SSブログ

第2890回 ガザ情勢 イスラエル、端から約束守る気なし [世界問題]

 さて情勢が目まぐるしく変わる世界の戦争状況で、今回はガザですね。つい最近の形でもアメリカでの新たな分断軸の闘争が激化しつつあると言いましたが、それは今現在も続いていて、さらに根が深くなっている状況ですね。
 何しろ平和を愛するアメリカ人たちの次なる敵は、仲良くしていたはずの大勢のユダヤ人と2大政党の民主党及び共和党までもがイスラエル寄りなせいで、どこにも平和の為に虐殺を絶対に防ぐ目的で行動する強力な政党などがいない事にアメリカの若者が戦慄している状況にありますから。
 今アメリカに求められているのは老害選挙に風穴を開ける第3政党でのイスラエルユダヤ人を跳ねのけられる平和を何より愛する政党でしょうかね?

 そしてこの流れは何もアメリカだけに限った話ではなく、欧州各国でもガザの惨状と虐殺の状況にホロコーストを止めさせるべく立ち上がっているのは若者が中心で、古い慣習とユダヤ人との繋がりの為に虐殺ホロコースト再始動をする現政権などに対する反発の勢いは徐々に強くなっていますね。
 さらに南米でも前に話したようにこちらは国単位での虐殺反対を示せる勇気ある国々も出ていて、欧州寄りの国でも反イスラエルの態度を示す国も出てき始めており、イスラエルが行う現代のホロコーストに対する嫌悪感は日増しに増えていっている状況ですね。
 まあそんな国々や行動を行なう者たちを当のイスラエルは全部自自分たちに対するテロリストだからパレスチナ人の次に虐殺するという腹積もりなのでしょうけど。歯向かう物は皆殺しという独裁国家のテンプレ状況でイスラエルユダヤ人は全体で独裁国家の状況と変わりなくなっています。
 さらにパレスチナ寄りでもあったイスラエル在中の報道局を排除する動きも見せ始めて、アラブの報道局はイスラエルから追放する動きを見せましたね国家反逆罪の容疑で。独裁国家テンプレここに極まれり。

 そして世界がその動きに注目する中でイスラエルとハマスの新たな停戦案はアメリカが尽力したにもかかわらず、交渉決裂に近いような状況を示しており、どうにもハマスがぐずったとかではなく、イスラエルが元から停戦する前にラファでホロコーストして皆殺しした後に停戦するとか勝手に付け加えたが為に、端から停戦の約束守る気なかったのだろうとハマスが交渉を止めたような動きもあるとか。
 どうあってもイスラエルはガザ地区全てを自分たちだけの物にしたいようで、その為の虐殺は絶対に必要だから譲る気は無いという態度でまとまりかけた停戦案を白紙に戻したというようですね。
 まあそれに加えて停戦案交渉をしている最中でもガザ空爆での虐殺は変わらず続いており、停戦中でも空爆は止めないとかほざく所に最終的にパレスチナ人を全てガザ地区から消し去るまで戦争は終わらないという姿勢の為にハマスが最終納得できなかったというのも大きいでしょうね。 どうあってもアメリカからの支援が例え打ち切られるとしてもホロコーストを絶対にしたいのがイスラエルユダヤ人のようですから。歯向かう者は皆殺しが基本のイスラエルはパレスチナ人を全員ホロコーストしつくすまで攻撃を止める気は無いようですね。それはドイツのヒトラー以上の虐殺好きという状況で。
 こんな狂気を見せられたらそりゃ怖くなって先に始末したくもなりますわね?殺しが大好きな殺人民族と思われても仕方ないその行動姿勢ですし?

 そして現状ラファ侵攻の準備行動を再度行い始めて、空爆で虐殺する地点へ避難して全員死ねという通告を民間人に出しているようですね。もはや隠す気なくホロコーストするぞと言いだしているようです。
 もしそれが実際に行動に移された場合世界はそんな虐殺国家を許してはならず、かのヒトラーの起こした行動を止める時と同じように今度はイスラエルという国を滅ぼさないといけなくなるでしょうね?
 そしてその虐殺にホロコーストに加担したままの政治家政党集団は尽く未来の選挙では再戦叶わない状況となっていくでしょうね? 虐殺を支持する政治家なんていらないでしょう?
 そしてガザ地区を完全崩壊して掌握したイスラエルが次に何をするのかは明白で、今度は横のパレスチナ人自治区となっているヨルダン川西岸地区へも進行して地上作戦などを行ない、第2のガザを作り出してパレスチナ人皆殺しのホロコーストを着々と進行させる行動に出るでしょうね。
 すでにイスラエルはハマスとパレスチナ人を同一扱いで虐殺の対象としているようですから、パレスチナ人に生まれたら関係なく皆殺しするという狂気に取りつかれたヒトラーやスターリン以上の化物にユダヤ人が成っているという事です。今こそエクソシストを派遣して悪魔祓いをしなければ、イスラエルのユダヤ人はその狂気性で歯向かう者を関係なく虐殺しつくす為の行動として、今度は南米に戦争を仕掛けたり欧米の若者たちを虐殺する為の行動に出始めるでしょうね?
 最終的にはイスラエルでの世界征服支配とか言い出すのではないでしょうかね? まあ流石にやろうとしてもそこに完全宗教系関係ないインドなどが立ちふさがって徹底抗戦されるでしょうが。インドは基本専守防衛の方針ですから。ついでに言えば宗教はキリスト系とは何の関係もないヒンドゥー教などが中心ですし。

 世界はユダヤ人からなる虐殺の連鎖を止めなくてはいけない。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます
 ガザ情勢~終了~イスラエルはホロコーストが趣味



























 イスラエル系ユダヤ人は過去の事をすべて忘れて今度は本性までバレる形で再度世界から孤立する運命にあるという事なのですかね? 大人しくホロコーストされた被害者として平和を大事に行動する事が出来ていれば、こんなにも世界の人たちから嫌われることも無かったというのに民族宗教の本性はごまかしきれず消し去れなかったという事ですかね?
 世界から嫌悪されるとしてもホロコーストという快楽は止められなかったイスラエル系ユダヤ人なのですかね? まあ基本的に極右が作り出すホロコーストですがね? ホロコーストや一般的虐殺が起きる原因はそこに必ず極右政党が存在するから起きる物です。
 日本でも自民党という極右政党が一部外国人に対して虐殺を繰り返しているようにね? だからバイデン氏からも変な例えに組み込まれて発言されるのですよ。 ちなみにあのバイデン氏の発言は完全に失言で、日本や北朝鮮以外は移民なくとも普通に経済成長率高い国ですからね? あそこで日本と北朝鮮だけ槍玉に挙げるならば正解でしたけども。 再発ホロコーストEND
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント