So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第1223回 バンジーThe大回転ブランコ~絶叫ブランコ~ [魔法&ゲーム]

 さて予告通り遊び系アトラクションな話で参ります。バンジーとブランコ足して大回転させるといった内容ですね。 そして予測不能系を追加要素にさせるので、毎回違った絶叫状況になります。バンジー加えると大体そうでしょ?

 さて時事に関しては、超巨大台風被害での報道の状況も月曜に入って本格的に始まって、各地の甚大被害の状況や被災の状況に困窮状況等の情報が様々に発覚して行っている状況で、毎度お馴染み被災ムードな雰囲気が漂っている状況ですね。
 私無視して大丈夫とした結果がこれであり、本当に被害に遭わないと自分の今までの愚かな行動には気付けないバカが多いという事でしょうかね。これだけの大災害で十分酷いと思われている人も多いでしょうが、アメリカ等のハリケーン等の状況見ていたら、これはまだ軽い方だと思った方が良いですけどね。風だけで原型留めているのはまだ軽い方ですよ。とは言え、住めなくなるという意味での大災害には変わりませんけどね。
 あと今回の台風災害の大きな特徴としては、集中豪雨台風だったという事で、広範囲に甚大なレベルでの河川氾濫が同時多発的に発生(まるで自然のテロみたい)して、大規模水害が至る所で発生していたようですけども、今の旧世代型堤防の形では止める事は不可能という事ですよね。
 まあそれで専門家の話では黒い噂として、都市部に被害を出さない為に田舎の人達を犠牲にしてでも止めようとする事を政府がひた隠しにして今の形になっているなどという話もありますけど、それを別にしても元大阪市長の橋本さんでも何とかするには立ち退きやら堤防改良に5年以上は必要で、ミヤネ屋の宮根さんの話でスーパー堤防でも10年以上は防いで行く為に必要だという話のようですけども、私の仕組みでのウォーターガード式の堤防ならば、基本形だけで良いなら1ヶ月で必要な対策は取れるのですけどね。もちろんさらに強固な形にしようとしたら追加でウォーターアイス式で2~3ヶ月くらいと、水災害の街の発展利用型の形で2~3年ぐらいは必要になりますけどね。
 まあでも単純に河川氾濫通常堤防決壊クラスの水災害であれば、ウォーターガード式堤防の形で十分防ぐ事は可能ですけどね。大規模工事の必要性はありませんし、割かしどこにでも設置可能な方法であり、それを作る為の簡単な工場と設置含めた人員を用意してくれるならば、1ヶ月で+の排水能力簡単向上設備と組み合わせても出来ますね。 この方法であれば立ち退きの必要も全くもってありませんからね。
 まあただし、市町村1つずつ単位での仕組みの話になりますので、河川毎に全体で協力するとかしないと、その場所だけ回避とかになる仕組みである事もお忘れなきように。
 土堤防や石堤防では時代遅れなのですよ。それに、ウォーターガード式なら水位の状況に合わせて上下に昇降しますので、普段状態の景観も破壊せずに守りは通常よりも固いという今の科学技術から見れば、1~2世紀は先の仕組みですかね?天才たちが考えつくまでの期間として。
 ちなみに、この仕組みの原形については既にこのブログの中で公開済みなので、探してもらってもかまいませんよ。ヒントは水です。(私のブログをよく見ていないと探すだけで数日かかるかもしれませんが。(笑))
 ついでに橋の方もとある改良を加えられたら、塞き止め効果を無くさせる方向にしつつ橋も守る形に出来ますね。 全部既に基本形の話は公開済みです。
 だから今私は世界向けの話をしたり、遊びに走ったりしてクールブレイク中なわけなのですよね。一通り今の日本の問題に対する基本的な所は終わったからね。

