしまう事が多々あるのでね。不幸な死をこれ以上起こさせない為にも、私はロボット医療の形が必要だと考えるのですよ。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1634回 報道特集特集 SDGs 核のごみ最終処分場の最適地とVSバッタ戦 [世界問題]

 さて今日は、報道特集の前半後半どちらもやる話ですけど、実質的に後半の方は既に昔の回で話しているので捕捉程度にですね。

 さて今回の時事は、あまり変わらないコロナ状況に関してなので今回は放置して、SDGsの方を少しやりますね。
 このSDGsは最近日本でも報道されてくるようになりましたけども、複数の項目があって1つ1つ全部を覚えている事は私は無いのですけども、要は、自然と地球環境に優しい形を目指す事で、大体合っていると思います。
 だからプラゴミとか核のゴミ問題とかでも話に挙げられるのでしょうけど、それ以外には、自然エネルギーとか食料生産の話に食料廃棄の問題等も含まれていますね。
 まあ基本的に私のブログでは、相当前からSDGsに則っているような形ですよね。作った当初は名前の一片たりとも知りませんでしたが。

 それでは簡単に本題の方に入って行きますけども、今日は結構軽い内容ですね。私にとってすれば、世界が大いに悩み抱える問題も軽い物である事が多いのですよ。完全に新たなアイデア作るよりも、現状の問題に対しての解決策を考えるのは遥かに楽ですからね。(私基準)
 それで、核のごみの最終処分場の日本での問題に関してですけど、報道内容では、町民無視して町長等の独断でお金目的に調査を受け入れるとかやって、大バトルに勃発しているようなケースが多々ありましたが、あれは、最終処分地を国が決められなかったから、国民に責任を丸投げしているから起きている状況ですよね。
 全て、政治家と大手電力会社の責任を一方的に国民に丸投げされたから起きている問題だと言え、それをした奴らに大きな問題があるという事ですよね。特に自民党と原発で金儲けをする大手電力会社共です。
 そこで、最終的に原発を日本で無くしていくとして考えた場合に、原発の跡地も相当に放射能汚染が発生している恐れも考えられ、現状の福島原発の場所も元通りにするまでには、最低でも数百年ペースは必要でしょうから、そこから算出する最も簡単な核のごみの最終処分場は、作っている場所に処分地も作ってしまうのが、最も手っ取り早く作る事を認めたのだから、処分地の併設も受け入れるべきだとさせるべきではないでしょうかね?
 特にこの原発の危険性がある中でも再稼働を容認するような市町村の原発地にはね。
 元から原発が立てられる場所は、地質的にも問題は少ないのでしょうから、余裕で最終処分場の場所として合っているでしょうし、作る場所から直通で移送させられるから、余計な輸送は必要無く、埋めていけるし、原発の跡地利用としても十分に使えてしまえるから、それが現状最善の手では?と言えるのですよ。
 だから私は、前から福島原発の地を国が丸ごと買い取って、最終処分場にしてしまえば良いと言っているわけですね。それなら面倒な問題は、ほぼ発生しないし、全世界においても、原子力発電所が置ける立地ならば、同時に最終処分場を作り出す事も可能でしょ?と言えてしまえるという事ですよ。
 同じ場所なら、候補地選びなどで面倒になる事もないですからね。 それに、作る事を容認した人たちが、ゴミが出たら誰かの責任としてなすりつけようとする事自体、酷い事だとは思いませんかね?お願いしたりするならばともかく、放置した上で、誰かになすりつけようとするのは、人として最低だと思うのですけどね。
 その事も含めての原発の設置だとすれば、これ以上そんな物を作ろうとする流れも一気に無くせて良いのではないでしょうかね? ゴミが発生する場所に、ゴミ箱を置くのは、至極普通の事だと思うのですけどね?

 それでお次は、VSバッタと食料生産の問題等ですけど、相手が大量発生のバッタであるならば、被害を受ける植物まとめて焼き払って、こんがりおいしく食せばよいのではないでしょうかね?(昆虫食大好きな方々に)
 殺虫剤での毒殺もまあ良いですけど、1番手っ取り早いのは、被害を受けている植物に火を点けての火葬の形が1番効果的にダメージを与えられるでしょうし、焼き方によっては、後でおいしく食せるから、焼き焼きするのが良いと思われます。
 あとは、上や横から攻撃をするなら、物量含めて、投石攻撃やトリモチ弾等でまとめて倒す形等が良いでしょうかね。まあかなりの物量攻撃の人手等が必要ですが。
 残りは、炎と似通る方法で、火薬爆弾で広範囲で焼いていく方法ぐらいでしょうかね。
 どうせ植物に大きな被害があるのならば、その被害を込みしてさっさと焼き払っていくのが簡単な駆除方法だと思いますね。バッタの先頭集団から焼いて行けば、うまく行けば、後列方向にも移り火で延焼して行ってくれるでしょうから、一石二鳥に出来ます。
 炎が嫌ならば、巨大な掃除機を作り出して、まとめて吸い込んで行くのが手っ取り早いでしょうかね。ピンクの悪魔を作り出せればよいのです。

 それで食糧生産に関しては、昆虫食を重視している所が多いですが、手軽に大量に動物肉の確保を目指したいならば、ネズミも行けるはずでしょうから、ネズミ食の可能性も検討して良いでしょうし、陸上での魚の養殖も増えていますから、そちらでも期待できるでしょうね。
 あとは、農場系統は、普通に天候や気候変動にもめっぽう強い屋内型の機械管理の農場体系に変えて行ければ、普通に対策しつつ常に必要量の大量生産も可能となるでしょう。さらにこちらならば、縦の面積分も増やして行けますから、横の面積を基準にして生産力を競っていくと、明らかにこちらの方が圧倒的に強くなっていくでしょうね。
 機械農業ならば、最初の初期コスト以外では、従来の農業よりも大幅に生産コストを引き下げていく事が可能になりますからね。縦の面積的にも大量に作れますからね。平面お日様農業とはレベルがまるで違う食糧生産力となるでしょうね。ちなみにこの方法は、宇宙空間での宇宙ステーションや月等の他の星でも普通に可能になる話ですから、いつまでも地球限定の農業だけで話をするのは止めておくべきですよね。地球外進出も将来目指して行くのならばね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~核のごみ最終処分場





























 あとSDGsが叫ばれている中で忘れられがちなのは、航空機や船舶のガソリン系燃料の使用の形がありますけども、それの最たる例は、軍用機になりますよね。こちらも他のクリーンなエネルギーに変えていくべきですよね。
 私の方では、既にそのアイデアは作られていますけどね。
 特に船舶に関しては、重油や油流出での地球環境的な問題事項も強いですから、民間含めてどんどんガソリン系から脱却していくようにすべきですよね。
 そこで水素が取り上げられたりしていますが、結局これも地球資源からの無限に使える物ではないですから、基本のエネルギーは、風と水が最もクリーンな基本エネルギーとなり、クリーンかつ最強のエネルギーは、磁力となるでしょうね。これらは基本的に、地球資源のノーコストで半無限から無限のエネルギーを生み出して行けますから、人が数億年以上生きても使えるエネルギーの形になります。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1633回 シールドバッグ-アンブレラパック- 手で持たない傘 [新アイテム開発]

 さて今回は、先々週のシールドバッグの追加装備に関する話ですね。通常のシールドバッグに傘の機能を追加特化する形ですね。まあ仕込み装備の中には、通常の傘以上の性能が含まれる事になりますがね。

 さて時事としては、嬉しくない記録更新が日本中で続いているようですね。まあアクセル踏み込んだままが続いている状況では、まだしばらくは増加傾向であると言えるでしょうね。
 まあ特に深刻なのは、重症者以上の数が、既に限界レベルで増えている事で、この人達は簡単には治りませんからね。政府や行政はこちらの方をブレーキの基準として重視している事が多いのに、アクセルの掛け加減は新規感染者の数を基準にしているのはどうしてなのでしょうかね?
 これで一時収まったから再度アクセルとかやろうとすると、重症患者で部屋が埋まっているのにアクセル踏み込みますという最悪なアクセルになりそうですよね。だって今の自粛要請期間の話は、重症患者の状況を完全無視して話していますからね。2週間経ったら自動的に治らないから重症なのですよ。
 現状どう考えても、3週間経ったら、今の重症患者さんたち全員が治っていますという保証はどこにも無いのに、なんで新規感染者の数だけでアクセルの基準が決められているのでしょうかね?
 それを第2波の後にやったから、今の逼迫した状況が作られているというのにね。政治家さん達は、重症患者の数を見ているようで全く見ていないという事ですよね。それと同時に医療体制と医療従事者の人不足と疲労度の状況等も把握するべきである。やはり今の自民党政権が1番ブラック企業の大本命ですよね。
 そしていまだに今1番大変な医療従事者たちには、タダ働きをさせようとしているこの世界で1番のクズ集団です。何でも、救急救命士さん達には、コロナ治療に対しても特別手当とか出していないようですからね。医者や看護師には雀の涙は出すけど、それ以外の医療従事者たちには、びた一文出してやらないとする自民党政権の対応はいかがなものでしょうか? そして、政治家の冬のボーナスは満額受け取る事になるのでしょうかね?

