SSブログ
政治経済改革 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

第2823回 政倫審後半戦?…自民独裁決行で荒れる政治 [政治経済改革]

 さて本日は政倫審の後半戦だったはずですが、与党自民党が審議不十分な中に幕引きを図ろうとして強行採決しようとして、立憲民主が猛反発して午後の政倫審が中断されて現在私がブログ作成し始めるタイミングで再開という形になり、今回の所は午前の内容中心で参ります。
 まあそれとは別に世界の報道は野球界の生きる伝説の結婚報道で大騒動となっていましたがね?

 さて、結論から言えば、政倫審午前の部においても分からないを連発する安部派議員たちの状況に国民の前で素直に政治家としての職責を果たす気は無く、説明責任を尽くそうという姿勢も欠片も見えてこず、どこまで行っても責任から逃げようとする強い意志は見えたので、これまでずっと職務放棄して裏金脱税に力を注いできたという印象しか湧かないので、さっさと自分から議員辞職して頂くのが最善の人としての最低限の礼節だという所に変わりはありませんね。
 まあ犯罪者が人としての礼節を考える事も無いのでしょうがね?

 分からない連発で自分から調べて最低限国民に説明責任を果たそうと仕事する気も無い事はひしひしと伝わってきているので、職務放棄で税金泥棒という職業を続けようとする人には断罪を与えて然るべきですが、岸田総理はかなり軽い処分で済まそうとしており、岸田独裁者もまとめて裏金脱税は自民党では伝統文化だと思っているという事ですよね?
 それに原因追及が何も為されないままでは1000%数年後には同じ事をやらかしてまた分からないを連発するでしょうから、昔からの無派閥組自民党議員以外は1度全員総辞職して、その次の選挙には参加禁止で頭冷やしてから出直してもらうぐらい必要なのではないでしょうかね?

 そして政倫審後半が荒れる原因となった予算審議においての自民党の強行採決は、この裏金脱税問題を幕引きしたい意図から自民党が行なった独裁的行動で、確実に再発させたいからうやむやにしようとしている証ですよね?
 本当に予算審議も大切に考えているのなら、それを国民の為とするのなら強行採決などする必要はありませんよね?自民党の為の予算審議だから強行採決という独裁政治が行えるのでしょうね? まだ前の臨時予算で動ける範囲があるはずなのに強行するのはそういう事です。
 国民に対して誠実に政治をする気が無いのは自民党であり、度々混乱を巻き起こしているのは自民党の方ですよね?それでもバカな日本国民は民主主義よりも独裁政治の方が良いというのでしょうかね?
 民主主義で混乱するよりも悪政独裁で何も変わらず混乱のドツボに嵌まる方が良いと?
 政治家として何も仕事せずにいいから独裁者様の言う通りにしろと言ってくる独裁政治の方がよほど国が混乱して荒れる事間違いないと思うのですがね? レベルで言えば自民党は北朝鮮と同じレベルですよ?

 まあそもそも予算審議委員会と今のごたごた問題解決の為の時間を分けた上で、どちらも審議を尽くすまで議論を尽くしていくという民主主義の大前提に則った政治の形が取れていればこういう事が頻発する事も無いのですが、自民党が作り上げたルールにおいては、民主主義の形は不要とした議会の為に仕方なく自由に発言する場がある予算委員会に多くの時間が取られているという事でもあり、予算審議を難航させやすくして国民を困らせているのはそれが独裁政治から作られた物であるという事です。
 自民党の独裁を国民の盾で押さえつけようとする予算審議の形ですね? 端から自民党(昔の政治政党含む)が作り上げた独裁政治が基本となって予算審議が荒れる原因となっているのです。そして今の政治体質が続く限りこの流れは基本的に自民党系議員たちによって固く守られ続く事でしょうね?
 外から1度大破壊をしない限りは悪しき独裁政治の根幹は叩き壊せないという事です。アメリカが介入してもダメだったけども、国民の中で民主主義を求める声が強くあるのなら私などの志ある者が生きているのなら改革は可能ですね?アメリカでも無理だった独裁政治の根幹を叩き壊して本当の民主主義政治を取り戻す事はね?

 予算審議は予算審議に関する話を中心に行い、政治で問題が起こるたびにそれ専用の議論と問題解決を話し合う為の場を与野党など関係なく10人程度の議員の署名などによって開催できる形から政治家としての説明責任を追及する場所をいつでも開けるようにすれば良いと思いますね。
 こうやってきちんと切り分けた上で、様々な問題などをそれ専用の場で作り上げて問題解決に行きつくまでその場所は維持させて、提起した側とされた側双方が納得した上で終了とできる形での政治家としての説明責任を全うする場所を開催できるようにするべきでしょうね。
 そうすれば予算審議と関係ないとかで逃げる事も出来ませんし、終わらせようと思ったら双方の納得か交渉で終わらせる他なくなりますので、民主主義議論が成立しやすくなり、予算審議もその話中心で速やかに議論を煮詰めて成立させやすくなって国民も大助かりになりますのにね? これこそが民主主義政治だと言えるのではないでしょうかね?
 だからこそ私は今の政治の形を元の独裁政治のままだと言う。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます
 政倫審後半戦(50%)~終了~予算審議と問題解決の場



























 今の日本の政治は独裁政治が基本ですから、民主主義政治を取り戻す事が必要なのですよ。
 民主主義が取り戻されなければ、いつだって国民の民意が正しく国に伝わらないままになりますからね?

 国民への政治関心を高める方法に関しては、国会の場を借りて報道陣も入れながら様々な政治の問題に対して話し合う小学生から高校生までが参加できるミニ国会でも作ったら面白いのではないでしょうかね? そしてそれを1つの野党側の意見として本国会にも提出できるようにする。
 子供たちの真剣な意見を政治家(大人)がどう扱うのか見ものですよね? ミニ国会END


 …というか私なら作りますよ?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2822回 政倫審開催…まあ予想の範囲内だが、やる価値がないわけでもない [政治経済改革]

 さて政倫審前半が終わりましたが、今日の分は岸田総理と二階派所属議員だけだったので特段新しい内容は出てきませんでしたが、政倫審は基本罰則なども何もなく、ただ単純に身の潔白を表明するだけの場ですから、新しい事が出る事自体が珍しいとも言えるのですが、逆に言えばその場に出ても目新しい物が何もなく、また不正に対して疑いが残る状況で話すという事は政治家としての説明責任を果たす気は全くなく、政治家として最低限の仕事もする事なく税金泥棒しながら裏金脱税をする事だけが政治家の仕事だと思っているという表明に置き換わるだけですね。
 そういう意味では、その判断の基準にできるという事で一定の公開開催の意義はあるのですが、日本維新側はどうせ無駄だからやる意味すらないと否定的で、裏金脱税は別にどうでも良い事だからさっさと自民党の望むように幕引きして自民党が望むように今年度予算を成立させるべきだというゆ党になり果てていますね。
 まあ結局日本維新の半分くらいは元が自民党ですから、同類相憐れむとは言わないまでも親近感を覚えて政治家の脱税くらいはどうでも良いとしたいのが日本維新という事でしょうね? 政治資金パーティーは大事な事と言っているのは維新も同じですし?つまりこちらも似たような事追及されかねないからさっさと流したいようで。

 それで岸田総理の答弁では、報告書通りの発言に終始しており、基本機械的な対応で人間性が感じられないAIに任せても問題ないようなレベルでしたね? もう自民党で次の総理候補がいないならAIに任せた方がまだましな政治を取るかもしれませんね? そこで革新的路線の話をしようとして老害議員共に叩き壊されるまでがセットですかね?
 まあ岸田総理自分で出席すると言っておきながら特に中身の無い発言に終始するというのは、現状の総理大臣としての危機感もリーダーシップも感じられない状況で、改革する気も改革できる力も無いという感じでしょうかね?ここまでの体たらくを招いている現状で、混乱ぶりは民主党時代よりも酷いとも言えますよね?
 パフォーマンスでやっているように見せて実は何もやっていなくて、その裏でやっている事は裏金脱税作りだけで仕事完全放棄というのは、民主党時代より数倍最悪ですよね?どのみち仕事しているのが官僚だけというのなら、未成熟な民主党の方がまだましとも言える状況に思えますけどね?