 さてそれでは長めの時事も終えまして、遊びに邁進してまいります。
 それで最初としては、公園のブランコをイメージしてのバンジーと組み合わせて大回転させてみたら絶叫ブランコになるのではないのか?という感じで作り出した絶叫マシンで、1人用でも複数人数用でも良いのですけど、基本の形は大回転できるような形の構造で、人の乗る場所は人を完全固定できる形で、回転中心部分から一部は普通に棒の支えの形で、その途中からバンジーの紐に変えて人が乗る場所までバンジーの紐でくっつけるという構造にして、スタート地点はバンジーのような上からダイブとかではなく、普通にブランコのように下からだけども、勢いを付けさせる為にバンジーの紐が限界まで伸びるような形で引っ張って行き、さらにうまく回転させる為にスタート時のみバンジーの紐がうまく回れるような角度を付けさせる形にして、限界値まで引っ張り終えた後にタイミングを伝えずにスタートさせる形(ちなみに乗り降りするタイミングは後ろに引っ張り出す前の時。)でストッパーを外して、勢いよくブランコの形で円を描くように中心から回転するような形で、後はその回転力が続く限り大回転をして、それが出来なくなったタイミングから第2ステップの始まりで、勢いよく回転が収まるまでの急激前後ブランコを楽しむ形に変わります。
 これを完全機械式ではなく、客の重み付けと回転力を上げさせる為の仕組みを1回転するごとにランダムに付与させる形(中心から途中までは普通の支え棒の形であり、その回転にさせる際にブランコ状況の回転力に加えて、機械の回転補助の力も加えて回せる形にする。)でもって、回転の勢い状況が乗る度に変わる形で、第2ステップの揺れる急激ブランコの状況の際にも中心部の下を通過するたびに勢い値の変数状況を変える仕組みにすると、自然ではない揺れ方を作り上げる事が可能となり、予測できない恐怖を与えさせる絶叫マシンになります。 ついでに乗り場の場所から一部はバンジー紐の形なので、さらに不規則な揺れ方になってより恐怖力UP?
 それで回転力が一定値以下になるか一定時間を過ぎたら終了に向けた形になるという終わり方とする。
 ちなみに機械による回転補助の形は、自然の回転だけにおける事故の防止の為。あとは回転の楽しみを増やさせる目的。

 あとは普通に少し高めの場所から乗る普通のブランコの形に支えの棒の部分がほぼバンジー紐に変えての形で、普通に漕ぐのも大変だけど、その後の揺れの動きが全方向に動く形になるので、とてもスリリングなバンジーブランコに出来ますね。 ちなみにその場合は命綱を付けた形にするか下の方に大きなクッション等を用いて落ちても平気な形にさせると良い。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 ウォーターガード式堤防~終了~バンジーブランコ





























 さてお次はどんなアトラクションをしますかな。シーソーも本来の使い方から大発展させた内容もありますから、今度はそちらにしますかな? 地味ではない超絶シーソー揺らぎ。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1222回 世界を救える知識ブログ +ロープウェー式水中鉄道 [建築]

 さて今日の朝の報道で地球温暖化に関する問題で、改めていろんな問題があると知りましたが、そのほぼ全てが私のブログの内容で問題解決に導けるという状況となっているので、今日のタイトルに一文載せてみました。
 というのも今の地球温暖化で問題にされている内容では、旧発電体系の悪さから、公共交通での大量の化石燃料などを使う事で悪化の一途を辿る形になるとかされているようですけども、私のビジョン(既に大半が公開済み)では、石炭火力など不必要で原子力発電すらも雑魚に見える形での協力自然発電の形が見えていて、強化太陽光発電に新型風力発電風力エンジンや人工滝発電や推進力発電等を開発できれば、全世界でクリーンかつ基本電気代を0に出来るほどのエネルギー量を作り出す事ができ、公共交通などのガソリンやら燃焼系オイル等のエンジンの代わりに電気をふんだんに用いる形かつ常時発電と供給を果たせる形での運行スタイルにして燃料コストを0にさせる車の形や飛行機に船の形を既に公開しているので、大部分の地球温暖化対策の仕組みに関しては私のブログで解決可能ですね。 まあ地球温暖化の最たる原因である世界人口総数の増加が止められない限りは、多少の延命措置ぐらいにしかならないでしょうけどね。
 基本車は太陽光発電と組み合わせれば、蓄電池の容量にこだわる必要はなくなり、飛行機は風力エンジンと太陽光発電で無限に飛び続ける事が可能となり、船に関しても太陽光発電というよりも人工滝発電と推進力発電で余るくらいには作れるでしょうし、世界の状況においてもこの3属性で余るぐらいに作り出す事は可能でしょうね。全部自然を最大限に活用するクリーンなエネルギーですけど。
 ついでにそれに合わせて回避不可な地球の自然災害に関しての対策等もかなり公開してきていて、地震含めた基本的な災害や大災害クラスの自然災害からは完全に回避させていく形もいくつも公開しているので、私のブログの中身こそが今の地球規模の国際的な問題を解決させていく事が可能な知識が詰まったブログであると言えるでしょうね。 世界が求める答えの先を出して行っているわけですね。
 だからこそ、それを無視するという事は地球温暖化対策も自然大災害対策もせずに無能なまま被害を甘んじて受け入れて滅んでいく人たちはこのブログを見なくて良いという事になるでしょうね。 何せその人達は未来を生きたくない人たちという事ですからね。
 ああちなみに、私のブログのそれぞれの解決策は、それ単体では未完成であり不完全な物であるという事はお忘れなくね。完全な物を出したら私の今後の出番が無いですし、私を頼るかどうかで出来が変わるというのは、私にとっては面白い展開なのでね。それに、私を頼らなくても天才が数十~数百人ぐらい集まれば、十数年から数十年程度で完成にまで持って行けるでしょうから、早く対策したいのかゆっくり滅びを迎えながらしたいのかで選択出来るという物ですしね。
 まあ長くなりましたが、世界の問題を早くどうにかして安心できる世界に作り変えて行きたいのなら、私の知識は使った方が確実性は跳ね上がりますよ。