 あと最近の報道番組では、マスクは必須とか義務化を日本でもという流れが多く出ていたりするようですが、もうマスクを付けたくても病気等で付けられない人の苦悩は完全に忘れ去って、差別の対象とする事に抵抗は無くなったのでしょうかね? 病気で付けられない人等は、死んでも良いとする差別を報道番組が多くしても良いのでしょうかね?
 きちんとその人達への配慮も一言含まないと、病気の人達は差別の対象だとする悪い流れが出来そうですよね。昔の癌になった人は、働くなと言っているのと同じなのに。また繰り返すのでしょうかね?
 それに、マスク最強とか言っているけど、同じ物を何日も付け続けていたら、むしろ感染拡大の逆効果にしかなりませんから、あまりマスクだけが素晴らしいと言い過ぎないようにした方が良いですよね。むしろ感染を広める結果にもなりますからね。日本にはそれをしそうな人たちが数十万人規模でいるのですから。マスクを買う事すら難しい人達がね。
 そしてそんな人たちを救う為に政府は、貧しい人達にお金をバンバンばら撒けという感じの話を今日のミヤネ屋でも宮根さんが言っていましたが、お金が欲しい人に無基準で渡そうとしたら、一括給付とあまり変わりませんよ? 政府が「要らない人は受け取らないよう」にと言っている事と変わりませんからね。
 ならば、特定の基準を設けた上での一括給付の形にするのが最適だという事ですよね。基本金持ちと犯罪者にくれてやらなくても問題は無いでしょう。

 それでは、ようやく本題のシールドバッグの追加装備の話に移って行きます。
 まあ機能としては、傘の能力を本気で詰め込んだ形なので、そこまで凝った内容でもないのですが、意外と多用途に使っていく事が可能となります。
 まず基本としては、シールドバッグに重ねる形で、追加装甲と内部の傘の特化機構を合体させる形での装備の形になります。故に、装備重量は単純に増加する形なので、重量が増えすぎるようだったら、ショルダー系装備の重量緩和の仕組みと組み合わせる方向で考えて行きます。
 それで、アンブレラパックの基本能力は、傘の部分を展開出来る形から、傘の広さである大きさを変更可能という形にして、1人用から複数人数用まで自由に傘の大きさを変えられる形とします。
 あと、腕を頭の上まで持って行かなくても傘として使用できるように合体面から上にアンブレラパックだけが持ち上がるような機能も付けると、利便性を高められるでしょうね。
 そして傘の部分を自動的に回転可能にすると、水切りがしやすく、ついでにスプレー類やガス類の攻撃まで防ぐ効果に使って行けるようにもなります。
 さらに追加装備で、傘部分の下側に覆い被される形のビニール製のシートでの雨合羽を収納できる形にして、自由に展開出来るようにすると、傘だけでは防ぎきれない雨も防げるようにも、コロナ対策にも催涙スプレーやガス攻撃等も防げるような形に出来ます。
 そして水切り系と若干被りますが、使用後の収納後に内部で水を集めて自動排出も出来る形にすると、より使いやすい形になるでしょうね。

 この傘特化の機能の使い道としては、手荷物になる普通の傘と違って、バッグの表面にくっ付けて使う傘の形になるので、基本的に荷物になる事は無く、ついでに存在を使用後に忘れたとしても置いていく事は基本的に無くなり、いつでも安心して使える傘として役立てられます。
 ついでに大きさを変える事での1人用からい、いざという時の大人数用にも変えられるので、傘の意味としての多様性はありますし、傘の使用が難しい強風等の場合は、雨合羽系の使用にも切り替えが可能なので、状況に応じた雨対策にもなります。
 そしてシールド系でのいざという時の防御にも使え、さらに催涙スプレーやガス等の攻撃に大しても防御して行ける形になるので、射撃攻撃を防御しつつガス類攻撃も防げる一石二鳥なシールドバッグにもなります。
 これなら、放水車を使ったりも出来る警察系が相手のデモ活動でもすごく役に立てる傘の形にもなるでしょうね。もちろん普通使用に関しても普通に使えますけど。そしてこれ自体を使用禁止にする法律は基本的に作り辛い。なにせ身を守る為の自衛行動をするなという法律でも作らないと無理ですからね。そしてそんな法律が出来ても、律義に守る人はほぼいないでしょうけど。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 シールドバッグ~終了~アンブレラパック





























 アンブレラに関しては、途中から別の要素も追加されていますけど、具体的なワードが一切入っていないですが、基本的にそれも含めた話ですね。まあ普通にシールドバッグの傘機能の話だけでも十分ですけどね。
 ちょっとしたお遊び気分と、民主主義へのエール的にもね。
 これで追加の事が何か分からなければそれはそれで全く問題ないですけど。 傘END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1632回 ロボット活用社会~ビジネス編~ 雇用は潰すが経済は回る [授業]

 さて本日は、今の経済体系が好きな方にとっては忌み嫌うような内容なので、新たな経済の形に興味が無い方はここでご遠慮ください。本題見ていてもつまらないだけでしょうし。
 まあ本題の方で、雇用を滅多メタに潰すような発言をする気なので、今のアナログ経済が好きだという方は、今日の所はお引き取り下さい。テレワークとかリモートワークとは次元の違う話ですので。

 さてその前に時事としては、そろそろ検査不足な週前半が終わって、検査パワーが上がってくる週後半に入ってきましたが、順調に感染者及び経路不明者が増えている模様ですね。
 これに対して、政府の専門家機関も危機感を覚え始めて、より強い経済自粛の方向へ舵を取らざるを得ないという感じの対応に変わってきているようですね。具体的には、GoTo Stopをより強くする方向から、緊急事態宣言含めた所までの話も出ているようで、今の分かりやすい最悪の未来は、緊急事態宣言が出された状態でのクリスマスから新年明けられませんごめんなさい状況になるという事ですかね。
 下手な自粛では、経済に致命的なダメージになりそうですし、若干収まったからと解除して、再度アクセル全開で新年迎えると、100%休み明けに原発に5トントラックが爆弾積み込んで突っ込むような状況になりそうですけどね。
 とりあえず今年の経済は、アナログは無理と断じて、デジタルだけで大いに盛り上げる方向に今からでも遅くないですから変えた方が良いのでは? 皆さん、自宅や個人等で楽しめる場所から、今年はデジタルで盛り上がりましょう。それが現状できうる最善のコロナ感染治療薬となるでしょう。

 そして一部報道番組等では、私らのような極論論者のような内容の方が将来の経済にとって現実的と考える人も出てきているようですね。 アクセルとブレーキの交互で行けば、確実に経済が徐々に捻り潰されていくだけですから、コロナを確実に抑えられた状態で、アクセルを動かすような形にしないと、たぶん来年末迄には日本の経済が完全崩壊するでしょうね。
 そこで私が示す指標は、感染経路不明者の数を日本全国で1桁になるまでロックダウンさせて、そこからまたアクセルを徐々に動かして行き、経路不明者が2桁になる度にまた抑える形で、不用意な動きは厳禁とさせる形にして行くまでやるべきでしょうね。
 ただし私の考えの形では、ロックダウン等で動きを止めるのは人間だけであり、その間の主要経済や流通等は全てロボットたちに任して行く流れで動かして行きます。直接動く必要がある仕事等は、ほぼロボットに任せて、人間はリモートワークや遠隔操作に人間でしかできない仕事に努めるという形にすれば、経済を一定程度動かしながら、人間にだけ発動するロックダウンにて、コロナ撲滅にまで動かせ続けて行けるでしょう。 まあ後は、動かさない人の生活保障はしっかりと必要ですがね。
 それは期せずして、今の主要経済が最も嫌うロボットが人間に成り代われる大半の仕事を奪った状態の社会経済となりますけどね。 ただしそれが、最も人間の感染症対策としては有効な社会経済の形でもある。どちらもある程度動かそうとしたら、これが簡単な最適解となる。

