So-net無料ブログ作成
NEWビジネススタイル ブログトップ
前の10件 | -

第1353回 実力ポイントダーツゲーム・ダーツでおみくじ [NEWビジネススタイル]

 さて今日はダーツ類ですね。ただし普通のダーツの形とはちょっと形式が違いますけどね。ダーツ応用編みたいなものです。

 さて今日も中国新型肺炎の続報に関してですけど、まずは韓国の方であれだけ徹底していたにもかかわらず、宗教団体から超集団感染が発生して、一気に日本飛び越えて、ついでに韓国軍兵士にまで感染した模様で、てんやわんやの大混乱に陥っているようですね。アジア圏では新型肺炎大流行という所ですかね。
 そして日本では今度は北海道を中心として大きな感染拡大に繋がっているようで、子供が2人感染したり町議会議員辺りが感染したという報道もあって、北海道市町村議会が新型肺炎で潰されていく事になるのか?という混乱状況が発生していますね。
 あと子供に関しては、発症で大きく取り上げられていますが、重症化しにくいというだけで、感染しないというわけではありませんので、そこを間違えないでいただきたいとは思いますね。中国からの情報等でもそれは分っていたはずなのですが、どこで情報が子供にはほぼ感染しないとかにすり替わったのでしょうかね?
 そして北海道議員たちまでもが感染しているという状況では、大きく人が集まって行動する場所として、政治の場が挙げられますが、今後はそこも不要不急の場になって行くのでしょうかね?
 というか今の状況では、いつ誰がどのタイミングで国会議員にも感染して、安倍政権主要閣僚勢揃いな状況下とかの国会の場で、感染蔓延したりするかも分からない状況という事で、その辺の危機管理対応も必要なのではないでしょうかね? 日本の国会系政治家ならば、新型肺炎に感染しないなんてことはなく、むしろ老害が多いのだから新型肺炎も大好きな人たちである事には間違いないでしょうしね。
 その状況でボディガード等が感染していた場合、確実に警護の為に濃厚接触になるでしょうしね。どこに感染者が居るか分からない状況では、そんな事も無いと断言してはいけない状況になりますよね。
 あと、経済的打撃は非常に凄まじいものとなって日本の経済成長等で今後大きく問題になってくるでしょうね。というかアジア圏での経済低迷が起きているのかな?

 それでは本題のダーツの応用編の話に参って行きます。
 今回は単純ダーツゲームという形式ではなくて、1つは祭りの夜店などで使えるイカサマを出来ないような実力型の景品獲得ゲームの形で、もう1つは同じ種類でのおみくじ変化版ですね。
 それで今回のダーツゲームの基本となる特徴は、ダーツの基本のポイントがある部分をさらに細かく分けた状態で、より複数の場所での様々なポイントが得られるような形にして、3回投げて勝負を決める形とします。
 それで最初の夜店や景品や割引目的等に使えるゲームの方は、何ポイント以上での景品という形ではなくて、特定の決まったポイントとピッタリ同じであれば、景品等が貰えるという形にして、的の端等を狙わないと豪華景品等が当たらないという形にすると、相当普通のダーツよりも難しいスリルが味わえるゲームになるでしょうね。
 真ん中狙うのであればどこかには当たるかもしれませんが、豪華商品等が端の方ばかり狙ったりしないといけないとなると、外れと当たりのスリルは今まで以上になるでしょうからね。それは熟練のプロでも狙って当てるのは難しいかもしれませんしね。
 何ポイント以上の形であれば簡単になってしまう可能性のあるゲームでも、特定の固定のポイント型で景品や商品等を振り分けて配置すると、かなり難易度を上げられて、実力だけどもある程度のランダム要素も含めたゲームにする事が可能です。特に1度に獲得できるポイントの数が大きくなりがちなゲームにおいてはね。ボウリング等においても、1回投げるごとに1ピン倒しから始めて1ピンずつ増やして行って、全部倒したらリセットするとかの形でプレイしろとか言われたら、かなりゲキムズ難易度になるでしょうしね。もしくはランダム決定された設定ピン数を倒す必要とかの形にして、それから外れるほどポイントマイナスの形にするとかね。(そして全部倒したら0点)

 さて突如ボウリングでカーブしましたが、おみくじに関しても的の形と投げる回数は同じで、こちらは全てのポイントにおみくじ番号割り振って、全て真ん中だと中吉ぐらいにして、狙いにくい合計ポイント程良い運勢の形にしたり、意外なポイントの組み合わせで取れるようにして、全て外したら大凶確定という形のダーツおみくじとかやってみると面白いかもしれませんね。自分の運を自分の実力と運で掴み取るという形でね。その時点で既にかなりの運試しになっていますけどね。

 あとはそれらのダーツゲーム系を複数人でまとめてやらせてみるとかすると、ダーツの矢同士がかなりの高確率でぶつかって見当違いの場所に飛びまくるので、運の要素もかなり強くなるでしょうね。特に投げるタイミング等も重要になってくる?
 後は…


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 ポイントダーツ~終了~高難易度ボウリング





























 末尾の続きと致しまして、地球儀系の丸い的の形で、一定の速度で回転している形から同様のダーツゲームにしてみると、かなりの高難易度のダーツゲームになるでしょうね。それで細かくマス目分けなどして陣取りゲーム等にして、球状にびっしりダーツの矢の毛が生えるような形のゲームにすると、なかなかに大変かつ面白味のあるゲームになるかな? 別名、植毛ゲーム。 END
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

第1349回 焼肉食べ放題de宝探し~焼いて発掘宝探し~ [NEWビジネススタイル]

 さてランダムで遊び要素も加えたお得にさせる飲食店系の話ですね。今回は焼き肉がテーマですが、バーベキュー型でも可能です。基本は焼いて食べ放題がベースになるのでね。

 そしていつも通りに中国新型肺炎の追加情報からの話もしますけど、日本国内にクルーズ船共に感染拡大が日々大きく更新されていますね。もはや日本に逃げ場など無いほどに?
 それで日本で感染が広まる理由は、多少の風邪でも関係なく働く人が多いからだとMr.サンデー等で言っていましたが、多少の病気でも働くからではなくて、働かないと食って生きていく事が出来ない社会構造だからという言葉に変えるべきですよね。他の国みたいに少し休んでも大丈夫な社会生活環境ではない為に、必死で働いて行かないと生きていく事も厳しい人が多いから必然的にこういう感染拡大が予測される状況でも変わらずに働かないといけないから、止まらないという事でしょうね。
 それでもホワイト企業ならば、自宅からネット等によってリモートワーク等で働けるからまだ良いのでしょうけど、それも出来ない企業やブラック企業では、普通に感染拡大に貢献させまくるからそうなっているだけですよね。
 そして新型肺炎に関しての情報公開の形にばらつきが出て不安が拡大しているような状況になっているようですけど、その中でも大阪や和歌山はきちんと知事が責任もってある程度詳しい情報を公開しているので、その辺りはまだましであると言えるでしょうね。
 それ以外の都道府県に国は基本的にほとんど情報公開をせずに感染拡大と不安拡大を食い止める事よりも個人情報を守る事が大事だとしているようですが、大阪や和歌山ぐらいまでならしても良いと思いますけどね。
 まあさすがに韓国ほど細かにやりまくって店を潰しまくるような情報公開はやり過ぎでしょうけど、ある程度まで情報公開をやる事の方が、感染拡大を食い止める意味でも情報公開の状況での不安の拡大を抑える意味でも効果的だと思いますけどね。情報隠蔽しまくりでは、何も解決はしませんからね。むしろその状況で国は解決する気が全く無いと見ても良いのでは?個人情報を言い訳にして、個人情報に触れない所までも情報を隠しているわけですからね。その情報すらもシュレッダーに掛けたから無くなってしまったのでしょうかね? あるいは国民の命に関わる事なのに無断で1ヶ月以内に情報をパソコンから消去したりしているのでしょうかね? そろそろ桜も見えてきそうな時期ですし。

 それでは本題の焼肉食べ放題de宝探しの話に移って行きます。
 今回の形では、焼き台の方に特殊な仕掛けを施しまして、網目状に上からの投影型で焼き台にマス目を映させて、焼く位置の指定をある程度させる形にします。その状況で一定時間以上焼く物を配置して裏返し含めた2回焼きの作業で持って1回の発掘が出来る形として、焼く作業から宝探しで発掘していくゲームとなります。
 それで基本は食べ放題の形から始まって、安い肉はいくらでも食べ放題ですけど、希少部位や良い肉を食べようとすれば、それは宝探しから発掘しないと食べられない仕組みとして、それ以外の特別な品等も用意するなら、それも全て宝探しからの発掘によって得られる形とします。
 そして宝探しで宝を当てる要素になる物は、機械でのランダム判定の形からマス目ごとに判定がされていく形になりますが、もちろん良い肉や商品ほど判定条件で当たりにくくなる形での判定として、基本は安い肉を食べつつ高額品等を狙っていく形になるのですが、単純ランダムではつまらないし客としてのおいしさも無いので、焼肉ならば肉以外のサブメニュー品等と合わせると、そのサブメニュー品に合わせて、特定の良い肉等が当たり易くなるという効果を付けて、回数重ねるとその上昇率も高くなっていく仕組みにすると、他のメニューも売りやすいですし、客としても特定の物を狙い易く出来るようになります。
 そして食べ放題の残り時間によっても当てられる確率が底上げされるような形にしたり、ランダムの法則をいじれる形として、当てられる商品一覧から100%の振り分けで、どれを優先的に当てられるようにしてどれは当てられなくても良いのか等を確立の振り分けが出来る形で、平均値より上に上げるほど当たる確率が上がるようにできて、逆に下げて0にすると絶対に当たらないようにする事が出来るようにする。ただし、実際の当たる確率計算はその形とは別に設定させるので、あくまでそれはどれを優先的に当てられるようにするのかの確率の変動効果でしかない。