 さて、長い前編終えまして、時事等々ですけど、台風19号の被害は甚大な物になっているようで、それもかなり広範囲に被害が広がっていますね。
 私が1年以上も前から話しているような対策を施していれば大雨水害から回避できた所がいくつもあって、見ていて愉快な気持ちでいっぱいでしたね。まあ被害に遭われて大変な状況になって苦しんでいる方が大勢いてその人達には憐みの気持ちは湧きますが、それよりも私を無視して大丈夫だとしてきた結果がこれだというのには、愉快な気持ちになりますね。確実に回避出来るような対策方法があったとしても、そんな災害は起こる筈が無いと高を括って笑い上げた結果がこれだったというのであれば、私はこの状況に愉快な気持ちを覚えたとしても無理はないでしょう?
 安全性と利便性を高める方法があってもなお、不必要やら議論にも挙げずに無視して行った結果がこれですからね。こういう被害をこれからもほぼ毎年のように受けていたいかどうかですよね。
 私を頼らず滅びの道を進むのか、私を頼って激動の時代に進むのかというどちらにしても変化の時では大変になる物ですけどね。
 前に私は地底湖やら地下通路&地下水路に人工滝発電の仕組みの応用含めて、いろいろ災害対策の方法は話してきましたけども、まあ無能な対策ばかりで、日本国民も政府も共に滅びの道へ進みたいのか如くな惨状ですね。
 私に言わせれば、災害の有効的で確実的な物はいくつもあるのですよ。いつまで旧石器時代の古典的対策で何とかなると思っているのでしょうかね?

 あとは、今日の遅れまくったたかじん委員会での状況について1言、日本人差別主義者と韓国人差別主義者で討論したらそりゃ収集は付かないでしょうね。(議論にしたいなら「混ぜるな危険」という言葉をプレゼント。)

 さて、残りの部分で昨日の地下水中鉄道と共に思い付いていた新たな鉄道?の形についての話なのですけど、現状海での移動の乗り物は船が基本の状況(それかヘリ)ですけども、ロープウェー式でなら、鉄道みたいなものを用意する事も出来るのではないでしょうかね?
 それが今回の話なわけですが、頑丈で強力な長い耐水ロープを用意させて、途中中継地点も含めながら1~3本1セット等(予備含めた安全設計)で水中を走るロープウェーを作り上げられれば、それは離島同士や本島と結べる新たな公共交通に出来るのではないでしょうかね?
 ちなみに水中の水面近くを走るから海底から見たらロープウェーという感じでそういう名称にしているだけですけどね。(分かりやすいように。)
 それで走る場所は、ロープの高さをある程度変化できるようにさせた上で、海が穏やかなら海面近くを滑るように走れる(ホバーフロート等を空気圧で作れれば良い。)ようにして、海の中を楽しみたい場合や海の上が嵐等で荒れている時には水中を移動出来るような形にすれば、どちらの楽しみ方でも楽しみながら安定的に移動が出来て、嵐等にも負けない形で運行させられる形に出来る。
 それで各所にある程度等間隔に中継地点を用意するのだけども、それらは海底にある程度固定させつつも上下移動をさせやすくする為にこちらもロープ式で海面付近の設備と海底の設備の形で設置するようにして、中継地点の場所もある程度の大きさでもって浮かべられる形(水中潜水も可能な設計)で、ロープウェーのゴンドラをある程度収容出来る広さを持たした上で、休憩施設の設備も加えて、さらにその海の上に浮かばせる大きさの形からこのロープウェー鉄道の電力の確保の為に太陽光から風力に水力の3属性合わせた形の発電施設も用意させれば、無駄なく安定的な交通が可能に出来るでしょうね。(それ単体で発電させて運行させられるから、万が一本島や離島での端々で電力が不能となっても運行させられるように出来る。)
 ついでにゴンドラには自力である程度水中移動出来るような形から蓄電池での稼働も可能な形にさせると、何かがあっても自力で移動させて危機回避させる方向に出来る。