 そんなわけでの本日の本題に繋がっていくわけですけども、前から何度も言って来ているロボット活用の社会の形ですね。このロボットと言うのは、無理に人型である必要は無く、仕事に応じて最適な形が取れるのならば、形は何でも良いとすれば、後は中身のプログラムだけとなり、そちらも特定のビッグデータと組み合わせて学習させれば、大抵の人間の職業を奪っていく雇用ブレイカーとして、ロボット人材の形になって行きます。
 ただしそれは同時に、人が寄り付きにくい仕事等にも普通に人材として当て込めて行ける事になるので、慢性的な人手不足は普通に無くなる事になるでしょうね。そればかりか、新しい事業などを作って行く時に必要な人材等も簡単に必要な数を集められるようになっていくので、新しい経済へのアイデアがあれば、割かし誰でも起業して行ける社会にもなって行き、人の雇用は潰れますが、経済としては右肩上がりとなって行くでしょうね。
 まあ起業に関して初期コストの問題がありますが、そこはクラウドファンディングや一部の企業や行政等が、アイデア内容によって大当たりした場合のみ返す必要がある投資の形で、行なうようにすれば、どんどん経済を動かして回して行く流れに出来るでしょうね。
 そうすれば、一般的雇用の減少等気にする事もないぐらいにいろんな仕事で働く人ばかりにして行けるでしょうね。何かしらの興味関心事があれば、そこからいくらでも新たなビジネスプランは人の数ほど生み出して行ける。 私はそれ以上の例外ですが。

 それでここでようやく爆弾発言と参りますが、ロボット人材が奪える人の仕事の形は、分かりやすい形として、○○検定や特定の資格試験等の合格基準が定められた資格に基く仕事においては、ほぼ全てロボット人材が成り代われるでしょうね。後は、特段無資格でも可能な誰でも出来る肉体系作業類やデータ入力業等も簡単にロボットが仕事を奪っていける内容ですよね。
 というわけで、この時点で相当な仕事がロボットによって簡単に成り代われるという事に気付いてもらえたでしょうかね。漠然とした人の雇用を奪うという形から、合格基準が定められた資格に基く仕事で大半がロボットに成り代われるとすると、より具体的な数字と何が取って代わられるのかがはっきりしてくるでしょうね。
 私もここで全てを列挙する気はありませんよ。圧倒的に面倒くさいので。
 ただし、それによって人から変わるロボット人材の形は、人間が引き起こし易かった問題をロボットならばしないという方向では、遥かに安心して仕事を任す事ができ、出来る事出来ない事がはっきりとした形で、仕事や事業等を進めやすいという方向に動かして行けます。
 分かりやすく言うと、経理にまつわる仕事での個人的なお金の着服等は、ロボット人材は個人的に絶対にやらないという事ですね。あと人よりも圧倒的に作業スピードが速い。
 ただロボットは基本的にプログラムにある内容しかできないので、普段の人が出来る仕事等の応用性に関しては、普段の経理の人の仕事の形をデータ化させて、ある程度まとめて無駄を省いた上で、ビッグデータとしてロボットに学習させていく形にすれば、大抵の応用性が必要な対応も対処可能にしていく事が出来る。
 そして1度でもそのプログラムのはっきりした物が作られれば、後のボディ部分はいくらでも量産できて、同じ能力を持ったロボット人材が大量に作れることになる。人のクローンを作るよりもよほど経済労働力として強く倫理的にも何の問題も無く出来るので、一般的労働力として見るならば、こちらの方が遥かに強い。

 基本的な技術系も学習でいくらでも覚えさせていく事ができ、人の直感とか第六感に関すること以外ならば、ロボットでいくらでも動きを覚えさせる事が出来るので、工事現場や建築現場の仕事は、ほぼ全てロボット人材で置き換えられる事になる。後はそれを動かす人のアイデアの形次第で、他とは違った動き等を作り出して行ったりも出来るという形になる。

 あとは料理人とか栄養士などもロボット人材でいく事も可能で、料理に関しては、新たなレシピ等を作り出せる人が居れば、後は、一般的なお店等では量産できるようにすれば、基本的なお店が成り立つので、飲食店も立ち上げやすくなるでしょうね。
 そしてこれらのロボット人材ならば、初期コストさえ何とか出来れば、月々の人材給料の問題は気にする必要が無くなり、雇用保険とか残業代等も気にする必要無く、自分の生活費と仕事への維持費&ロボットのメンテナンス費さえあれば、コロナのような感染症が流行ったとしても乗り越えて行けるので、乗り越える道のりが少しは軽くなります。
 ついでに店員等もロボット人材ならば、人間の感染症問題も気にする必要が店員系ではありませんからね。人材難で店が動かせないという事にはならなくなる。

 あと最近若者の参入が多い農作業も、ロボットで任せられるようになると、より効率的になるし、利益率も良くして行けるでしょうね。特に広い畑や農作業地を有するならば、ロボット人材の形は、かなり有効だと言えるでしょうね。


 さてそれではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 ロボット活用社会~終了~ロボット人材





























 さて今回は一般ビジネス編で参りましたけど、他にも思い付いたらいくつかロボット人材活用の形での話をしていく予定です。 そう言えば、資格試験が必要な仕事の中には、医療関係も大半が含まれますよね? ロボットがやるようになると基本的な医療ミスが起こらなくなるのでしょうねえ。あと基本的治療費等の削減効果も期待できるでしょうかね。という辺りを次やるかな? END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1631回 回復 GoTo Stopしかし無意味? +検査拒否と感染悪の社会環境 [休憩]

 さて回復系お休み回ですけど、割かしまともな話で参ります。

 そのコロナの前の時事として、本日の夕方の報道番組のキャストにて、また私が前に出していたアイデアの実現例が報道されていましたね。 今度は電車での宿泊に関しての内容が出ていました。結構人気だったようですね。
 電車の中で思いっきり寝たいという一定層のニーズがあるようですね。まあレアケースとしては、車掌さんに起こしてもらいたいという人も居たようですが。

 それでは時事本題の内容に移って行きますが、昨日から突如大阪市と札幌市でGoTo Stopが実施されたようですが、効果には、甚だ疑問しかないですね。というかむしろ、移動する手間が増える分余計に感染拡大に貢献してませんか?と言いたくなるようなザル全開ですからね。
 ブレーキを踏んでいると見せかけたいのでしょうか? それに、前から問題視されていた移動制限が向かってくる者だけという形では、根本的な解決には一切なりませんし、直接の目的地にしなければいくらでも周りから入ってこれるという状況では、移動の形が増える分、余計に感染拡大の要素が増している気がしますね。
 これは観光経済潰して、感染対策にはならない馬鹿げた仕組みですよね。完全に事故っています。ひき逃げする気ですか?
 観光経済潰す方としては、補償が全体の35%限定である事と、面倒な事は全部旅行業者と宿泊業に丸投げな上に、事前説明一切無しとか、最低の国と行政府の対応ですよね。そんなんじゃ即効性を求めたとしても意味はないですよ。 残業代支払わないけど、普段の倍働けと国が言っているような物です。本当にブラック政府ですよね。
 あとここに東京含めて時短要請とかが出されていますが、補償が少なすぎて経済を潰すだけになっているような感じで、これだともう従わない所が増えてきそうですよね。国が何もしないから起きる事ですが。
 菅総理はしきりに助けるとか言っておきながら、実際はまだ何もしていないのと同じですけどね。国民に対しても壊れたレコーダーになっていますかね? 確かまだ、かなり前にコロナ対策費として10兆円を手に入れた残りがかなりある筈ですが、政治家の冬のボーナスにでも回すつもりでしょうかね?