 ちなみに今回の仕組みでの余談のシステムですけど、上から焼き台に向けて投影させる形においては、肉等の適切な焼き時間を投影カメラ側から判別可能なレベルにさせると、肉毎に色付きで適切な焼き状況を客に知らせて、食べて貰うという形にする事も出来るようになるでしょうね。
 どれがどのぐらい焼けたのかを全部上からの色付き投影で教えてくれるという形で、事前設定から焼き加減の設定も出来るようにすると、焼肉等のアシスト機能としても使えそうですよね。まあ上からだけでなく下や横などから機械が判定できるような形でも良いのですけどね。

 そして宝探し焼き焼きからのサブシステムとしては、ボードゲームやマス目ゲーム等と連動して、他の台との戦いが出来るような形とか、ビンゴゲームのような形にするとかも出来るでしょうね。食べ放題の形で戦って、勝ったら料金無料で、負けたら相手の分まで支払うとかの勝負形式とかも出来そうですよね。チーム戦での焼肉食べ放題de宝探しバトルとかね。
 それで最初じっくりで後食べ放題で出来るならば、オセロとか囲碁等が出来そうでしょうかね。傍から見るとシュールな戦いにも見えてきますが。そしてその際に相手の駒等を取れば余分に食べる事が出来たり後で食べられる良い物が多くなったりという形にする事も。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 焼肉食べ放題de宝探し~終了~情報公開





























 あとは陣取り合戦とかも出来そうかな? 食べながら戦略を考えるとは、また違った変な戦いになりそうですね。食事が休憩ではなく、試合中になっているし。そして食べ過ぎたら休憩を取るという普段とは全く逆の戦いに。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1343回 運だめし? 高速ロシアン回転寿司~廃棄も防ぐ二重構造~ [NEWビジネススタイル]

 さて闇鍋に続いて今度は回転寿司をターゲットにしての内容です。また、ついでに回転寿司での食品廃棄を防ぎやすくさせる為の仕組みも合わせて併記するので、2点3点攻めな内容になっております。

 さて今日も今日とて中国新型肺炎に関するニュースを先にしますが、世界全体というか中国本土が主での死者数は1000人を超えたようで、相変わらず武漢の医療崩壊が影響しているものと思われますね。
 そしてこの事で中国批判をする記者たちは政府に消されている模様で、いつも通りの情報統制も欠かしませんが、それ以外の状況も合わせた混乱は全土に広がって確実に中国経済を蝕むような状況になっているようですね。まあそれで影響を受けるのは、生産等を中国頼りにしていたリスク分散という言葉を忘れたバカたちが大きく被害を受けているようですけど、あまり一点集中では、何かがあった時にきついでしょうし、殊更中国のような独裁国家では悪影響をより受けやすくなるでしょうね。
 そして日本ではクルーズ船内でも大量感染になっているようですが、現状況で船員たちの感染状況と検査の状況から見ると、既にかなり広まっていて、食事運びなどを介して感染が広がっている可能性も無きにしも非ずで、客の隔離政策が何も意味を為さなくなっている恐れも強く出ている気がして、その辺の検査を先にしていなかったのかというバカを見る目でバカ政権を見ていますね。
 いくら客を閉じ込めても、船員が知らず知らずに感染していたら、何も意味がありませんし、船員間での感染や客へのサービスからの感染の可能性が大きく高まるので、隔離の意味が何も無いのと同じであります。
 それでいて薬の問題から客の命を危険に晒して、クルーズ船全体に碌な情報も与えないというのは、見捨てて見殺しにしようとしている事も同じであり、このまま1週間無事に持つかどうか悩ましい所ですね。
 というのも、前に予期していたように、あまりに環境が悪くなり過ぎれば、船員と客等が一致団結して強行突破を試みれば、簡単に突破して市中に紛れ込む事も出来てしまえるでしょうから、そうなると全てが台無しになる可能性が高く、またこのまま押し込めてもそれ以外の病気やストレス性の病気等で死人が出る可能性も高く、そうなっても隔離政策が無関係の人を殺した事になり、それもまた大問題となって、状況に応じてクルーズ船の反乱が行なわれる危険性にも繋がるでしょうからね。
 まあ対応としては、最低以下を堂々貫いているクズでしかないという判定ですね。苦しむ様を見て総理は捧腹絶倒で笑い転げているのかな?

 あと普通の時事として、楽天が加盟店への送料無料問題で揉めているようですけど、あれは負担を加盟店に押し付けて、利益だけを楽天本部が吸い上げるという構図のようで、楽天も落ちたなという気がしますね。無料方針で行くなら、楽天本部が出すべきでしょうにね。
 それで楽天加盟店で困っている人達に対して現状の他の場所でやるのも大変というなら、何やら最近アマゾンキラーとしても有名になって来つつあるカナダの販売サイトである「ショピファイ」とやらに行ってみるのも良いのではないでしょうかね?
 これは私もどこかの報道で見たのですが、どうにもここは販売店の個性を重視してくれる所のようで、販売のページ枠も個別に用意してくれて、販売額に応じた額を納める形ではなく、月額基本料金のみで出品可能な店としての個を大事にしてくれる楽天のような物のようで、楽天がダメだと思ったら、こちらのショピファイとやらに向かってみるのも良いのではないでしょうかね? ただし現状日本での馴染みはまだ薄いようですから、そこも込みで考える必要はありますけどね。
 まあ出店に関しての負担は、店としてそれなりに売り上げがあるのであれば、他よりも店として使いやすくもあるのではないでしょうかね? まあ月額料金とかの詳しい事は知りませんから、どこまで信用するかは皆様の判断に委ねますが。

 さてそれでは本題の高速ロシアン回転寿司の紹介に移って行きますが、ロシアンはロシアンルーレットの略称で付けている通りの当たり外れの意味ですね。まあそれで寿司で当たり外れと言ったら、誰もが想像の通りの物になりますね。
 さてこの回転寿司もかなりランダム系の形での運営主体となっていて、高速で回転する寿司と皿に対して、ボタン式で選び取って入手する形式での機械式の対応の形とします。つまりタイミングが悪ければ、想定外の物が選び取れてしまうという意味でのランダム要素で、基本その回転寿司店では、予約注文等の商品以外は、全部1皿同じ料金で食べられるけども、目で見て選び取るのは難しい感じでの高速回転寿司になっていて、さらにボタンを大人と子供の種類に分けて、大人だと大当たりのワサビ大増量が当たる可能性があり、子供だとそれは当たらなくなるといった形でのボタン種類から選んで押せる形として、大当たりを1回の食事内で3回当てるごとにその総支払金額から10%引きにするか専用の寿司を予約形式で複数個入手できるという形の運試し要素とさせます。
 まあお遊びがてらの仕組みですね。 ちなみにわさび自体は、米とネタに万遍なく絡ませるような形にして、回避不可の形で捨てたら無効とさせます。食べたかどうかを確認するのは、防犯カメラの動作と大当たりの皿を選んだ際と同期させれば済む話ですしね。(笑)

 それで廃棄を防ぐ要素としては、回転寿司の回転する部分を立体的に二重三重で構成させて、要は回転レーンを縦にもう1,2個用意させる形で、上が高速でランダム入手できる形から、下は低速で目で見ながら押して入手できるけども、皿毎の単価はネタによってバラバラになるけど、時間が経つ物が送られるという形で割引された状態で、食べられるという形式にさせます。 また予約や回転寿司以外に物もこちらの下側で回すようにします。
 こうすると時間が経って廃棄に近い物を自動的に割引された物で表示させる事が出来るようになります。また、お皿毎の金額合計や支払い等も含めて円滑にさせる為の仕組みとして、客席側も回転寿司レーンと一体型か合体できる構造で、ボタン押しからテーブルに流れてくる形から、ネタを食べてしばらく放置すると自動的に開いたお皿が流れてテーブル毎の番号で計算されるという形で、そこから洗い場に流されたり機械で自動洗浄等が出来る構造にしても良いでしょうね。
 あと支払いに関してもレジ機能を回転レーン側等に付けて手動対応出来るようにしたり、クレジット支払等も出来るようにする仕組みもありでしょうね。
 これなら、お皿の状況からの金額計算の形等が分かり易く出来て、お皿の回収もしやすく、客側の面倒さ等も緩和して片付けも楽になるので、いろいろ便利に出来るでしょうね。

 なので、今回の高速ロシアン回転寿司では、高速ランダムから選び取るのと、普通速度で品質が落ちた物を普通に安く選び取るのと2種類の食べ方が出来て、ついでにどちらにおいても運試しを試すかどうかも選ぶ事が出来るお楽しみ要素と廃棄防止の形で構成された回転寿司店という形ですね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 高速ロシアン回転寿司~終了~回転寿司廃棄対策





























 あとはミニゲーム形式でダーツゲーム等の形から料金支払ってネタをゲットするという形の物を作っても良いでしょうかね。ゲットできた物は普通のレーンから予約型や高速レーンから自動的に送られる形で手に入れられるという感じでね。ついでにそれで、現在来店中の客たちとゲームで戦って手に入れていくような仕組みとかも行えると面白さもお得的にも良いかもしれませんね。
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1339回 狂気 闇鍋食堂~当たり外れも自己責任でお願いします~ [NEWビジネススタイル]

 さて予告していたその2の話ですね。絶対的に普通の論理では作られる事も無いと思われる闇鍋の専門店のビジネスの仕方の紹介です。まあでも、ランダムで楽しむ意味も込めたら意外と繁盛するかもしれませんね。当たり外れの操作性を完全ランダムでなくて、ある程度実力ゲームで楽しませる形にすればね。まあミスれば後の祭り鍋に早変わりですが。(笑)