 水中にロープウェーを張るというのは、面白くもあり実用的で利便性良く出来るのではないでしょうかね? これなら、嵐が来ようとも交通を妨げられて物資や人員が行き来出来なくなる事を防ぎやすい形にさせる事が可能ですよ?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 知識ブログ~終了~ロープウェー式水中鉄道





























 さて明日からは少し遊びに入りますかね。壮大な遊びのアイデアをいくつか思い付いたのでね。
 まあ遊びから他に発展可能な物もいくつかありますが。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1221回 大雨から守る地下の活用法~地下水中鉄道~ [建築]

 さて超巨大台風直撃な日ですね。しかしこちらは幸いなことにあまり被害の影響は受けていませんね。主に関東方面の方が酷い状況になっているようですしね。
 そして報道もほとんどがこの甚大なる台風に関しての情報ばかりなので、特段の今日の内容はありませんが、大雨浸水やら水没などに関してうまい方法で回避するような試みに出来そうな形を思いついたので、それの紹介と致します。ただし、地下街や地下鉄が無ければ使えない方法なので、さらなる発展と災害防止の2つの観点からも作っていくと良い形になるかもしれませんね。

 さて時事に関しては台風の報道ばかりで特に無いのですが、so-net内のニュースの中で気になる国際的な記事を見つけましたので、それについて少し話しますが、香港のデモの激しさの状況と共に香港では最近デモ活動者や子供たちが謎の失踪を遂げたり不審死で見つかるという事が頻発しているようで、中国政府の暗殺部隊が活躍しているようですね。中国政府に反旗を翻す者であれば無抵抗の子供であろうとも容赦なく殺すという事が中国国内だけでなく、香港でも繰り広げられるようになってきたという事のようで、本格的に戦争は終焉へと向かって行っているようですね。
 現在の香港の死の形へ。 結局のところ中国共産党には恐怖政治で支配する事しかやる事が無い悪政独裁政権でしかないという事ですね。こんな国と民主主義な国は仲良くなれる事はないでしょうね。少しでも不満を言う者が居たら容赦なく暗殺してくる国家体制ですからね。 多様な意見を認められない国家には、未来は無いと見るべきですね。そういう国は必ず混乱とともに崩壊する運命にあるのですからね。それは世界の歴史が証明している。

 さて本題の方は最近数多く起こる日本の災害過多な状況に対する対策の1つとしての方法の話ですけども、1つの空間をその為だけと見て活用するのでは、あまりにも無駄であり、活かしきれていないと見るべきでしょうかね。
 その辺は昨日とも通ずる部分がありますが、固定概念だけに捉われ過ぎていては、本来使えるであろう物でさえも使わずに無駄にするかもしれませんね。
 それで今回の話は地下街や地下鉄の大雨災害に対しての有効的活用策の話になるわけですが、基本的にそういう状況でそれらの施設や空間は使えない物として見られたり、逆に危険な場所であるという感じになる事が多いかと思われますが、そこに雨が溜まって危険になったりする可能性があるというのなら、その可能性をうまく使って逆に一時貯水場所や排水用の水路として扱えるように改造を施すという形にすれば、使えず危険な物から災害対策の為に使える物にする事が出来るのではないでしょうかね?
 仕組みとしてはどちらに関しても大雨災害等での地上が浸水や水没する時にその溜まる水をわざと地下に流れ込ませるような形にして、地下街であれば貯水用のシャッターを展開して一時溜められて、別の排水口から流せるような形にして、地下鉄も基本的な機械的駅の部分等の耐水防護壁等は展開させた上で、地下鉄の線路含めた路線を巨大な水路として扱えるような形にモードチェンジ出来るような仕組みを付けれれば、普段は地下街や地下鉄として使いつつ大雨災害等の非常時には、地上の浸水や水没を防いで水を抜きやすくする為の対策として活用させるという方向にする事も出来るのではないでしょうかね?
 さらに水が入って水中空間になる事を想定して地下街で人が動けるような空間を作り上げたり、地下鉄を利用出来るような形かつ地下鉄の電車自体も水中空間で動かせるような施しをすれば、多少の大雨災害如きでは問題なく地下鉄を動かせるようにする形に変える事も出来るでしょうね。
 その場合地下鉄の形としては、単純に線路の上を走る形ではなくて、線路のレールを車輪で挟み込むような形で電車の空間固定をある程度できるような形にして、水中移動用のスクリューも含めて展開して移動出来るようにすれば、地下鉄での水中空間内移動も問題なく運行させられるようにする事も出来るのではないでしょうかね。
 それで一部地下から地上にも顔を覗かせたりする路線に関しては、その地上部分に対して水路モードにする際にトンネル空間を自動構築させる形にすれば、水中空間による地下鉄型水路として機能させつつ風の影響を受けずに走れる地下水中鉄道として機能させる事も出来るようになるのではないでしょうかね。
 その上でどこかに大きく排水口などを用意して、水を流せるような形にして、ついでに地下水路空間とその流れる位置の調整をすれば、電車の固定をきっちり出来るようにすれば、後は簡単な移動能力に水流の流れで動かせられるという形にすれば、地下水流移動鉄道の形にする事も出来るでしょうね。 これは電車の移動だけでなく、様々な物を水流の力で移動させる仕組みにも使う事が出来る。
 ついでにその仕組みの形から水力発電の水流型という形も追加すれば、さらに効果的な形で便利に利用していく事が可能となる。
 さらにここでは話さないが、流れ込む水に追加で来る余計な物を自動で退けて行くシステムも活用すれば、円滑に大雨災害の水を発電や物資等の移動等に利用しつつ浸水や水没を防ぎつつ別の場所に流して安全性を高めて行く流れにしていく事が出来る。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 台風~終了~地下水中鉄道





