 そして報道の方で新たに検査拒否の実態と都民ファーストや福岡の行政が正当な理由なく拒否する者には罰則を設ける制度を作ろうとしている流れがあるようですが、犯罪者を叩く前にまず被害者を先に叩くのが行政のやる事ですか?と私は言いたいですね。
 というか、犯罪者を守る為に被害者を共に殺そうとするのが行政のやる事ですか?と言いたいですね。それをやる前にする事すっ飛ばして、何を被害者達を殺す事を先にしようとしているのでしょうかね?クズ政治家達は。それが感染悪をさらに助長する事になるというのに。
 このコロナ検査での検査拒否に関しては、個人的な理由から拒否する人が多いようですが、その内容としては、仕事に影響するからとか旅行に行きたいからとかの身勝手な理由も含まれますが、中には、検査したら仕事が出来なくなってお金に困るからとか周りから感染者という扱いで社会的差別を受けたりいじめの対象になるからという感染悪の影響から来る検査拒否の状況もあり、この人達の状況を無視して検査拒否する人には罰則を出すとか、まさに感染悪の代表例の制度を作ろうとしているようにしか見えませんね。それは既に一般的人権すらも否定しているような行為に等しいと言える。
 まずやるべき罰則を設ける所は、感染悪と定めて社会的差別をしたりいじめを行なう者達を罰する制度を作った上で、仕事が出来なくなったりして一方的な損を受けないように補償をしたりする形で、検査を受ける人達がその行動で被害を受けないようにする制度の方が先決でしょうという事です。
 検査拒否に至る要因を丁寧に潰して行って、積極的に検査を受けていく方がむしろ社会的にも優遇されてお得になるような形にして行けば、検査拒否をする人はいなくなるでしょうね。
 この検査に関しては、陰性だとしても念の為に2週間は自主隔離が必要な人達だという事で、仕事に行けなくなる事への補償と会社側等へ行政から話しかける事と隔離期間のサポート等をする必要があり、これらが無い現状では、そりゃ検査拒否する人が多く出ても仕方ないですよね。
 誰だって、お国の為に死んでくれと言われたって、よほどの愛国心があるようなバカ以外は従わないですよね。

 そして検査拒否の代表例としては、今の所東京の豊洲市場で起きているようですが、ほぼクラスター確定な感染者の状況なのですが、経済影響値を考えて、小池都知事がわざとクラスター認定しないようにしているようですね。やはり命よりも金が大事だと言いたいわけでしょうね。 そして放置されている分、感染拡大のスポットになっている恐れもありそうであり、放置する方がよほど経済に対する後々の影響値が甚大になりそうですけどね。
 ちなみにこちらの方での検査拒否の内容としては、仕事が出来なくなる事での生活して行けなくなる事への不安ですね。という事での補償が必要なのですが、東京としての財源的に余裕が無く、国も国民を助ける事にお金を使いたがらないせいで、本気で陽性感染の場合は、重症にならなくても死んでくれというような状況になる事での検査拒否の形に繋がっているようですね。
 検査したら国と東京に殺されるような物だから、そりゃ拒否する人が多く出てきますよね。

 こういう風に日本では、感染者に対するケアや検査を受ける人達に対する社会環境的なケアが世界で最下位レベルに位置しているから、このような状況下になっているという事ですね。先進国の中ではぶっちぎりの断トツで最下位確定でしょう。下から2番目を大きく引き離してのぶっちぎりだと思いますね。 それだけ国民に対して国が何もしない状況になっているという事です。
 状況で見ると、北朝鮮よりも酷い社会環境になっているかもしれませんね。対コロナに関しては。
 ブレーキ破壊してアクセル全開で、「もうどうにも止まらない」という状況で、どこかで大事故するまで走り続けるだけという感じですよね。

 橋本さんとか宮根さんとかが周りに大批判された解決策として、国の借金大増産してでも国民へお金を大量にばら撒きながらロックダウンするという案の方(確かそんな感じだったはず。詳しくは皆さんで調べてね。)が、日本の将来経済的にはまだ希望があると思えますけどね。
 まあ私も似たような内容の事言っていますけど、経済を完全に捨てるような方法ではなく、こちらも皆さんが大批判しそうなロボットたちに任せていくという方法ならば、ロックダウンの形になっても経済はそれほどダメージ無く済ませられるように出来ると思いますけどね。
 私らの究極論者の方が後手後手混迷状況で事故るまでアクセル全開で走り続けるよりもまだましだと思うのですけどね。 私のやり方ならば、経済も崩壊させずに医療も崩壊させない方法が出来たのですが、ロボット活用に批判的な人が多いから、今のような状況が作り出されているという事ですよね。
 ロボット活用に関しても、日本は世界から遅れてきているというのにね。このままだと日本は後進国から発展途上国に戻りそうな感じですよね。もはやアフリカの人達の方が日本よりも先進国に相応しい事になってくるのでは? そして日本はG20とかからも外される事になっていく?(笑)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 GoTo Stop~終了~ブレーキ破壊してアクセル全開





























 さてそれでは、こちらの方ではいつも通りにきららファンタジアの状況報告の話としますが、レベルがまた1つ上がった以外の特段な報告内容がありませんね。現在は週1のペースでレベルが上がっているような状況ですけど、80台後半になると、週1~2ぐらいのペースになりそうな必要経験値の量の感じですね。
 とりあえず私は、きららファンタジアプレイでの1つの終着点として、ユーザーランクレベルMAXを目指す所です。さすがに無課金プレイでは、いくつかの最強クエスト挑戦とかは、物理的に不可能と言えるような状況(自分のギャンブル運の無さも含めて)なので、取り敢えずそこまで達した状況で、メインクエストをクリアできれば、取り敢えずの満足終了といった所を考えています。
 ちなみに、私は短期間でかなりの高ランクプレイヤーになっているわけですけど、ゲーム内フレンドたちは、同じように高ランクが多いわけですが、レベルがほとんど変わらない人が多いですね。さすがに私より上の人ならばともかく、私よりも5以下な人達も動かないというのは、早々にこのゲームに飽きてきたか、課金含めてやっているから、ユーザーランク上げない方法でプレイしているからといった辺りでしょうかね。
 ちなみに私がプレイしている状況でも、レベル110以上はほぼいませんね。このゲームもうすぐ3周年とか言われているはずなのに。ちなみに私は、皆さんも知っての通り、夏から始めて3~4ヶ月目で、レベル80台なわけですから、まともにやっている人の中には、ユーザーランク110以上が結構多くいてもおかしくはないと思うのですけど、私がプレイしている周りだけなのでしょうかね?

 そして私は、相変わらず黄金平原で稼ぎまくっていて、大きく変化したのはゲーム内コインの数が50,000,000突破した事くらいでしょうか。 とにかく今の私のプレイだと、お金は使わず大量に手に入るので、持ち過ぎになっている点ですね。
 このゲームでは、メインクエストをクリアしていないから全部は不明ですが、今の所使える所が、キャラのアイテムレベル上げと、レベル上限突破と、武器の強化&進化に、トレーニングで掛かる事くらいなので、無課金で黄金平原を稼ぎクエストにしていると、あっという間にお金が貯まりまくるのですよね。
 ちなみに金額的な所で行っても、レベル上げや強化は、状況に応じてかなり違うから参考にならないけど、それでも数十万コインがせいぜいといった所で、レベル上限突破には、1万~100万コインぐらい必要で、武器進化には数百万コインが必要で、トレーニングには1000~10万コインぐらいの金額設定なので、無課金プレイだとどうしても、レベル上限突破や武器進化が遅れるので、貯まるという事になるのでしょうね。
 まあ月初めだと、色々無課金でもアイテムが手に入るので、かなり使いますけどね。前は、1000万コイン使った事もありましたね。それでも現状こんな状況ですが。 あくまでゲーム内のお金だから、現実の懐は一切痛まない。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1630回 防犯迎撃窓~不審者撃退から水やりまで~ [新アイテム開発]