 そしてお次の二階派議員の答弁では、25年間全く不正の行動に気付けなかったという発言は、25年間政治家としての最低限の仕事もせずに税金泥棒だけに政治家人生全てを掛けてきた不届き者だと全公開しているという認識で良いのですね? さっさと議員辞職する事が人としての最低限の礼節ある行動なのですが、それすらもする気が無いのが外道(妖怪:政治腐敗)に落ちた輩の行動という所ですかね?

 という状況をこの政倫審においてもいかんなく発揮している時点で、そいつらに政治を任せる事は民主党よりも最悪だという事に気付ける意味では、やるべき意味はあったと思いますけどね? それを覆い隠して自民党と共に生きたかったのが日本維新なのでしょうけど。

 この自民党の体たらく状況でも支持率自体はそこそこ持っていますが、だからこそ腐敗は進み日本の独裁政治は終わらず、民主主義は戻ってこないと言える状況にあるという事ですよね?
 それで立憲民主は起死回生という所で、共に国民の為に部分協力で政治をやろうという提案(疑似連立政党)を持ち掛けたようですが、相手が悪かったというべきか、どちらも現状ゆ党に近い国民民主と日本維新でしたので、足蹴にされて終わったようですが、やれる対象があるとすれば共産党やれいわ新撰組でしょうかね?それらを加えた上で、維新側にも交渉するのならまだ良いのですが、現状の断り方を見ているとどうにも維新の方は自民党の志がいまだに根っこには残っているようで、野党として自民党を支えるような位置合いで腐敗支援の政党になっているような状況ですね。
 昔の橋本さんがいた時代は良かったのですが、今はどうにも野党のふりしている偽装自民党みたいな政党になり果てているような感じ。自民党の腐敗に打ち勝てる強いリーダーがいなくなって腐敗に負けたという感じですかね? あそこも未だに女性議員で有力な政治家いませんし?という事は日本維新も男尊女卑の政党?と言われても仕方ない。
 女性活用にも意欲的な政党は現少数政党でも多いですが、最近は特に立憲民主や共産党でもその方向性になっていますね。そうみると民主党は昔の形から見て、左翼と中道右翼で分かれたという感じですかね? だからこその昔の混乱があったとも言えるのでしょうけどね?部分協力ではなく政党内で左翼と中道右翼が話し合えば、そりゃほぼ100%混乱は起きますわね?
 故に現状の立憲民主は昔に比べればまだましとは言える状況にはなっているかと思いますが、それでも政党与党での経験はほとんどない状態に近く、安定性に欠けるのは言うまでもないでしょうが、そんな事言えば、日本は一生独裁政権のまま変わりなく国が滅び日本人が全員奴隷落ちするまで廃れていく事になりかねませんがね?
 立憲民主に任せるのと独裁政権に任せるのとどちらがましですか? ここで独裁政権と言えば、国が滅びるだけです。現在自民党がやっているのは異次元の少子化対策ではなく異次元の裏金作りですから。
 子供がいなくなれば経済力も低下し未来の安定も失われていくわけで、未来の安定が崩壊して貧困世帯はさっさと死ねと言われる日本で自民党に任せたいのですか? 最低限人口維持ぐらいには務めるべきでしょう?

 という感じで政倫審のごたごた終了後は、再びより良い民主主義政治の復活と少子化対策などの政治に関する話を中心にしていきたいと思います。まあ閃けば別の話も織り交ぜるでしょうけどね?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます
 政倫審~終了~政治家としての資質チェック



























 さて明日は安部派幹部衆ですが、壊れたレコーダーセールになるのか見ものですね? そうしたら私が遠慮なく全員を税金泥棒と言いつけられるのですがね? 自民党には政治家のふりをした税金泥棒という犯罪者しかいないのか?とね?政倫審に自民党の反対押し切ってでも出られない政治家含めてね?
 そしてそれを傍観しているだけの議員も全員まとめて同罪ですよ。全員政治家を行なう資格無しEND
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2820回 時事雑記「風にも弱い車交通・政倫審公開性必須・政治に必要な若さ」 [政治経済改革]

 さて最近の時事雑記一気に消化という所で今日も時事雑記です。ちょっと放置しすぎていた気もするのでしばらくは時事雑記が増えるやも?

 という事でまずは強風吹き荒れる事で被害なども出ていたり危険もあったりしている中で、車は煽られ電車も動きにくくなる強風とあり、なんかもうすべての災害に弱すぎて使い物にならない車交通に利便性などあるのか?と思いたくなる現実がそこにありますね。
 昔はまだ良かったのでしょうが、今は地球の大気も激変中であり、異常気象と呼ばれる極端な天候での自然災害もごく普通に毎年起きるようになってきていますので、そんな今の時代に全く使え無くなった車交通は日本ではさっさと捨てて風にも夏の暑さにも負けず、冬の寒さにも負けない水流交通に切り替える方がよほど経済的で利便性と安全も確保できるのではないでしょうかね?
 船での水流交通と聞いて海の上を連想するとこちらも強風には弱いと思われるかもしれませんが、基本的には陸上における水流交通は交通用水路で両端にある程度固定させた状態で安定性を保って水流で押し流す形を取るので、お金さえかければ、強風暴風でも一切倒れる事も風に煽られる事も無く、安全安定に中の人も荷物も平穏無事に移動を出来るような形となり、船酔いなども基本発生はなく風で移動力が落ちる事も風でバランスが崩れる事も無く、車型でも電車型でも何も問題なく時間通りの運航を今以上に作り上げられるでしょうね。
 デメリットは基本的に車主体経済が切り替えられない人たちが大損害を受けるだけです。技術の大半は水流交通及び水中鉄道に転換できるので、基本的なデメリットと呼べるのは時代の状況に合わせてうまい切り替えができる柔らかさがあるかどうかですね? カッチカチは廃業確定ですが。

 あとは歩行者の強風で大変な状況に関しては、歩行者方面も水流交通の整備を行なったり、立体階層型道路で水流交通などとも組み合わせる方向で行くならば十分に歩行者方向でも強風に負けない安全な道が簡単に作れます。

 それで次はくだらない事で揉めている政治家の質を大きく疑う政治倫理審査会での公開性における与野党の攻防戦ですが、はっきり言って自民党は何の為に政倫審が存在しているのかの意味すら忘れてしまっていると言えるでしょうね。
 まあ自民党では、やったという実績作りの為に残しているという程度の物でしょうが、本来政倫審は政治家に掛けられた疑惑を政治家本人が国民の前で身の潔白を表明して疑いを晴らす場であるにもかかわらず、国民に公開する必要は無いと言ってのけている不届き者共が現状の自民党の言です。
 やった実績だけ作って終わりにしたいから公開する必要は無いと言いたいのでしょうが、それだと基本的に国民に対して説明責任を果たす気は万に一つも存在していないと言っている事と何も変わらず、政治家としての基本的な仕事すらも完全放棄しようとしているのが自民党の不正裏金脱税者共ですね。
 まあこの件は野党側の言い分が全面的に正しく、身の潔白を表明する気も国民に対して説明責任を果たす気も無いというのであれば、政倫審の開催自体の意味も無く、政治家として仕事せずにお金を盗もうとしている詐欺師共だからさっさと議員永久辞職して頂きたいレベルで政界から消えろと言いたいですね。お前らの存在が自民党を腐らせる原因の1つだろうと。
 未だに政策集団と名乗る派閥の麻生派が残っている現状も問題で、キングメーカーになりたいからという事ですが、キングメーカーが政党与党内に存在しているという事はその国が民主主義国家ではない事の表れですよね? 民意ではなくその者の望む政治しか行われないという事ですから。つまり日本はキングメーカーの存在によってかなり昔から悪政王政独裁国家だったという事ですよね?
 キングメーカーは日本語に訳すなら王様作成という感じであり、とても民主主義とは相容れない物ですからね? そんな奴が権力握っている政党は民主主義政党ではないと確実に言える。極右の悪政独裁万歳という政党が自民党である。