 さて今回の台風はどれだけの甚大被害になるのでしょうかね? 私を無視し続ける事で得られる多大な被害の数々は、どれだけ大量に積み上げれば何とかして対策をして行こうと考える事になるのでしょうかね?
 大雨強風に対しては、地上であれば、モグラさんこそが最強であるという事ですのにねぇ。
 やっぱあれですかね。バカと煙は高い所に上りたがる(地上より上でいたがる)という言葉が今の日本人にはしっくりくるという事ですかね。最強の安全回避は考えずに、被害を受け続けて不便で死にそうな目に遭い続けるのが大好きというドМさんばかりという事ですかね。
 さて来週あたりからはまた別の話を展開していきますかね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1220回 乗り物の有効的な使い方~地上だけが全てと考えるのは愚かである~ [政治経済改革]

 さて今回は抽象的なタイトルですけども、言っている内容としては商業やサービス等において地上が主体で当たり前だという概念を持っていては、さらなる発展した経済には繋げられず、物理的なサービスや利便性の意味でも意味を持たせられない状況にもなってくるという事ですね。
 まあ最近どこかの決め打ちバカが「常識を疑え」的なコメントを出してくださいましたが、凝り固まっているだけでは次のステップに進めない事もあるという事ですね。今回はそんな概念破壊の内容をいくつか話して行きます。そしてそれは私の最終到達点の1つである海上都市や浮遊都市等にも繋がってくる内容になっています。(まあその先にも更なるスタート地点は出てくるのでしょうけどね。)

 さて時事に関しては台風が迫りつつあるという事も今日の報道では集中していましたが、そちらは皆さんも普通に見ているだろうと思いますのでこちらでは今日はスルーするとして、世界の方に目線を向けてみると、アメリカが銃口の引き金を引く形でトルコがシリアに住むクルド人たちに向けて一方的な戦争を始めたようですね。 トルコのクルド人虐殺目的の戦争のようで、アメリカは今のトランプ氏の行動の利益にならないからと言って、クルド人たちを見殺しにしてトルコに戦争を促せるような行動をしていたというのが事の状況のようで、トランプ氏は戦争は望まないとか言っているようですが、引き金に手を添えた張本人ではあるわけで、トランプ氏が一方的な人種差別的虐殺を容認したともされる状況ですね。(ちなみに虐殺対象の中に一部キリスト教徒が含まれているようで、自分の信じる仲間もついでに殺そうとしている不届き者のような状況になっていますね。人種が違えばどうでも良いという事ですかね。)
 日本では超巨大な台風が接近していますが、世界ではアメリカが利益中心で行動をした結果、人種(民族や宗教も含めて)差別の虐殺目的の戦争が始まってしまうといった事も起きているようで、この件でも国際会議での非公式の話し合いも1つの国が反対すれば大量虐殺も容認されるという無能な状況になっているようですね。 だから世界から戦争が無くならないのですよね。抑止力の決断力が無いままに口先だけの形では何も止められず世界から戦争は無くなる事はない。それでその状況を維持させているというのは、実際は国際連合が世界での戦争を容認している事と同義であり、誘発させている要因でもあると言えるでしょうね。戦争を起こす事での経済的なマイナス要因を国際連合が作る気が無いのだから。
 これでトルコがクルド人大虐殺を進めて行ったら、また世界でイスラム国のような集団が再び生まれる事になり、今度は対象敵国をトルコやアメリカにその属国に向けた形になるでしょうね。
 そしてそれは最終的にはアメリカにとって大きな経済的マイナス要因になるのですが、短絡思考のトランプ氏ではそこまで知能が無いと言えるのでしょうね。つまり、またもやアメリカの身勝手な行動で新たなテロリスト集団を生み出そうとしているという事になりますね。