 さて似たようなタイトルでの窓の改良版の話ですね。自動機能を付けても良いのですけど、基本は中にいる人を守る目的の内容の為に、自動機能の名前は外しています。

 さて時事としては、コロナが多少落ち着いているように見える中で、大阪や北海道は対策に打って出る形になり、少しずつ自粛の方向性に動いている中で、自民党の残されたスキャンダルの方で動きがあったようですね。
 安倍桜のパーティの方で、弁護士たちが訴えていた所の捜査に大きな動きがあったようで、野党もまたやじうま根性でそこに再燃といった所ですかね? まあでも、今の捜査体制は自民党の忠実なるしもべのような感じにもなっていますから、どこまでやるのか不明ですけど。
 日本では、自民党のせいで三権分立が無くなってきていますからね。全て1党独裁の影響ですよね。このままだと日本も中国のようになるのでしょうかね? 民主主義を言ったら不当に弾圧されるような国に。

 そしてコロナとインフルエンザで、インフルエンザが来ないという報道内容の所もありましたが、コロナの勢いに負けているからだけな様な気もしますけどね。感染症対策が徹底されているからという理由だと、コロナも抑えられていなければならないわけですから、この考えは真っ先に消えるわけで、海外から持ち込まれないという所と、インフルエンザがコロナに押し負けて感染されにくくなっているからだと私は思いますね。
 とする場合、インフルエンザはもう大丈夫かというと、この状況で考えるのは、コロナが強い間はインフルエンザが活動できないならば、コロナがどこかで抑えられたら、インフルエンザがやってくる可能性もあるという事で、それが春にまで遅れるならば、インフルエンザの脅威は無いでしょうけど、それまでにコロナが抑えられたら、代わりにインフルエンザがやってくるという状況になる可能性もありそうですね。
 どうせコロナが抑えられたら、浮かれて行動する人が大勢また出そうですし、そこにコロナとインフルエンザが待ってましたと飛び掛かるのでしょうかね?そしてまた対決になると。

 それでは本題の防犯迎撃窓の紹介に関して話して行きます。
 今回のは、防犯カメラと違って、窓自体に防犯効果を持たせる性能を取り付けて、窓に近寄ってくる不審者等を撃退したりするという内容ですね。
 防犯カメラと違うのは、分かりやすさの点と一般的に使われる物か否かの話です。防犯カメラは防犯目的で、犯罪を起こしてほしくない場所等に付けますが、窓の方は、普通に一般住宅やお店等様々な建築物に標準的に付けていく物となり、守る場所が違ってくる事になります。
 それで、付ける装備としては、暗視カメラにライトを付けて、さらに迎撃機能として建築物に付ける物で窓の厚さも考えると、放水機能が基本的でしょうね。 残りは+αの要素という所で、カメラで状況確認しながら、ライトで意表を突き相手の動きを封じながら、放水で押し返して行くもしくは、落とすという形での迎撃機能になりますね。
 ちなみに落とすというのは、高い所から侵入しようとして、放水で押されて地上に落ちるという事の意味です。こういう防犯迎撃が普及していくと、より高層階等への窓からの侵入や覗きに関する犯罪が減らせる方向になります。
 まあただ、無理に放水圧で押し返すだけの必要性も無く、可能ならば、放水の水を冬ならば冷水にして、四季関係ないならば、やけど必死の熱湯に変えてやれば、それを受けて犯罪を起こそうという気も無くなるでしょう。完全防御でも、熱さの直撃は受けて耐えられなくなるでしょうし、基本的に消防服で犯罪起こすくらいじゃないと回避不可に出来ますよね。

 基本的な防犯迎撃の形としては、窓側からの侵入防止効果に除き撃退に外の安全確認等に使えるので、こういう防犯能力が備わった窓の形が出来れば、かなり大勢の人が安心できる形になるでしょうね。
 暴動が起こりやすい場所で、こういう窓の形にすると、どれだけの人がやけどで苦しむ事になるのでしょうかね? そもそも誰か犠牲者が出たとしても、その窓の所に突っ込むバカは出てくるのでしょうか?
 店の商品を守る目的とかでは、かなり有効的に使えそうな防犯の窓の形になるでしょうね。まあ温度調節は設置する場所毎に変更可能という事にして。

 そしてこの窓の形ならば、窓の外に出ずに窓の外の状況を見ながら放水が可能となるので、窓際に作った家庭菜園やガーデニングの場所に対して、水やりを家の中から行なったり、鉢植えなどにも水やりが行なえるようになるので、庭やベランダ等で花や野菜を育てている人が使っても便利に使える形になります。
 ついでに何もない状況でも、暑い時には打ち水の代わりに使う事も出来るでしょう。以前話した暑さ対策のミストシャワー的な形のようにね。(今回の形には標準装備ではありませんが。防犯用が基本なので。)
 ついでに冬の日で雪が降るような場所だと、窓に降り積もった雪を解かす方向に使う事も出来る可能性があるので、様々な面で使えるでしょうね。(まあ熱湯で溶かすだけだから、効果範囲は限られるけども、緊急時の出入り口の確保ぐらいにはなるかな?) あとは窓の凍結解除効果も期待できそう。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 防犯迎撃窓~終了~熱湯放水





























 こういう形の窓にすると、特に女性にとっては、防犯効果を高く出来て安心できる形にしやすいのではないでしょうかね?場所によっては、誤解しながらやけど水を浴びてくれるバカな犯罪者も出そうですが。(お風呂 覗きin熱湯 ただし普通に正常脳で考えると、熱湯のお風呂に入っているわけほぼ無いよね?)
 ちなみにこの形の窓だと、近未来の覗きでの飛行ドローンが来ても撃ち落とせます。(近距離ならば。) あとは水をかなり消費するけど、滝のようにして見えなくさせるという方向で使う事も可能。
 ここから、色んな改良が考えて行ける。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1629回 特化宿泊業 試せる家具雑貨のカスタムホテル~自分好みにホテル部屋の改造~ [NEWビジネススタイル]

 さて今日の特化宿泊業は、私の大好きな仕組みのカスタム性能を取り入れた試せる家具雑貨のカスタムホテルという事での主にホテル内家具等の販売店と協力した形の新たなホテルの話ですね。
 ちなみにそれは、ホテルにとっても家具店等にとっても利用客にとっても嬉しい内容に出来るので、win-win-winですかね。 まあ家具店等の所は、対象が家具店だけではないからですけどね。

 それで時事としては、昨日の少ないはずの大阪の感染者数の数字が跳ね上がっていましたね。流石都構想を目指していただけはある都会の状況とも言えるのでしょうかね。 まあこの3連休での観光客たちの動きは、かなり激しく動いていたようですからね。
 GoTo使った人の動きが激しく、特に観光地の密集率は、かなり高い状態になっていた所もあり、いくら開放的な外だとしても、あれだけの過密状況では、マスクしていても無理な範囲かと思われますね。 だって普通のマスク程度ならば、多少は横方向に飛沫が飛びますからね。海外ではきちんと距離を取ってマスクをして散歩していただけなのに、感染させられた例もあるようで、その状況はたぶんすれ違った際の空気漏れで感染したという事になるのでしょうから、すれ違う際も距離がそれなりに取れないと、マスクしていても無理な状況が発生するという事でしょうね。

 そして政府側の対応として、GoToの見直しをすると言いつつも、実際の開始日が不明なままで、取ろうとしている対策も、感染が拡大している場所への新規予約の禁止やクーポン等の使用禁止だそうで、報道番組では、しきりにならば感染が拡大している場所の人達が少ない場所に移動するのはありなのか?という議論で、知事達に詰め寄っていたりしますが、問題はそれだけではなくて、旅行方面の新規予約停止なだけでは、現状予約されている分は防がないという事であり、行動抑止の効果が発動されるのは、早くても1月過ぎた頃になりかねないと思いますから、今防げない対策をして何の意味があるのか?という感じに思いますね。
 やるならば、現状の形も含めて、対象地域はすべて停止させる流れから、予約のキャンセル料の国負担と、そのキャンセルでの旅行業者やホテル側等の被害金額の補償も含めて行なえるぐらいまで出来ないと、全てが終わって医療崩壊で国がボロボロになった頃にようやく意味が無いGoToの停止が開始される状況になるでしょうね。
 GoToな旅行に関しては、今止めないといけないのですから、新規予約停止とかでのバカな議論をするよりも、もっと今を見て対策を考えるべきですよね。 やるならば、「今でしょ!!」の対策が必要なのですよ。今動きを止めないと、年末年始は多くの人が、病院や治療ホテルのベッドの上で年越しを迎える事になるでしょうね。
 そして年末までに医療崩壊が起きまくったら、地獄の年明けになりそうですよね。さっさと政府には、キャンセル料補償等をしっかり打ち出してもらって、年明け後の経済を生かす為の形を作り出してほしい所ですよね。きちんと春を迎えられるように。

