So-net無料ブログ作成
世界問題 ブログトップ
前の10件 | -

第1357回 新型肺炎対策 日本政府が取るべきだった行動(本当に防ぐつもりなら) [世界問題]

 さて今回は相も変わらない安倍政権の無能&国民見捨てぶりな新型肺炎の基本方針を見て、本当に防ぐならばこれぐらいはやるべきだったと思う内容を紹介していきます。
 多分今のままではほぼ確実に専門家が危惧していた所での拡大を抑えきる事も出来ず、患者等が溢れかえる状況での大混乱になる可能性が高いと思えるので、今の安倍政権は日本の危機に対して我が身可愛さで国民全員を見捨てる判断をしたと思った方が良いでしょうね。
 相も変わらず責任を一切取らずに曖昧なままの基本方針で、責任は全て丸投げで取り得る行動での被害も全て自己責任というのでは、あまりにも無責任すぎて国民を完全に見捨てて自分たちさえ無事ならばそれで良い内閣に成り果てていますね。こんな奴らは政治家というよりも人として最低最悪の行動を簡単に出来るというのですから、完全に信用に値する事は無いクズ共と見た方が良いでしょうね。
 専門家たちの必死の呼びかけも専門家会議も無意味にしてしまうクズ政権ですよ。結局最後の所で本当に防ぐ為の強い行動方針とそれに対する責任を負う覚悟が出せなければ、国民を見捨てて逃げた非道で薄情な奴らでしかありませんからね。
 これが、安倍クズ政権の基本方針という事ですよね。大事な場面で国民見捨てて逃げる奴らに国を任せても良いのでしょうかね? もうこの状況では、完全に国は無視して地方自治体等で協力して対処に当たる行動をしていく方がまだ良い形になるかと思いますね。

 それでここからは曖昧模糊な政府の基本方針の形ではなくて、この1~2週間が感染拡大を防ぐ為に必要な期間であるというのならば、取るべきであっただろう内容についてを私から幾つか挙げさせてもらいます。
 まず基本的なイベント等は、直接人が集まる形の物はしばらく全面禁止とさせて、可能ならば延期の形を取ったり、ネット配信やらWeb系統から参加できる形に切り替えていく事として、この活動には政府からも特別予算を割り振る形にさせます。 ただし屋外で人が密集(1人当たり1~2m以内の距離にいない)しないように心がけて、きちんとマスクやらアルコール等で全員が対策を取れている物は可能とさせます。
 そして学校教育機関全ては早めの春休み(受験勉強等は可能という事として)とさせて、入学や卒業式は可能ならば後日行えるようにさせて、入試試験等に関しても隔離別室などから受けられるようにしたりその形で後日別に受けられるような形にさせて、これに関して政府も支援させる事にします。 そしてその後の新型肺炎の影響も長引くようならば、始業の時期も統一等でずらせるように臨機応変に変えていくという形にすればよいでしょうね。

 そして医療体制に関しては、ロボット技術等をフルに活用させて遠隔医療が個別に取れるようにしたり、テレビ電話やネット等を介しての自宅からの遠隔診察なども出来るようにして、さらに薬の配達等も簡単な物なら特別にドローン等も活用しながら配送料は全部政府が負担するという形にさせて、極力出なくても済むような形にして、重症化の傾向があるのなら、救急車の即時手配なども出来るようにして、これを機に遠隔医療や遠隔診察の形を普及させていく方向に舵を切る。
 そして風邪等の新型肺炎の疑いがある人は基本的にまずは自宅治療等で様子を見る事として、可能な限り検査していく形で優先度は重症化になりやすい人からという形で、診察の優先順位での形も活用させながらなるべく危険そうな人等から優先的に診てあげられるような形にさせる。(まあここでロボット診察の形等が出来るような体制があれば、最初の初期状態からでも各自全員診察等をして行くようにも出来るのでしょうけど、診られる診察の医療キャパが現状は低いですからね。)
 それで会社を休む必要があったり自宅治療の間の不安を解消させる為に、政府権限のような形で、風邪の症状などで疑いのある人たちを出勤させたら1人当たり数十万から数百万円の罰金を科すような形にさせて、基本的に政府等への報告等で正式に休みを取る事が可能な形にして、その間は有給休暇ではなく特別の非常事態な形での特別な休みの形として、低~中所得者を中心として、その疑いの休みの期間の70~90%分の給与賃金系の補償に政府発行での新型肺炎だった場合の特別手当が発行される形に、その休みの期間の必要な買い物等に関しては、生活において基本的に必要な物に限り配送料は全部政府が負担する形(ただし正規の店等の形に限る。メルカリ等はダメ。)にして、休みを取る事による生活的な不利益がなるべく発生しないように政府が全力でサポートをする事にする。
 そしてマスク等の購入に関しては、一定期間を設けてその間は必ず身分証明証等の提示を義務化させて、購入者の数の管理等を行ない、買い占めなどを起こりにくくさせて、高額転売を防いだり身分証明証の提示によって買い占め行動や高額転売においての後追いで罰則化させる流れにまで臨時で行なうようにさせる。
 その上で似たような事を政府の特別サイトからも出来るような形で必要な人に万遍なく配布(販売)して行けるような形にしていく。

 これぐらいの対応が日本政府として出来るならば、感染拡大をなるべく抑える方向に持って行けるのではないでしょうかね? まあとは言え、既に手遅れな状況の気がしないのでもないのですが、なるべく抑え込ませて納得のいく形で安心して生活させられるようにするには、これぐらいの対策はした方が良かったのではないでしょうかね?
 政府の対応としてきちんとした区切りでの対応で持って、医療体制の促進に遠隔脳力の強化に休ませる必要があるのならば、その休みで負う不安や問題に政府がサポートして行けるような形が出来なければ、疑いがある人たちが外に出なければ生活できないという事で何も意味が無くなる可能性が高くなるだけですからね。
 もしくはクルーズ船下船した人たちも含めて風邪の症状等で休みを取らせる人達全てを政府の責任で一旦観光客低減で悩む場所にホテルや旅館待遇で隔離させていく形で、受け入れてくれるホテル等にも政府からの感染症防止のサポートを付けていくような形にして行くなどをした方が良いかもしれませんね。
 現状の行政府機関押し込めでは、むしろ病気等が悪化していきかねませんし、せめて少しでも心休められるような形の場所にしばらくいて隔離させる方が良いのではないでしょうかね。
 ついでにそこでの直接接客とかをロボット等がかなりの部分を務められるようにすればさらに安全かも知れませんね。別にロボットはAIでも良いですし、形だけロボットで中の人は普通に人である遠隔操作型でも良いのですよ。

 もう現状は、日本全体で何とかしていく体制に変えていく必要があるのではないでしょうかね。ちまちま個々の対応に任せたりするのではなく、国が行政府機関での司令塔になって、役割分担等をきっちり分けていくような形にして行くのが必要な事かとも思いますね。まあ今の無責任政権に期待するだけ無駄でしょうが。そんな奴らに国を任せまくっていた国民が悪いとも言えるこの惨状ですからね。腐敗政権を野放しにしていたツケが日本恐慌で回ってきたという事ですよね。
 現状この状況では、まだ旧民主党政権の方が狼狽えながらもなんとか真摯にやろうとする気配ぐらいは見せていたのではないでしょうかね? それで何とか頑張ったけどもダメでしたというオチが付く話になりそうですが… それでも完全に国民見捨てて逃げる非人道政権よりかはましですよね。
 この状況で日本維新ならば、この件に関しては早期に防ぐ為の強い行動に出来たかもしれませんね。現状の大阪での対応状況を見る限りですが。

 あとは病院船の話が出ていたりするようですけど、日本は島国なのですから半ば必須と言っても良いでしょうし、3~4つぐらいはあっても余る事は無いのではないでしょうかね。非常時の海難救助用にも使えるわけですしね。
 そして感染症予防の為の政府予算も増額させていくべきですよね。他の国々に比べて日本は圧倒的に低すぎるようで、さらに安倍政権ではさらなる減額も重ねているようで、こういう事態で国を守る気が端から無かったとしか言いようがない状況を作り出していたようで、その減らした分のお金はアメリカからの戦争予算や政治家達のお小遣いに回していたのではないでしょうかね?
 どこまでも国民を守る為のお金があるのなら政治家の贅沢金に回せばよいという安倍政権の事ですから。
 このままでは安倍政権によって日本が滅ぼされるのも時間の問題でしょうかね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 新型肺炎対策~終了~行政府のサポート体制





























 ついでに民間居住船とか発電船とか作り出して行けると、様々な自然災害やこういう感染症の時などに役立てるような形にも出来るのではないでしょうかね。 平常時は運搬用とか乗客載せての移動用に使えばよいわけですしね。
 あとは民間の会社等でも移動できる船型の倉庫なんてのも作り出してみると、主に海側の近くの人や離島等の人達用の物流の拠点としても使っていけるようになるかも知れませんね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1354回 報道特集特集 中国新型肺炎感染拡大と国の対応 そして見落としがちな感染場所 [世界問題]

 さて今週も報道特集では中国新型肺炎に関する内容が前面に出ていますね。 まあ日本や韓国ですらも大幅に感染が拡大していて、経済にもすさまじい悪影響を与えているから仕方ないとも言えますけどね。

 それで時事の方では韓国の方に見方を変えてみると、爆発的な勢いで感染者数が増えているようで、どうにも病院内感染とか懲りない宗教集まり関連で大幅に感染が増えているようで、細かい所には徹底以上の対応をしている割には、人が多く集まる所での対応が不十分で、意味が無い状況になっているようですね。
 というか宗教集まりだと、神に縋って祈りに来ていたら神に見捨てられて集団感染してしまったという悲しい流れになるのでしょうかね? これは今後の日本でも起きそうな気もしますから、宗教関連者の人達は気を付けた方が良いかもしれませんね。どうにもこの事に関しては、神様は加護を与えてくれない事が多いようですからね。まあ加護の与えようが無いのかも知れませんけどね。
 あとは北朝鮮でもどうにも感染が広まっているような疑いがある模様ですね。情報公開は日本以上にしない国ですし、マスク必須とかやっているようなので、どうにも広まりつつあるのかな?という所ですね。
 基本中国との関わりの強い国が今回の被害に遭っているようで、落ちる時は道連れですかね。

 それで本題は報道特集の内容に加えて、独自の報道では出されない点での感染危険区域の場所の紹介などを独自に行いますが、基本的に信じる信じないは各自の判断に委ねます。というのも、最近はインフォデミックという名での不正確な情報が溢れかえる事でのパニックが起こっているという事で、私が発信するブログの内容もこれに関係するのでは?という考えもあるので、鵜呑みにせずによく考えて情報を分析しながら信じる信じないを各自で決めてくださいね。あくまで私が思う感染場所での注意場所な扱いをこの後公開していくだけですからね。
 それでまずは報道特集の話等に入って行きますけども、日本全国でも次々に市中感染が広まっているようで、関東や和歌山に北海道等が現在の発見者数が多い区域になっている模様ですね。
 そして病院関係者や学校関係者での感染も広まっているようで、元から人が集まりやすい場所での感染者という事で、より混乱が広まっているような状況になっていますね。
 それでこの状況で、感染の初期段階でまだ封じ込めが出来るとか言っている人達は、頭が相当緩くて早くも痴呆症入っているのでは?と思いたくなる状況であり、もうこれを抑えるとかは時既に遅いと考えて、対策のフェーズを進ませる必要があると思いますけどね。
 これだけの感染能力では、抑えようとしても抑えきれるような物ではなく、ワクチンの開発に全力を挙げるとか有用な薬を見つけ当てる事に力を注いだり、それらが難しいならば最悪しっかりとした抗体を皆に持ってもらうような形で、完全に人の区分けをして何が何でも守らないとまずい人達とそうではない人で分けた上で、そうでは無い人達には感染させまくって平気な状態にさせて抗体を作り上げてもらって大丈夫な状態にさせるとかしないと、不明確不鮮明な状況から感染拡大による感染したら危険な人たちとの接触に繋がっての重症化や死者に繋がっていくでしょうから、最悪それを防ぐ為の行動として考える事も必要になるかもしれませんね。まあ基本その最悪の手段は取らないでいられるのならそれは最善ですけどね。
 常に対策においても最悪を想定して考えないと、より最悪な対策無しの状況になるよりかはましですからね。今の不鮮明な状況では不安と混乱の拡大と経済においての大災害級の被害にもなっているという事のようですしね。

 それでクルーズ船の対応状況は、口々に下船した人たちの言葉では、厚労省の対応が最悪だというような意見が多かったようですね。乗員たちの活動には感謝感激だけど、厚労省の対応は最低劣悪での状況で、果てには犠牲者までも作り出した実績がありますから、総合的な対応として最悪を地で進んだ(つまり良い状況が期間を通してもほぼ無い)という判定となるでしょうね。
 そして厚労省職員の対応に関しても仕事終了時等の下船においてのウイルス検査は一切されずに、そのままの状況でまた再度乗船がされていたりした感染症対策すらもしていなかったようで、そこから二次三次感染を追加発生させていた可能性も浮上して来て、最悪過ぎの一言にしかならない対応の悪さと言えるでしょうね。ちなみにチャーター機の方に関してはきちんと対応した職員の検査はされていたようです。つまりクルーズ船だけ検査しなくて二次感染させても良いという厚労省の最悪対応だったようで、それも動画公開でのグリーンもレッドも入り混じっての全部がイエローになっているという状況の判断にもなったのではないでしょうかね。
 あとはクルーズ船への各国のチャーター便引き取りの後の形で、陰性だった人たちが次々に感染発覚になっている模様で、その辺でも日本の対応の酷さと管理の不十分さでの信用出来ないとなっている状況にも見られているようですね。
 あと未だに乗員クルーの人達は半ば放置されていますけど、この人達をさっさと開放する行動にした方が良いと思いますけどね。あれだけ過酷な状況でも仕事に従事していた人たちですし、さっさとクルーズ船から解放してあげる選択肢が取れるようにした方が良いと思いますね。
 検査の状況有無とかいうのであれば、最悪各国大使館に協力を求める形にしても良いでしょうしね。それすらせずに不当に拘束を続ける形では、本当に人権において劣悪非道な国と言われてもおかしくはないと言えてくるでしょうね。それが今の安倍政権です。

 ついでに今日本に福島原発事故以上の経済被害を作り出している原因の政権も安倍政権ですね。どちらも被害規模拡大を防げたはずなのに、世界の国々の協力を無視して専門家たちの意見も無視したから最悪にまで落とし込まれる形になっていますね。そして安倍政権の方では日本全域になって収拾が未だに見えない状況になっていますね。
 放射線よりも風評被害の影響等は高い状況になっていますからね。初動対応が隠蔽しまくりから入ったせいでね。中国の初動対応を見ても何も学ばずに同じ事を繰り返した事が最悪の要因ですよね。そして厚労省職員検査の方も、陽性が見つかると次々とその職員が使えなくなるから、隠蔽して使い回そうとしていた様子ですし、結局職員たちも政府の見方では使い捨ての労働奴隷とさして違いは無いという扱いなのでしょうね。そしてそこからの二次感染の可能性等も全く考慮に入れていないから、そこから発生した市中感染もあるのではないでしょうかね?
 全体的に今でも感染していたとしても検査しなくて見つからなければそれでよいとする体質だから、状況が悪化の一途を辿っているのでしょうね。1番感染を広めている要因が実は厚労省の対応なのではないでしょうかね? 感染の可能性がある人たちに検査もせずに市中に紛れ込ませていたという容疑が今ありますからね。それが紛れもない事実なら、大臣辞任は最低として、議員辞職も普通にあり得る話になってくるでしょうかね。

 それで私の方から気付いてしまった報道では出されにくい感染が意外にも広まり易そうな場所というのは、飲食店スーパー等やコンビニに雑貨にファッションや小物関係含めて商品を手に取って品定めが出来る全ての場所ですね。
 ここがなぜ危険かと言えば、感染者からの接触感染での感染の可能性が高いという事であれば、病院とかでの場所的な身近に触れる物等よりも小売店等において商品を直接手に持って品定めが出来る商品等が1番皆が気を付けなければいけないけど普通に触れてしまっている場所だと言えるのではないでしょうかね? つまり事前に誰が触れているかも分からない物を日常では普通に皆さん触れて品定めしたりしていますが、今回の事に関して過敏にも近い対応として見るならば、それらの物も感染されて接触されてしまっている物等に分類されてくるのではないでしょうかね。
 全員が全員最初に手に取った商品を購入するのなら品出しをしている人が感染していなくて素手で触れていなければ安心かもしれませんが、基本そこまで手袋で持って対応する所はほとんど無いでしょうし、普通の店等にもマスクは付けても手袋で持って外出する人はまだ少ないでしょうから、そこから接触感染する可能性も現状無いとは言い切れない程度であると言えるのではないでしょうかね?
 それにマスク等付けていたとしても少なからずはウイルス等がマスクから零れ落ちるわけですし、その零れ落ちる下に直接手に取る必要のある商品等があった場合、ウイルスが付着する可能性は十二分にあると思いませんかね? それに無症状からの息等の形でも、洋服や小物等に掛かったりするわけですし、今のそういう直接手に取る必要がある商品類は全て、接触感染の可能性がある物であるという認識も頭には入れておいた方が良いかもしれませんね。
 まあただし、そこにまで過剰な対応をしていたら何も買えなくなるという事もあるかもしれませんから、そういう可能性がある事を頭に入れておいての帰った時の手洗いの入念な必要性の対応やマスクだけで安心しきってしまう事の危険性を考えておいた方が良いでしょうね。
 あと商品をすぐに買って帰って中で素手で扱う場合もウイルスが残っている可能性も含めて考えた方が良いかもしれませんね。完全徹底を目指すならばですが。でも基本的に生もの以外の付着ならば10分空けるだけでも相当にウイルスは消えているようですけどね。 ただし剥き出しの野菜や果物類は帰ったら最初に洗ったり除菌した方が良いかもしれませんが。
 そういう可能性まで含めると、意外とコンビニが感染のホットスポットにもなり得そうですよね。手軽だからこそ気を付ける必要があるかもしれませんね。

 まあそれでも今回言った事は可能性という事であるだけなので、きちんとそういう所にも危険性の可能性があるかもしれないと思って行動出来ているならば、自然と対処出来るのではないでしょうかね? 知らずに行動する方が感染しやすいでしょうからね。 何事においても確かな情報等は必要ですけど、再度言いますが、鵜呑みで信じるバカは感染してくれと言っておきます。今回の私の言葉がきちんと理解したとしても納得が出来るというのなら信じてもらい、納得が出来ないのなら信じなくて構いませんからね。私はあくまで報道されにくい可能性の話をしたまでですからね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~見落としがちな感染場所





























 ちなみに私は現在感染対策等は一切しておりませんね。マスクも買えませんし、基本インドアで引きこもりがちなので、感染する可能性と誰かにうつす可能性が低いので、もうしばらくはそのまま引きこもっていますよ。あと基本的に病気類等にはそれなりに強い私ですからね。基礎免疫力の高さと毒物食らいまくりの部屋環境なのでね。部屋掃除は最低限度しかやっていないから、普通の人よりは多い環境でも平然と暮らせるだけの耐性値はいろいろ所有しています。 ただし疲れすぎると普通に病気になったりしますけどね。(笑) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1340回 報道特集特集「マスク不足の危機・米次期プレジデント選挙」 [世界問題]

 さて今日は報道特集の話で参ります。まあそれで新型肺炎を時事において、本題の方は全世界で不足気味になってきているマスク問題に連なる危険性の事に関しての話ですね。最悪、関連死で多くの人が亡くなる可能性が日本でも起こり得る内容になってきますからね。それは天災ではなく、人災となる。

 さてそんなわけで中国新型肺炎に関する時事の所ですけど、感染者は世界で3万人軽く超えて、大半が中国という状況で次いで日本という状況な形で、死者の数もマーズに並び立ってくる状況に成って、中国から見た外国籍の人も亡くなったり、中国政府が当初情報統制で粛清した医師までも亡くなってしまって、そこから中国政府への軽い反乱がネットで巻き起こっているようですね。
 それもこれも早期の対処をせずに隠そうとして大流行させてしまった中国政府の責任という形でね。そして各地でも混乱や差別が酷くなって、中国全土が政府の犯したミスで大混乱の坩堝となり、経済的にもかなりの大損害を受ける人災状況となっていて、さらにマスク不足からのマスク着用を義務化させる流れから、しなければ殺すというような事までしていて、さすがに悪政独裁国家のやりたい放題な状況に不満がかなり高まっているようですね。
 経済の失速に合わせて半ば監禁やら行動制限などの厳しい取り締まりによって、中国共産党の独裁体制の牙城が脆くなってきているようで、新型肺炎が落ち着いて来た後がまた問題の火種へと変わる危険性があるでしょうね。香港のような事が今度は中国全土で起きたら、ほぼ独裁と言っても終わりに近づくでしょうしね。 そう言えば、前の政権等でも似たようなミスから体制崩壊になった政権もあるそうですね。同じ事をいつまでも繰り返す過去から学び取る事が出来ない中国共産党という事ですかね。 まあ腐った独裁国家は大体がそんなものですけどね。周りの意見などを聞けないからそうなる事に陥りやすい。 ワンマン経営は意外と脆いという事ですよね。
 あと日本の方でもクルーズ船からさらに感染者が見つかったり薬問題等が出てきたりしていますが、いくつかのクルーズ船ならではのその他の問題も出ているようで、場合によっては感染関係無い死人が出る可能性も高く、不安と混乱から感染者がさらに広まる危険性もあるでしょうから、その辺注意しておかないと、暴動からの大流行で無関係の人が多く巻き込まれる可能性も出てくる事になるでしょうね。
 ただ、全員の検査はたぶん物理的に不可というか、検査している間に普通に隔離期間が過ぎるでしょうから意味が無くなってしまう可能性も高く、そこから再検査とかでは確実にその後の検査にも大きく影響が出てくるでしょうから、特に注意するべき人を優先的にしていく形が妥当だと思いますね。
 あとは検査機器等も遠くに置き過ぎですよね。大型トラックなりで持ち運ぶ事が可能ならば、検査室丸ごと持ってこれるようにした方が早いのではないでしょうかね? あとは普通に前にも話した空港や港等にも検査も入院も可能な国際医療機関を配置していくという流れで十分に対処が出来るようになると思いますけどね。そこからならば、直接持病持ちの人達に入院してもらうなりの対応をする事も出来るようになりますから、最も都合がよい形になるでしょうしね。
 あとは普通に空港や港から来る人達への乗り物から病気等が発症した人の対処もかなり早く出来るようになるという人の命を助けやすくなるというメリットも含まれていますが。そこから離れた所に運ぶとか時間が余計にかかりますからね。
 あとその他のクルーズ船の動向に関しても基本助ける方向から条件設定をしての形ならば良いという形で、隔離条件が飲めるならば助けて後の入港を許可するという流れにすれば、基本良いのではないでしょうかね? その上で、その外国人等を主に優先的に助けているのだから、周りの関係国に支援を求めるという形にした方が良いかと思いますね。

 それでようやく本題の報道特集分野のみでの話に入って行きますが、マスク不足が世界でも特に中国や日本でも危機的な状況に陥っているようで、様々な他のマスクの使用や使い回しに節約などが必要な事態になっているようで、中国では民間人の命の危機に日本では医療体制の危機に繋がっているようですね。
 中国の方は時事でも語った通りにマスク付けないと最悪死刑にすると中国政府が脅している事ですが、食料やマスクを買う為にもマスクが必要な状況下では、手詰まりになる人も当然出てくるでしょうから、その人達は公然と殺すと言っているような状況となりますね。要は貧困者たちは助けず見殺しにするぞと言っているような悪政独裁ぶりという感じで、日本の場合は、そもそもマスクの生産をほぼ中国頼りにしていたが為に、中国での発症からマスクの輸入が止められて、国産品だけでは全体の2割程度しか現状作る事は出来ず、さらに中国人達に買い占められたり悪質転売ヤー達にも買い占められたりして日本政府は無関心な為、極度に不足状況から不安と混乱が加速して行き、さらに医療機関の方でもマスク不足やら医療用のアルコール除菌液が無くなってきたことから、最悪日本の医療体制が崩壊していく状況になって、新型肺炎とか関係なく治療行為が出来なくなる病院が増える事になって、あらゆる医療治療が正常に出来ない状況が作られて行っての関連死の可能性が大幅に高くなってきているようですね。
 その医療治療が出来ないというのは、診察が出来ないとか手術が出来ないとかの話に関わってくる事になるので、場合によっては、その事で助けられるはずの命が助けられなくなっていく可能性があるという危機的状況にあるという事です。つまり中国武漢の二の舞がマスク不足等から起きる可能性があるという事です。
 これに対しても愚かな日本政府は特段何をしようとする事もせずに、相も変わらず野党と同じ土台で乳繰り合っているだけの体たらくで、終いには新型肺炎絡みの状況から憲法改正の緊急事態条項に絡む内容にしようとか策謀しているようで、今の国民の命の危機よりも憲法改正が大事だとか言っているふざけた国民見殺し状況で話を進めようとしている有様ですからね。
 今大事なのは日本の医療体制を存続させられるようにする為のマスクの増産体制の早期の拡充と医療用具等の生産体制の拡充をしなければ、新型肺炎ではなくて普通の病気等で死ぬ人が大勢出る可能性もあるという事ですよ。
 そうなると各地で病院等がパンクしていく事になって、新型肺炎のみならずインフルエンザ治療等も滞って、感染者数の増大と病気治療ができにくくなる事での人災関連死が増加する懸念があります。 その人災はもちろん安倍政権の無関心ですね。
 緊急事態どうこうではなく、政府の方針から動いていく対処にするだけで問題解決には動けるはずですが、国民の命を助けようとお金も人員も使う気はこの外道政権には無いようですね。

 あと基本的に言えることは、民間的な話で言えば、様々な病気やウイルス等に関しては、マスク以外の基本的予防法やら体を健康的に維持させる事によって十分防ぐ事は可能であり、ついでに言えば、今回の新型肺炎はマスクだけでは防ぐ事は出来ず、目の結膜からも普通に入って感染するようなので、マスクだけあれば防げるというわけでもないので、その辺は注意しないといけないわけで、何が何でもマスクが必要というわけでもなく、新型肺炎だけなら体を健康的にさえ維持できれば問題は起きにくく、その他に病気も基本的対処法で何とかなる為、まずは医療現場の方に優先的に回す事をする流れにした方が良いかもしれませんね。
 じゃないと民間を優先させた結果、医療現場が医療出来なくなって感染した人たちに治療が出来なくなる方がより深刻になると思いますからね。
 あとは民間用は、別の形から簡易マスクを大量に作るなりの対応に切り換えるとかでも良いでしょうね。

 そしてお次は大混乱大波乱のアメリカの次期プレジデント候補選挙での民主党の混乱ですけども、機器の故障等で大波乱の展開になって、運命を左右するアイオワ州で泡沫候補的な扱いもされている若者が優勢になっているようですね。
 まあそれに彼だと他と比べて相当若い次世代にふさわしいとも言える存在でもあるので、お年寄りたちの老害政治にうんざりする人たちにとっては良いとも言えるのでしょうかね。オバマやトランプの時のような新たな風をアメリカ国民は望んで行くというのでしょうかね。既存の古臭くて何も変えられないような嘘つき政治ではなく、新たな時代の風をその国に運んでほしいと願って、変わり種を配置していくような風向きがあるのも事実のようですね。
 まあ相手となるトランプが元は泡沫候補からのし上がって今までやってきているわけですし、民主党側も意外と同じ泡沫候補的な人で推して行くというのも意外とありかも知れませんね。
 まあ古臭い政治で行くのでも良いですけど、それだけでは確実にトランプ支持者たちは揺れ動く事も無いでしょうから、民主党でまとまり切れなければ勝利はあり得なくなるが、同じ泡沫系候補ならば、もしかしたらトランプの牙城を切り崩して行く事も出来るかもしれませんけどね。
 まあどちらを選ぶのかを国民が選べるだけでも日本在住の人から見れば羨ましがれる素晴らしい状況であると言えますけどね。日本は国民に選ぶ権利が与えられていない独裁国家ですからね。基本香港の体制と変わりませんよ。町の市政政治家はある程度決められるけど、その国のトップや政権体制には全く選ぶ権利が無いのですからね。実質選ぶ権利の無い国なのですよ日本は。その市政政治家も基本的にお金持ちの道楽選挙に成り果てている始末でありますしね。
 本当にアメリカが民主主義で羨ましいですね。独裁者を選ぶも民主主義者を選ぶのも国民が選挙で決められるのですからね。何で日本を占領した時に日本もそういう体制にしてくれなかったのかというのが不満ですね。日本の政治は昔から腐っていたのですから。それは戦争をしたアメリカも分かっていたはずでしょうに。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~マスク不足で医療崩壊?





























 さてと、明日がどうなるかは分かりませんが、経済系新シリーズの2つとも次なるアイデアが固まりましたので、順次公開していく予定です。1つは普通だけど普通じゃないマンションともう1つはあり得ない回転飲食店ですね。 まあマンションの方はもうマンションと呼んでよいのか分からない物に仕上がっていますけどね。名称自体はありふれているのですけどね。規模が… END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1326回 報道特集特集 中国新型肺炎の脅威と病院のロボット体制 [世界問題]

 さて今日は報道特集からでの中国新型肺炎の脅威性を病気と経済に注目を置いての話をしていきます。 その後、感染者を増やす要因にもなったりしている医療従事者への感染なども、基本は人至上主義でやっているからの原因なので、そこも早期に直接対応位はロボットに任せていくような対処が必要なのではないのか?という話ですね。

 それで時事がそのままなので、このまま本題に行きますが、中国での第3の新型肺炎は日増しに感染者数が主に中国国内で増えまくっているようですね。 中国発表は現在抑えが効かなくなった診察数から推計されているでしょうから、実際的には数千人クラスだと考える所が増えているようですね。まあそれも中国の今も続く情報統制で隠したがりが生んだ世界が思う中国像だからの状況ですよね。
 それで現状は武漢のみとされている状況ですけど、中国が公表していないだけで、中国国内の他の場所からも感染が広まっている可能性も現状無くはないでしょうから、今後の注意はそこも気を付けた方が良いでしょうね。
 というのも、武漢封鎖網が敷かれているとのことですけど、何やら脱出出来ている人がちらほら出ているようなので、まああれだけの経済都市では完全封鎖は不可能に近いという所でしょうかね。 それに感染源の動物が武漢のみで生息していたり売られているわけでは無かったとしたら、他の所での発生が無いとは絶対的に言いきれない事になるので、その辺の注意なども出来ないと、深刻な状況に展開する恐れも出てくるでしょうね。
 ついでに医療従事者が感染した場合、気付かずにそのまま幾人もの患者候補と接して来ていた場合、そこからさらなる感染に繋げてしまう事も普通にあるでしょうから、対応をもっと厳重にした方が良いというか、ロボット対応体制の拡充などをもっとした方が良いと思いますね。
 というかあれだけ中国で先進的とされて広がっている無人サービス等なのに、医療現場はまだ人重視だったというのは、多少おかしな話でもありましょうかね。まあどうせ金と権力での腐敗が絡んでいるのでしょうけど。基本的にそれは世界的に見ても普通に近い状況だしね。

 それで報道等では感染の危険性と致死率の問題に、中国の大型連休の春節絡みでの来日観光客からの危険性が主な話ですけども、私が思う中国の新型肺炎での脅威性は病気の感染だけでなくて、中国経済へのダメージと封鎖してしまった経済の要所の問題に封鎖における混乱問題での暴動の危険性等が挙げられるという事ですね。
 まず経済絡みにおいては、春節絡みでの大型連休によるお金の回り率がこの新型肺炎のせいで、かなり抑制的にされてしまうという事と、中国への観光客数の激減効果等が挙げられて、さらにこの武漢という場所は、中国の中でも経済的にも移動の面でも中心地の1つで要所だというみたいで、そこの封鎖における移動や経済への影響度は計り知れなく大きいという状況にあり、経済の中心地の1つがある意味機能不全に陥っているので、それによる大幅な中国経済へのダメージは出てくるだろうという事と、感染による経済的ダメージもさることながら、中国国内での生産力が低下して、海外輸入量が増える形にもなり易く、ついでに病院等に殺到における混乱と不安の拡大からは、経済面へのさらなるダメージに繋がり、混乱と不安が高まりつつある状況で封鎖による物資の流入量まで厳しくなっていったり厳しくチェックされたりしていくと、必然的に街の中での衛生面と食料状況が悪くなって、さらなる混乱の元から食料や薬などを求めて他に移動しようとする流れと動きが強くなるでしょうから、そこからなる不安の拡大と感染状況の拡大拡散の恐れが強くなるという事で、さらなる中国全土の危機的混乱に陥る可能性も出てくるでしょうね。
 現状でも食料や薬などの買い占めから、武漢一時脱出をしている人が出てき始めているようですし、封鎖における悪影響からの感染拡大の恐れが追加で発生しているという状況ですね。
 まあ元が経済と移動の中心点の1つでもあり、様々な場所へ移動する事が可能という事であるから、完全封鎖は厳しい状況であることに加えて、物資の流入量が減れば当然そうなる事は分り切っている事でもある。それで中国がそれの防止対策に努められなければ、確実にさらに感染のリスクは増えていくでしょうね。

 あとは今後の状況も含めて、中国では普通になっている野生の動植物などを平気で市場に並べる危険性をもう少し学習してもらう必要があるという事ぐらいでしょうかね? それが改善できないと同じような事は何度も繰り返されるでしょうし、現状況下でも別の新型ウイルスでの病気が発生しないとは言い切れないのが今の中国ですしね。 まあ国全体の不衛生状況はそうそう管理しきれないのでしょうけども。腐った肉の再利用とかが普通にあったりした国ですしね。

 それで病院絡みの医療従事者への感染拡大とかの形からの話ですけど、今の通信レベルの4G5Gの話ならば、普通にロボット介して診察したり基本的病気を疑う人との直接対応を人ではなくロボットが代わりに行なっていくというような形は取れると思うのですけどね。
 バカな日本人たちの話では、6Gくらいにならないと出来ないとかふざけた事を言うバカがいるようですけど、基本的な最高環境での対応でなければ、4Gでも普通に可能で、5Gくらいならば遠隔操作型でもかなりの精度で人が動かせると思いますけどね。
 というか、人が直接操作で人の代わりとして動かす必要はどこにも無いのですよ。それが人型で人のような医療対応の形である必要はどこにも無くて、単純に医療用ロボットの形でそれぞれの専門体系から個別に作り出したりして、ロボットの形状にもあまりこだわらなければ、今の通信技術レベルで今の科学技術レベルでも普通に作り出して行く事は可能です。 医療業界の需要と開発の供給の形で、人にそっくりで人のように動かせる事が大事だとかのバカ理論で考えるから難しくなっているだけであり、診察の触診系ならば、ロボットアームだけの形からでも可能なはずであり、細かい指の動きの形等は、操作する医者側に細かいセンサーがたくさん付けられた操作グローブを装備させて、それの動きに対応出来る形の間接駆動が出来たロボアームで持って対応させれば、その手による動きでの医療診察の形は、遠隔操作でのロボアームだけで事足りる事に出来て、日本全国に機械配備で診察できるようにもなり、海外にもネットを介して出来るようになるでしょうしね。
 目で見て状況を確認したい場合なら、特段の専用機械使わずとも、浮遊ドローンでも十分に役割こなせるでしょうし、特別な審査等も別途それ用の機械や設備を用意して対応していくという形でならば、如何様にも対応していく事は可能であり、人人至上主義にこだわらなければ、今現在のレベルでも十分以上に作り出して、感染症対応用とか医療従事者への感染からさらなる拡大防止用の対策方法としても十分に機能させる事は可能であるし、様々な対応でも機械による無人体制で出来るならば、患者が急増しても対応して行けるようにする事も出来るでしょうしね。
 そこからの形で、医療技術においての知識を機械にも覚え込ませて行って、AIへの医療技術学習へ発展させて行ければ、既存対応用の医療技術を持ったAIの医者を大量に量産させて、多数の患者の対応を場所さえあればしていく事が出来るようになる。ロボットならば、人間の感染症に恐れる必要は微塵にもありませんからね。
 ただし、AIの医者が対応出来るのは、既存の医療技術や学習レベルだけの範囲なので、新型のウイルスへの最初の段階での対応にはできない点が欠点ですね。そこは人がやる必要がある。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~中型新型肺炎





























 それにしても今回の新型肺炎から病院が足りないからと、武漢に新たな仮設の大きな病院を1週間程度で作り上げるとか北朝鮮と思考が似ているような事をしているみたいですけど、人の重み等で崩壊しない建築にした方が良いでしょうね。大抵手抜きで崩壊しているイメージが中国では強いのでね。
 中国の食事情においては、もっと養殖農産業を活性化させるべきだと思いますけどね。衛生的な安全管理が徹底されている形でね。じゃないと後々で経済に深刻な打撃を繰り返す事になるからね。まあそれは一部の他の国々等にも言える話でしょうけど。ウイルスも1つの生き物の形ですから、日々進化しているわけですしね。 特に環境汚染が酷かったりしている国々では、より厳重注意するべきですよね。どこにウイルスがしみ込んでいるのか分からないですからね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1321回 時事雑記「中国新型肺炎・安倍政権と説明責任」+α [世界問題]

 さて今日は時事色強めというか、私自身今風邪気味というか寒さで震えが続いている最中での作成という事で、病気に関する内容強めの話題で行きます。(休んでも良かったのですが、全く作れないほどでもなかったので。まあ明日明後日続け様に倒れるかもしれませんが。)

 それで軽い時事としては、今朝のグッとラックにて、韓国が日本オリパラピックにて放射能汚染が酷いから日本食は絶対に食べさせず、自国の持ち寄りしか食べさせませんという声明をそれなりの団体が表明しているようですけど、それは放射能汚染による風評被害によるものではなく、ただ単に日本に対する人種差別と嫌がらせ目的での行動でしかありませんね。
 その理由はというと、放射能汚染が酷いから日本食全てを食べないという内容は、北海道や沖縄産のほぼ全く無関係なはずの韓国すらも被害範囲ではないとしている所の産地の食品すらも食べないと言っている事になるので、元の根拠が何もなくなっていて、ただ単に放射能汚染の言葉を出して日本に対する人種差別と嫌がらせ目的で使っているにすぎない状況だと思いますね。
 それなら日本側の対応で、韓国側が現在示している放射能汚染がある場所区域外の食品を使っても良いとした場合、韓国側の主張の意味性は全く無くなるというのに、それでも日本食は絶対に嫌だと言えば、それは国の食の全てを批判している行為にしかならない。日本産だから食べたくないと言っているにすぎなくなる。なのにも拘らず、なぜ韓国は日本からある程度の食品を輸入しているのでしょうかね? これで韓国の言い分は人種差別と嫌がらせ目的でしかないと論破できますね。 何も国際基準に準拠して説明するだけが方法の全てではないのですよ。日本の言葉は何も聞きたくないとする反日国家はそれなりにあるのですからね。ならば、相手の主張する範囲においての反撃を考えれば、矛盾における突破口を作りやすいのですよ。

 さて本題の方は中国で蔓延しているとされる新型肺炎に関してですけど、なんか爆発的に患者数が増えたように見えますけども、あれのほとんどは中国の情報統制でも抑えきれなくなった数を順次公開して行っているだけに過ぎないのでしょうね。つまり隠しきれなくなった患者を公開して行っているだけに過ぎず、本当の所はイギリスの分析機関が出した所の感染者1700人越えの話の方がよほど信憑性があるかと思えますね。
 つまり今までの数は確実に中国お馴染みの情報統制によって海外にも国内にも秘密にしまくっていたので、そんなに恐れる物でもないという情報が出回っていたが、本当はサーズやマーズのような感染力になってきているという感じの方が正しい気がしますね。というかそれで主に被害を受けているのは、身内の中国人達なはずですけどね。正しく情報公開されないから、対策も不十分で次々と感染して行っているのが現実なのではないでしょうかね? 中国では、2度ある事は3度もあるというか何度やられても情報統制を厳しく置いているから変わらず被害を増やしまくる体制になっていて、イランの旅客機撃墜の隠蔽よりもよほど酷い情報統制が繰り返されているという感じで、それは世界に対しても情報統制で本当の情報が隠されている内に危険な状況を振り撒いて苦しめさせてやろうとする悪意に満ちていると思いますね。
 まあそういう事にいち早く気付いたりするのがアメリカ等ですが、特に中国お馴染みという事もあってか日本の簡易型病気スルー方式よりも頑強対策での中国からという事での徹底検査体制で病気を入れないようにしているようで、日本の行為は国民へのパフォーマンス程度でしかなくて、観光客のお金の為なら、多少国民が新型肺炎で死んでいっても問題ないねという態度での行動だと思う。 だって熱さましすれば簡単に通り抜けられる物なんて、やっていると言い張れるパフォーマンスでしかないでしょうに。あと張り紙など何の意味にもなっていませんしね。効果の1%も無い無駄な税金を使うな国民殺しの政治家達と言いたい状況ですね。

 まあ大方予想していた通りというか、中国は情報統制された独裁国家ですので、過去の2度の前例もある通り、今回も同じような感じでのヒトヒト感染はインフルエンザほどでは無いにしろそれなりにあるという感じで思う方向にシフトチェンジした方がよろしいでしょうね。
 そして現状の危険な所は、中国の情報統制の酷さも相まっての形での病気に対する薬が作られにくくなっている状況であり、いざ感染しても対応の薬が無いから自己免疫力だけで病気と対峙するしかなくて、重い症状が続きやすいという状況で、免疫力が低い子供や高齢者が掛かったら一気に死に至る危険性が強くなる病気であると思った方が良いでしょうね。
 その意味では、中国や日本もそうですけど、少子高齢化現象が起きている国では、かなり恐ろしい酷い脅威にしかならないでしょうね。高齢者が多くいればそれだけで感染拡大力と致死率が高まって行くでしょうから、さらに恐れられる病気であるとの認識が高まって、対応状況からの問題が噴出していくでしょうからね。

 全ては日本の隠したがる警察と同じように中国の情報統制で臭い物には蓋をしようとする行動から問題の酷さがどんどん拡大していくという事が繰り返されているという事で、何度起きてもそこは改善されないのが、最大の問題であるという事なのでしょうね。

 そして次の話は何度発生しても改善されない安倍政権下での政治家の説明責任何も無しでも問題無し状況による問題の話ですけども、通常国会開かれて、それに前後したりで雲隠れ問題議員たちが記者会見したりしていますが、説明責任を果たす気は、今の安倍政権の独裁政治よろしく全くする気はない様子で、国民への謝罪よりも自己保身優先でついでに政治家給料を長く多く貰いたいからという詐欺泥棒精神全開での状況で、どうせ次落選しそうならば、このまま説明責任引き延ばし&忘れてくれるまで忍耐する気持ちで国民の高い税金を貪りつくしたいという欲求の形でしかないという事なのでしょうね。
 つまり1度でも政治家になれたら任期終了まで、どのような犯罪犯しても説明責任果たすような馬鹿な真似はせずに逃げ隠れながら高い給料を得続けて持ち逃げしようという詐欺泥棒精神でしかない犯罪者政治家ばかりが安倍政権で特に目立つようになったという事ですね。
 だって安倍独裁政権が基本的に与党議員であれば守ってくれる状況にあるわけですから、喜んで詐欺泥棒になれるという事ですよね。その為の選挙体制で自民党系でお金持ちになりたい人たちが優先的に政治家になれるような体制になっているわけですからね。
 支援者や国民の為ではなく、全部お金持ちになれさえすればあとは好きにして良いという自民党の形の状況で政治家が作られているからの状況ですね。今の政治体制では、票集めの起立着席のみ議員がいれば良い状態になっていますからね。これが腐敗と税金貪り食いの大量浪費の元凶ですよね。政党の1票を増やす為に毎年1000万円以上をドブに捨てさせようとする政治体質なのですよ。今の独裁政治体質の状況ではね。そしてお金をいくら国民から騙し取っても、国民や国に返す必要無しという状況を今の政治家全員が両手を上げて万歳三唱大賛成している状態なので、国民から奪い取った物は絶対に返さなくても良い独裁ジャイアニズムが続いているという事ですよね。

 まあだから今の政治体質では、説明責任というのは逃げる為の口実でお飾りでしかなく、中身が何も無くて抜け落ちた政治家の為の飾り言葉でしかないのですよ。つまり言葉はあってもその中身に対する意味が政治家には何も無いという事がまかり通っているのが現状であり、「説明責任を果たす」というのは、政治家が国民を騙す為の定形文であり、それ以上でもそれ以下でもなくて、それさえ言えば、あとは何もしなくても別に良いよと言っているのが今の政治体質や安倍政権なのである。 つまりこれから自民党に投票する場合は、政治家の説明責任はしなくても良いとする人だけが入れるという事となる。つまり民主主義を捨て去るという事がしたいならば、自民党に入れるべきだと与党自民党は言っているわけですな。
 つまりこれからの日本の選挙の形は、民主主義を捨て去る自民党系に入れるか、民主主義を捨てようとする民主党連合に入れるか、多少ごちゃまぜ入り乱れてもよいから民主主義が守られるそれ以外の政党&無党派に無政党新人等に入れるのかを選ぶ選挙になりますね。
 さて皆さんはこれから日本で民主主義を完全に捨て去りたいですか? 旧ドイツのヒトラーの戦争時代に自ら進みたいですか? これらをしたいのなら自民党に入れてください。それが嫌なら、自民党系や民主党連合以外に国民の民主主義の票を入れるのがこの国の民主主義を守る為の票になると思います。
 ちなみに私は今まで散々投票には行かないという立場でしたけど、実際は行きたくても行けない立場にいる存在なのですよね。だからという意味も込めて行かないとしているだけですけども、現状白票を無効にされるだけなら、行く意味すらも無いですけどね。それに私は私で通常選挙とは違う形で常に立候補している存在でもありますからね。だから立候補している人が票を入れに行くなんてのはしてはいけないでしょ? 日本の政治体質を外部から破壊して変えようとする破壊の党のオウカハルですからね。(笑)
 私がこの国のトップになれたら、少子化対策の形で家や車等をプレゼントしまくりにしますよ。ただし子供が成人したら正式にプレゼントで、それまでは国が無料で貸し与えているだけのプレゼント形式としますがね。これなら現金よりも遥かに悪用がし辛くて、国民だけの形で子供が出来る事に対する良い意味での付加価値に出来る。家や車が欲しければ、子供を作れば国からプレゼントされるならば、かなり効果はあるでしょ? ちなみに無料で貸し与える際の保障などは、全部国持ちにさせるから、なまじバカの悪用されやすい1000万円よりも長い目で見れば価値が大きくなっていく。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 中国新型肺炎~終了~説明責任





























 さてまた独民式の少子化対応やら経済対応のハイグレード版でも作り出して更新していきますかな。ただし私の政策は良い事ばかりでなく、きちんと様々な増減税システムてんこ盛りが含まれているので、その辺はご注意を。良い事ばかりを政策に載せないのは私の政治モットーですね。
 END


 まあ刑務所体制の大変革も基本的には表裏一体の仕組みでありますしね。犯罪者が地獄を見やすくて、被害者が報われる形になりやすいけども、反省さえすれば、極悪犯罪者が出られる要素も残されていますからね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1319回 報道特集特集 世界の戦争問題 [世界問題]

 さて今回は報道特集での主にイランの状況とインドVSパキスタンの問題に関しても話をしていきます。

 さて時事としては、桜を見る会の問題にて初めて処罰者が出たようですけど、やった行為に対してやった処罰は軽い口頭注意のみで、ついでにトカゲのしっぽ切りだけでしかなく、やはり独裁政権でしかないとしか言えない状況が露わですね。独裁者程トカゲのしっぽ切りが大好きな生き物ですからね。政治的大罪犯しても軽い注意のみですから、基本国民に謝罪する気は欠片も無いという事を明らかにしている行為でもありましょうね。
 ついでにイラン方面への自衛隊海外派兵も調査研究と言っておきながら、実際に出発した後に護衛警護が本来の目的だと言わんばかりの説明になっていて、国会議論は必要無くて、総理の命令1つで自衛隊は好きに動かせる軍隊扱いで動いている状況になっていますね。今後のアメリカ戦争参加の為の予行演習で今回の行動を使った可能性も否定できない状況ですね。
 やはり安倍総理が憲法改正でやりたい事は、どのようにして今の自衛隊をアメリカと共に戦う戦争に参加させられるようにできるのかの内容に尽きるという事でしょうね。それに緊急事態条項とかの話は、完全に旧ドイツが民主主義国から独裁国家に変わる為に使われた仕組みでしかなく、安倍総理もそれの踏襲を狙っている事から、どのようにすれば日本を再び元の独裁国家に変えられるのかを真剣に考えての行動で憲法改正を強く主張しているのでしょうね。

 という感じで、時事含めて今日は戦争回ですね。
 それで本題の報道特集の方では、まずイランの方の問題に関してですけど、やはり英雄司令官殺害の状況は民間機撃墜よりも根が深いようで、政権等は信用出来なくても英雄殺害に関してはまた別という感じで、政権がここで変わったとしてもアメリカが嫌がらせ経済制裁を続ける限りは、アメリカに対する深い恨みの感情は消し去る事が出来ず、結果逆効果でしかないと見るべきでしょうね。 というか今の独裁者は、かなりのご高齢とのことですし、あと最高でも十年ぐらい待てば、勝手に寿命が尽きるでしょうし、それまで待つ事での終わりを待てなかったのか短気なトランプはという感じですかね。
 ついでに言えば、イランは少々特殊な政治機構をしていまして、独裁者の下に国民から選ばれたプレジデントがいるようで、まあ他の国のプレジデントの下に首相がいるというような物みたいで、立場的にはプレジデントでも十分に国家のトップになれるでしょうから、そちらがなれたらよいと思いつつも独裁者が生きている限りは無理な状況でしょうね。
 まあそれでも、アメリカがイランとその他の国との関係上敵対状況になる限り、どのような政権がイランで誕生しても今までの状況がありますから、アメリカ等との対立軸による戦争紛争の危険性は続いていくのでしょうね。

 まあ基本的に民間機撃墜の件に関しては、あの厳戒態勢の状況で民間機を飛ばす事にした空港の体制にも問題があると思いますね。そして撃墜に関してイランの独裁者はしっかりと謝罪等をするべきであり、国民の不信感は解いていく形に出来ないと、満場一致でのアメリカ対抗にはできないでしょうね。 まあその撃墜までの時間でどうにもアメリカ軍が不審な動きをしていたという情報もあったようで、撃墜の諸悪の根源はイラン側ですけど、それを誘発させたか撃墜に誘導させるような形にしたアメリカ側にもそれなりに責任はあるかと思いますね。まあもともとイランを激怒させなければこのような緊張は生まれなかったわけでありますし、総じての責任の一端はトランプ氏にも必ずあるという事は言えますね。アメリカ軍が遊びで入れた選択肢を本気でやって、イランを激怒させてそこに至るまでの状況を作り出した張本人ですからね。ついでにその時間帯(民間機飛行)にアメリカ軍機を紛らわしく飛ばしていたようなので、その辺もどうなのか?と言った辺りですけどね。

 ちなみにどちらも本格戦争をしたくないのは、双方別の思惑でしたくないと言っていますけどね。イラン側はまともにやっても勝ち目が無いからしたくないのであって、アメリカトランプ側は選挙が控えている状況で自らの行動から戦争をおっぱじめてしまう状況で大量のお金を浪費する事は避けたいと思っているでしょうからしたくないという感じで、理由は違えど基本的には現状況のままでは、大規模な戦争には辿り着かないでしょうけど、イランの核の状況における世界の経済制裁の動き次第でまた変化が訪れるかと思いますね。
 ちなみに経済制裁に関しては、多国間経済が重要視される状況では相当強く影響しますが、全部自国内で地産地消が出来る所に対してはあまり強い影響力を見せないのが、経済制裁の特徴ですね。 昔の日本の鎖国状況が自分から経済制裁を受けている状況と同じとも言える話ですからね。
 それで、貿易しろと黒船にやられたという所ですか。

 それでお次は世界的にはあまり目立たないインドとパキスタンの戦争のような状況ですけど、状況的には、独裁者が国民たちの状況を見ずに勝手にやった事から起きた領土戦争ですよね。イギリスでも一部似たような場所がありますけども、基本的には国同士での領土の奪い合い戦争の形であり、戦争の中心土地であるカシミールが1つの国を主張するか国際連合が管理する場所とかにしていれば、これだけの戦争状況には発展しなかったとも言えるので、やはり無能な国際連合は戦争を生み出しまくっている状況にあると言えますね。
 それでその状況においては、こちらも宗教対立的な戦争に領土問題が入っている感じで、統治者と大衆民が違う状況だったから、奪い合いに発展しているようで、基本的に今の状況から見たらインド側に政治的な義は無いと見ますね。だって統治した所で、異教徒たちを力で支配するだけにしかならず、今の中国と似たような状況になったり基本的中東での戦争紛争の状況を繰り返すだけにしかならないので、イスラム圏のパキスタン側にイスラム教徒を全員渡した方が良い気がしますけどね。それでここまで問題になっているのなら、インドは半分の領土だけを確実に得る形で、そこに住む住民たちの希望があれば安全確実にパキスタンに行けるようにして、両者完全に土地は分け合うという形で収める形にすればよいかと思いますね。それでその後領土を奪おうとすれば、それは侵略戦争にしかならなくて、国際的な問題状況の発生になるという形で国際社会が見張るという状況にすれば、ひとまずの戦争状況は回避出来るのではないでしょうかね?

 結局今の状況で偶発的な核戦争が起きると、どちらにも大量の死傷者が出る形になって、治安悪化や環境面の形も悪くなるでしょうから、得られる物からしたら失う物の方が遥かに大きくなるので、回避するに越したことはないと思いますけどね。
 結局1つの国の中に大きく2つ以上の宗教が仲良く手を取り合うという形はかなり難しいのですよ。そこが1人の国のトップが政治を司る民主主義や独裁国家の形でならなおさらね。
 政治の中では絶対的に差別が生まれるのですから、そこから確実に紛争の火種が発生する事になり、今の民主主義や独裁政治では絶対に解決不可能な話です。1つの宗教に1つの国の形じゃないとね。
 だから今インドがやっている無差別攻撃や民間への攻撃に関しては、全部宗教対立による差別感情で排除しようとしている動きだから、それを一方的に正当化できるというわけですよね。
 というか今のインドのトップはアメリカトランプと同じような状況になっているようですし、強い国の為なら多少の非人道性は許されると思っている輩共なのでしょうね。

 結局はそれらでの止められるべき存在(国際連合)が世界に存在していないから、こういう非人道民間攻撃が世界で頻繁に繰り返されるというわけですね。
 ちなみに戦争をしないというだけに内に閉じこもって海外状況干渉をしない日本は、世界から見れば相当な自己中心的な国だと見られるでしょうね。まあ国際連合も似たような状況だからどっちもどっちで変わらないのですが、それでは国際平和など夢幻よりも酷い幻想童話にしかなりませんね。
 止められるだけの力を作り出して、戦争を起こさせないように抑止力を世界に対して働きかけられるようにする事が、現状世界での最大の戦争をしない世界にするという意味での世界平和に繋げられる道だというのにね。 現状日本は自分たちさえ戦争の被害にならなければ、他所がどれだけ酷い状況になっていても見て見ぬふりでいられるというだけの状況でいますから、最終的な平和行動の信頼がされないのですよ。 まあそれは今の国際連合も似たような状況ですけどね。だからどっちもどっちだとね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~戦争





























 この世界から戦争を無くす為には、国際連合とは違う形での新たな力を持った調停者たちが必要だという事ですね。それは戦争という武力行使は嫌うが、戦争が起きている状況でそれを止める為だけの力は保有している状況で、武力による戦争介入から話し合いに至らせられる為の行動に繋げていくという手段を取る必要がある。 単なる平和的な話し合いだけの形では、勝手におっぱじめられなおされたらどうしようもないだけですからね。それをいなして止めるだけの力が無いと、戦争は止められないという事ですよ。どちらか、もしくはどちらも引き留めさせられるだけの力が無ければ、話し合いのスタート地点にも辿り着かせられませんからね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1312回 報道特集特集「喜劇のゴーン・台湾選挙と中国の闇」 [世界問題]