 それでいつもの中国新型肺炎に関する時事ですけども、クルーズ船の残りの検査した数からは、計41人程感染していたという事が分かり、270人程度から計61人程度程の感染者が見つかったようですが、そうなると残りの検査していない人の状況がより不明確になってくるでしょうね。
 それで潜伏期間があったとして、あの閉じ込め状況で不衛生な場所に押し込まれていたら、無症状だった人でも発症してしまう恐れが出てくるようになるのではないでしょうかね? それに、チャーター便との待遇的な扱いも違うようですし、これは国家的な差別状況が働いているのかもしれませんね。このクルーズ船はかなりの人数で外国人の人達も含まれているから、安倍政権が差別の対象としている可能性も否定は出来ないような気もしてくる状況ですね。
 その上豪華客船であったとしても、客室部分だけの閉じ込め環境では、どうしても不衛生な悪条件環境で押し込まれているという状況も発生して、刑務所よりも酷い状況に成っている所もあるようで、空きの救急車やらタクシー系があるならば、陸地の隔離施設に個別輸送させる方向にしても良いかもしれませんね。
 まあそれら含めて希望者には検査が出来る体制も整えた方が良いでしょうね。全員一片にというのはさすがに難しいかとも思いますが、先着順での希望者からという形ならば、出来なくはないでしょうし、不安と混乱によるパニックからクルーズ内の最悪の状況へと発展させないようにする為にも必要かと思いますね。 ちなみに最悪の状況というのは、検査不明の方々がこんな場所に押し込められたままは嫌だと、暴走やら暴動したりして勝手に下船して市中に紛れ込むような行動ですね。これをされると今までの行為が全く意味を為さなくなって、付近一帯が大混乱となるので、それを避けるための行動はするべきでしょうね。
 あと検査が出来ない制限が強い為か、中国旅行から帰ってきた子供が、不明確な理由で検査しないと学校には通わせられないという内容が出された子供がいて、それで制限外の状況だった為に検査も受けられず学校にも行けなくなったまさにどちらにも差別された子供が発生しているようですが、学校も国もこの差別された子供を救おうとする気は無いようですね。まあ学校側は2週間放置でも良いと言っているようですが、その後検査が出来ていなければ、学校内で差別によるいじめが発生する確率はかなり高いと思われるので、国側が学校を説得するなり検査を認めるなりしなければ、安倍政権が好んで子供を新型肺炎で差別している行動を取っている事になるでしょうね。最低の外道ですよねこの政権は。児童虐待が大好きな政権という事ですからね、このままでは。まさか新型肺炎とも絡めて堂々とやるとは、驚きを隠せませんね!(あおり運転)

 あとマスクやらアルコール除菌液等も足りないようですけど、その原因は、全部生産を中国頼りにし過ぎていた為に起きている状況のようで、輸入が出来なければ何も出来なくなるような脆弱体質がさらに明らかになった模様ですね。こうなるとトランプ政権の政策行動に反論ばかりは出来ないでしょうね。自国生産力を高めるというのは、こういう事態の時には非常に力を持って国の問題等に対処していく力を高められるので、これを未来予測してその行動に出来ていたのだとしたら、素晴らしいの一言にも尽きる状況でもありますが、まあ基本的には副産物程度の状況ですよね。
 日本ももっといろんな物を自国生産でやっても良い形で自国分ぐらいは守れるようにして、さらにそこから頑張れば他の国も助けられるような形に出来なければ、どうにも出来ずに滅びを待つばかりとなるでしょうね。日本でもやろうとすれば、いくらでも生産コストを下げる事は出来るのですが、安倍政権にそのようなアイデア力と行動力は無いでしょうね。私ならばとても簡単に出来る状態にして見せれますけどね。私には現世界最強の発明力があるのでね。

 さて本題はその最強の発明力をふんだんに無駄に使ったとも思われそうなバイオレンスデンジャラスな闇鍋食堂の仕組みの話です。(笑)
 先に紹介する闇鍋という物は、基本的に罰ゲームやパーティーの余興などで行われたりもするほぼ狂気のまともな理性が残っていれば絶対に普通にやろうとは思わない鍋の形です。 それは基本的に、暗闇の中で各自が食材を持ち込んで鍋に放り込んで煮込んで完成という何が入っているのか不明な鍋であるから、闇鍋という形になっていますが、それには確実にどのような食材同士の組み合わせになるのか食べてみるまで分からないので、当たり外れが大きく、場合によっては食あたりになるような危険性も有している為に基本は行なわないけど話には出てくる事がある危険な鍋の形ですね。
 今回はそんな常軌を逸していると思われそうな闇鍋の専門店食堂の仕組みの紹介という頭のネジが全てどこかに消えて無くなったかと思われそうな話ですが、ランダム性で当たり外れの部分をある程度絞れば、そんなに酷い内容にもならないので、意外とまともに繁盛するような店にする事も可能でしょうね。

 ただし基本として、この店の形の基本ルールとしては、コースによる前払いの仕組みで食べても食べなくても返金はされず、さらに食べなかった場合の残り量に合わせて追加の罰金も取るという形で、何が組み合わさって変になっても店を訴える事はしないという誓約書にサインしてもらった状態での入店に限るという形にはしておく必要がありますね。まあ最後の部分は、完全ランダムな闇鍋コースを入れた場合の話ですけどね。基本簡単闇鍋の形ならば、そこまでする必要はないでしょうね。
 それで、先程から闇鍋のコースという単語をちらほら出していますけども、完全ランダムな闇鍋にしても良いのですが、それだけではあまり個性が無いので、ある程度食材を区切って食材毎のランクで分けた形からランダムで選び出して行く又は実力ゲームから選び取って行くという形ならば、それほど変な闇鍋にもならず、コース別闇鍋の質がランダムで変化するだけという形の鍋に出来ます。
 それで基本は1つの食材毎に良い・普通・悪いの3ランクの食材を用意して、これらからランダムで選び出したり、複数の3ランクの食材含めて全てがランダムで決まるような形から、偏った編成にもなりかねない鍋の形にもなるような決め方でやれるようにすると、案外まともな闇鍋の形に出来ます。もちろんその形の中には、3ランクとは別にそれぞれ1種類の当たり食材と外れ食材を混ぜておけば、ある程度安全な闇鍋コース料理の出来上がりに出来ます。
 それでランク的には、肉や魚等は高級品とかで分かりやすいですが、野菜やフルーツ類ならば、高級や普通類も簡単で、その反対はほぼタダで手に入る野草やら木の実類という形にすると、分かりやすいですよね。 それでコース料金は固定で前払いで、後は運よく良い食材が集められるようにすればよいだけの闇鍋となります。この条件で失敗しても安い鍋とか野草鍋になるだけで、食べられなくはないし安全性にも問題は無い形に出来ますからね。
 そしてここから少しずつランクアップな闇鍋にして行くと、誓約書が必要になってきたりもするでしょうね。基本的な自然由来の食材だけならば、まだ食べられない事は無い形にも出来るでしょうが、合成加工食品類やお菓子類なども含めたり調味料の配合状況もランダムから選ばれたりするようになると、正しく闇鍋が出来上がる可能性も出てくる事になるので、その辺での注意は必要ですが、それだけの闇鍋の場合でやる場合には、マイナスが重視されがちですが、逆の当たり品には高級食材等が当たるようにすると、時には何倍にも支払った額以上の物が食べられるようにもなってくるので、覚悟の上狙ったりも出来るようにする事も出来るでしょうし、次いで一部の高級食材等は、鍋に入れずに全員で調理された物が食べられるという形で、やる形にしても良いでしょうね。ただしその時点で闇鍋が凄まじい状況で出来上がっていた場合は、その匂いを感じながら豪華食品を食べる事になりますが。
 でもまあ基本は闇鍋の如くで、闇鍋投下が基本ですけどね。鍋に入れたら絶対的においしくなるくなる高級食材に対してのみ別途用意するという形にすればよいでしょうね。単純な肉や魚類は、基本闇鍋INですが。
 まあそれでわずかばかりのサポートとしては、水で薄めるのはいくらでもして良い事として、いくつかの鍋料理ではあるしめの雑炊系で何とか食べられるようにするというのも出来るようにします。ただしそちらの食材等もある程度ランダムですが。
 ここまですれば、よほど酷い爆弾闇鍋が出来上がらない限りは、食べる事は可能に出来るでしょうし、食材状況がランダム化する為に、比較的一般的な形よりも安価で大容量の形で提供する事も出来るでしょうね。 味にあまり気にしなければ、お相撲さん辺りなどに喜ばれたりする店になるかもしれませんね。

 そしてランダム選びの方は、基本的にくじ引きとか運試しの形等に機械のランダム設定からボタン押しで決められる形でも良いでしょうし、実力ゲームとして的が回転するダーツ形式(東京フレンドパークの最後のダーツみたいな)で狙ったり、ボウリングで残ったピンの数から番号で選べる形(ちなみにストライクだと0という事で強制的に外れ食材)や多数のゴールポケット用意してパターゴルフに、回数制限有りの神経衰弱等のトランプゲームで選べるようにしたりしても良いでしょうね。(あとは簡単なスマホゲーム形式等々。もしくは学生用に勉強物とかね。)
 完全運要素のランダム系と、ある程度実力から狙う物を決める事が出来る実力型の2種類を用意して選んだりして行けるようにすれば、楽しみながらも安く多く食べられて、時にはコース金額以上の物が食べられるような闇鍋食堂に出来上がるでしょうね。
 ここまですれば、パーティやら宴会用にも使っていけるようにする事も出来るでしょうね。
 そして毎回闇鍋が変化するから、飽きの来ない形にする事も出来る。まあ店側としても食材の用意は大変ですけど、実際に開店営業時は結構楽になったりもしますからね。料理を作る作業はあまりしなくても良いのが、闇鍋の特徴の1つでもありますからね。食材の準備用意が大変なだけでね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 闇鍋食堂~終了~ランダム食材





























 さてこちらも面白い感じなので、ちょこちょこ似たようなのをやる予定です。この形ならば、比較的安く様々な値段の物を客に味わってもらう事が出来るようにもなりますからね。それならば、店側も損をしにくいし、客としては安い金額で良い物が食べられやすくなるという形でどちらにもメリットが生まれてくるでしょうからね。何よりもその食べる要素に別の楽しさ面白さを追加できるのは良い事かと思いますよ。人の好奇心やチャレンジ精神をくすぐる形でお送りしていきますからね。(笑) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1336回 飲食店BINGOサービス~何度も来たくなる仕組み~ +パパ活対策 [NEWビジネススタイル]