 さてそれでは、宿泊業応援の特化宿泊業の新たな形を紹介していくとします。
 今回は試せる形で、さらに追加の仕組みでカスタムも可能にするホテルの新たな形についてです。それらに関係する要素は、ホテルの部屋の備品一式ですね。
 この備品一式の形の中には、様々な家具や雑貨類に、一部家電や部屋の設備等がありますが、それらをただ統一の形で、利用客に使ってもらう形から、色々な販売会社やメーカー等と協力して、レンタル形式等で配置して行ける形から、ホテルの利用客に使い心地を試してもらって、気に入った物があれば、ホテル経由で直接購入したり、商品配送もサービスで行なってもらえるという形にして、様々なホテルの部屋のアイテムの新製品等を試してもらってから、気に入れば購入も可能な形として、試せるホテルの形とします。
 つまりホテルの部屋で、過ごしながら使い心地を心行くまで堪能してもらって、気に入ったら購入も出来るという形で、ホテルを1つの販売店の形かつ過ごしながらじっくり試せる場所として、普通の販売所でのお試しよりも、部屋でくつろぎながらでの使い心地などを試せる形から、より使い勝手のリアルに近い形から良さを見てもらい確かめてもらう形にも出来るという事ですね。
 それでホテルとしても、様々な商品をレンタル形式等で使いながら、いろんな客を呼び込む形に使えるので、場所の提供とホテルの利用と一緒の形で、利用客を呼び込めるように出来ます。
 そして基本的には、いろんな会社からの商品をレンタル形式等で使いながら、様々なタイプの部屋を用意して、利用客に選んでもらう形での利用となりますが、別途追加料金が必要な形で、今用意可能な商品を好きに利用客に選んでもらって、利用客の使いたい好みの形にカスタムしてもらっての部屋の形でも予約できる形にすると、さらに多くの人に使ってもらいながら、ホテルにも泊まってもらえる形に出来るでしょうね。
 ホテルの利用価値をただ泊まるだけの形から、ホテルの部屋の家具や備品等の使い勝手などを確かめてもらいながら、気に入ればその場で購入も可能という形にすると、よりそれらの物を利用客が選びやすく確かめやすくなりつつホテル利用で休む事も出来るので、体も心も癒せるような形に出来ます。

 そして詳しい仕組みに関しての説明に参りますが、まず、新製品等をレンタルで用いていく形になるので、利用客が盗む可能性も考えて、事前予約前提で、現金払いは不可な形にして、基本後からでも請求が可能なクレジット払いなどの形でのみの形にします。
 その代わり、ホテルの部屋の家具等の備品類は全て、その場ですぐに欲しければ、そのまま持ち帰っても良い形として、後から代金の請求が行われる形とします。
 ただし、基本的には、ホテル側に購入したいと言えば購入出来るので、あくまでこの仕組みは、黙って盗もうとしているバカに対しての対策なだけであり、ホテルに何も言わずに黙って持って行った場合は、その商品合計の正規金額に手数料加えて、合計金額の10%上乗せの金額での支払いの形にさせます。
 それと、部屋の形に関しても基本的には、色んな協力会社やメーカー等から客に試してもらいたい商品等を安く購入やレンタルをして、ホテルの備品として使っての形で、色んな部屋をホテル側が協力会社やメーカー等と話し合って構築させていくのですけど、基本的に新商品ばかりで構成された部屋の形から、試してもらって良さを実感して購入して欲しい商品等で構成された部屋等の形を、部屋のコースメニューのような形でいくつか作成して、利用客に選んでもらってからその部屋に案内をしたり、部屋が足りなければ作り変えたりなどをして用意する形と、完全に利用客に好きに選んでもらってからカスタム部屋で試しながらくつろいでもらう形等を選べるようにさせて、コースメニュー形式は、内容に応じての料金変動の形で、カスタム部屋はカスタムした物の価値等から完全変動する形にさせます。
 ちなみに、このホテルでの形としては、試してもらう事が出来る形で、良ければ購入も可能というだけの仕組みで、普通により良い環境でホテルに泊まりたいとする人も普通に利用でき、カスタム部屋は、カスタムする状況によっては、コースの部屋よりも安くも出来るという形で、利用客がより泊まりたい部屋に変えていく事も出来るようにして、試す物は少なく、出来るだけ安くホテルに泊まれるようにも選べられるという形で行くと、利用客をあまり狭めずに使ってもらえるようになるでしょうね。

 あと、ホテルの部屋に置けるのは、購入可能な商品だけでなくて、メーカー等の試作品等を格安料金で使って試したりもできる形から、利用客にアンケートを聞いたりして、改良させていく方向に使ったりする形としても使えるでしょうかね。
 より気軽に試せる場所として、ホテルの部屋で実際に使って見ながら試せるというのは、3者にとって利益になる形になるのではないでしょうかね? これなら、寝具類も完全に使ってもらってから良さを実感してもらう形にしやすいですからね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 特化宿泊業~終了~試せる家具雑貨のカスタムホテル





























 この形ならば、1度に複数の商品等を使ってもらって、試す形にも出来るし、普段の店舗販売での実演では出来ないような所まで、ホテルの部屋内という事で、過ごしながらじっくり試せるようになるので、宿泊する時間分はじっくり試せて、使い勝手と良さなどをじっくり判断してもらっての購入等に結び付けられるから、後で文句付けられたりする事も少なく、実際の部屋等で使って見たら感じが違ったという事も少なく出来るので、利用客にとっても購入ミスを減らしやすく出来ます。
 あとは、1度にまとめて購入する事も当然できるので、ホテルという日常空間でもありながら非日常空間でもある場所に対しては、良いお試しの形にしながら、ホテルで休みながらできる形になります。使って試したりする事に集中できますし、買う気が無くても、新商品等の良さに触れる事が存分に出来る場所にもなりますからね。そういう意味での需要も出てくるでしょう。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1628回 自動迎撃型防犯カメラ~防犯強化に撃退まで~ [新アイテム開発]

 さて今回の内容は、本日のビートたけしのTVタックルからのコロナでの窃盗等の犯罪が増えている事に対しての防犯カメラに防犯力を強化しながら、同時に簡易撃退能力を加えて、より厄介な存在にさせれば、犯罪もしにくくなるでしょうという話ですね。
 防犯カメラが、黙って見ていてくれるだけではなくなったとき、その恐ろしさは格段に上昇しますからね。今の時代マスク等で顔を隠す事は普通だから、防犯カメラに怖くないとする犯罪者も増えているという事でしょう。だからこその自動迎撃能力ですね。

 さて時事としては、さすがに日本全体で、昨日よりは新規感染者の数は低くなりがちのようですが、まあ基本的に検査数の話なだけですよね。という事で、明日以降は一時の見た目的お休みな数字になるでしょうかね。まあそういう事があるから、完全には日本で収まりにくいのかもしれませんけどね。
 あとはまあ、感染悪の風潮もどうにかしなければ、隠れコロナ感染者が今後の強敵になるかもしれませんしね。アメリカの選挙でもよく隠れる人が多かったですが、日本においても社会が悪と決めつけて、隠れ状態になる事で、コロナが収まらないとするならば、国としてそこの所を何とかしなければ、打倒コロナは厳しいのではないでしょうかね?
 現在アメリカの2つのワクチンで大喜びしている人も多いようですが、あの数字は短い期間での途中結果ですし、数字の判定条件も何か大きくなりがちな数式で計算されているようで、本当に高いワクチン性能があって安全であるかの確証はまだ出されていないようですからね。
 それに接種人数の数も本当の安全確認や効果に対してみるとまだまだ件数が足りないようで、アメリカで検証をしていた場合、米選挙の影響値やどちらの陣営に属していてどう行動していたのかも見て考えなければ、効果等に関してはまだまだ難が残るでしょうね。
 現状のトランプ過激派の人達が大半であの結果ならば、十分な結果として見る事も出来るでしょうけど、バイデン支持派だとすると、元からコロナに罹りにくい対応をしていてのあの結果だとすると、効果値もかなり上乗せさせられるでしょうからね。
 行動様式を含めての安全性の形が分からないと、本当にコロナにワクチンとして効くのかどうかが不明であるとも言えるでしょうね。ワクチン治験を受けた後に、一切外部との接触を断っていた人たちが含まれると、効果は必然的に上乗せされますし。
 まあだから、途中結果でぬか喜びにならないようにという所です。それに日本では、アメリカとは別にウイルスが変異している可能性も出てきているので、そこも含めると、完全にアメリカの途中データを鵜呑みにするわけにもいかない。 そこから考えて、日本での本格治験まで進むには、まだまだ時間が掛かりそうな気もしますね。
 出来るならば、さっさと物理的に抑えられるように出来れば、最善なのですがね。アナログ社会日本では無理な気も高いですが。