 さて今日は報道特集の話ですね。前半は軽く、後半も割かし軽く、全体的に軽めの内容になっています。まあ後半の方は話自体は重いのですけどね。

 さて時事としては、イランでのウクライナ機撃墜騒動の事でイラン側が正式に過ちを認める状況になったようで、言い逃れ出来なくなったという所で素直に認めた方が良いという考えに至ったようですね。まあそれもこれも火付け役はトランプですけど、実際に誤ってしまったのはイラン側なので、そこの部分は誠実に対応すべきですよね。

 さて今回は割かし軽めなのでさっさと参りますが、ゴーン氏の話は大体し尽くしたので特段新たな事を話す事も無いのですけど、今日の報道特集内では、ゴーン氏に関わっているフランスやレバノンの国でも政治と国民の生活が混迷していて、混乱状態にあるようですね。そしてどちらも言えるのは、一部の肥えた政治家たち等が国民を切り捨てる政治ばかりするから国が荒れる状況になっているという事で、レバノンの国でもそこまでゴーン寄りな人々も少ないようですね。国の政治家には寄与したかもしれないけども、国民に還元したりはしていないから、国の英雄視は出来ないという感じで、冷ややかな状況が多くて地元紙等でもゴーンの無罪の話とかよりも一種の余興程度の催し物的な感じで伝えている感じが強いですね。
 それは世界のメディア等でも言えているようで、無罪かどうかの話よりもスリルとサスペンスな大脱走劇の話で楽しみたいという思いが強いような気もしますね。だからこれからは、企業資産家ではなくて、お笑い芸人で今後は楽しませる側に回った方が良いのでは?(バカにしてる度105%)

 あと日本の司法が有罪成功率が高いのは、確実な犯罪に証拠集めて行なっている事が多いからという事ももちろんあるのでしょうが、それ以外に古くからある自白至上主義の形で、肉体的精神的に追い詰めて心身衰弱した状態で脅して自白させて、有罪に強引に持って行く非人道司法も使われているからの状況であることは言えますね。確実に昔は横行していた確証があるので、それも含めて後に無罪になったりした状況も踏まえると、大体1~2%は有罪率は減りそうな状況ですけどね。
 まあそういう確たる情報があるから、そこをうまく利用して話を盛り上げているのでしょうね。今の日本司法が否定する事を許されない事を過去やっていて、未だにその謝罪などをしていない状況で今がありますからね。取り調べの中で警察が一部容疑者に対して拷問をしていた事もまた事実としてありますからね。
 それらが本当に改善されたという透明性の証拠が作り出せない状況では、日本の司法が何を言い繕っても無駄ですね。要は取り調べに弁護士等の外部の人を入れろという事です。じゃないといくらでも状況を捏造する事は出来ますからね。時間が短かったとか言っても、実際に録音していた時間だけ短かったのなら意味が無いわけですしね。そこの第3者目線の透明性足る証拠が無い事には、警察司法側が言っている事を全て信用する事は到底できない。
 これが、世界の疑問点の一部でもありましょうね。

 それで次の話はきょう投票日の台湾総統選挙についての話ですけど、中国共産党と距離を置く側が優勢の様子ですね。まあこれを上げた時には決まっているかもしれませんけど、台湾が民主主義でいたいのなら、中国共産党とは距離を置く形で行った方が良いでしょうね。完全独裁に屈して自由が束縛されて言論の自由も無い形で良いなら、中国共産党寄りで一時の経済発展の方を選んでも良いのでしょうけどね。
 でも結局は、中国共産党が甘いお菓子を出すのは完全支配が整う前の話だけであり、支配後は民族弾圧等を進めて、台湾人を追い出して中国人の物にしようという腹積もりでしょうね。結局中国共産党はそれが全ての形であり、そういう仕組みの形は他の国々への侵略を進める中でよく取っている手法であるという事ですね。
 それに今回の選挙でも豊富な資金力の形でお金で票を買い漁ったり、中国批判をする人たちを武力やお金で黙らせようとしたりして、言論弾圧の形を押し進めようとしているようで、全ては独裁支配で行く為の行動ばかりな姿ばかりな感じで、人の命をなんとも思っていない殺戮者でしかないですよね。気に入らない奴は全員皆殺しが大好きな独裁者ですからね。
 その状況では腐敗しか生まれず、いずれ経済力等も低迷していくのですよね。現にもう少ししたら人口と経済力をインドに抜かれそうな状況にあるようで、少しでも独裁支配地域を増やして中国人を増やす事に躍起になろうと行動していての香港内戦ですよね。

 あれが起きてしまったから、徐々に進行していた中国支配計画に狂いが起きてしまっている状況にあり、結果を急いだが為に、内戦勃発での台湾にまで中国の闇の形での不安が蔓延して、中国共産党全戦力で持って独裁支配しようとしているけども、苦戦中な状況という事ですよね。
 もう少し忍耐力があれば結果もかなり変わってきていたかもしれないのに、支配を急いだが為の結果と状況という感じですよね。
 まあその状況で、本格的に中国経済が落ち始めて行った場合、テロが頻発するようになって、いずれ政権が崩壊していく事になりそうですね。ただでさえ中国は広い土地面積を持っているから、いくら高度な監視体制を敷こうとも、全てを見回せられるわけでもなく、ついでにほとんどが電子機器である事からサイバー攻撃類を内部や外部から受けたら1番脆そうなのが実は中国なのではないだろうか?
 前にも言ったが、あれだけの監視カメラの膨大な数の形では、ネズミ1匹さえ常時監視できそうな状況にあるが、同時に誤情報を表示させるウイルスに感染させると、当局者達を混乱させて警備体制の穴を作り出したり1ヶ所に集めて一網打尽する事も容易く出来てしまう事もあるので、意外と強そうで脆いのが特徴でもありますね。使えなくする事だけがサイバー攻撃の形ではないという事ですね。各地のカメラ内だけの中国共産党から見る犯罪者達を表示させまくると、絶対検挙に動かさざるを得なくなりますが、それがカメラだけでの誤情報で操作されていた場合、逆に誘導させるように使う事も出来てしまうという事ですね。 まあそれ以外で、使うと中国共産党が非難の応酬で国民無差別殺しの方法にさせるなんて使い方も出来てしまうのですけどね。
 あれだけのカメラ監視体制だと、サイバー攻撃からいくらでも大混乱にさせる方法が出来てしまう。それが強みでもあり最大の弱点でもあるという事ですね。多分それ系で私が何らかの作戦に関わると酷いでしょうね。相手の強みを弱点に変えて攻撃するというのが私の方法の1つでもありますからね。奇才戦略家を甘く見ると大変な事になりますよ?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~台湾選挙





























 悪魔の作戦とか現実的な被害を増やさない冷酷な作戦とか包囲殲滅戦とか奇才戦略家としての一面も私にはありますね。何かしらの戦闘戦略に関しては、私の策が役に立てる所があるのかもしれませんね。ちなみに、日本で簡単にテロを起こす方法を幾通りも簡単に考え出せるという危険思考家としての面もありますけどね。弱点ばかりで、本当に狙い易い国ですよね。
 日本の今だと、そこかしこにある電柱にプラスチック爆弾等付けまくったら、凄まじい事に出来ませんかね? 台風被害に遭った千葉を人工的にテロで作り出す事が可能となる。しかもほとんどが電柱破壊だから、復旧にも時間が掛かりまくるというおまけ付きで。それをオリンピック等でやると、壊滅的な状況になるかな?(笑) 電柱という存在は、テロリストにはとてもありがたい存在でしょうね。だってこう書かれたとしても、対策なんてしにくいでしょうしね。全部を守り抜くなんて無茶があり過ぎますからね。
 誰かが私をメディア等に取り上げて止めないと、いろんな危険作戦が公開される事になったりするかもね? まあ私は起こりそうな危険含めて先に公開して注意を呼び掛けているだけですけどね。だがそれが同時に危険作戦のアイデア公開にもなってしまうという事ですよね。(笑) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1306回 時事雑記「アメリカVSイラン・ゴーンと日本の司法制度・IRカジノ違法議員」 [世界問題]

 さて今日は年末年始にかけて起きた世界と日本の問題に関しての時事雑記で話をしていきます。
 何やら色々起きてはいるようですけども、基本的にいつも通りな気もする内容ばかりでもあるような気もしてきますね。

 それでその前に軽い時事ですけど、日本で民主系政党共がまた合流か?という話が出て新党の可能性の話もあるようですが、この場合新党ではなく、昔の民主党に戻るだけという分裂したけど再度元に戻っただけの特に変わらない野合の集まり感丸出しに戻るだけなのでは? それよりもれいわ新撰組の方が大口叩いていて、それが本当ならば、旧民主系を脅かす野党勢力になるかもしれませんね。クズの集まりよりかは、破天荒の集まりの方がまだ魅力的ですしね。
 ただまあ言える事は、数だけが全てな政治の形は基本腐敗の形でしかない。ただの数合わせな議員ほど無駄な物は無いのですからね。あれが1番の財政の無駄そのものである。だからその無駄な輩共が中国の闇献金にすぐに揺り動かされるという失態を起こすのですよ。存在が無駄な議員を入れているから。

 さていつも通りきつめに入っている新年明けても変わらない状況で始まりますが、アメリカとイランの関係がここ数日で一気に悪くなっているようですね。もう既に開戦間近とも言えるような一触即発感で、先に手を出したのはアメリカであり、それからイランの反発の核開発系からさらに反発の行動が強くなって、その反撃に対してアメリカが先制攻撃でイランの英雄的司令官を空爆で殺害したから、一気に戦争ムードが高まる状態となって、アメリカトランプが選挙の為に戦争を引き起こしたかったと言えるような状況ですね。自分の支持を集める為に自ら好んで戦争を起こそうとするのは、昔の問題プレジデントと同じ様な状況みたいで、危機を煽って支持を集めるというやり方のようですね。
 それで殺し合いをやるのですから、本当に国のトップの身勝手な判断で戦争は引き起こされるという事ですよね。またアメリカが中東を混乱紛争の真っ只中に引き戻そうというのでしょうかね。
 かつてのイラク戦争等の引き金状況と同じように。まあ空爆の土地もイラクでの形で、イラク側も被害に遭っているようですし、アメリカがジャイアニズムでケンカ売り込んでいる様相という感じですかね。トランプの戦争の押し売りでね。
 この戦いの引き金も結局は、中東問題におけるイスラム教の派閥争いも大きく要因しているわけですし、世界的な警察がいなくなった状況では、戦争大国たちのやりたい放題合戦が繰り返されていくという感じでしょうかね。こうしてまたアメリカに憎しみを抱くテロリストたちが生まれて行ったりするので、テロリスト製造のマッチポンプでもあるのでしょうね。基本アメリカも民主主義と言いつつも限定的独裁国家でありますし、トップの権限が強くある国はどこも独裁国家と変わらないという事でもありますね。それに基本トップとされるのも1人だけですし、トップが殺し屋や犯罪者等なら、国もその方向に動かされてしまうのが、今の腐敗民主主義の最大の欠陥点ですよね。
 防衛に関しては時間を掛ける必要はないが、開戦に関しては時間を掛ける仕組みが必要である。
 状況によってはその指令者を敵に売り渡して矛を納めさせる方法も出来る方向で話が出来るならば、大規模な戦争を未然に防いでいくようにさせる事も出来るかもしれませんけどね。
 まあ基本アメリカも世界の警察になった事は1度も無いのが実情ですよね。武力で世界に脅しをかけているだけですから、警察ではない。ついでに自ら戦争引き起こしたりしていますからね。