 さて昨日の予告通りに今日からは経済ビジネス系を多く作り出して行きます。それで今回は飲食店に何度も来たくなる楽しみでのビジネスサービスの形ですね。

 さていつも通りに時事として最初は、中国新型肺炎での続報では、超大型クルーズ船で以前に下船した人が感染者だったとかで、入港前に再検査がされているようですね。それで数日掛かりの検査状況に成っている模様ですね。
 あと、中国に買収されたWHO(もうTHOで良い気も)が潜伏期間を10日に下げたようで、日本政府はこれにすんなり対応しているようですけど、それで本当はこれ以上で感染が蔓延した場合の責任は取れるのでしょうかね? まあ取る気も無くて、国民の命よりも経済金の方が大事というスタンスからそういう行動に出ているのでしょうけどね。 このままだとオリンピックにも響きそうな様子ですけど、不確かな情報から確実安全を無視する方が、より経済に響くと思うのですけどね。そういう長期的な視野が今の安倍独裁政権にはどこにもない。 「急いては事を仕損じる」という諺は知らないのでしょうかね?
 あと現状日本で感染者数が増えない理由は、必要な対象者から必要な検査をしていないからの状況であり、検査さえしなければ感染発見者も出ないという政府の隠蔽工作ですね。あと報道機関でも今の政府に問題提起があって、正しい対策や感染者達の行動状況の情報開示や説明をするように言っているようですけど、国民を見捨てる事が大好きな安倍政権に期待するだけ無駄という物ですよ。政治家は一切役に立たないのだから、民間レベルでどうにかするしかないのです。
 あと中国武漢の医療不備に関しては前にも言いましたが、より正確に言えば新型肺炎でなくても放置と低栄養の食事では、一般的な風邪でも死んでしまいそうな状況にある為、全部が全部中国新型肺炎の毒性の影響で死んでいるわけでは無いようですね。そうなると確実に中国新型肺炎だけでの致死率は0.1%以下でしょうね。

 それでお次は大阪が何やら本格的にパパ活での犯罪対策に打って出ると豪語していた報道を昨日の関西情報ネットtenでやっていたのですが、その方法がイタチでしかなく、男性側の検索でそのワードでは出ないようにするだけという能無しが考えた税金泥棒な対策でしたね。
 そんな物少女側が名称をちょっと変更すればすぐにすり抜けられる程度の対策でしかなく、風の噂からそれに乗る男性側がそれで新たにやり取りすればよいだけなので、何の対策効果にもなりはしないでしょうね。
 具体例としてパパ活がダメになった場合の改名案として出そうなのは、父活とかダディ活とかリトル爺活とかに、はの単漢字と丸系の字の組み合わせでかなり多数に似たような物(例 葉・刃・歯等、●・〇・。・°等)はいくらでも作り出せるので、そんな対策ではいたちごっこにしかなりませんよね。
 そんな無駄にするよりもパパ活募集に対しては大阪ならば府市や警察も使って先に出会ってから注意しまくったり軽い罰を与えまくる対策にしたり、家出希望とかには保護者がすぐに来ない形でしばらく保護できる場所を用意するなりの対応策をした方が、よほど対策として効果があると思いますけどね。要は、犯罪者達よりも先に府市や警察たちがその形(少女釣り バカ真面目な対応では釣れませんので、その舞台に乗り込んで釣り上げれば良いのです。)から保護に打って出ていくようにすれば良いのですよ。その上で子供たちのお悩み相談なども自由に出来るようにすれば良いのでは? そうすればどちらにしても言える需要と供給のどちらも潰す方向に出来ますからね。

 それでは本題のビジネスサービスですけども、今回のは割引系とは違う形(それでも良いですが)で、何度も来てもらう事を重視した形での運試しプラスでの仕組みで、BINGOゲームがちょうどよさそうだったのでそれとしています。(ロト6系でも別に良いですけど。)
 それで基本的な仕組みとしては、まず店側が空白のBINGOカード(手作りで十分。もしくはスマホアプリ等。)を用意して、希望客に対して渡して好きな数字を計25マス分埋めてもらい、基本お店預かりの形(アプリならば来店時のみ起動できる形に。)で、一定金額の使用毎(100~1000円単位)に数字が入った紙等にアプリのランダムで数字を選んでもらう形で、見事当たりから埋めて行って一列揃えれば、お店側から特別なプレゼントが貰えるという仕組みで行なうと、何度も来たくなる仕組みに出来るのではないでしょうかね?
 基本はランダムですけど、そこに行きBINGOで楽しむ要素が追加されて、一定金額毎に1回引いていける形ですから、こつこつしたり一気に引いたりも自由に出来るという形で楽しむ事は可能ですし、その先に一列揃えて何かしらのそれに見合うプレゼントが貰えるならば、楽しみや期待値が増える仕組みに出来るのではないでしょうかね?
 さらに一列揃えるだけでなく、揃えた後も継続してプレイ出来て、そこから揃える度に同じようにプレゼントが貰える形で、最後に全部埋められたら飛び切りの豪華商品等が貰えるという形にしたら、かなりの集客効果と売り上げ増が見込めるように出来るのではないでしょうかね?
 これはBINGOを最後まで楽しむという要素と、列揃えでどの数字のマスが当たっても嬉しいと思えるようにさせる仕組みの内容になりますね。その上で、1度にダブルとかトリプルで列が揃ったら一列揃いよりも良い物がプレゼントされるとかにしたら、より数字を揃えていく楽しみやら期待度も高めて行けるでしょうしね。
 それでプレゼントに関しては、割引等でも良いのですが、それよりも揃えた時の形や次回の時に無料でそれ限定の物が食べられるとか店の中でも高価な物が無料等で食べられるという形にするのも良いでしょうし、トッピング系いくらでもその時に限り無料とかの形でも良いでしょうね。
 あとは全部埋めた際の豪華商品等を今流行りの1ヶ月食べ放題無料とか普通に高額品や限定品等のプレゼント等でも良いでしょうね。 まあその辺は店によって決めて行けばよいです。

 ちなみにこのサービスは飲食店だけでなく、小売り系やらその他サービス等でも有効ですね。
 あとは商店街で共通の形からお店毎に2種類以上の数字のカードなりを用意して、利用金額等に応じて回数引けるという形で、ある程度固定の数字で複数のお店を利用してもらう用の形にするという形にも出来ます。それで店ごとに数字をばらつかせたり、1種類ぐらいは被せても良い事にしたり、ワンパターン固定化防止で、月毎にシャッフルしたりとすれば、いろいろと回ってもらい易くしたりして楽しませつつプレゼント品を狙ってもらうという形に出来るでしょうね。
 ただしこのサービスでの注意点は、必ずこのBINGOサービスを使いたい人に渡す必要があるという事ぐらいでしょうかね。それ以外だと基本的に無駄要素にしかなりませんからね。

 ポイント式よりもランダムだけど、当たった時の喜びが大きくなっていく方のがそこに行く楽しみなどは増えるのではないでしょうかね?
 あとは引き当てる数字等でさらに別のサービスと連動させたりする事も出来ますしね。
 ついでに数字選びもいろんなゲーム形式でランダムやら実力要素も加えたりできると、さらに楽しませたりもできるでしょうね。それなら子供から大人まで楽しませつつ来て購入したりして貰う仕組みとして使いやすいでしょうしね。BINGOを基本として使って、他と組ませやすく出来るのもこれの利点の1つですね。まあ仕組みでの管理費用や手間暇は増えますが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 BINGO~終了~パパ活対策





























 さて休憩後は、別の特化ビジネス系で行きますかね。現代において欠けている地域コミュニティを引き上げてより活性化させるアイデア等もね。まあこれの前形は一部前にもやっていましたが。一部取っ払って再復活ですね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1328回 今からでも出来る超簡単ロボット店員の方法~受付接客案内等~ [NEWビジネススタイル]

 さてこれは一昨日の医療にもロボットを使えばもっと良く出来るという話からの派生の話ですね。 ただタイトルではロボット店員と書いていますが、正確に言えば、ドローン活用型ですね。

 さていつも通りの時事に関しては、中国の新型肺炎に関してですけども、どうにも武漢の医療現場は疲労がピークに達しているようなので、早期の増援送らないといけないでしょうし、衛生状況に医療従事者への感染を何としてでも止められるような対策をしないと、病院こそが感染源の地獄と化すでしょうね。まあそれでなくても診察患者が詰め掛けていて、ほぼ確実に全員に移っていそうな状況で蔓延率が酷くなっていそうな状況ですけどね。あの状況にこそ正しい情報伝えないと、感染拡大を悪化させることでしかないと思いますね。現在の感染能力では、不確かな人たちをまとめて並ばせるだけでも危険でしかないですからね。 それは中国以外の国々でも言える話ですけど。
 待合室というか並ぶ場所を全部個室型で1人ずつでしか居られないような空間とかに出来れば、まだ状況にも違うのでしょうけど、まあそんな最善の形は無理でしょうからね。
 あと武漢封鎖での食料状況の行方次第では、健康と衛生状況が悪くなって、一気に被害拡大の恐れと暴動からの封鎖破壊による感染拡大の懸念も高いですので、その辺を考えないと、ただ封鎖するだけでは意味を為さなくなるでしょうね。
 さらに感染拡大についての恐ろしい話を先んじて話すと、現在マスクの使用が中国国内で必須になっていますが、それで他国からも買い集める爆買いが横行しているようですけども、その他国にも感染拡大の魔の手が広まった際に買い占められていて対策用のマスクが無いなんて自体にはならないようにした方が良いでしょうね。特に日本では現在インフルエンザの状況もありますし、あまり中国に買われ過ぎると、新型肺炎に掛かる前にインフルエンザの拡大による大打撃に見舞われる可能性も無くは無いので、その辺の対策も含めてマスクの在庫状況は確認しておいた方が良いでしょうね。特に日本だとその状況で新型肺炎とダブルパンチにされると、カオスな地獄と化してしまうでしょうしね。きちんと身を守れる分は確保しておいて、余剰分を中国に売るという形にしないと、利益が出せてもその後にどちらかに掛かって死んだら元も子もないですよ?
 まあそういう意味において、台湾がさっさとそういう行動に出ているようですけどね。中国助けるために台湾を滅ぼすような馬鹿な真似はさせないという事での行動ですけど、中国側は非難しているようですね。
 ちなみに日本は特にこれからの事も考えて、対策を強めて行かないと、オリンピックが新型肺炎で消滅する事になりかねませんからね。あまり中国助ける為と利益目的で余剰分以外に無理して売らないようにした方が良いと思われますね。助ける側が先にくたばったら助ける事すらできなくなりますしね。 その辺の先の先まで考えないと、こういう対策としては意味が無くなるのですよ。
 親切心や儲け時だけで身を滅ぼさないようにね。