 それで今回たかじんの方は、あまり気に留める内容でも無かったので、軽くスルーですかね。大体基本通りな感じですしね。 それと、バイデン氏が不安ならば、サブのハリス氏にチェンジすればよいだけだと思いますからね。かなり若返りますし、女性の政治家が世界では活躍もしていますから、アメリカにも良い風を送れるようにも出来るのでは?
 そうなると、他の国のトップたちも考え方と行動の形をまた変えなくてはいけなくなりますしね。 それと、アメリカは時代の風に期待するべきかとも思いますね。日本のように腐った政治見せられて無関心になる形よりも、アメリカでは、自ら変えて行こうとする流れが既に出ているようですから、そこに期待しても良いでしょうかね。
 あと中国は、現状の形のままで行くと、どんなに長くても50年後までには崩壊するでしょうね。後継者がいなければ、後に待つ物は、内乱ですからね。三国志のような状況にでもまたなるかもしれませんね。
 現状の独裁者も人である限り、寿命を超越できない限り、その後は崩壊あるのみですよ。北朝鮮のように世襲制があるのならばまだ別ですが。

 それでは本題の方に移って行きますけども、今回のは、今までのタイプの改良版ですね。
 どうせやるならば、AIも取り入れての自動迎撃能力を防犯カメラに取り込めれば、防犯能力及び犯人の撃退能力まで付与できる形になります。
 以前までの形は、放水能力でしたが、それに加えて、犯人特定と追跡力を上げる蛍光塗料のペイント弾とゴム弾又は小石でのマシンガンも加えれば、さらに防犯能力を物理的に上げられると思いますね。
 ちなみにこれらの形は、ペイント弾以外は、用意させやすく、繰り返し使用可能なエコ製品でもあるので、迎撃能力付与での追加コスト費はかなり抑えられると思います。
 まず始めは放水の形から始めて、それで逃げたりしない場合は、ペイント弾とマシンガンでの迎撃に切り換える形で、不審者を近づけさせない為の放水迎撃から実際の犯罪絡みの行動や防犯カメラに向かって攻撃してきた場合に、ペイント弾やマシンガンでの防衛応戦の形にすれば、状況に合わせて適切に迎撃できるようになるでしょう。
 それに、防犯カメラが犯罪者に対して防衛の為の攻撃をしてくる状況になれば、どうしても防犯カメラの存在を見て見ぬ振りする事は出来ず、犯罪に対しての余計な時間を食わされる事になり、それを阻止しようと先に防犯カメラへの攻撃等にさせた場合は、即器物破損容疑確定で警察へ自動通報させる機能を付ければ、より厄介な存在になって、この防犯カメラがある所での不用意な犯罪行動はしにくくなるでしょうね。
 つまり、存在を無視しようとすれば、犯罪への妨害攻撃を受け続ける事になり、防犯カメラへの攻撃をすれば即それが器物破損容疑確定での通報に繋げられるから、対応し辛く、破壊に関して余計な時間も食わされることになるので、本来の犯罪行為に掛けられる時間が削られる事になり、警察との鉢合わせ率が高まって、大きな犯罪がしにくくなるという形ですね。
 まあ警察への通報に関しても、AIの判定で犯人たちが確実に犯罪を行なったと確定できた瞬間に通報する流れとすれば、警察側も動かざるを得ませんでしょうしね。

 ついでの仕組みとしては、飛行ドローンと連動させて、逃げる犯人を空から追いかけるとかさせる形にさせても良いかもしれませんね。そして情報は、随時警察や警備員に流して行く形で使用。
 簡易警察ヘリみたいな感じでドローンを有効活用させて、防犯力を高める形にして行く事も考えられるでしょうね。
 それに、防犯カメラに犯罪者撃退用の装備が備えられるようになれば、街での安全もそれなりに高めやすいようにも出来るでしょうしね。人が居なくても防犯カメラがあれば、多少の迎撃行動からの時間稼ぎなどにも繋げ易くなりますからね。
 まあそこに併せて、警備ロボットも登場させられる流れにして行くと、かなり強固な防犯体制にして行けるでしょうかね。ロボットならば、刃物持った相手ぐらいならば突貫させられますし、防弾性能施せれば、犯罪者から守れる移動できる盾にもそのまま突撃させるのにも使えますからね。
 相手を捕まえる目的ならば、防御性能高めてタックルさせるのが手っ取り早いでしょうしね。複雑なプログラムとか余計な装備とか必要とせずに、物理押しでも人間相手ならば、かなり通用すると思いますね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 自動迎撃型防犯カメラ~終了~警備ロボット





























 現状警備員等でも、相手が武装していた場合は、何かしら用心しながら対処しなければなりませんが、ロボットならば、自分の生命の危険は考えずに防御特化から突貫させる事が出来るので、盾としても犯人の動きを封じる目的としても有効だと思いますね。
 腕とかで捕まえさせるとかよりも、犯人と定めた相手に対して、むやみに動こうとする限り、タックルを決め込んで行くだけの形とすれば、プログラムはしやすいですし、犯人側も下手に動き辛くなって丁度良いでしょうからね。
 これならば、今のロボット技術でも結構簡単に作れるのでは? まあ犯人側にしてみれば、突然攻撃的なクマと遭遇するような物でしょうけど。(笑) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1627回 報道特集特集 止まらぬコロナの波と不安なオリンピック [授業]

 さて今日は、報道特集系の話ですけど、基本は現状取れるコロナ対策に関しての話でしょうかね。

 それで時事も本題も併せての話ですけど、どんどん広まる感染の波に対して、ようやく政府はGoToの一部見直しを検討し始めたようですね。まあ広まり過ぎると、あっても意味が無くなってくるし、それで客は来ないのに、国からの支援もまるで無しでは、経済が死に絶えていくしかなくなりますからね。
 だからと言って、現在の菅自民党が社会経済を生き永らえさせるだけの支援を打ち出せるかどうかは、甚だ疑問な所ですけどね。再度100万円以下の協力金とかでは、確実に経済すらも崩壊現象へ突入するでしょうから、日本を破壊しまくる菅自民党の形にしかなりませんね。
 とりあえず1度日本中にロックダウンの最強版を出しておいて、新規感染者数が日本中で最低2桁以下になるまで我慢させる形で、その間の生活費並びに経済の維持コストは全て国が責任を持つという形に出来れば、再度そこから回す形にして、持ち直しさせられるのではないでしょうかね?
 まあ私の本音としては、日本中で1桁以下にまで抑えてから、そこから経路不明者を0にする形を続けられるように出来るまですれば、今のコロナに打ち勝っている国と同じように経済を再び回す形に出来ると思いますけどね。
 強力なロックダウンの形であれば、1~2ヶ月くらいでどうにかできると思いますけどね。EU諸国が出来なかったのは、不完全な形でやった事と、安心&油断からの人の往来を一気に戻したからですね。
 経済は、リモートの形でもある程度回して行けるようにしつつあまり過度な密集をしばらくは避ける形からのお1人様からのリモートで楽しめていく流れの充実に、人が来てなんぼの事業形態には、人を待つ形から待つ人の下へ向かう形への変更の後押しをしたりする流れで変えていき、観光客と一般住民との交わりも避けていく流れをしばらくはした方が良かったかと思いますね。
 全員が全員同じような行動パターンにさせる社会にするから、コロナ等の感染症にとって思うつぼな形になるのですよ。もっと働き方や楽しみの形を分散多様化させていくべきでしょうね。
 そして人間の感染症に対して、圧倒的に強いのは機械ロボットであり、どうしても密接な接客が必要な場所や人手が足りなくなるような場所には、ガンガン配置していく流れにして、不要な感染リスクを少しでも下げながら、経済を回せるようにさせて、経済を繋げるようにもするという形が良いでしょうかね。
 ロボットの大量配置は、コロナ後や今後の社会に対して、人の雇用を大きく奪っていく存在として見られる事も多いですが、逆に新規起業をしたりする流れにも後押ししやすいものがありますね。必要な人材の代わりとして、初期コストからで確保しやすいですからね。そしてメンテナンス等は必要ですが、その代わりに不平不満は基本言いませんし、人の雇用で必要な面倒な手続きや保険等も特に必要無く、給料の支払いに残業代の支払いまでも必要無い人材の代わりですから、初期コストさえ用意できれば、あとはそれなりに回し易く利益も上げやすいですから、新規起業の後押しにさせやすいのでは?
 また、その人材の点に関して、必要なスキル持ちの人材もロボットである程度補えるようになれば、企画力やニーズに合った物を展開していく力さえあれば、誰でも会社を興して行けるようになるという事でもあり、経済発展を力強く支えていく形にも作りやすいのではないでしょうかね?
 まあその上で、ロボットで経済回しながら、働けない人達の最低保障は国が面倒を見るという形にして、新たなビジネスへのアイデアさえあれば、すぐにでも仕事に向けてさせやすくする形ならば、その条件下でも働かないという人は、少ないと言えるのではないでしょうかね?