 そしてお次は年末の大脱走なゴーン日本脱出に関する話ですけど、かなり壮大な脱出計画で世界規模での形で日本から逃がそうと動いていたようですね。まあ金持ちならばそれぐらいのコネも金もあるという事ですかね。ただ、やっている方法が脅しだったりも含まれているし、様々な国際法違反も犯したりして、レバノンに逃げ込んだようですし、基本犯罪者系のドンが自分の保身の為に逃げ出したという感じの状況になっていますね。
 まあそれであとは喚くだけならば、ほっといても良いのではないでしょうかね?結局今の状況では、いくつかの国で犯罪者の形になったままで逃げ隠れているわけですし、その逃げ隠れた状況でいくら喚いて自分の無実を証明するとしても、先に逃げている状況の形が入るので、無駄な遠吠えにしかならず、もう日本で何かをやる事も出来ず、フランスの方でも取り締まられそうな状況になって、故郷の地で大人しく余生を過ごすぐらいしか残されていないのではないでしょうかね?
 その惨めなままで追い込んで行くというのでも十分に罪に対する罰の形にも出来るでしょうし、安全地帯で逃げ喚くだけならば、好きにさせても良いのではないでしょうかね?
 そう言えるのは、日本の司法制度等が世界で劣悪であるからとも言えて、日本の司法裁判などの形も容疑者に対して犯罪者以上に酷く人権を無視しているので、その辺が改善されない限りは、私から見てどっちもどっちとしか言えない感じがありますからね。
 まあこの大脱走からの形で問題の矛先が挙げられている場所としては、空港の安全管理の問題で、密出国が結構簡単に出来てしまった事や保釈中でも脱走しやすい状況である事を世界に曝け出してしまって、日本だとテロがとても行い易い国である事を年始のお年玉として出してしまったという所ですかね。
 オリンピックも控えているというのに、テロリストが侵入しやすい体制のままだというのは、安全管理の問題として非常に問題視される状況ですよね。
 まあそれに今の日本だと、手ぶらでテロリストが入っても、簡単に国内でテロ道具が集められてしまう状況ですから、入ってしまえばやりたい放題し放題で、ついでにテロを行なっても日本だと過失運転とかで軽く処罰されるだけなので、いくらでもやりたい放題にテロが行なえるテロを行なうにおいて最高の環境が整えられている国でもありますよね。
 これも全て安倍自民党政権のれっきとした成果ですよね。国民や観光客をテロリストに始末させようとする体制を構築しているわけですからね。 ちなみに今の日本の安全対策の形では、どれだけ警察を集めようとも、テロを起こすだけなら簡単に出来ますからね。私でも簡単な方法で50~100ぐらいは方法を思いつきますからね。車も暴走させやすいし、ドローン爆弾で飛行機落とす事も楽に出来るこんな警備体制ではね。

 それで最後はIRカジノでの中国の会社から闇献金受け取っていたとされる議員たちの状況ですけど、大半は自民党議員で、いくつか大臣系統も含まれているようで、政治家としての質が地に落ちきっていて地面に潜ろうかとしている感じのようですね。まあ一部維新も含まれているようですが。大阪inカジノからの影響でしょうかね。
 IRというのは基本的に統合型リゾートの略称なのですが、日本では今の所基本的にカジノの代名詞の形になっていて、メインカジノで言っている所がほとんどであり、本来はカジノはサブの位置付けであるべきなのに、メインにカジノを持って来て話している事から趣旨を履き違えてカジノを作りたくてIRと言っているだけという事ですよね。しかもそれも基本的にはアメリカからの要望での高額買い物である感じであり、イージス・アショワに並ぶ感じでのアメリカからのお買い物がカジノの形で、安倍総理がトランプから買ってきた物であるという事ですよね。
 基本は国民の事よりもアメリカトランプが大事な売国奴でしかないのですよね。
 本当に本来のIRを目的とするならば、カジノはおまけでありそれを前提に話をする必要はない物であるのだから、代わりの物が必要ならば、巨大なテーマパークとか遊園地等を置いても良いわけであり、必ずしもIRにカジノを置く必要はない。もしくは私のような医療用カジノとかならば、よりIRの目的にもあった形に出来るかもしれませんけどね。
 それでカジノがメインという状況から、中国の闇資本に目を付けられて、アメリカと同様に食い物にされるべく行動起こされてあっさりと釣り針に食いついたとされるのが、今の騒動の渦中にいる政治家達ですよね。 これがただのIRだけならばここまでの事にはならなかったのでしょうけど、主に日本人をターゲットとするカジノであるならば、金を吸い上げられるという事で、海外が主に目を付けて、日本の貧困率をさらに上げようと政治家とつるんで日本国民殺しに励もうという感じですよね。

 ちなみにカジノでの1番のギャンブル依存症対策は簡単な事であり、1ヶ月に1人が使える上限金額を良識の範囲内である最高でも10万円以内ぐらいに抑えさせれば、つぎ込む事が現実的に不可能に出来ますよね。ただしその形では、カジノ側の収益が上がらなくなるので、基本的にカジノ側は反対するでしょうけどね。
 それを日本全体での形で、個人証明の形から上限が設定されるようにして、不正は重罪という形にすれば、物理的に使えなくさせる事が出来ますから、1番の対策になると思いますけどね。カジノやギャンブル系の企業にとってみれば、大反対の仕組みですけどね。収益が増えなくなるから。そしてカジノが増えるほど食い合って収益が減って行くようになるから、カジノの意味が無くなって行くようになる。 医療用はこれのさらに厳しい版ですけどね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 日本の司法制度~終了~IRとカジノ





























 結局総括して、どちらも国の政治体制の形から発生している問題という事ですよね。
 特に日本は安倍政権で先進国から後進国にクラスチェンジしてますね。独裁やって何も進まず、というよりも日本を腐らせることに全力を注ぐ政権という感じですね。日本の悪い所は変えずに、良い所は全て潰して消し去って行く悪政政権。そして基本的にやっている事は第2次世界大戦時の日本の政治と変わらない。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1300回祝 大掃除 プラスチック問題~解決策は自然との共生しかない~ [世界問題]

 さて私のブログでもまともな回は今日で終わりですね。後は年明け以降の休み明けまで休むつもりです。それである意味毎年の大掃除回は、今年の問題提起として世界で出されているプラゴミ問題に関しての本質の闇に関する所の話ですね。いくら減らそうとしても努力が全く足りていないのが、プラゴミ問題の最たる闇であり、レジ袋1つで持って満足していたりするのは非常に浅はかであり愚かであるという事ですよね。
 あんな物は全体のプラスチック量から見れば、1%にも満たない量でしかないというのに、これだけ時間が掛かったりしているのですからね。 そして結局燃やして処分したら、それはエコではなく原材料の石油などを大量に燃やしている事と同義となって、結局は世界で否定されている石炭火力の流れとまるで変らないだけの形が、今も世界で大量に流通しているというのにね。
 やはりその流れを変えてプラスチックのゴミ問題を変えていく為には、減らして行くとかや使わなくしていくでは無理があり過ぎるので、自然のプラスチックの活用量を世界的に大増産させて対処していくのが正しいように思われますね。主に微生物等によって自然に帰される植物由来等の植物プラスチックにね。

 それで今回はほとんどもう報道の無い時事は飛ばして、本題だけで行きますけども、プラスチックが使われている物は、レジ袋だけでは無い事には気付いていますよね?
 レジ袋に限らず大半の商品の梱包にはプラスチック製の普通の袋が使われている事は世界でも一般的であり、紙とか自然由来の布製品での袋形態での商品梱包されている物は世界的にも少ないはずですよね?機械類とか飲食料品とかその他生活雑多とか諸々含めて、普通の梱包用の袋だけでも大量に使われている物であり、ある程度の先進国や発展途上国でならば、主に原材料がプラスチック製の安い雑貨類やら家電製品等電気製品類のカバーはプラスチックで覆われていたりする物も多いですし、トレイや容器類でもほとんどが安物系であれば、プラスチックが使われていて、日用生活品やら薬やらの形でも大体がプラスチック容器ですよね?
 まあつまり便利な日常生活品の中には大量のプラスチック製品類に属する物が使われており、全世界で見る消費量からすれば、レジ袋単体と見比べてみても、レジ袋が1%未満でしかないという事に気付けるはずであり、本質の問題から目を背ける為のやり玉として掲げられているだけという話でもあるわけでしょうね。その他ペットボトルとかでしょうかね。

 ただそれらを使わない様にしようとか抑制しようとかしても、利便性を失う結果になったり利益性の悪い物に変える形での経済成長等の悪い効果に変えてしまう事が多く、それでは食っていけないからと敬遠される方向になって行っているのが現状ですね。
 だから世界でも纏まりが悪い理由が、未来の子供たちの為に今の人達が犠牲になっても良いのか?という話で、未来の為に必要な事と理解は出来ても、その為に自分たちの命を投げ出してまでそこに力を入れる事には拒否感があるという状況になっていて、その問題を無視して未来の子供たちの為に命を差し出せと無知に言っているのが、あのスウェーデン人少女の状況だというから、問題の闇は深いのですよね。
 つまりただの抑制で悪い代替品に切り換えないといけない選択肢では、付いていけない大人が大勢いるのに、それを悪だと断定してダメな大人たちと言っているのが、あの少女の状況であり、どちらも共存できる道が新たに作り出されないと、結局やっている事は戦争と変わらないという事だけである。

 経済を止めてまで、利便性を失ってまでエコに努めて、未来の子供たちの為の地球環境にはできても、今生きている人達が死に絶えていくような状況になるのでは、結局本末転倒であり、それを拒否して抗う人たちが出るのは分り切っている事実である。それを見越した上で、経済成長の妨げにはならずに、利便性も損なわない形での代替案を導き出すのが、本来のあの少女の役目だったはずなのだが、無知なだけの発言力では、結局今の日本の環境大臣と同じようなだけの存在でしかない。よく伝わるメガホンだけでは意味が無いのですよ。

 結局の所今現状でも大量に世界にあふれているプラスチック製品で、ゴミの処分とリサイクルゴミの問題だけでも世界でバトルが勃発されている状況なのですから、レジ袋とかペットボトルぐらいでやり玉に挙げて、世界のエコに貢献とかは甚だ鼻で笑える状況であり、全体的なプラスチックが使われる商品部品全部を何とかする意気込みで語れなければ、世界に対するプラゴミ問題の解決から元の石油製品である事の可燃されて結局は大量の二酸化炭素排出となるとすれば、それは世界の環境問題の面でも問題視される状況であるという事となり、多少の抑制目的でやろうにも、社会的利便性の消失から世界の経済成長率等の大損失から、貧困で苦しむ人たちが世界で溢れかえる事となり、結局は未来の子供たちすらも環境はどうにかなっても食べられる物が無くなって餓死するだけしかない状況では、何も意味は無いという事になりますよね? そこまでの事も考えられなければいけないのですよね。今の資本主義の社会の構成の形だけではね。