 それで最後はこちらも政治の話ですが、日米関係なく言える話で良き政治には必ずと言ってよいほどに若さが必要であり、柔軟な発想力は主に若さから生まれる物で、老害には時代の流れに乗った良き政治は無理という物です。保守寄りで何も変えない政治であるならば老害の方が政治力は高いのでしょうが、それでは時代の流れについていけず、やがて滅びるだけの古臭い政治しかできません。
 故に政治には若さが必要なのであり、世界の民主主義率が比較的高い国々は若い政治家が多く、さらに若いリーダーも多いという所で良い民主主義=政治に若さと柔軟性がある国という所で、お年寄りは相談役程度に数人置いておくだけで基本は若者が政治を司っていくのが未来に向けた政治を作れると言えるでしょうね。
 少し前のそこまで委員会でも言われていましたが、老害共には定年制持たせてまあ70歳で議員定年として、知識ある者数人だけを相談役としておいて、残りは全員完全に政界から去ってもらうのが正しい民主主義には欠かせないと言えるでしょうね。
 その代わりに今の自民党がふざけた制限を掛ける政治家年齢は全部20歳(教育改革を作った後は、15歳から立候補可能)から政治家になれる形を基本として、政治家になる為の専門機関の学校なども作り上げて、そこで社会人経験(必要単位に加える)もある程度積ませながら勉強してもらう形なら即戦力で知識ある政治家を育成する事はできるはずであり、政治に未来を政治家としての魅力を強くさせられるでしょうね。
 専門学校に入って、そこを無事卒業できたら政治家としての基本知識が身についている人であれば、今の老害政治家共の数百倍はましな政治が出来そうですよね? 政党が教育するのでは闇落ちしてしまいかねませんが、民間の政治に強い専門家たちが教えるのであれば、まっとうな民主的政治家を育成させる事ができ、それは正しい民主主義政治にとって必要な事になると思います。
 政党が司る政治塾ではダメなのです。より公平公正な政治家育成の為の機関が必要という事もあります。高校を卒業できたら大学へ行く事と選択できるようにね? そして政治家になる選択肢を大学と専門学校卒業という辺りで分ける形として、専門学校では年齢問わずに授業を受けられるようにすればよい。その上で様々な中小企業とも連携しつつ社会人経験の単位を積ませやすい環境も作れると、政治家育成がてらに仕事方面の人材集めにも繋げやすくなるかな?

 アメリカに関しても現状プレジデント候補が老害しかいないのは民主主義としても最悪な状況で、どっちの腐りきった毒リンゴが良いでショー?というような最悪な状況になっているようで、どっちに投票しても政治に未来が持てないという濁り切った状態になっているようですが、共和党の方は腐って世界に核戦争をもたらせて破滅に追い込みアメリカ全土を火の海にするトランプ氏の応援が強い極右が人気ですが、民主党の方もバイデン氏ではご高齢で耄碌した爺という状況で健康不安説に記憶障害まで出てきていて、とても次のアメリカリーダーを任せられる器に既に無い状況で、政治の取り方も最悪で人気が一切なく、トランプと同じく様々な人から怒りと不満を買う最低な政治家になってきているようで、サブの方も政治能力に疑念しか出ない状況で、共和党に強く対抗するのなら民主党はバイデンではなく、新進気鋭で30代くらいかもしくは20代のプレジデント候補でも出した方が一気に票を伸ばせるかと思いますけどね?
 主に老害政治は嫌だとする現在の浮動票を若さを武器に一気にかき集めるぐらいはできそうですけどね? アメリカも若さ溢れる柔軟思考のリーダーを求めているという事ですよね?老害しか候補がいないのは政治がうまく回っていない証拠。もしくはその国が独裁に突き進んでいる証拠です。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます
 政倫審の意味~終了~政治には若さが大事



























 元々の民主主義においても幅広い国民の意見を受けて政治を行なうというのに日本は大半が老害の意見しか取り入れられない状況になったから政治が腐り果てて裏金脱税が文化になったのでしょう?
 ならやはり必要なのは政治改革であり、70歳以上は強制退場願い、20~50代までを中心に政治に若さと柔軟性を持たせて、より民主的な政治をしてもらうのが大切だという事ですよね?
 高齢者は相談役で十分ですし、大半は大人しく老後で楽隠居してもらう方が良いですよね?お年寄りは大切にとか言うのであれば?
 そもそも社会人経験が必要とか言っておきながら、その経験してダメな大人になって老害政治家になっている奴の意見なんて聞く必要性すらないと思える状況ですよね?知識も無いただの老害の意見なんて無いというのが私の意見です。そんな大臣多いですよね? 無能政治家に老害多いEND
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2818回 本当の民主主義には与野党は存在しない [政治経済改革]

 さて一昨日予告していた内容とそこまで委員会の話の組み合わせ版ですね。
 法律が狂っているのは政治が狂って正常に機能していないせいである。与党だけに任せる政治は政治が歪む原因であり、民意を正しく反映できない政治である。さらに言えば、国内で大きく対立するような与野党争いがある状況では、国を1度分割して見つめ直した方が良いとも言える。無理にまとまろうとした所で争いしか生みださない。
 政党で志が大きく違うというのなら、見ているその国の未来が違うというのなら、国を1度分けてから考え直していく方が良い。無理にまとめようとして争い続きの中やっても変わる事は無いのだから。

 本当の民主主義があるというのなら、そこには与野党の違いという物は基本なく、大概の政治家が同じ目標の国の未来の為にその道に至るより良い道で議論しあうのが正しい政治の在り方であり、真っ向対立するという事は国を同じくして政治をやる事は無理だという表れでしかない。
 多様な意見を汲み取りながら政治をするというのであればあるほどに与野党で分けた場合多様な意見は潰されやすくなり、政治家に託された1票の重みが軽くなっていく事になる。
 民意が反映されにくい政治は民主主義ではなく、民主主義に似せた独裁とかと呼ばれる政治の形と変わらない。むしろ王政独裁でも本気で民意を聞きながら政治をやっている国の方がよほど民主主義国家と言えるでしょうね?
 与野党争いははたから見れば内戦のようにも見えて、戦争しながら政治をやっても良い政治は作れず、与党野党の括りで分けてしまうと政治は腐りやすく法律も腐った政治家を守る為だけに改悪されやすくなる。

 適切に民意を反映する政治の形としては、日本においての直接の政治家という職業の者は今の10%ぐらいでも十分よく、そこに専門家や民意を集めてこれる者などを集めた形で少数で集中的な政治を司っていく形がより良い政治に繋げ易く、政治家になっても国会の場で1度も発言しないような政治家など不要の存在でしかなく、発言の機会すら与えない形もそれは無駄な政治家が多すぎるという形を表している事になる。
 大なり小なり民意を受けて政治家になった者たちに発言の機会がない政治は民主主義ではない。発言無しに賛成反対の意だけを伝えるというのは一般国民でも普通にできる事であり、政治家で代用する必要は微塵も無く、そんな存在が出始めている時点で無駄な政治家が多すぎるという事の表れである。

 政党の為に選挙に勝つとか言うのも完全に民主主義選挙を無視した発言ですよね?本来であればその政治家に期待する国民の民意の為に政治家として思いを代弁し政治を司る者のはずなのに、政党の為にと言っている時点で民主主義の基本原則を忘れている証拠である。
 こういう形が続けばそれは独裁に変わりやすく、与野党政治は基本的に仮初の独裁政治と何も変わらないという点で、本当の民主主義が取れている国は民主主義国の中でもフィンランドなどの北欧が近いぐらいで、さらに言えば、本当に民主主義に近い国はどちらかと言えば、王政国家での国民の幸福度が高い国であると言えるでしょうね?
 民主主義率が高い国は基本的に国民がその政治に満足しており、その生活に不便などが少なく幸せに暮らせる状況こそが一般的な民主主義や独裁との区別なく本当に民主主義に近い国であるかどうかの指標となる。
 国が荒れている状況や混乱に貧困が普通にある状況は民主主義の度合いが低く政治が機能していない証拠でもある。うまく機能していれば不自由なく安心して暮らせて民意が反映されやすく不満が少ない国へと自動的になっていくからである。
 与野党でに国を巡って争いをしている時点で、国が大きすぎるか同じ方向目指して国家としてやっていけない証拠であり、さっさとその対立政党同士で国家を分けた方がその後の関係もうまく機能しやすくなる。

 だって国家が違えど国民同士の繋がりまで分けられるという事はないでしょ?民族的宗教的対立関係などが無いのであれば、国際グローバル社会は世界との繋がりで持って成長していくのだから、国を分けたから全てが分かれるなんてことも無く、どちらがその人たちによって住みよいかを改めて見つめ直す良い機会となるでしょうね?