 それでは本題の超簡単ロボット店員の話をしていきます。
 まあ先も言いましたが、正確にはロボットの部分がドローンとなる店員などの形での仕事の形なのですけども、今かなり安価で手に入りやすい浮遊系ドローンを用いれば、受付や接客に案内などの仕事を人に代わってドローンで行わせるという形を取る事も出来るという事ですね。
 そのドローンは基本的な事だけで動かせるならば、AIもしくは機械対応型で出来るでしょうけども、多少複雑な会話要素が必要な場合には、ネットからの遠隔操作型等で対応して行けば、代わりは務められるでしょうね。
 仕組みに関してもドローンカメラとマイクを装備させられればそれだけで、基本的な会話要素は身に付けられるし、さらに必要ならば、スマホとの連動機能とか簡単なアーム付けて軽い機械操作等もドローンから行なえるように出来れば、ボタン系の仕事にも出来ますし、ドローンとのリンクによって使える機器を使う事によって別途PC操作やらレジ操作等も務められるようにする事も可能でしょう。(アームから押させるでも良いですが。遅いですよ。)

 この形ならば、本来人を常駐させたりする必要がある場所に対して、浮遊ドローンを配置させるだけの形で、自動&手動型で対応させて、代わりを務めさせる事が出来るようになりますし、直接その場にいなくても対応がある程度は出来るようになるので、夜間における危険性も少なく、人がいない場合の対応における仕事等も別の事が出来たりして、いろいろ都合よい対応が出来ますし、可能ならば2つ3つでの対応を1人に任せたりする事もでき、基本遠隔操作型で行えるので、人の移動時間のロスや雇用の状況での人の服装やら見た目に気にする必要もなく、ネットで安全に繋げられるのならば、かなり広くから人材を募集する流れにする事も出来るようになるでしょうね。
 ドローンで動かす程度ならば、多少の鈍さを含めての現在の通常通信規格でも十分に人の代わりを務めさせる事が可能と思われますね。まあ直接の作業スピードは人に劣るでしょうけど、なんやかんやの人における移動やらの要素と考えると、それほど悪いというほどでもなくなるでしょうしね。 単純会話業務程度で、それに付属してネット繋ぎでの他の機器使用ぐらいの形ならば、十分に対応させる事が出来ると思いますね。
 別に人型ロボットで、人のような形でPC操作やレジ操作させるような高等手段で考えるよりも、ドローンから専用体系で繋げて操作するぐらいの方向の方がまだ簡単に安価で導入できる無人&遠隔操作型の対応の形に出来ると思うのですけどね。

 あと遠隔操作型でも会話に関しては直接言語で通して話す以外にも必要な基本言語を登録しておいて、後は操作側の形からボタン式で選んでドローンに話させるという形で、遠隔操作型会話させる事も出来るので、物覚えの悪い人やコミュニケーション能力の低い人用にそのような機能で補助させられるようにしても良いかもですね。
 それに機械を通す形ならば、サポートもしやすいでしょうしね。案内等においても、操作側は画面上でマップ(地図)を見ながら案内させられるので、案内業も楽に出来るでしょうからね。
 ネットにおけるWi-Fi環境等がしっかりしているならば、人をいちいち配置していくよりもドローンを配置して行って、本部等からそれらを人が遠隔操作で扱っていくようにすると、人材を少なくしてもそれ以上の対応能力で対応させる事も出来るでしょうし、ネットからの遠隔操作で日本全国等から外部操作で仕事してもらうという対応にする事も出来るでしょうね。

 まあドローンに関しても今簡単に手に入るのが浮遊ドローンだからそれにして話しましたが、別に地上用でも海の方などでも可能ではありますけどね。
 あとはドローン以外にネットで繋げられるスピーカーとカメラ配置して、動かないけど対応は出来るという無人型遠隔操作での対応という形も出来るでしょうね。
 直接人がその場にいないと必ずしも仕事が出来ないという時代ではもう無くなってきているのですからね。その辺りも含めて対応を考えて行くと、人材を日本国内だけでなく、世界各地からも探しやすい形に出来るでしょうね。 もちろんその形では、ネットセキュリティはきちんと対応させる必要がありますけどね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 ドローン店員~終了~遠隔操作型のお仕事





























 観光案内とかを大体ドローン等に任せられるようになると、すごい楽になりそうな気もしますけどね。浮遊飛行が厳しいならば、地上移動型の形の普及を進めれば良いですしね。別に二足歩行でなくても、タイヤ型や四足歩行などの形ならば作りやすいでしょうしね。あとは利用客に持たせた形の小型ロボットからの音声案内という形もありでしょうね。それは機械対応でも良いですし、中の人がいても良いですしね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1324回 電話対応新システム 今時流SNS電話対応~固定電話恐怖症等もこれで解決~ +ハッカー問題 [NEWビジネススタイル]

 さて今回は固定電話恐怖症の話を聞いて、私も若干似たような状況から、対応策は何かないのかと思案した所思い付いた対応策を今回は紹介していきます。 これならば、直接電話で対応する必要は無くなり、いつでも連絡が取り合えるSNSを通じた形での電話対応の形に変えて、直接会話型以外の方法として使えるようになります。ついでに会話でメモらせる等の必要性の手間も省けるので、業務効率の強化等にも繋げられるようになります。

 さてその前にいつもの時事ですけど、中国の新型肺炎が猛威を振るい始めていますけども、ネットの世界でのハッカーとホワイトハッカーの戦いも熾烈を極めていく状況に成っていますね。
 今日の関西情報ネットtenでこのハッカー特集をやっていたのですが、世界では絶えず新たな戦争の形としてハッキング攻撃が世界中で頻繁に起きている状況で、日本の大手の三菱とかも攻撃受けたりとかアマゾン創業者にもサウジ王子らしきからの攻撃があったりと、世界で今最も頻繁に起きている世界戦争がネット上でのハッカー戦争ですね。
 これに対応する為に防衛用のホワイトハッカーという仕事する人たちが必要なようですが、日本ではまだ数が全然足りていなくて人材難が酷いようですね。まあ少子高齢化も相まっているし、日本は全体的にネット界での防御の緩さが指摘されていますしね。全担当大臣は無知バカでしたしね。あんな人選しかないのは、非常に国防的にも問題でしかないですからね。
 それで、ten試算では、人材が約20万人ぐらい足りないという状況のようで、どうやって増やすのかを考えあぐねる状況のようですが、ここならばひとまずネット攻撃の進化が絶え間ないですからAIに仕事を奪われる事は当面無いと見て良いでしょうから、通常の経済業務はほぼAIに任せる形で、AIネット防衛を人間が行なうという形でなら、うまく運用させやすい形に出来るのではないでしょうかね? まあ防衛の方もAI等にもある程度サポートしてもらう必要はあるでしょうけど、人工知能のレベルがまだ低い状況でハッカーたちの進化速度が高いならば、それは基本的に同じ人間が対処していくという方法が最も効率が良いと思いますし、全体的な作業効率と仕事的な賃金の質の向上にも繋げ易いように出来ると思うのですけどね。
 どちらにもヒトヒトでは倍の賃金負担が必要ですが、片方をAIに任せるならば、後はホワイトハッカーの人材を雇えば済むようになるので、会社的にも良いでしょうし、優れた人材を手に入れる為には普通よりも賃金は上げる必要があるでしょうから、AIで稼いだお金を人に回しやすい構造にさせる事も出来るのではないでしょうかね。
 ちなみにDos攻撃等に関しては、対応として取られているでしょうけど、基本的に同じような物が一定時間以内に再度来たらそれに関する物を全てシャットアウトしていくという対処に出来れば、大量送信攻撃攻めもそれなりに対処していけるのでしょうけどね。あとは、内容確認類は全部一旦隔離PCに移した上で確認していくという対策やら、物理的な主電源をネットから隔離した上で、うちネットの特定のPC等からしか受け付けないようにした上で、それの2重3重構造からの物理型障壁を敷いて、その上でそれらすべてにネットからの防御構造も備えさせたら、1つ2つ潰されても大事な部分は守れるようにする事も出来るでしょうね。それに潰したらその奥にはそこから入れなくできて一石二鳥だし。そして例え乗っ取られても、物理的にそこだけ電源供給を絶てば、絶対使用不可に出来ますしね。 あとは正常ウイルスボムとかトラップで仕込んだら、かなり強固に出来るでしょうね。ホワイトハッカーが正規にデータ等を取り出すのも大変でしょうけど。