 それをするぐらいならば、もう1つの明確な道が示されている利便性も経済成長率の減少幅も少ない形の自然プラスチックの導入ではなく、それを世界で基本とさせる形で基本的製品の切り替えを主軸に世界全体で必須目的として通常石油プラスチックの生産廃止から自然プラスチックの大量生産体制に切り換えさせて、しばらくは各国が全力支援するという形にした方が、結果的には今の形からあまり変えずに世界に対してより良い形で共生して行ける自然に優しいプラスチックの利用で行けると思うのですけどね。
 そしてその形の実現の為には、植物プラスチックの原材料の植物の大量生産畑が必要になって、それらを作り上げる形から大量の植物(野菜等)が作られる事から、それだけでもCO2の減少効果には繋げられる上に、自然に変えさせられる形から廃棄の形での手間暇コストが前よりも少なくなっていく事が多くなるでしょうから、その辺の全体的なコスト減には繋がっていくでしょうね。
 それでもし海に流出しても大丈夫で微生物たちに自然分解されていくだけという形でなら、自然環境に悪影響を及ぼす事も少なくなるでしょうしね。まあその辺で流出させないようにする事ももちろん大事ですけどね。

 まあただし自然プラスチック切り替えに対しての問題点は存在自体に無くはないのですが、自然プラスチックの最大の弱点とも言えるのが、基本的に自然に最後は還るという点から、耐久力的な耐用年数は普通の石油プラスチックから比べれば、遥かに短くて、ある程度耐用年数の変化は出来るのでしょうけど、それでも使えなくなる状態になる事は言えて、普通に大事に使っていても一生使えるわけではないという事なのですが、まあ基本的にそこまで一生使い続ける物にプラスチックを用いるのかという話でもあるのですが、問題はそれ以外にあり、作る工程段階から耐用年数計算して作らなければいけないので、物によっては使いにくくなったりする物も当然出てくるわけであり、その辺のバランス調整などから悩まれる所でもありますね。
 まあ基本的にあまり使い回さずに、その商品毎の基本的耐用年数に合わせた形で用いていくというのが無難な所なのでしょうけどね。保管期間含めてね。つまり、使用期限設定がある所が自然プラスチック導入に関する最大の懸念事項とされている所ですね。そこさえ何とか出来れば、世界基準の形も普通に出来ると思いますけどね。

 基本的な対策としては、使わない様にして行く抑制的な対策ではなく、自然に合った形で使っていく物を変えていく形で、自然のリサイクルの形に変えていくという形で行く方が良いという事でしょうね。後は石油ガソリン類も使うのならば、植物オイルとかで代用できるようにすれば、自然にも優しく使っていけるように出来るでしょうしね。
 まあエンジン類に関しては、それよりもエコな物が私の発明品でいくつかありますけどね。
 最終的には星々に対応する磁力を用いた形を使えれば、宇宙における基本エンジン環境も構築できるでしょうしね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 大掃除~終了~植物プラスチック





























 あと宇宙開発が進む形では、大量の火力推進力で飛ぶ形が広まるでしょうけど、あれも基本的には世界環境悪化に貢献している物ですよね。まあミサイル兵器等もそれに類するのですけど、宇宙開発で平和利用される物でも、使われるエンジン類が火力型であるならば、そこに大量の燃焼状況からなる二酸化炭素が生み出されていくわけであり、そこをこぞって開発しようとする国が結局の所、大量に環境破壊に貢献するという所でもあるのでしょうね。
 レールガン(超電磁砲)の技術を応用したりすれば、火力エンジンを一切使わずに地球と宇宙を超格安で何度も行き来させる事も出来るわけですけど、未だに火力型が一般的なのは、文明が遅れている証拠なのでしょうかね?
 ちなみに私の超化学技術の形には、レールガンブースターと呼ばれる物も存在しており、さらなる加速力を生み出す物でもあります。
 まあただこちらも軍事転用すると、レールガンの性能を大幅強化させる物になるので、あまり詳しく説明する気は今は無いですけどね。 基本は宇宙空間仕様の物ですけども、大気圏内でも更なる加速用のブースターとして使う事も可能ですからね。まあその為には風力エンジンも必要になっては来ますけどね。
 ちなみに私のレールガン式だと、火力は用いないので、燃料漏れなどで爆発する可能性はありませんね。ついでに用いる物は電気代だけになって、電気の方も大規模自然発電で賄えば、私の方が相当格安な宇宙旅行可能タイプになるでしょうね。しかも安全性も高い形でね。
 電磁力の形は今よりも一歩以上先の技術ですからね。ただし作ろうと思えば十分に作れるのに、作ろうとしないバカ共のせいでね。まあ基本的に戦争攻撃力が無いから、作られようともしないのでしょうけどね。この世界での科学技術の発展は常に戦争道具として発展してきていますからね。
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1298回 報道特集特集 中国共産党の民族迫害による内戦 [世界問題]

 さて今日は報道特集からの香港及び台湾にも関する問題についての話ですね。まあそれは全て中国が今まで以上に民族迫害の傾向を強めて強権的に支配して行こうとした結果のこの紛争状況なのですけどね。 自由と支配の戦い。

 さて時事に関しては帰省ラッシュが始まりましたね。という事ぐらいしかないですかね。まあ今年は連休が長い事での分散傾向にあるとのことですけども、同じような時期に同じように移動する集団行動性が高い事もまたあり、結果的には分散だったとしても新幹線の乗客率やら渋滞が大きく発生するのまでは止められないという事で、こういうのは狭い日本での民族の性(さが)という物なのでしょうかね?
 新幹線も横だけに目を向けずに、もっと縦方向にも目を向けて改良して行けたら、今よりも快適な環境での人員輸送の形に出来るのではないでしょうかね? まあそこまで利益率が良かったらの話ですがね。それは既存の電車ラインに対しても言える事ですがね。横しか見られないのは、空間利益率にとっての最大の無駄要素である。
 モノレール等から発展させる形でなら、既存の技術からでも普通にもっと利便性向上を図れるはずですけど、どこまでも地上の線路が大事だという心なのでしょうかね? まあ新幹線の類の大部分は地上から離れていますが。

 というわけで今日は割かし軽めに報道特集での中国の民族迫害に関する内容中心で参りますね。
 今日報道された内容は主に香港のその後と台湾の状況に関しての話でしたけども、香港警察は中国共産党の影響を受けてほぼ民族迫害の先兵状態で支配体制を強める為に行動していますね。
 それは暴力と恐怖で人を縛って行く独裁支配の形で、逆らう輩は皆殺しという通常だと暴力団と何も変わらない状況で、進んで民族迫害での攻撃行動になっていますね。
 それは鎮静目的では無くて支配による鎮圧で何も言わせないようにする力の暴力であり、それこそ中国共産党が望む中国支配の形であるので、基本的には軍隊持ち出して虐殺始めたのと何も変わらない行動であり、兵としての練度と所持する武器装備が違うだけで、基本的には中国の軍隊の扱いで行動していると思われますね。まあ確実に統率者や指揮官の辺りでは、送り込まれているでしょうし、警察にカモフラージュしてほぼ最初から中国支配での強制武力弾圧を目論んでの行動だったのでしょうね。
 基本的に中国共産党の考えでは、本当の中国人以外は全員敵の扱いで、中国人以外の民族などは支配して奴隷のように扱ったり気に入らなければ人権無視して殺しても良いという扱いでの状況だから、基本的に多民族と仲良くする気は無くて、最初は見かけでやってもその後は支配によって統治して自由の全てを奪おうとするというのが、中国共産党の基本理念でしょうね。まああれですよ、アメリカで言う所の白人至上主義とか黒人至上主義とかの民族で固まって自分たちこそが1番偉い存在で、それ以外には何をやっても良いと考える集団が今の中国共産党で国を支配していると考えれば良いのであり、基本的には人権の扱いに関して同じ中国人以外は必要無いと考えている危険思考の集団だというだけです。場所が変わればテロリストと何も変わらないのが中国共産党の形ですね。
 だからこそ、その流れを本格的にしようと行動した流れで、香港人という民族との戦いが勃発したという感じで、先に行なわれているウイグル人達との抗争の状況も民族に人権を与えずに支配で縛ろうとした結果起きた今も続く戦いの状況なのですからね。まあ基本的には、他国を無理やり襲って攻め滅ぼしに行っている状況と何も変わらなくて、中国支配地域を広める為に完全奴隷化で黙らせようとしている状況に他ならないですね。
 それでウイグル人地区をある程度制圧して民族を迫害して黙らせたから、今度は香港に完全侵略の手を広めようとしてのあの状況の始まりという事で、次の目標は台湾という事になるのでしょうね。そうやって完全侵略での中国共産党支配地域を増やして行ったあとは、今度は世界の国々に対しても同じような事で本格的に侵略戦争を繰り返すようになって、世界を中国共産党一色で染め上げる為に侵略戦争を繰り返して行くような世界大戦構想を持っているのでしょうね。
 まあでも基本的に独裁者も人ですから、寿命という物があり、大抵は全ての野望を叶える前に死去してしまって、その後の権力争いなどでまた内戦が広まっての繰り返しとなるのでしょうね。それは歴史が語っている事ですし、中国は今でも歴史を繰り返す事しか頭にない進化しない民族でもあるという事ですね。 まあ変えようとしても潰されてしまって変えられないというのが言えることかもしれませんけどね。

 そしてそんな戦争の歴史を止められない国際連合は無能という事であり、民族迫害を認めている事も同義であり、世界平和を好んで乱そうとする中国に対して何も出来ないのは、同時に世界平和なんて望んでいない集団である事と同義でしかないですね。
 現状でも中国共産党からの戦いと民族迫害の形から香港から難民が誕生して行っている状況にあって、それが台湾に流れたりさらに他に流れて行っている状況になっているので、難民をこれから大量に作り出そうとしている中国共産党は、まさに今戦争を引き起こしている張本人でもあるという事ですよね。
 全ては独裁者の野望の為の行動であり、中国共産党に独裁者が生まれ続ける限りは、これからも繰り返されていくだけの戦争の歴史の繰り返しなだけですね。あいつらは政治家ではなく、ただの力による武力鎮圧で支配しようと企む独裁者たちでしかない。

 戦争が引き起こされる要因は、多種多様あれども基本的には、他者の存在を認める事が出来ないから起きている戦争が世界で1番数が多い。それは人種であり民族であり宗教であり住む場所の違い等にもよってくる。
 まあちなみにここで記載している言葉では基本的に中国共産党でまとめていて、中国の人達は中国共産党とは完全に一致ではない状況で、まあ分かれているか平和的な考えが少なからずは、いるという状況だという事ですね。
 基本的には、率いて指示している奴らが悪人であって、その下で働かされている者が必ずしも悪人であるとは限らないのですからね。そこも力で支配されている事が多いでしょうしね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~中国共産党の民族迫害





























 ちなみに知っていますか?ここ最近は中国に行く観光客の失踪率が高まっている情報を。噂程度でしかないですけども、外交カードで使ったりする為に中国から見た外国人観光客たちを拉致している事が多くなってきた模様のようですね。 中国は基本的に外国人に対しての人権は無いので、勝手に適当な罪で逮捕して強制労働やら拷問したりも平気でするような国なので、旅行に行ったりする方は、拉致される危険性が最低でも1%以上はある国だという事を考えて行くかどうか決めた方が良いでしょうね。最近は日本人も増えていて、日本政府が抗議しても中国政府は素知らぬ状況で帰ってこれる率も低いようなので、どうしても行きたい人は遺書を書いてから行くのが良いでしょうね。ちなみに最近での米中貿易戦争では、アメリカ人やカナダ人も多いようですね。
 観光客を強引に拉致する国が中国ですね。ちなみに、人権が与えられないので、弁護士が付けられずに一方的に裁判に掛けられて、強制労働で殺される事が多いようです。まあというか帰ってこないから死んだ扱い。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 世界問題 ブログトップ