 日本で見た所でも政治が既に正しく民主主義で機能していないのは言うまでも無く、政治家がまとめた内容に逐一関心のある国民が判断をしていく形で政治をうまく機能させていくのが正しいでしょうね。政治の骨子や方針を決めるのは政治家の仕事ですが、それを本当に通しても良いのかどうかは関心のある国民の総意によって決めていく形で、政党は提案するだけ決めるのは関心ある国民で関心ある国民の7~8割の賛成がなければ、どの法案も実行に移せない形として、国民が納得できる法律などを作れない政治家は不必要として遠慮なく選挙で落としてやっていく形なら、不正や政治家優位な法律などはほぼ作られなくなり、国民目線で国民の為に政治が出来る人中心での本当の民主主義政治が出来ると思いますね。
 最終的に判断するのは権力者共ではなく、関心ある国民の総意と民意によって決められるべきである。 ちなみに私が言う内容の独裁的民主主義はその民主主義に近い内容で、独裁者を置く中で法案などの最終的決定権は国民に委ねる形である。なのになぜ独裁者か?と言えば、おバカな政治家の集いの中で作る形だから、圧倒的な権力を持った状態で政治のバカさ加減を叩き潰しながらその状態で本当の民主主義に持っていく為にはこうする必要があるという事です。
 ただ単に今の状態から本当の民主主義に持って行こうとしても反発する悪徳政治家が山ほどいるでしょうし?それらの動きを抑える役割として独裁者の役割が必要という事ですね。まあ一般的な独裁者とは基本的性質が違いますが、独裁者が国民に最終決定権を任せると言えば、それはそうするしかなくなり、本来の民主主義に近づけやすくなるでしょ?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます
 本当の民主主義の在り方~終了~法案の最終決定権は関心ある国民たち



























 私が言う独民の独裁者は法案作成に1番積極的な意見を言う審判という辺りでしょうかね? そして私である場合は、賛成に頷きやすい方向に説明誘導していくという辺りですかね。ちなみに反対を出す人には何において反対なのかをきちんと意見させて、反対の為の反対は切り捨て、賛成においても理解せずに賛成する人の意見は切り捨てます。
 きちんと言葉を届けて理解してもらった状態で賛成してもらい多くの賛成が得られなければ意味なんてないですからね。 きちんと法案なども含めて説明する責任が政治家にはあるのです。説明責任は政治家として1番大事な仕事です。それが出来ない奴は政治家に非ずEND
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2815回 株価最高値更新 …しかし、それで庶民の暮らしが良くなるかと言えば…… [政治経済改革]

 さて今回は政治と経済に関する話で、極右政治が引き起こす一部の経済は盛り上がるけど全体見れば下がっている現象が今の株価と庶民の暮らしに比例しているという感じですね。優遇された大企業ではトリクルダウンなど基本起こらず、溢れた資金は海外に流されるだけなのですよ。故に一部大企業などは儲かった所で日本経済全体から見ればマイナスとしか言いようがない経済状況がそこにはあるのですよ。

 さて時事として先に語りますが、今国会内では裏金疑惑から政治倫理審査会の開催を目標に調整が為されているようですが、内容が微妙な所で、本来は政治家がやらかしたとされる疑惑に対して政治家が釈明や弁明をして身の潔白を証明する場として作られたはずなのですが、どうにもこれも自民党によって歪められた形で犯罪を犯した自民党政治家だけを守る為の仕組みで運用されるように改変しているようですね。
 出席は任意で開催した所で誰も出ない事でも良いとされ、国民に弁明したりする必要を感じなければする必要は一切ないという事を認めている内容で、不正の疑惑程度なら権力で揉み潰すという意味を知らしめるための場所にもなっている状況ですが、全員が悪事に加担して国民を騙そうとする政治家ばかりでもなく、国民のためにと行動しようとする政治家も一定数は、いるから機能はしているようですが、今回はそれに関して自民党から内部に強力な圧力を掛けて言論弾圧を強めているようですね。
 それで幹部級での壊れたレコーダーだけを出させて、いつものような答弁で終わりにさせようというここでも不正ありきの話しかする気は無いといった様子で、自民党の裏金脱税は文化であるから諦めて認めろという言論弾圧を自民党が強めるようですね。
 今回の事では、自民党内でも裏切ったり自己保身からしゃべる議員もいると予想されるから口封じに必死なようですからね。逆にその必死な状況が裏金不正で今公開している以上の悪事をやらかしている証拠とも言えるわけですが。
 政倫審に関しては、不正疑惑がある議員全員出席で不正のレベルが低い議員から身の潔白を表明してもらう流れにすると、幹部級の壊れたレコーダーの嘘が分かりやすくなる。それを今の不正自民党が恐れているわけですから。

 そして自民党政治での経済操作の流れから株価は最高を更新したそうですが、あくまでこれは株式上場できているいわゆる大企業および一部の中小企業での結果であり、大体7~8割の経済には影響しない要素です。あくまで大企業ベースの指標的経済状況であり、株価はいつも乱高下はあり得る物ですから一喜一憂した所で意味はありません。
 株価が高いとしたとしてもそれが庶民の一般経済の好調に繋がるかと言えば全く関係がないとも言えますからね。上級国民や富豪などは上がるかもしれませんが。一般経済の主な部分は株価に影響されない中小企業が主な部分ですからね。
 それでも昔ながらの基準で言えばトリクルダウンという形で大企業が儲かれば自然と中小企業にも恩恵が落ちてくるなんて言うのは今の日本経済ではただの幻想であり、大企業の株価を押し上げる為に自民党がしているのは大企業優遇の政策と円安の維持に努める金融緩和であり、それによる被害の大半が中小企業にしわ寄せとして被害を拡大させ続けており、大企業が株価と共に儲かる以上に円安による被害が中小企業を苦しめて日本経済全体を押し下げているという事ですね。これが私がよく言う極右政治経済です。

 つまり自民党は意図的に大企業中心の株価を押し上げられるような形で経済は好調であると世界に見せられるようにしたいがために一般国民の経済や生活状況を悪くさせてでもやっているという事で、感覚的には北朝鮮が核兵器にぞっこんなのと同じ事を自民党が日本でやっているというだけです。
 そして自民党はそれでも経済は良くなると言いたいがためにトリクルダウンの恩恵があると言いながらも実際はそんな効果よりも円安輸入からの経済被害で苦しむ状況が強く、その中でも大企業はさらなる利益の為に中小企業に恩恵を与えるどころかさらに搾り取ろうとして、8割以上の企業で賃金を上げにくい状況を作り出しているという事になります。
 そして上げられた所で円安効果から輸入高により物価は非常に高騰していき、一般庶民の実質賃金は上がる事なく下がり続けるばかりというのは全部自民党の大企業優遇政策の結果という事です。

 だからこそ日本経済は一部大企業は株価上昇と共に儲かるけども、日本全体の経済は中小企業が支えているが円安で大打撃を受けて、全体的には経済力が大きく下がっているという事になるのです。それは日本の実質GDPにも大きく表示されています。このままいけば間違いなく株価は最高値を続けた所でインドにもほどなくして抜かれて、5位6位と転落を続ける事でしょう。
 それに車の大企業で不正も横行していますから、そこによる影響も大きいでしょうからね? 自民党のせいで大企業の多くが利益至上主義で信頼を無視した経営体質になっている事が多いのですよ。そういえばENEOSの方も自民党と似たような形で女性差別から辞任が相次いでいますよね?

 極右に任せていても日本経済全体が良くなる事はありません。今はとりあえず一般国民全体の経済生活状況の底上げと安心を高める事が優先で、円高に振れるような方向で調整を進めて、その上で輸入に頼り過ぎない経済に作り変えてから再度金融緩和などもしていくという方向にすれば、被害は最小限で全体利益を高める流れに変えていく事が出来ます。
 それに円安だけが進むと確実に庶民生活の不安から人口減少はさらに進み、それによる国内経済はさらに縮小させられていくので、円高からの生活安定を図り、地産地消能力を高めて人口を再度微上昇ぐらいには戻してから円安に舵を切るなどの対応が出来ないのであれば、本当に経済を考えて行動している政治とは言えません。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます
 株価最高値更新~終了~極右経済のデメリット



