 さてそれでは本題に入って行きますけども、最近の仕事で頭を悩ませる最新の問題が発生しているようで、それが若者に多いとされる固定電話恐怖症といういわゆる普通の電話対応に恐怖などを覚えて嫌がるようになる症状という事のようで、私も似たような物の状況(というよりもコミュ障と好きに気楽に会話できない所のストレス値の増幅率の影響値が強いが。(闇魔導士オウカハルで話せるならば全く問題ないのだが。))で、その事での退職者等も相次いでいるようで深刻な問題の1つに数えられて、アルバイトの中には電話対応無しという仕事も増えてきている感じになっていますが、私の新型の電話対応方法を用いれば、誰でも簡単に外部との対応会話等をしやすく出来るようになります。
 その方法で用いるのは、SNSでの文字式会話等の方法で、個人間や会社間等での電話対応が必要な場所にて、会社用のSNS専用で使えるスマホなりを用意して、必要な人員にも会社業務専用で持たせるようにします。ちなみに事務やら本部やらには部署等の管理場所ごとに1つずつ配置していく形にする。 そして付加要素として、人の声に対応して文字を自動で入力してくれるサポート機能があればなおよし。
 それらの状況下で、SNSからの通信経由での必要情報対応をさせるという形式で、事務やら本部やらの部署ごとなどの場合は、担当を特に決めずに対応可能な人が送られてきた内容を元に対応していくような形で返信したり必要な人を呼んだり情報を回したりして、随時対応をそのスマホ等を元にして行くという形に出来れば、完全個人間だけでの電話対応で感情もある程度伝わる1対1の状況ではなくなり、SNSを通じた形での対応の形に出来て、必要な情報等も文字形態で残しておけるので、再度電話越しからメモをさせる必要もなくなり、情報記憶の確認の必要も無くなるので、遥かに通常電話対応よりも業務効率を上げられるようにできます。
 ついでにSNSならば、相手が直接電話に取らなくても必要情報を送る事ができ、対応に関してもそれに対して必要な人がそのスマホ等から介して、回したりすれば良いので、固定電話等での場所的制約も無くなりますし、取次も楽に出来ます。まあ広いフロアの場所等においては、各場所で送信専用体系での送り合いで会話内容を瞬時に送れるようにしても良いでしょうしね。
 その上で、声の形で自動的に文字が打ち込まれる形ならば、文字入力が苦手な人でも対応させやすく出来ますよね。 ついでに電話での受け手専用も必要無くなりますので、人材配置の形でもそこに人を回す必要はあまり無くなりますし、基本的に新人等が回される必要もあまり無くなりますね。情報を言葉などで受け継がせる必要無く、データ間で直接送り合って確認出来ますからね。
 そしてその文字データをさらに会社のデータ等に登録させるのも簡単に出来るのならば、さらに業務効率の改善に繋げさせる事も出来るでしょうね。

 普通の電話でのやり取りには抵抗や恐怖がある人でも、SNSで介してやり取りするならば、普通に出来る人はかなり多いのではないでしょうかね? 何せ今のSNS系を普通に出来ていたりする人たちならば、むしろそちらでの形の方が仕事がしやすいと感じる人の方が多いのではないでしょうかね? 電話対応もいつまでも時代遅れで通すのではなくて、今の新しい形に変えて対応していくという方向に出来れば、かなり業務効率の改善に繋げて行けるのではないでしょうかね?
 少なくとも必要情報の確認等においては、通常電話対応に比べて遥かに情報の確実性と安全性に繋げて今までの対応時間を短くする事が出来ると思いますよ? 無駄な確認も声に出して伝えるという時間も必要無くて、データをそのまま送り合えばよいだけですしね。
 あとは文字打ちが早い人はそれで、苦手な人は声対応で打ち込んでいければ、対応会話の状況は今までとあまり変わりなく正確に情報の交換などが出来るようになる。
 データ流出の心配性等があるならば、公に繋がるSNSの形ではなくて、新たに会社内のみなどで使える限定のSNSの形を作り上げたりすれば良い。 特定のスマホ機種同士でしか繋げられないSNSとかの形で本体の機種機能から制限制約を持たせたりすれば、セキュリティの形をさらに強くしたりも出来るでしょうしね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 今時流SNS電話対応~終了~ハッカー戦争





























 あと面白いスマホSNS対応装備として、メガネ型もしくはメガネ装着型のウェアラブルデバイスでの形で、SNSの新着信に対応して光を発したりできるとか、簡単な文章ならメガネ内に表示できるとかの仕組みが出来ると、スマホ等をポケットに閉まってバイブ等の振動や音に気付けない時でも掛けているメガネから着信に気付いて対応出来るようになるでしょうね。
 これなら別の仕事との両立もしやすく出来ますよね? END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1279回 ゲームと仕事を繋ぐビジネス~Wチャンスの輪~ [NEWビジネススタイル]

 さてビジネス系でのゲームとの繫がりを含めた仕事の形というこれまた問題がありそうな内容の新たな働き方についての話をしていきます。
 3つの立場からそれぞれ2つの可能性というか利点を得られるという意味でのサブタイトルとなっています。人材を探す働き口とゲーム運営企業とゲームプレイヤーの関係の輪ですね。

 さていつも通りの時事ですけど、政治家絡みで1つ言いたい事がありますが、政治家にも冬のボーナスが出るようで、その中で自民党の中の雲隠れして何もやっていないような政治家にもボーナスが与えられて、返金する必要性無しという制度になっているようですけど、今の安倍政権下での自民党政治家は、何もしなくて家で食っちゃ寝しているだけでも高額の給与が得られるのですね。
 貧困世帯の国民は、必死に働いて死ぬ気で働かないと生活できないというのに、自民党の政治家であれば何もしていなくて問題起こしていても高い給与と数百万越えのボーナスが得られるというのは、酷い格差社会ですよね。やはり独裁政権の状況ではこういうお金のルーズさというか世間との乖離性が出てくるという事でしょうかね。
 国の予算が足りないから消費税とかどんどん上げるけど、結局上げた分がこういう何もしていなくて問題ばかり起こす政治家に振り分けられるというのでは、許される事ではなく、大幅に無駄金を身内にばら撒いているから予算が足りないと思われても仕方ないですよね。
 そう言えば今の与党の官房長官の発言で問題視される言葉もあったみたいな噂もあるようで、「被災地復興の為には、まず外国人観光客が泊まれるホテルを優先的に作って外資を入れていくのが大事だ」とかの発言があったみたいですが、その被災地では未だに多くの人が家無し状態で仮設住宅にも入れない状態が続いているようで、被災者の救援よりも外国人を招く事にお金を使って行こうと暗に言ったような状況に、被災者軽視の疑いの噂が出ているようですね。まああくまで噂ですけど、それが本当なら、安倍総理共々クズ政治家共としか言えなくなりますね。自国の民を救う事よりも外国人観光客の事しか頭にない状況だという事ですからね。さすが自国の安全危機意識が低い人達の考えそうな事ですよね。まあ噂程度に過ぎませんが。

 あともう1つの話で、顔認証やら網膜(目)認証の形が近々地下鉄の方でも導入が予定されているようですね。(まだ予定で未定のようですが。) それで瞬時に個人識別していろいろ便利にするといった形にしていくようですけども、顔認証の形にはまだ問題が多くありますね。マスク禁止(香港みたく)とかグラサン禁止とか女性の場合の化粧禁止に整形も判定アウトで、双子やそっくりさん等で判定がおかしくなったり、顔に怪我しても使えず、老化によって突然使えなくなったりしてしまうようで、意外と問題だらけな顔認証方式のようで、さらに言えば高度なプロメイクによる覆面マスクを作成すれば、別人に成りすましてしまう事も可能とかの形になる事もあるでしょうから、意外と抜け道がまだまだ多い顔認証という感じですね。
 それに対して網膜認証の方は、老化もせずに個人毎によって完全にバラバラで、同じ網膜で被る可能性は1億とか1兆分の1とかの確率のようで、安全性が高いという事で導入されている国や企業等も多く出てきているようですね。 ただしこちらに関しても、これ系に関してのスパイ映画等では普通に偽造出来ていたりもしているので、100%安全であるといった保障にはないようですけどね。
 多分網膜認証の場合は、コンタクトレンズの形でどうにかできる可能性が高く、コンタクトレンズやカラーコンタクトの状況によっては、判定がおかしくなる可能性は否定できないでしょうね。(ゴミが付着していたり傷がついていたりしてアウトとかありそう。)
 まあこういう安全管理に関しては、何をどうやろうとも究極の形でも99.99%の形にしかできないのですから、絶対の安心はしない方が良いという事ですね。 まあ基本的一般利用の形においてはそれでも良いでしょうけど、普通の形で利便性良く比較的安全性も得られる形でなら、パスワード管理等をした電子端末からの自動確認等の形でも良いでしょうけどね。
 身体的情報も偽造しやすいと言えばしやすいですからね。画像能力がこれから向上して行けば、SNSに上げた顔写真から網膜情報や顔の情報を偽造して作成するという事も出来るようになったりするかもしれませんしね。あと指紋とか? 高い画像解像度もこの点では良し悪しですよね。

 さてそれでは本題のゲームと仕事を繋いでいくビジネスの形を紹介していきます。
 これは以前のゲーム依存症障害などで、その依存の力を仕事の形と結び付けられないのか?と考えた形からアイデアをさらに深く考えて行った内容なのですけど、ようやく3者の利益の形の結びつきがまとまったので、今回紹介していくゲームから繋がる仕事の形という働き方の新たな形の話ですね。
 それで、今回の内容の形は、スマホやネット等のゲームプレイヤーに対してそのゲームの運営企業を通じる形で働き手人材が欲しい所と組み合わせて、ゲームにおける特別な褒美を得られて現実のお金も手に入るバイトクエストとして用意させて、お店等に人材を送る形でのゲーム運営企業が一種の派遣を送る形での仕事形式となり、さらにそこの仕事における企業やお店における繫がりからさらなるビジネスチャンスや双方の利益になる事に繋げていき、いろんな物やサービスを生み出して行けるのならば、3者全員に利益が複数発生する事になる。
 まずゲームプレイヤーに関しては、バイトクエストに参加する事によってそこでバイトをして現実に働く事になる代わりにゲームの形での特別な限定のプレゼントが得られた上に、バイト代も得られて、ゲームを進めやすくついでに現実のお金も得られる形になる。
 そして人材が欲しいお店等に関しては、ゲーム繫がりからの派遣という形でゲーム特典を目的とした人材が集まる代わりに、人材を多様的に集めやすく、そのゲームとのコラボやら協力していく組み合わせによってさらなるビジネスチャンスの発生と店や商品等を知ってもらう事に繋げて行けるようになり、総じて人材を集めながらさらなるビジネスチャンスを増やして行く事に繋げて行けるようになる。
 最後にゲーム運営企業に関しては、派遣の形における一種の人材をゲームの形で集めて、それに乗っかりたいお店等の所に人材を送るバイト探しのお手伝いで地域貢献などに繋げられて、同時にゲームの宣伝などにさらなるビジネス展開の幅を広げる形でのいろんな事業との繫がりによるビジネスとゲームのさらなる発展と拡大に繋げられる事になる。