 さて怖い現実の話の後は、未来への経済や新たなビジネスに向けた可能性のお話をしていきます。全ての事は地上にある事が基本というだけでは、その先に進む事は出来ず、今よりもより良い形に向けて進みだして行く事は出来ないでしょうね。
 その形の中で必要な物は、移動する陸上含めた海や空の上の形ですね。つまり移動する陸上で新たな経済やサービスを生み出そうとするのであれば、電車の形であり海ならば船で空なら飛行機という形を連想させられるでしょう。
 しかしこれらの現状は主に物資や人員輸送の形ぐらいでしか使われる事はなく、それ以外の所もその基本に付随する所ぐらいでしか用いられていませんが、ある程度の安定を得られる広い空間という意味で言えば、そこにいろんな物を配置して経済やサービスの1つの地点として生かして行く事も出来るのではないでしょうかね? それは単純に物を運ぶ意味合いだけではなく、集まれる場所であり移動する意味も含めて活用できる新たな道であるという事ですね。
 その形の1つとしてはかなり昔に寂れた鉄道路線等に各車両ごとにお店を用意させて移動商店街をしてみたりするのはどうか?という話をしていたことがあり、それ以外にもタクシー鉄道の話なんかも出していますが、普通に鉄道として物資や人員を輸送する以外にも、お店やサービスを運ぶ鉄道として使う可能性やはたまた場所や空間として移動する病院や運動施設に学校もしくは塾に関する物を鉄道形式で運びつつも利用しながら移動にも使えるという事にすれば、それによる鉄道の利用価値は大幅に増やせる事となり、鉄道自体が1つの街のような形で様々な連携する経済効果やサービス等の形を生み出して行く事が出来るのではないでしょうかね?
 鉄道において移動する学校という形を作れれば、沿線などに住む人たちにとっては、駅が学校の校門扱いとして学校の方からやってきて中で勉強しながら時間に合わせてまた帰り場所を見つけて下校するといったような形にさせる事もでき、田舎等でわざわざ遠くの学校に足を運ばなければいけない問題をこれで解決したりする事も出来るのではないでしょうかね? その上で他に必要な設備は各種駅の近くに作っておいて、必要な時にその駅に行くなりを出来るような形にすれば、駅の発展にも役立たせつつ電車学校として目立ちながらも利便性良い学校の形にさせる事も出来るのでは? まあ単純に勉強を行なえる場とするのでも良いですが。