 日本での問題は賃金の問題と共に働き方改革もまだまだ不十分ですよね?現地で人が必ずいるとか言うのはまっとうに働ける人材が多くいるなら実現する事であり、現状人手不足や資質不足で働くに働けない人も多くおり、社会不適合者もまだまだ多い状況で必要なのは、誰でも働きやすい形の拡充であり、そこにリモートは大きな可能性を秘めているのです。
 リモートであれば暴力団組員になるしかない人も救えるのですよ? 人相悪くても人付き合いなど苦手でも短気などでもリモート型なら短時間バイトなどは作りやすいですからね。スキマバイトと1番相性が良いのはリモート型の仕事です。それなら日本全国海外も含めて引きこもりの人たちにも仕事を任せていけるような形にできますからね。
 そしてリモートは足腰不自由な老人でもお金が必要なら働きに出られて、ボランティアにも貢献しやすいという所で、リモートはただ単に直接出社が大変だからの代わりではないという事です。そこに気付けるかどうかで人材確保と経済力が大きく変わってきます。 リモートの可能性END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2805回 日本の政治は絶望的? ならここに革命者が1人、左翼です [政治経済改革]

 さて一部の報道では自民党政治の破滅的な政治の在り方に政治に絶望を抱くとか言い出す所も出てきていて、日本は末期症状で危篤的重病を患っている感じですね? それとも腐った覚醒剤でしょうか?
 まあどちらにしろ日本の政治に期待も希望も見えてこず、自民党は自浄作用も何もなく破滅的政治で日本維新もそこまでではないにしろ似たような物で、立憲民主は空想的、他は特に目立つ強みも政策的に夢溢れてかつ現実的ではない物ばかりで、日本の政治は全体的に壊滅状況とも言えるこの世紀末状況で、何か希望の種はどこかに落ちていないかというのであれば、ここに1人左翼の革命者が落ちていますがね?
 ただし私は腐った覚醒剤とは対を為すほどに劇薬ですがね?極右に染まり切った政治から見れば左翼に近い政策はどれも劇薬でしょうよ?

 私の場合であれば、政治の透明化はもちろんの事ですが、それに加えて昔の民主党もやっていましたが政治の無駄を情け容赦なく切り捨てまくり、無駄基金とか不要な無駄政治家及び大臣も切り捨てまくって、民主的に選ばれた大臣や政治家たちに政治をある程度任せる形にする事は約束しますね。
 その形の中では与野党の垣根はすべて破壊しつくし、革命者の私が一時的に独裁者となって、民主的に政治を行なっていきます。独裁者で民主的というのはあまりにも非現実的な言葉に聞こえますが、共に国民の為に生活を良くしようという志が同じであればそれも実現可能な話です。
 それに独裁者の全てが悪政であるというわけでもなく、王政で独裁と同じ状態でもきちんと民の声を聞いて政治に反映する良い王政もありますので、独裁者で民主的というのはそこまでおかしな言葉でもありません。民主的と言いながら民の声を聞かずに独裁やっている国の方が数が多いぐらいですからね?
 民主主義を謳いながら事実上独裁をやっている国があるのなら、その逆の独裁を謳いながら事実上民主的な政治を行なう形があってもおかしいとは言えないでしょう?

 あと私の政策の詳しい所は、大概このブログ内に記述済みで、最新の物を基本として随時更新されて行っている状況ですが、大まかな物であれば、生活保護と年金叩き壊して合体化の衣食住最低保障制度の確立や自衛隊廃止からの防衛軍と災害防衛救助軍の2つの軍隊を構築する事や贅沢税の導入から基本的な税制度の一新を行ない、様々なルール違反に対する税を導入しつつ、それらで得られる大量の税金などを教育改革に当てて、少なくとも公立国立の完全無償化(備品なども全部含む つまり、学校に通う上で民がお金を支払う必要の全てを無くす)に、少子化対策での結婚及び子供を作る事での簡易貴族的制度の実施、裁判所や刑務所の仕組みの改編と学校化による反省と更生を主軸に置く形への変化や電力の大転換で原子力は全廃止の下、自然発電および水流交通による形での町中発電の普及等々etr... まあ数え上げても若干切りがないぐらいには改革案を出している個人政策論者です。
 さすがにこれ以上追加しても収まりきらないので、列挙はこの辺でまだまだ数多くの物がありますが、私は問題に対する政策立案能力に加えて、発明家としての力(ただしマッドサイエンティスト)もあり、改革においての力は並の政治家を遥かに凌駕すると思われますが、そちらに能力振りすぎて他はほとんど平均以下なのですよね。
 故に私は現状個人でブログ形式で政策を掲げるぐらいしかできないわけですが、誰か私を押し上げてくれるのであれば、日本の中にオアシスぐらいは作りますよ。1000人位支援者が集まってくれるのなら、オアシスから地方分ぐらいは狙えると思いますけどね? そこから徐々に力を付ければ、平和的な血を流さない革命も起こせるでしょうし、今の政治に絶望を感じているのなら世紀末に抗う劇薬の種に期待を託せる人は出てくるでしょうかね?

 今の自民党政治に任せていても、納税は国民の義務だが上級国民にその義務はないとか国民を見下す政治しかしてきませんし、国民の代表と言える存在でもなく、どれだけ民意が消えた所で裏金から選挙票は買うのが普通という自民党に国民の思いをぶつけた所で何も変わらないのですから、そこに対抗出来うるだけの政策的力が野党にはいないというのであれば、世紀末にたたずむ種に一縷の希望を託してみるのもまた一興ではないでしょうかね?
 まあ分かりやすい例を出すならば、アメリカで言えば極右のトランプですが、私の場合で言えば左翼のトランプとでもいう方が分かり身はしやすいのでしょうかね? 左翼方面で世界的には何をするのか分からなくさせる感じで。

 ちなみに今後また出す予定ですが、平和的に北朝鮮の独裁を滅ぼす方法を出しますね? 国民全体が飢えているのならば、付け入る隙はいくらでもありますからねえ。どんな核兵器を持っていた所で、独裁者がそのボタンを持っていたとしてもそれを押しても意味がない状態にできるのは実際の現場の人たちであり、その人たちが懐柔されていれば、無力ですよね?
 食と信頼の無い国など武力を使うまでもない。そしてその上で、そこの人たちにも幸せを振りまくのが大事な事である。私のやり方なら、北朝鮮を平和な日本の支援国に変える事も可能。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 日本の政治は絶望的?~終了~左翼の革命者



























 それに北朝鮮に対しては、日本が支援すれば、簡単に脱北支援も可能となる。その形から国力低下も狙いやすい。民の大半が懐柔された状態や逃げだしてまともな国民がいない状態では、いくら独裁者が横暴した所で国は動かなくなっていくだけ。どんな悪政独裁者でも手足となって動く人がいなくなれば基本無力でしかない。
 今のトップは心身に不健康がある状態と聞きますし、なおさら動ける部下がいなくなれば何をする事も出来ずに朽ち果てていくのみ。そんな状態に敵基地攻撃能力で対抗する意味はどこにもない。
 懐柔(怪獣)という名の食糧支援をしてあげればよいだけである。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2804回 そこまで雑記 日本が誇れるべき文化は多い しかし自民党が邪魔してる [政治経済改革]

 さてカテゴリ的には若干雑記寄りの政治経済系のお話ですね。
 日本が海外に誇れるべき文化や発信できる媒体が数多くあれど、それを満足に発揮できるグローバル企業は少なく、そういうのを弾圧さえもしている自民党が、日本の経済を良くする事の最大の障害になっていますね。自民党と仲良い輸出企業中心に日本経済を操作しようとして、本当に日本で誇れる文化や発信できるクールジャパンなどに力を注いでいないせいで、本来日本が得られるはずの経済利益から見て自民党政府がやっている状況では、数兆円規模は軽く超えるでしょうね。
 自民党が日本の誇れる部分にしっかり支援をしないから経済損失は年々増えるばかりです。自民党中心の企業ばかりでは、日本全体で得られる経済利益もたかが知れているというのに裏金作成の為には仕方がないとするのが自民党ですよね?
 皆さんが豊かになれないのは自民党が大きく政策で邪魔をしているからです。極右は内向き保守政党であり、自分たちだけが良ければ他はどうでも良いとする国の形しかできません。だからアメリカで言えば、トランプ氏も極右団体と言えるわけで。
 極右政党は内向き外交で経済を委縮させる事は強いのです。経済を委縮とは言っても、極右周りの経済だけは良くして、他全部を衰退させるという意味で委縮ですね。つまり分かりやすく言えば、極右経済は一部は儲かるけども、国全体で見れば大きく収益減になるという事です。それは自民党でもトランプ共和党でも同じ事が言えるでしょうね。