 これがそれぞれにおけるWチャンスの輪の形となり、基本現実では閉鎖的で仕事との繫がりが薄く、むしろ邪魔している事にもなったりするゲームを通じて、人材派遣の形を元に人手不足のお店等の解消とともにさらなるビジネスチャンス等の拡大に歩を進めて行けるようになります。
 それでこの仕組みの具体的な内容に関しての解説に移って行きますが、まず最初に人手不足で人材が欲しい店等とゲーム運営会社が話し合ったりして繋がってバイトにおける情報共有でどういう働き方の形態にするのかを決めてもらい、基本的にはここでの繫がりは派遣事業での形としますが、これに人材として参加するゲームプレイヤー等は基本的にアルバイトの形での仕事への参加という形にします。
 それは基本的にゲームプレイヤーが働く形態としては、週や月単位での契約体系ではなく、基本的には日雇いバイトのような形での時間が合う時に参加する形のバイトクエストの形態とさせて、行なわせる形にする為、基本的な派遣よりかなり短い時間が基本となるので、お店と企業は派遣という形態でそれに参加するゲームプレイヤーはバイト的な形になります。まあ内容によっては週や月単位契約のバイトクエストを作っても良いのですが、基本的にこれに参加するようなゲームプレイヤーはゲームを進める上でのお手軽感を求めたりするでしょうから、基本的に単発形式での形の方が人材は集まりやすいでしょうね。ついでに時間も短い方が、ついでの形と重度のゲームプレイヤーの人等に対しては良いと思いますね。まあそこの飴と鞭の仕組みは後で説明しますが。
 そしてゲームプレイヤー側の参加の形に関しては、ゲームの起動の形からバイトクエストというのを選択出来るようにして、予め参加に必要な最低限の個人情報等を入力させた状態で、得られるゲームの特典とバイトに関する情報を吟味して、働く場所を探す形にして、基本的にはGPS等での現在ゲームプレイヤーの位置が何らかの形で特定できるような形から、その場所から移動できる範囲で働く事が出来るバイトクエストを選択出来るようにして、無理な場所等へのいたずら防止に繋げて、実際の働くバイトクエストの形においては、その場所に着いて基本的な準備を整えた後にバイトクエストを開始するというのを参加プレイヤーとお店側で起動リンクさせて繋げる形で始めていく形になり、この間の契約バイトにおける状況は、ゲーム運営会社がきちんと管理する形で見守る事になるので、不正を防止しやすい形になる。
 それで終わった際も同じようにバイトクエスト完了の形をお店側と行なう形によって単発の場合はそこで契約終了という形になり、参加プレイヤーはお金やゲーム特典等を得られる形になる。
 ちなみにこの形において、予めお金に関しては銀行口座振り込みなどの形を取る場合は、ゲームにおける必要情報入力の際に登録させておく形にすると、ゲーム運営企業の形の下で適切にバイト代が得られやすい形に出来るので、それを基本とした方が利便性的に良い。ついでにゲーム運営企業が絡むのなら、そのままバイト代をゲーム内ポイント等に換金できるという形にも出来るでしょうしね。 つまりゲームの運営側が仲介と補償も含めて行なう形になるわけですね。

 それでバイトクエスト時間や週や月単位等の長期で行なう場合の飴と鞭の仕組みに関しての話ですけど、基本的にゲームにおける繫がりで人材を集める際の形においては、その対象が基本的にゲームプレイヤーでの重度である場合も多いわけで、さらに遊びでストレス発散目的等でやる場合も多いので、基本的に長時間の仕事拘束は嫌われる傾向にあります。
 なので、基本的には1時間単位での人材募集の形が集めやすいのですが、2時間以上の場合でやる際には、5~10分によるゲーム休憩の有無を1時間ごとに得られるかどうかの設定をして、ゲーム休憩をする場合は1時間毎にバイトクエストの仕事時間とは別にそのゲームで休憩をする事が出来るようにさせて、ゲーム依存症の人でも参加しやすくさせながら、バイトクエストにおけるゲームの特典の報酬を休憩を取る場合は普通で、取らない場合はボーナスが付くという形にして、ゲーム休憩をするかどうかをゲームプレイヤー側が選べるようにする。(もちろん最初の条件でこれの有無についての説明は付けておく。無しの場合は、最初からボーナス付きの形での特典報酬表示となる。)
 つまり、ゲーム休憩をすれば仕事で1時間ごとにプレイして心休めるが、それを我慢して長時間働く事が出来れば、追加ボーナスでさらに特典報酬が得られるようにすると、ボーナスにおける効果で真面目に長時間ゲームを我慢してバイトに励ませる効果をもたらす事も出来るようになる。
 それで、週や月単位での長期契約で縛る際もボーナスの形の表示でより良いゲームの特典が得られるという形での内容とすると、多少は人材が集まり易くなる。
 ちなみに、この際のゲームの状態は、バイトクエストの形で仕事中で止まったままの形として、基本プレイできないようにさせて、ゲーム休憩中にそれを超える時間プレイしようとしても自動的に停止する機能にしたりして、無視してプレイしたりしようとする場合はバイトクエスト破棄という形で、働いた時間におけるバイト代は支給されるが、ゲームにおける特典は得られないというペナルティを用意させて、バイトクエストの達成に向けるようにする。

 それでゲームにおいての特典というのは、ゲームによって内容は様々用意できるでしょうけど、基本的な所としては、ガチャ系の回数が増えたり、限定のアイテムやキャラが貰えたり、ゲーム内ポイントが貰えたり、RPGや放置系ゲームでは、バイトクエスト中もゲームが自動的に進められて、経験値等が多めに手に入るとかの形ならば、バイトクエストをしてでも仕事に参加したいと思う人材は出てくる事になるのではないでしょうかね。
 仕事先に関しても、基本的にゲーム運営企業が契約する形での仕組みとなるので、ゲーム運営企業が信用できるのならば、安心してバイトクエストに挑みやすくなるでしょうしね。ついでに諸々の保障関連もゲーム運営企業がする形になりますしね。
 そしてお店とゲーム運営企業とのビジネス的な繫がりにおける連携や協力等においては、こちらも業種やゲームの内容によって多種多様な形になるのでしょうけど、飲食店や小売店等では、主に関連コラボ商品やサービスになり、サービス系でも基本サービスで、工場系ならコラボ商品とかの形になったり、ゲームとのさらなる組み合わせの形に発展させたりもできるでしょうね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 ゲームと仕事を繋ぐ~終了~バイトクエスト





























 ゲームは基本的にどんな系統でも出来ますが、街探索系とかなら、より組み合わせられるバリエーションは多いでしょうね。
 あとは、お店等の特色を持った限定アイテム等が得られるという形の発展の形でなら、ゲームの繫がりとしてやり易い形にしやすくもなるでしょうね。 お店側等としても、それを広告等と連動させやすくなったりも出来るでしょうしね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1216回 陸上の海産資源育成施設~海に限定する必要無し~ [NEWビジネススタイル]

 さてまた世界含めた話に戻り(別に消費税含めた話は日本限定というわけでもなかったけどね。)まして、ニュービジネスというよりは新農産海産事業みたいな話ですね。
 それで今回は海だけに頼らずとも安定安心で行なえる陸上の海産資源育成施設についての話です。

 それで時事に関しては、ラグビーばっかで特に無いですね。強いて言えば、また台風が発生して今度は最強クラスでまた連休に接近する予定という事が報じられているぐらいでしょうかね。
 台風に好かれていますね日本。そして毎回の如く大災害に見舞われると。日本は安倍自民党政権下では成長も過去の勉強も一切しないという事ですかね。碌な対策を講じないから毎回大災害に見舞われるというのにね。逃げるだけではどうしても解決できない問題が山積みだというのにね。最後には日本列島残して海外亡命しますか?台風に負けて遁走する感じで。(笑)

 さて台風話を終えまして、陸上の海産資源育成施設についての話をしていきます。
 これは単純に今まで海で行なってきた魚以外の海産資源育成を海に限定するのではなく、同条件環境を疑似的に作り上げれば、陸上の建造施設でも可能なはずという事での話です。
 魚を育成できるならば、似たような形で魚以外の海産物の育成増殖も可能なはずであり、この方法を使えれば、貝類やウニに海藻類なんかも安定的に海の自然環境に左右されずに育成していく事が可能であり、食べる目的以外だとサンゴ等もこのような形で安全に成長させて守る事や品質の良い物を育成させる事に繋げて行く事も可能です。
 陸上に作るのならば、セキュリティさえしっかり出来ていれば、他国に勝手に取られる心配も無くなりますからね。取られたら取られたで犯罪確定条件となりますし、海で絶滅危機の海産資源や動植物を守りたいというのなら、陸上に同じような環境の陸の海を作り出して、守り育成するという形にすれば、安定的に数を確保していく事も出来るでしょうね。それも安全な物がね。

 それでその方法に関しては、基本的に魚を育てるノウハウから転用させる形でも良いのですが、定期的やもしくはパイプ接続等から海の水を持ってくる形で、なるべく海の栄養を取り込む形で、後は施設内での温度管理をして、育成に向いた環境で育てて行く事が出来れば可能でしょうね。
 あとは建物の状況に関して、横に長く広くするのか縦の階層構造で分けつつも全体を繋げたり細かく分けたりするのかは育成用途ごとに決めて行けば良いでしょうね。
 施設内であれば人工の潮の状況管理も行い易いでしょうしね。

 それでこの方法を用いれば、海の状況次第で出来なくなる事も防げるし、船による移動費用削減に繋げる事も出来るし、ビジネスとして稼ぎやすい方向に出来るし、後には完全機械化での安定安全で稼働させられるしで、メリットも多いでしょうね。まあただし最初にその環境を作るのは多少大変かもしれませんけどね。
 そしてこの方法を開発して行ければ、海が無い地域や国においても常に新鮮な海産資源での食事にありつくというような形にしていく事もでき、既に発展途上の魚と含めてこの形を世界に広げて行くように出来れば、無益な天然資源の奪い合いをしなくても済むし、安定的に安全な物が手に入れられるようになるので、世界全体での食料の確保率を高めて、世界の飢饉飢餓状況の対策にしていく事も出来るのではないでしょうかね?
 そしてついでに、この方法を世界で大量に用いて行くと、相対的に海の水を陸の上に持ち込んで使う量が増えるという事であり、世界の海の海面水位の上昇を防ぐ効果にもたらせることも可能です。