 その話の中では、海の上における船の中の形でも水平を保たせるバランサー等を使ったりすれば、文字の読み書きに集中させやすい形で勉学やその他事業商業系にも役立てられるでしょうね。
 船における大型船等の形であれば、十分学校として機能させたり病院やら公共施設の建物として意味を持たせたり、その広さと移動性の意味を持たさせて、農産業での農場や牧場を作り上げる事も可能であり、全てにおいて海の上を移動させる事が出来るというメリットにおいては、主に離島が多い島国等においては、その活躍の幅を大きく広げて行く事が出来るのではないでしょうかね?
 例えば本島の海側付近の人々含めて離島の人達が日常的に利用が出来る大型船やタンカー形式の巨大な船に学校や病院などの複数の人が利用する用の施設を作り上げて、それ単体でも移動が出来て、小舟や中型船などから途中乗船も可能な形にすれば、そこが1つの海の上の人が集まれる場所として機能させられるようになる。それは移動させられるという事から、台風などの空の天候の変化に対応させられるという事であり、状況に応じて島々に移動して行けるという形から大量の乗り降りや利用の形を作り出す事が出来るという事であり、農産業で作り出す物を天候災害を回避しながら海の上でも作り出して、島々に定期的に補給させていくという方向にさせる事も可能であり、わざわざ本島との連絡頼りにしていく必要性も無くして行くようにする事も出来るようになる。
 これなら島の大きさが狭かったり島自体での経済的な可能性の問題があったりする事も、海全般で経済活動を行ないながら移動して行けるというのは、大きなビジネスチャンスに繋げて行く事も可能となる。つまり、1つの島でやる必要は無くて、周辺の島々含めて近くの本島も含めて船の形から商業事業的に経済活動を行なっていけるという形は、非常に柔軟な可能性を生み出して行きやすい形にする事が出来るという事ですね。
 その形での水平を保たせる技術であったり、換装型汎用船の存在の形であったりもします。
 それに、今日本列島でウイルス感染等で問題になっている豚コレラや害虫害獣なんかの被害に台風災害の被害等も海の上で船の形で個別に管理させる形での運用方法であれば、周りからの伝染はしにくいし、災害から自分で回避する方向に動けるし、その船の形自体で移動するのだから運搬に関しては、そのままの形で海に面する場所から渡せるように出来ますからね。
 そして船の上で当然の話ですが、屋内式であれば潮風なんかの影響値も無く農産業が出来ますし、太陽光が欲しければ天窓式な形にすればよいだけで、ついでに必要に応じて雨雲突っ込んで自然の恵みを自分から得に行くような形にする事も出来ますので、様々な運用方法を考えて行く事も可能ですね。
 あとは海の上を移動する物流倉庫なんかもやったりしたら、離島の人達には相当便利な形にも出来そうですね。それで基本は本島等との中間辺りに移動しておけば、どちらに対しても同じような移動時間で配達して行ったりする事も可能ですしね。

 船においては、2~3隻辺りでの連結方式とか作ったりすると、通常の波ではほぼ転覆しない強固な状況(一輪車を三輪車にさせるような安定性の変化)にさせる事も可能ですし、換装型汎用船での上パーツの組み合わせによっては、個別の船同士を合体させてより大きな船の形に変えるというような形でやって行く事も出来るので、陸地の上以上に様々な形で場所を作り上げて行ったりする事も出来るでしょうね。 さらにそこから潜水型とかも組み合わせて行くと無限の広がりもね。海の上がいくら荒れていようとも、海の中は割かし静かな状況が多い事から、潜水型での移動形式からの港もそれに対応させる形にすると、どれだけ海の上が大時化でも海の中からの移動であれば、通常通りの形にさせる事も可能である。

 そして空においても先の形と似たような形にする事ができ、高度な病院機能を持った飛行機を各地の空港に運んで病院が各地に向かう形での高度な治療が出来る形にする事や農産業なども同じようにさせる事もでき、各地に自由に運んだりする事も出来るようになるため、産地直送みたいなことがより新鮮に送り届けられるようになったりも出来る。
 あとは生産工場等も海の上でも有効だが、空の上の形であればさらに効果的であり、国境国際間の問題等が無ければ、自由に空を飛び回りながら商品と共に渡り歩いて作っていくような形にする事も出来る。移動工房とか世界を移動する商店やら飲食店のような形で運用しつつ移動先に関してのタイミングが合えば、通常の飛行機のような使い方にも出来つつその商店やら飲食店を移動の時間中満喫するという使い方にさせる事も可能。 振動に関してはそれ用のバランサーを持たせれば揺れや振動はほぼ防げるようにする事も出来るしね。

 あとはどの乗り物などにおいても太陽光発電や風力発電(風力エンジン含む)に推進力発電又は人工滝発電の仕組みの応用型で行ければ、移動に関する燃料コストは常に0で移動していく事ができ、その内部の電力もほぼ0にさせる事が出来るので、燃料系コストは考えなくても良いでしょうし、そこに占める場所や空間的な物はすべて乗り物の中という形になるので、基本的に場所代を考える必要はなく、単純にその乗り物を利用する為のコストや作り購入する為の費用と整備費を考えれば良いだけとなる。 場合によっての移動交通代も稼ぐ事の出来る形としては、経済にとっての魅力のある話になるのではないでしょうかね?
 それにこういう形でビジネスの可能性を増やしていければ、それだけ雇用は増やせるという物ですし、それらを全部人だけでやる必要も無く、状況に応じて乗り物が基本のベースとなるのだから、そこにAIや機械の自動対応等も加えて行ければ、人が主体で行なう形から機械のサポート多めでやる形等で幅を多く持たせたビジネスの形を広げる事ができ、総じて新規の経済の形を押し広げて行くようにする事も出来るという事ですね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 乗り物~終了~経済の可能性





