 日本の映画などでも素晴らしい物は多いけど、日本発祥で世界に誇れる日本独自から生まれた文化は、ゲームやアニメにオタクなどのクールジャパンとも呼ばれる二次カルチャーです。そこからはコスプレや聖地巡礼などという言葉も生まれ、日本から世界に向けてその輪は広げられ続けている物であり、決して大国が真似しようとしても日本の独創性豊かな作品群には勝てない魅力があるでしょうね。
 それは日本が基本的宗教の価値観に捉われないというか多神教の国だからこそ、様々な独創性豊かな作品が作れるわけで、アメリカは主にキリスト教の縛り、中国は独裁者の縛りなどで作れない作品が多くあって内容が似通る事が多い代わりに日本は縛りという物が一切ないために他の国では絶対に作れない作品を無数に作り出せる土台がそこにあるわけです。
 それは日本ならではの大きな強みであり、世界に太刀打ちできる経済の要の1つである事は言うまでもない事でしょう。

 ただしそうだとしても日本政府での自民党政府の支援は薄く、そんな物より裏金の為に従来輸出企業の為になる支援ばかりが中心になっているから、日本の経済はいつまで経ってもアメリカの大企業などにも打ち勝てないでいるのは、全部自民党が邪魔をしているからです。
 自民党が生まれ変わるか野党に失墜して這い上がれないようにしない限りは、日本の経済が世界と渡り合う事はできないという事ですね。
 ちなみに昨日の話で、自民党は極右と言って立憲民主は左翼と言いましたが、日本維新は私から見れば、中道右翼か右翼に近い政治集団と言えるでしょうね。改革は若干訴えてはいますが基本スタンスが何かと自民党と同じ感じですので。 そして日本人は現在の所保守的右翼が好きな傾向にあり、このままでは日本に明るい未来は来ないけども、保守で自滅するのが武士の生きざまと思えるのならその人たちにとっては幸せなのでしょうね? ですよね?昭和から時代を変われない保守層さんたち?

 さて日本のクールジャパンで秘かにというか海外においては希少価値高く経済的効果は車の数億倍ともいわれるのが日本の失われつつあるレトロゲームで、過去の素晴らしき遺産とも言われる代物ですけど、自民党はそれをないがしろにして腐らせていたけども、外国の人はその重要性に気付いて、大事に保管しようとしていたりもするけども、本当に大事なのはそれを皆がより遊べるようにする事であり、そこによる経済効果は中国の今の経済を軽く凌駕できるレベルにはあるでしょうね。
 ただしそれは自民党政府がかなり捨ててしまったせいでかなり失われていますが。
 さらに言えば、それらの作品の多くが未完成であるという所にも注目すべきものであり、未完成のままでも経済的価値はかなり高い物のもしそれを完成品へと生まれ変わらせる事が出来れば、その経済価値は果たしてどのような物になるのでしょうかね?
 それだけに止まらず、昔はそこに対する二次作品の派生は少なかったけども、今なら増やす事も可能なわけで、ifとしての追加作品も含めて作れるならば、さらにVRなどの最新要素も追加したりも可能ならば、無限の経済価値がそこには秘められているのではないでしょうかね? 残念ながら自民党はそれの邪魔をする事はあっても生かす事はできない裏金大好きの極右でしかありませんがね?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます
 クールジャパン~終了~日本の素晴らしい失われつつある遺産



























 レトロゲームの作成は基本的に大半が完成時期を決められて作られた物が多いので、本来想定していた内容量から大幅に削られた作品が少なくなく、その結果あまり売れない作品になってしまった物も多いでしょうから、その期間設定をぶち壊して元の製作者たちが思いのままに丹精込められた作品が出来れば、それは未完成作品共々日本の輝かしい遺産になる事は言うまでもないと言えますね。
 しかし残念ながら自民党はその遺産よりも裏金という遺産の方が大事だと言って自分たちさえよければそれでよいという政治しかしていないのが悔やまれる所ですね? END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2798回 民主主義による大臣選定の儀式 オウカハル式 [政治経済改革]

 さて日本での政治の不祥事というか自民党の横暴が続く中で日本の大臣は基本的に適材適所とか専門的とか言いながらも実際はそのように作られた事は1度として存在せず、政党内で適材適所もしくは派閥の意向などを大きく鑑みた形でド素人ばかりの内閣で国民の為に尽くそうとする政治家がほとんどいなかったのも事実です。民主党はまじめにド素人ですが、自民党はわざとド素人入れて国民よりも派閥や上級国民が大事内閣を基本としていましたが。
 それでも流石に要所においてはある程度知識力ある人を入れておかないと、全部が張りぼて大臣では野党からも国民からも叩かれまくりますからね。昔の一夜城みたいに外見ぐらいはまともな人を数人は入れておかないと騙す事も出来ませんから。

 本来政治家という職業は一般市民に成り代わって政治を執り行い国民の生活を豊かに発展させていく為の奉仕に近いお仕事なのですが、現在の大半の自民党などはお金を稼ぐ目的と権力をもって自分たちだけを豊かにする為に政治を好き勝手に動かしている状況で、それはまさに腐った独裁状態です。
 そしてそんな中で大臣という仕事は、よりその分野での専門性をもって陣頭指揮を執っていくべき専門家であるはずなのだが、自民党は基本適当に派閥や当選回数重視で選び出して、さながら貴族たちに功績に対して褒美を与えるように爵位を一時的に高めてあげているような物でしょうね。
 故にド素人が大臣になる事が多く、任期まで平穏無事に寝て過ごしてもらえればよいと考えて大臣任命するケースが非常に多いようです。それでも要所での記者会見などをする機会が多い大臣はある程度対応能力の高い人物で見せかける必要はあるようですが、実際の仕事は部下に全部丸投げしている大臣が大半です。
 つまり今の自民党の大臣ではほとんど何も仕事してないのに高い給料を得ている人が多いという事になります。大体7~8割くらいの大臣でしょうかね? 大臣という椅子に座っているだけで高額のお金が得られて海外へ遊びに旅行などへも行きまくれるのですから、そりゃ人気高いでしょうね?
 それでどこぞの自民党内政策集団とかはフランスへ遊びに行きましたとかSNSに上げて大炎上したりしていましたが、基本的にそんな気分を目的に政治家になっている無能共が大半なのですよ。

 だからこそ無能な政治家共が1番の税金の無駄遣いであり、無能大臣はそれに拍車をかけて税金の無駄遣いであり、裏金共々国民の血税を自分たちの遊ぶ金に使っている政治家がとても多いという事ですね。一部はキャバクラやホストなどにも使っている議員がいるんじゃないですかね?政治的会談の場所として使っているけど、そんな所で会談する為に税金使うなと100%批判を受けるから裏金を使うとかね?
 だからこそそこで1日に数百万円から数千万円使うから政治的会談にはお金が掛かるとか言っている議員もいるのでは?

 それでそんな無能議員共は一掃させるのが日本の政治を良くするために必要な事ですが、内部から変えようとしても無理な話であり、無駄政治家を大掃除させる為には外部からぶち壊さないと無理です。
 代わりに国のリーダーや大臣を決める事においては、現行の形から大改革を行なえれば変える事は可能で、日本で言う所の総理大臣を国民選挙投票で決める事に加えて、各大臣も枠組みは総理大臣に決めてもらいつつ実際の大臣選定はある程度のルールを決めて候補者をふるいにかけまくり、その後にこちらも国民投票から候補者の人気が高い順に大臣及び副大臣を決めていくという形にすれば、専門知識のある人気の高い政治家などを大臣に割り当てられて、しっかりと陣頭指揮含めた仕事をしてもらう形にできるでしょうね。
 最終的な所はどちらも国民投票で決めていく形から総理大臣は完全に任せたい人を自由に選んでいく形だが、それ以外の大臣にはきちんと専門知識がある状態から選ぶ必要があるので、その資質判断を報道機関及び専門家たちに付けてもらってから最終候補を出して国民投票に掛けるという形にするとよい。

 その資質判断の基準に関しては、まずその政治家などに専門知識がどれだけあるのかのランクを5段階で表してもらって平均でまとめる形で、その次に報道機関には粗探しをしてもらい、過去にどのような行動などをしていたかを隅々まで身体検査してもらう形で、こちらも5段階評価で平均値を出す形として、後は現段階のやる気や意欲でどれだけ強く主張や発信できているのかも同じく5段階判定の形で3つのランク判定を表示できるようにしてもらい、その形から国民投票で決めてもらう形として、過去行動で資質最低で現在のやる気や意欲などもほとんどなしとか言う最低ランクを2つ以上得た政治家は問答無用で候補から外されるという形で、政治家たちの自由意思で立候補できるようにする。
 ただしその形の中で明らかに低い争いが予想される場合においては、各報道機関と専門家たちの中から民間からの推薦を出して、1~2人の大臣候補も出させる形として、政治家に無能しかいないのなら民間から専門家招致して臨時大臣などになってもらう方向で行う。

