SSブログ

第2908回 報道特集特集 地方の被災地は見殺しにする自民党 [授業・雑記]

 さて今週の報道特集では忘れられつつある今年のお正月に起きた能登半島大地震の現状を取材した内容でしたが、特に大きく変わった所がほぼ見受けられず、もはや地方は忘れられて放棄されて被災者死ねという自民党の意思が感じられる状況になっていますね。 自民党は地方の被災者等助ける気もないクズの集まりという状況であり、国民を助けるという大前提も忘れ去った政党だという事ですね?
 それで言っているのは国防と言いながら軍事力強化だけを進める軍事独裁国家の顔しか見えてこない。
 ほとんどやっている事は北朝鮮の政治と変わらない自民党政治。

 さて世界の時事としては続くパレスチナのガザでの虐殺を続けるイスラエルに欧州は連続的に戦争犯罪者としての烙印を与えて、非難する意思を強めて行っている状況ですが、アメリカの与野党2政党ともにイスラエルを擁護する立場でもう少ししたらネタニヤフ大悪魔を議会に呼んでホロコーストは素晴らしい事を発表する場にすると言っているようですね。
 アメリカも現状ダブルスタンダードであり、さらにどちらかと言えば全体的にホロコースト容認派という現状もあり、今のアメリカと共同歩調合せるのは日本としていかがな物かと思いますけどね?より欧州側と共同歩調合せるべきではないのでしょうかね?

 さらに別件時事では、立憲民主幹部の政治資金パーティー開催でごたごたしていたようですが、どうやら批判殺到で取りやめるようでして、禁止と自分たちで言っているのだから襟を正せと言われている状況ですね。まあそれらの事で自民党や維新などが政治資金パーティー開催に猛抗議していましたが、あいつらがそれを言う資格は何もなく、容認している奴らが他の開催に批判する口は持ち合わせていないはずですがね?
 これが共産党などの他が言ったのならばその通りだと納得できる場面ですが。まあ結局の所それらで金稼ぎしたいと考える所は一部の政党以外は大体同じであるという所だけど、現状でも容認している自民連立や日本維新よりは立憲民主の方がわずかにまし程度な状況でしかないだけですね?
 現状どこまで行っても消去法でしかどっちがましでショー?を開催できないのは日本の政治の質全体が低下しているという表れですよね?

 それで本題は忘れられて放置されている見捨てられた被災地の能登半島という石川県の現状ですけど、復興の影も形もほとんど見られない状況で、自民党が石川県は捨てると判断して滅ぼそうとしているかのような状況であり、47都道府県から46都道府県に減らそうとしているかのような酷い対応状況で、そこに災害関連死がどんどん積み重なっていく感じで、現在進行形で自民党が被災者たちを虐殺して行っている状況にあるようですね?
 必要な支援をほとんど出さずに出し渋り、逆に軍事費用の金を被災者たちからもむしり取って餓死させようかというような虐殺攻撃型政治を行なっている様であり、まさにここだけを見れば独裁政治で見捨てられていると言わざるを得ない現実が出来ていると言わざるを得ませんね?

 それだけの復興能力が自民党には存在しないのかと言われると、都会方面では普通に迅速な復興が出来ている事から地方は見殺しにするという意志が強く見られて、民主党の当時のダメさは経験がほとんど無いからどうしようもなかったけども、自民党の方は明らかにわざと地方被災地は見捨てて見殺しにしようとしている明確な悪意が見られて、どう考えてもここだけを見るならば自民党の方が悪質であり、被災者にとっての敵は自民党政権にあると言えるでしょうね?

 復興などもほとんど支援などが見られず、被災者見殺しの状況が強い自民党に地方が支持しても見捨てられるだけであるならば、自民党を支持するだけ無駄とも言える状況にあり、経験は無くて未熟だけど要望すればどうにか対応しようとする動きは見せてくれる立憲民主の方が被災者たちから見れば心の救いには思えるのではないでしょうかね?
 それで実際にすごく助かるかどうかは二の次と置いておいて。
 そして未だ石川県の被災地では政府が復興を止めた断水が数千件残っており、最悪な対応として被災者に全部放り投げる対応をして、災害関連死を増やす事に尽力している虐殺者の対応をしているようです。自民党は現在進行形で人を殺しまくっているという事です。イスラエル政権と同じようにね?
 旧民主党も似たような事はしていますが、あちらは対応能力が不足気味で救えなかったのに対して、自民党はわざと被災者をもてあそびながら殺すというより悪質な行動に出ているので、自民党の方が極悪と言えるでしょうね。自民党の方が確実に助けられるはずなのにわざと医療事故起こして人を殺して楽しんでいる状況と言える。これが許せますか?

 やはり日本で必要なのは、これだけ災害が各地で引き起こされる状況にもあるという事ですから、水道設備の一新化も必要ですけど、災害特別救助軍を正規防衛軍とは分けて作り上げるのが必要な事でしょうね。今自衛隊に入る人の多くは、人を殺して自国防衛の為に自衛隊に入るという志よりも被災地などの救助で人助けがしたいから入る人の方が多いと思いますからね?
 それでそんな人を優先的に人殺し任務に就けたいのが自民党です。人助けする暇があったら人殺しの技術を身に付けろというのが軍事独裁国家を目論む自民党の思いです。
 被災地を助けていく為には自衛隊とか言う曖昧な組織ではなく、明確に人助けを主目的とした災害特別救助軍を作り上げる事が必要な対応です。 これを作り上げる事が出来れば、各地の被災地において復興が完了するまで軍隊を駐屯させる事が可能となります。それは復興の手助けと共に災害関連死を減らし治安維持の為にも役立つ非常に大事な役目です。
 自民党や日本維新では無理で、立憲民主でも実現は厳しいですが、私に国を任せてもらえるのなら100%実現させて見せます。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます
 報道特集~終了~忘れられる地方被災地



























 日本で忘れ去られる地方被災地は数多く残っており、福島の方もかなり遅れている状況でありますし、あれに使われるはずの財源もかなり残っていて、それを隠れて自民党政治家がつまみ食いして浪費している噂もあり、今回の石川県の復興にも多くの予備費が当てがわれたはずですが使われている形跡があまり見られず、どうにも自民党の懐に入れられている疑いがありますね?
 こうやって被災地復興しようと言いながら実際はそのお金を着服して裏金に回しているのが被災者を殺す活動に従事する自民党という事です。 そんな奴らに国を任して日本が良くなるなんてことはあり得ない。 被災者虐殺自民党END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感