 それで、現状の医療崩壊間近になっている北海道等に向けての対策等があるとすれば、遠隔操作でも動かせるロボットの導入やリモートで医療機器等を操作出来る形の充実とさせて、足りなくなっている医療人材の速やかな補充と、現在の掛かりきりになって疲弊している医療従事者たちに少しの期間だけでも休息を与えさせる事が必要でしょうかね。
 医療従事者たちが疲弊すれば、それだけで院内感染の危険性は高まり、院内全滅の可能性も高まるので、まずは余裕を持たせた人材の確保から始めて、次に設備の拡充と医療輸送体制の強化等でしょうかね。
 すでに北海道の中の地方に属する所では、医療崩壊が起きているようですからね。今後大量死が起きたとしてもおかしくない程度には、医療崩壊が起きているようで、菅政権は見て見ぬふりをしているようですからね。もしくは、病床数の数だけしか見ておらず、現場の崩壊状況が情報として入っていない等でしょうかね?
 だって、都道府県単位での病床数に余裕があったとしても、地方においては、全く高度医療が行なえる病床が無い所も当然あるわけで、そこで重症患者が多くいるクラスターが起きようものならば、その時点で医療崩壊決定打ですからね。
 現状で高齢者施設でのクラスターから、その場に放置させて、危険地帯になっている所は多いようで、近くに搬送できる場所が無い事と、他で受け入れしてくれる所の確保が難しい状況では、既に命の選択が行なわれているという状況の医療崩壊が起きているという状況ですからね。
 つまり、私が言ったように今の国は、どこかで医療崩壊が起きない限り経済のアクセル全開を止める事が無かった愚かな政権という事ですよね。

 危険信号が出てからでは遅いのですよ。何せ今回のコロナの状況が分かるのは、平均して2週間後という事であれば、2週間後の状況を想定して対策を立てていくべきであり、対策立てたらその次の日にはどうにかなるという問題ではないのですからね。 だから今の政府の対応は全てが後手後手になっているのですよ。2週間という期間を完全無視して議論をしているから。
 2週間という短い先も読めない政権が、国の舵取りをする事がコロナよりも危険でしかありませんね。まだ行ける、思った矢先に崖転落。

 それで昨日は、飲食店用にお1人様でのリモート会食を勧めましたが、この形は別にコロナ時代じゃなくても使える形となるでしょうね。何かしらの観戦や動画を見れる流れにしたり、ネットで繋ぐから、全世界の人達と会食したりする形にも使えて、飲食したりしながら離れた所の人達とお話ししたり仕事の話をしたりする形にも使って行けるように出来るから、飲食店等の付加価値サービスの形としてありだと思いますね。
 都道府県や国の境も超えて、会食したり宴会やパーティする流れにも使って行けるから、今までよりもいろんな人との人付き合いを深める方法にも出来るのではないでしょうかね? さらに形を波及させて、カラオケやアトラクション施設等で、離れた所にいる人達と同じ時間で競ったり楽しんだりする流れにも使って行けるから、1つの場所に集まってもらっての形だけじゃなくて、複数の場所でそれぞれ1人等の少人数で利用してもらってから、リモートで繋いで、安心安全に皆で楽しむという形もこれからの時代にはありなのではないでしょうかね?
 そして協力店舗間等では、通信料等が無料になるという形なら、より複数のお店を利用してもらい易くも出来るでしょうしね。
 まあもちろん。コロナが無事に終わりを迎えられたら、元の大人数でその場に集まる形も再開させて良いかと思いますが、リモートで繋いでいく形も残せば、そこを利用しながら、同時に世界の人達との交流もしやすくなっていくのではないでしょうかね?

 あと報道特集では、批判の的にされていたりもしたオリパラピックの開催についてですけど、確実にコロナクラスターを発生させずに皆が安心できる形での開催方法はあるにはありますね。
 前のリモート系の案もその1つですけど、日本に観光客含めてなるべく全員集まれるようにする方法として、最も安全に開催させられる方法としては、1~2か月前もしくはそれよりもさらに前にオリパラピックの関係者(観光客含め)に日本に来てもらい、そこから1度完全隔離の形で、選手等はトレーニングが可能な形で、観光客等はホテル等に缶詰めにさせて、2週間から1ヶ月くらい缶詰め状態でコロナの陽性が完全に無い状態と認定させる形にして、そこから競技毎の形でまた集まってもらったりする流れで、2段階式の厳重な感染防止の形で来てもらう形にしながら、検査も頻繁に行う流れの形ならば、開催から競技終了までの期間は、安心させられる形に出来るのではないでしょうかね?
 ちなみに観光客や観戦者の人達は、見に行く競技日程等の形が全部終了するまで、缶詰め状態維持の形にさせる。どこかにふらっと出かけて感染を持ち込んだりしないように。というか、我慢できずに少しでも缶詰状態から逃げたら、オリパラ競技の観戦には行けなくなる罰の用意の形にしてね。
 ある意味オリパラ系ロックダウンのような形でやれば、少なくともオリパラピックにてコロナ感染でのクラスターが発生する事は防げるでしょう。
 これが無観客ならばまだ楽なのですがね。まあそれでも安心安全を公約にさせるには同じような形が必要だと思いますが。 ちなみに大変な点は、分かりやすいと思いますが、それらの人達を缶詰させて置ける場所の確保ですね。後は、徹底した感染対策をした上での生活含めたサポート体制の形ですね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~飲食店間リモート会食





























 飲食店等をリモートで繋ぐ流れは、新たなビジネスモデルの形に出来ると思いますので、可能ならばやってみると良いでしょうし。普通にお1人様の形で仕組みを取り敢えず充実させたり、1人の利用客向けの特別サービスとかやっていく方法とかならば、感染対策にさせやすく、ある程度は客を呼び込めるのではないでしょうかね?
 その場合に必要なのは、他の客との無用な感染が起こらないような形での内装を整える事でしょうかね。一般的な衝立や透明ビニールでの衝立等で、物理的に飛沫が相手に掛からないようにさせていく流れならば、マスク無しでも十分に飲食できますからね。
 カラオケ等も1人カラオケ等での1人でも十分に楽しめる流れに、可能ならばリモートも追加して、離れた場所の人達と楽しめる流れを追加して行ければ、良いかと思いますね。
 透明の壁ならば、同じ空間でも飛沫が相手に飛びさえしなければ、皆で楽しむ感じも作り出せるでしょうしね。マスク無しでも大丈夫な安全圏を作り出して行けばよいのですよ。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感