 大臣は1人だが、副大臣は最高3人までなれる形とし、大臣の補佐及びより専門知識を実地勉強してもらう位置合いでの役職とする。それで大臣が任期中に大きなへまやらかした場合は、途中交代や大臣失職から副大臣を代わりに大臣へとできるようにさせる。この時の順番は大臣などを決める際の人気順から選ばれていく。
 そして副大臣が全員いなくなるまでは、追加補充は無しとする。それで2年か4年後で再度実績などからも参考にして大臣&副大臣決めの国民投票を行い、補充や交代を行なって国民のために働けない無能は大臣から自動的に外されていく形とすれば、正しく民主主義の下に大臣が仕事してくれる形にできます。

 総理大臣は大方針やビジョン(進む道など)を示していく形を基本として、各大臣はそれの実現の為やより良い発展の形で支えて、共に国民の為に奉仕の形から政治を執り行っていくのが理想形だと私は考える。
 これは私が独民で考える国王などになった場合でも同様の方向で各大臣は選定していく。基本的に国民の生活を良くするために行動するというのであれば、大臣は全員国民が選べる形にしても何も問題はないですからね。政治家の立候補者が無能揃いなら外部から専門家招いて大臣に配置して、副大臣にやる気ある政治家に猛勉強してもらうようにすればよいので。
 そして選ぶ形には基本的に与野党の括りなど何もない。全政治家から立候補者を募ってからランク分けを報道各社などに任せて、国民に投票行なってもらうというだけである。 大臣選定においては私は最低基準は設けるが、それ以降はすべて国民任せから選ばせて、実際の専門家が揃った状態から国民の為にどうしていくのかを議論しながら政策を作り上げていくのが民主主義政治の本質だと考える。

 ちなみに、その他政治家などにはそれらで決まった政策などの実行リーダーなどで働いてもらう形を基本とする。それで何もやっていない奴らは遠慮なく切り捨てまくるけど。税金の無駄でしかない。
 下手すると相当前に言っていた70%切るとかよりも切る可能性は高いけど、大臣副大臣と各役職含めると、最初期の考えの政治家総数よりかは多めになるかな? 全部外部の専門家が付いてしまうなら、最初期の考えに近くなるかもだけど。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 大臣選定も国民投票方式~終了~大臣は専門家が必須



























 本来国民の声を届けて国民生活を豊かにするために政策を考える仕事の政治家だけども、その仕事している政治家ってどんなに多くても全体の20~30%ぐらいしかいないだろうし、数百を超える議員は基本的に無駄と思って差し支えはないでしょうね。あれを切るだけでも相当な財源にできるでしょうに。様々な裏金含めて平議員も1人当たり年間5000万~1億円ぐらいは収入になっているでしょうから、200人ぐらい削れた場合、100~200億円ぐらいは普通に財源作れそうですよね?
 私のやり方だと派閥なんかも完全機能不全になりますから実際は数千億円ぐらいの財源はそれだけで作れるでしょうね。 そこに無駄基金とか入れ込んでいくと、無駄財源が5000億円近く作れたりして? さすがにこういうのは民主党ではできませんけどね? 外からぶっ壊す勢いが出来ないとね?
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2791回 日本の政治を正す為には 国民投票のリーダーと選挙アプリの導入が必要 [政治経済改革]

 さて日本の政治の動乱期が再度やってきての現状況ですけど、自民党はやっぱりあまり変わる気は無いようで、処分とかもあってないような形でのらりくらりと国民を今まで通り騙して与党独裁を続ける気のようですね。自民党内に政党派閥がある状況では自浄作用は無いに等しく、問題はいくらでも繰り返されて誰が総理になった所でほとんど変わらない状況が繰り返されるだけでしょう。
 それだけ今の自民党は派閥や元総理などの権力が激しい状況で、正しい民意が届かない状況に変えられているからです。国民が思うリーダーには絶対に選ばせないのが自民党の状況で、民意を無視する代表政党です。どれだけ自民党の信用が失墜しようが、絶対的に国民思いのリーダーを選ぶ事は自民党ではありえないのです。なぜなら、そんな事をしてもお金にならないから。

 やはり民主主義国家と胸を張って言える国家にする為には、国のリーダーである日本で言うなれば総理大臣は国民投票で決められるべき話であり、国民が投票によって選ぶ形であれば、派閥はそれこそ意味をなさなくなります。だって派閥をいくら形成した所で権力による利益が何もなくなるのですから、民主主義に近づけば近づけるほど政党内派閥の存在意義がなくなってしまうからです。
 そして同時に国民投票で国のリーダーを決める形は、確実に国民目線の政治が行われやすくなる形であり、政治家は常に国民の顔色を見ながら政治をしていく形に努めなければならなくなります。でなければ、リーダーに選んでもらう事はできませんし、より選挙投票の結果にも絡んでくる事になるでしょうからね。
 そんな状況で不正をやろうものならどうなるのか?という所ですよ。

 さらにその上で、国のリーダーを選挙投票で決める以外にも内閣組閣時にその内閣が正しく国民を思って作られた物かどうかを判断できる形を取り、その結果が悪ければ大臣報酬などを全額半分の形で2年間働いてもらうという形にし、さらにその2年後に再度国民投票を行い、現状の政治状況を鑑みて国のリーダーを変えるべきか否かを選択できるようにさせて、変える方が多ければその中でも誰に変えたいのかも同時に項目に追加して、国民の期待に沿えない内閣全体を国民の意思で総辞職させた上で、再度国のリーダーを決められるようにすると、余計に国民の為の政治をしやすくなり、政治家たちに不正などできないようにさせる緊張感を持たせやすくなるでしょうね。

 全ては国民投票によって国のリーダーを決めながらその善し悪しの判断も行なえるという形で、政治家に緊張感を与えつつ国民の為の政治が行えるようにするという事ですね。
 ちなみに内閣存続が出来た場合は大臣報酬などは通常に戻す形で、判定が問題ないとか維持継続で良い場合はそのまま続投できる形にしつつ、最高任期を8~12年ぐらいにするとよいでしょうかね?
 民主主義の基本的権利を国民の元に返還させる事が、日本の未来の為になり、自民党などの派閥や裏金不正などを無くしていく為に必要になる事です。国民が選び判断していくという形では、政党内派閥などあっても存在意義が何もないですからね。

 現状自民党では従来派閥は解体されつつあるようですが、隠れ蓑派閥は普通に作られながら、次の新派閥形成に向けて様々な行動がされているようですからね。ちなみに噂では、岸田派閥が真っ先に解体としたのは、裏の目的として元々分裂していた麻生派と再度合流して大派閥に戻す為だとも言われていますね。そうすると、安倍派のような派閥が新たに作られる事になる。
 そうなると数年後にはどうなるのかはお分かりですかね?また違った政治資金パーティーなどの形で裏金作成を普通に行いだすという流れが、作られるという所で、それは30年ぐらい前のリクルート事件以降でも同じように自民党では起きていたようですから。自民党では現状同じ事を繰り返して裏金不正を行い、派閥の形で国民無視の政治を貫こうとするから、それを完全に打ち壊す為には、国のリーダーを決める方法を国民の元に取り返す必要があるのです。

 この取り返すという流れにおいては、従来のアナログ選挙のままでは投票率は見込みが薄いですし、選挙にやたらお金が掛かる状況をすぐに解決しにくいので、全部デジタルに変えていく流れで、簡単にスマホアプリなどの形で選挙投票が行えて、選挙での立候補者たちの情報も見られるようにして、さらに立候補までしやすいようにさせれば、国民全体を政治と選挙に引き込みやすい形が作れるのではないでしょうかね?
 そこに加えて、アプリの保有&使用を努力義務化させて、政治ポイントみたいな形でポイントが支給される形から月1ログインで1000ポイントが、選挙投票行為によって100~500ポイントが、その他選挙情報や立候補者たちの発信や情報を見る事で数ポイントが得られていき、さらに政治や行政法律などでのアンケートなどを行政や報道各社もそこから取る事が出来るようにして、答えたら数ポイント入手という形で、政治に深く関心を持つほどに誰でも手軽にポイ活が出来るという方向で釣っていく方向にして、1000ポイント単位から同額の商品券のデジタル版と交換可能で、アプリ形式から使えるようになるという形なら、十分に経済促進効果にも繋げ易いでしょう?