 さらに言えば、このような方法を用いて原発の処理水の水を用いた形で海産資源を育てて食の安全性の確認用にしていく流れから、その水の安全度を図るという方法に用いて行くなんてことも可能なのではないでしょうかね? 動植物が安全に育成できるかどうかを占う実験として用いる事も可能な方法ですね。もちろん最初に食べるのはその水が安心だという人たちですが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 陸上の海産資源育成施設~終了~陸の海





























 あとそういう陸の海での形なら、独自の海の環境を作り出して、今までとは全く違う種類や味を作り出して行くなんて方向にさせる事も出来るでしょうね。そうする事で単調に近くて海の状況に左右された状況から、安全で安定的に作れてかつて直に育成して行ける事から参入して行ける人は増えて、その分その海産資源の種類を増やして行く事もより可能になって行くでしょうね。
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1180回 反日不買運動対策 +地球温暖化現象貢献の大量の被災ゴミ [NEWビジネススタイル]

 さて本日はたかじん委員会がクイズ式のお話だったので、無視して普通なのを軽く話します。まあ内容は韓国が行なっている反日不買運動を出来なくさせようとするビジネス的な対策の話ですね。これを機に、今がお得感を出したら相手の決意も揺るぐかな?という内容ですね。

 さて時事に関しては、米中貿易戦争がさらなる応酬合戦に展開している事はやっていましたが、まあこれはしばらく収まらないでしょうね。中国が独裁政治を続けている限りは、アメリカは民主主義の代表国として世界の覇権争いとしても一歩も引く事は出来ないでしょうからね。
 中国の独裁政治が経済にも入り込んでいるから、アメリカは反発せざるを得なくなるのでしょうね。それは世界的に見て中国が経済において平等をしようとしていないから。
 なんか今バンキシャ見てたら、中国が完全独裁国家の道一直線になってきている感がありましたね。完全に北朝鮮と遜色ない感じに見えますね。愛国だけを進めるのは、独裁国家でしかない。

 それでタイトルの方に+している内容はこちらの時事で言いますが、少し前の九州北部の大雨災害においても言える事ですが、浸水やら災害直撃での被災ゴミが毎回大量に出ていますけど、あれが大量に出ている現状が地球温暖化への最大の貢献をしている行為だと思いますけどね。
 結局燃やしたりするしかないのでしょうし、今回の場合は油も加わっていたりしますし、大量のCO2が出される事になって、災害で家や家財を見捨てる度に大量の地球温暖化への貢献をしている状況になって、もっと災害を増やしてほしいと願うかのような状況に繋がって行っていますよね。
 あれこそ愚かな負のスパイラルではないでしょうかね? 人の命だけ助かればいいやという精神が、地球温暖化に貢献して大量の森林伐採に貢献して、被災難民を増加させて失った物で苦しみ苦労する人たちで困窮する人たちが増えるというのは、まさに全てにおいて悪い事をしているかのような状況ですよね。
 その人達の命だけが助かれば、他の人達がさらなる災害に見舞われても良いという真に自己中心的な考えから来る行動でもあると見ますね。やろうと思えばできる災害対策は確実にあるのに、それをせずにいつまでも逃げ逃げ精神からの人の命だけ助かれば良いという行動では、この地球における人の住める環境を破壊していく事に繋がりますよ? それは全人類に対する重大な攻撃行為でもあるという事に気付くべきではないでしょうかね?
 浸水被害など単純な仕組みで簡単に回避する事は可能なのですよ。無駄な簡単に壊される防壁作る暇があったら、水に対する落とし穴と排水設備を早急に構築させた方が、被害の状況を今の1/10~1/100には普通に出来るでしょうね。
 水の力を強くさせない仕組みを作り上げれば、いくらでも被害を限りなく低くさせてほぼ0にする事は簡単に可能です。それを今のやり方ではただ耐える方法を取って、相手の力を増大させているからいつか壊されて大被害になっているのですよ。
 耐久力で自然に勝てないのなら、相手の力をうまく分散させていく方向にしたら、総合的には同じ力でも被害を限りなく低くする事は可能ですね。 ゲームにおいても力強い攻撃を完全に防ぐのは無理でも、連続攻撃をノーダメージにするのは意外と簡単ですからね。(1度だけ完全回避とかゲームの中だけのスキルを除く。あくまで現実でも再現可能なレベルの話で。)
 そうやって力をうまく分散させて、実被害を限りなく0に抑えられるのであれば、被災ゴミが大量に発生する事を防ぐ事ができ、それによる経済的な大打撃や経済活動の停滞などを防ぐ事ができ、同時に大量に燃やす事での二酸化炭素等の大量発生による地球温暖化現象に大貢献する活動を防いで行く事にも繋げられるので、一石二鳥ですよね。
 ちなみに土砂崩れ等に関しての被害回避は、ほぼ1択のモグラさんしかありませんね。ああ、風に関してもモグラさんは最強ですね。まあ浸水などに関してもモグラさんは最強であり、漢字名称での土竜の竜的な強さをしっかり持っているのが最強回避のモグラさんですね。ポケモンのディグダも最初の頃は完全回避攻撃スキル持っていて強かったですよね。他鳥系も同様スキル持っていましたが。というかディグダの方は普通にリアルバトル形式でやった場合、かなりあれは最強系の強さになるのでは?(邪道含めると、相手プレイヤーに直接攻撃も可能でしょうし。)

 さて絶賛モグラ推しの後は、陰に隠れてしまっている韓国が行なっている反日不買運動対策のビジネスの話をします。
 まあこちらは結構単純な話なのですが、韓国が自発的に行なっている反日不買運動ですけども、その影響で日本の商品や観光産業に大きな被害が出ているようですけども、この状況で韓国が不買運動を続けている期間だけの特別企画で、大々的なお得サービスや激安観光プランなどを特別に出してみるという作戦を考えてみるのも良いのではないでしょうかね?
 それを韓国人だと分かる状況での大割引や特別サービスが受けられる状況として、主に被害を受けている所がそれをやれば、まったくの無収益よりかはましな状況に出来るでしょうし、ついでにそこから新規のお客さんを誘い込むようにする事も出来るので、この不況状況を逆にチャンスと見て、一時的な反日不買運動が起きている期間限定でお得サービスを展開するようにしたら、その状況から地道に数を巻き返して行けるように出来るのではないでしょうかね? そこで日本の良さを再度売り込んで反日不買だろうが関係無く日本製品を買いたくなるようにするようにして行けば、それは経済において良い方向に持って行きやすいのではないでしょうかね?
 例えば観光含めた日本旅行に関しては、普通に韓国で生活するよりも安いお金で楽しみながら旅行生活が出来るような感じにすると、生活費節約の意味も持たせてより来やすくさせられるのではないでしょうかね? さらにその状況で次に同じ場所に来る際のクーポン券などを発行してプレゼントする形にしたら、再度来やすく出来ますよね? それはあくまでお客さんが少ない状況下で行なう事限定とすれば、そこまで費用的負担が膨らむ事はないでしょうし、それで気に入ってもらえるのならば今後の収益にも繋げて行けますから、日韓状況の行方に左右されずに安定的な付き合いの状況を深くして行けるのではないでしょうかね?
 その他韓国側の方でも限定的に大幅割引として、普通に他の物を買うよりもお得感が強い状況下にすれば、日本が独自に持っている品質保証の面から、いくら反日不買運動で強がっていてもその反動で安くなるとなったら、確実的に買おうと行動する人は増えてくるでしょうね。
 その状況で悪くなる前の状況にまで戻って行けば、自然と反日不買運動の意味や効力自体が露と消える事になるので、その辺の経済においては元通りよりもより強く深く浸透させる事が出来るようになるのではないでしょうかね? もちろん日本の観光がてらに期間限定韓国人旅行者割引きで日用生活品等を安く買ってもらって使ってもらうという形で広めさせていくという方向でも反日不買運動の影響下を無くしていく事は出来るかと思われますね。
 つまりそういう意味では、逆に今が売り込み時のチャンス状況でもあると言えるという事ですね。 基本相手が反日不買運動に参加している状況だと言えども、その状況下が限定でお得感満載になると知ったら、確実にそれに反する動きも強くなっていくでしょうからね。そしてそれが強くなっていって元の感じまで戻って行くと、反日不買運動も自然消滅をしなければいけない状況になるでしょうし、これに関しては政治関係無く日本側から対処してその分、後の利益に繋げて行くという方向に持って行かせる事も出来る。
 存外韓国人の中で日本製品が大好きな人たちは多いようですし、そういう意味でもこういう行動が出来れば、その人達の利益にも繋がる形から反日不買運動の流れを日韓双方から押し崩して行く方向に持って行く事も可能という事ですね。政治関係無く民間経済と繋がりの形からね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 反日不買運動対策~終了~被災ゴミとモグラさん





























 まあ自然災害等に関しては、基本的にモグラさん等が最強に回避できていますよね。地面に潜れば、いくら強風が吹きすさんでも全く問題ないですし、上から降ってくる物は出入り口の蓋を閉めておけば直撃は避けられますし、そこからいくらでも別口の移動ルート探せますしね。そして水に関しても排出用の排水道を作っておけば、完全回避で楽々生活可能という事ですから、モグラ生活で行ければ最強ですよね。
 基本は地上に顔を出している状況で、何か災害の予兆がある時には地面に潜って回避出来るような形にすると、すごくよく守りやすいでしょうね。全てを自然災害から確実に守りたくて地面上にこだわるならば、モグラさん式の対応策が現状最強ですね。 穴掘りモグラ。 モグラEND
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - NEWビジネススタイル ブログトップ