 そしてこのアプリデジタル型に切り替えていくならば、選挙に掛かる費用も大幅に下げていく事が可能で、情報発信の頻度や数によってその立候補者たちの質を見極めていきやすくなります。さらにその形から公開討論会が行えるようにしたり、公開された情報や選挙公約についての各自質問などにも受け答えできるような形からより候補者たちを選びやすいように情報を得る形になどにもできるようにすればよいし、そこを元にした発信の形なら立候補者が同じ環境の下で選挙に挑む形から選挙公約の出来や質問の受け答えの状況から本気度を見せていきやすくも出来るでしょうね。

 あとは投票系においては、投票コードを受け取ってからマイナンバーなどの身元確認と合わせながらその時のリアルの顔撮影機能と合わせれば、本人確認は確実な形にしやすく、不正されにくい形ができるでしょうし、不正などが行われた場合には、そのマイナンバーなどから投票などのみ使用禁止にすればよいという所ですからね。

 アプリデジタル型であれば、誰でも使用しやすく、子供からお年寄りに掛けても選挙投票含めてのハードルはかなり下げられると思いますね。高齢者向けには音声でアプリ起動できるとかの機能があると便利かな?その上で音声によってアプリ操作も行なえるとかの音声全操作型とかにも対応できるなら、機械類が苦手な高齢者などにも対応させやすいのではないでしょうかね?
 …スマホに対話型補助AIとかでも導入できるようになると、より使い勝手が上がるのでしょうかね?
 声によって起動からアプリ操作までをスムーズにできるのであれば、機械類が苦手な人でもスマホを持たずに操作するなんて事も? この辺は別件ですがね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 国民投票のリーダー決め~終了~選挙アプリデジタル型



























 国民が政治に関心を強くすればよい政治へと進めていきやすくなりますから、それと国のリーダーを決められるようにする形なら民主主義での国家成長は安泰の形にしやすいでしょうね。
 ちなみにアプリの予算方面は一部国民の税金から割り当てつつも同時にアンケートに参加してこれる形からの報道各社などから利用料を取る形で運営を行なえるようにして、官民一体型のアプリにすれば、公平性も保ちやすくなるのではないでしょうかね?
 報道発信の形にも使いやすくなる物ですしね? END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2780回 本当の資本主義社会の在り方? [政治経済改革]

 さて今回は若干昨日からの派生の話ですね。本当の資本主義社会を目指す為に必要な物は、最低限の普通という環境を国が整える事です。全部を民間に匙投げても本当に資本主義で成功する事にはなりません。現に株価はどれだけ高騰しても実社会経済には良い影響は何も見られなく、実質不況感が漂う所でありますからね。それは国が底辺の普通を定めていなくて、物価の変動に弱者を見捨てているから起こる状況です。そんな形で資本主義は成功しえない。

 私が掲げる国民全体保障の衣食住最低保障もその似たような物であり、国民生活においての最低限の普通に生きられる環境は整えられるべきという形ですが、それだけでは資本主義には向かず、社会主義に近い物がありますが、そこに同じような形で国は国民生活の基本においての様々な事業など含めて最低限の普通品質は提供する形にして、それ以上の物は全部民間に任せる形で提供していければ、民間のビジネス競争はより付加価値や高価値を求めた物を追求しやすくなり、基本物価を上げやすく、そしてそれに対応するように基本給などのベースアップも高めていきやすい形になるでしょうね。
 現状は普通に生きる事においての底値が無くて物価変動に大きく左右されるので生活の確かな安定基準がない状況なので、それに外される可能性がある中小企業で働く人たちは不況感が高まる状況に陥りやすいのですが、普通の生活を送る上での底値さえ国がしっかり保障していれば、賃金などが無理に上がらなくても問題なく普通の生活は送れるようにできて、会社が安さ競争に走らなくても良い状況なら、必然的に作る物は品質が高くなり賃金も上げていく形にさせやすく、社会全体の経済成長を上向きにさせやすい事になるでしょうね。

 その為に必要な物は、最低限の普通の品質は全部国などが担保する形で衣食住最低保障とも交えて成立させる事により、民間はただ安いだけの商品を作る必要から解放させて、高品質や付加価値の多く付いた商品で経済に勝負を持って行きやすくなります。その代わり、安値競争から抜け出せない所は、国に容赦なく蹴落とされていく事になりますがね。
 国の生活保障の仕組みが安さ競争の社会を許さず、それらでの人たち全てを救う仕組みとなるからです。その上ですべての人が働ける最低限の普通の仕事も用意するわけですから、民間の企業は普通以上を絶対的に求められていくわけになりますからね? 普通と同等では労働者たちから見られもしない状況では、経営自体がやってられなくなりますから。

 最低限の普通品質の基本は、国民生活において様々な必要な事の安さを追求して付加価値など全てを排除しきった物です。ただし、食べ物などにおいては国産で安全という基本的付加価値は付与されている形で、安全や安心は商品やサービスにおいては必要不可欠な物でもあるので、そこは確保する形で、それ以外の高品質や付加価値全てを外した物という扱いですね。
 その上で食料品や医薬品に衣類に衛生用品やら様々な生活する上において必要なサービス類も最低限の普通品質は国が行う形で、それ以上の物を全部民間に任せる形にしていけば、最低限の普通の生活は国民保障から賄う事ができ、経済に資本主義の成長力をより足していける形になります。
 民間では安すぎて割に合わない商売をさせても意味はないので、その辺は全部国が必要最低限度で全部請け負う形にするという所ですね。これなら国民が1番必要とする薬が不足するなんて言う状況は確実に防ぐ形にできます。

 そういう形で見ると、水道事業も最低品質を民間に任せようとしても成りては全くいませんが、それが最低品質の命の水は国が責任を持ち、それより上の品質の水に関しては民間が新たに担えるような形にすると、水道事業をビジネスとして参入できる企業は絶対に現れてくるでしょうね。上質な水や水道水の方向から様々な水類を流す事が出来るという形なら商業ビジネスへ変化させられる形になりますからね。
 そうするとそれに食いつくのは特定の人やお金持ちたちで、特定の地区向けの形で新たな高品質水道水の形でビジネスが作り出されていくでしょうし、その方面での競争が作り出されていくでしょうね。
 そうなっていけば、そういう高品質を求める人たちには普通の水道水提供の形は必要なくなり、負担軽減に持って行きやすくなるという形です。

 国が行う方は別に利益を出す必要はなく、国が行う最低品質保障で、民間経済を活性化させる方向のアシストに努めればよい所で、財源は主にその形で増える商売利益から増える税金で賄っていけばよいのですから。基本的にそれが高品質であるほど基本的な価格は高まり、それに付随して税金の額も増えるというのならば、十分に補っていけるだけの形に持って行きやすいです。

 最低品質の確保はそれと同時に普通の品質を覚えてもらって、お金に余裕があればその高品質などの商品にも持って行きやすくさせる為にも必要であり、より購買意欲を高めたりより良い品質を求めていく形への意識を刺激しやすく、現在庶民では手が届きにくくなった商品などにおいても、普通品質は普通に手が届く状況でなら、その普通を体感した上でそれよりも良い品質の物も求められるようになったときは、それも選択肢の1つに入れる事が出来るわけで、たまの贅沢などに向けての下準備の形にも持って行きやすくなりますし、全体的な事業の形としても普通があるならそれより良い形を作ろうという形はできやすいという形にもなって、経済全体を押し上げる効果にも変えていきやすいという効果があります。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 本当の資本主義~終了~国が保障する最低限の普通品質



























 サービス面では医療とか介護に保育園なども普通品質は全部国が作り上げて、各都道府県全体で行なっていく形にし、基本は無人化やリモート型でコストを引き下げつつ最低限の普通という環境でできる形を追求していきます。普通品質に素晴らしい環境は必要ありませんからね。普通であり必要最低限度の形で安心と安全が守られればそれで良いのですから、無理に高品質にしがちな人に頼る必要性は皆無でしょう?
 そういうのは全部民間に任せればよいのです。高品質や付加価値の強い物は全部民間に任せればよいのです。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | 次の10件 政治経済改革 ブログトップ