 地上で立ち止まるだけの形じゃなくて、海や空の形も含めて移動しながら行う形もありなのではないでしょうかね? 島の面積が狭くても、その他の空間が広ければ、いくらでもその空間を有効利用して経済の可能性を広げる事も可能という事ですね。 答えは必ずしも1つではない。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1219回 建築空間水平維持システム~オートバランサー~ [建築]

 さて、まだあまり世の中には出ていないと思われる(というかまったく?)自動的に水平を維持させ続けるシステムに関しての技術的な話を今回はしていきます。 ちなみにこれは、予備知識として紹介する技術ですね。(今後いくつかこの技術ありきで話す事も出てくるでしょうからね。)
 この技術があれば、その建物空間内で揺れを感じる事を極力無くす方向にさせる事ができ、地上では地震や電車等の揺れを減らす目的で使えますが、これの真価は船や飛行機等で使うと、揺れ系統の影響値を大幅に無くす事ができ、最終的には地上にいる状態と変わらないほどの水平安定感を持たせる事が出来るようになります。
 見た目的には地味ですけど、これがもたらす効果は意外と大きいかと思いますね。

 さて時事としては、ノーベル化学賞日本人受賞で大いに沸いているようですけど、私的にはあまり興味ありません。やり遂げた偉業などは素晴らしい物だと思いますし、これからのさらなる発展などにも力を出して行って貰えたりすれば、科学者としては良い形になると思いますけど、私が何かとやかく言う事はないので、興味は無いですね。
 まあノーベル賞日本人受賞は、今の内だけと見た方が良いという事だけは言っておきますかね。なにせ安倍総理が今の科学者潰しまくっているようですから、しばらくしたらまったく出てこなくなるでしょうね。そういう事の世界平和やら環境に貢献する研究すらも予算を大いに削っている総理ですからね。だからしきりに日本人受賞者達は、その受賞に関して得られるお金を今後の日本の科学技術の発見や発展の為に費用を回している事が多いという事ですね。国が見捨てているから草の根民間の力で回して行かなければならないという事でね。
 まあ後は欲望ありきな人たちはこのノーベル賞関連には受賞できないでしょうね。確率的に欲望が無い人達のほとんどが受賞しているわけで、欲望ありきでやろうとすると受賞者は出てこない事になりますね。 まあ平和とか環境系に良い事なんて、欲望目的じゃあ長続きはしないでしょうしね。
 それにどうせ受賞するのは数十年後になっているケースがほとんどなのだし、欲望目的だと端から難しい事は言えるでしょうね。

 さてこちらも地味な科学技術の話ですけども、特定の建築空間内において水平を維持させ続けて揺れの影響値をなるべく0にし続ける仕組みについての話をしていきます。
 この方法をうまく用いる事が出来れば、船酔いの防止システムに用いたり、海の上での快適な生活を送る為に用いれたり、飛行機内等での過度な揺れの現象を抑えたり、航空機の宙返りなどにおいて機体の向きに左右されなくなるという効果をもたらす事ができ、水平における安心性と安全性を高める形にする事が出来ます。
 それで仕組みに関しては、その空間における地面の下に水平を維持させるバランサー部分を用意する形で、そのバランサー部分の下側や横側などのその空間とは別に存在する外郭部分との設置面において揺れの状況が発生した際にその中の空間を水平に維持させる為にバランサーのシステムで中にいる人の水平を保たせる形でバランスを保たせる形にします。
 つまりその空間の外郭部分が大きく揺れたりしても、間に存在するバランサーでその揺れの動きを吸収させて、中の空間には揺れを伝えず水平の状態を維持させ続ける形にさせる事で、このシステムは出来上がります。
 ただ、通常のこの形のままでは外郭部分の出入り口と合わせる事が出来ず、出入りが不能になるでしょうが、それは固定や固形の状態ではそうですが、その間の空間も同時に揺れに対して対応させられる形で伸縮可能状態にして、ついでにクッション性能やジェル性能でもって間の通路になる構造式にすれば、問題なく外郭部分と内部水平空間を繋げる事が可能となります。
 また、内部と外部の形を分離して独立させているような形でもあるので、バランサーを介さない形での機器の取り付けなども難しいように思えますが、そこは普通に通信技術で内部通信専用回線でもって接続したりできるようにすれば問題性はなく、なるべく平常時の状態では通常状態で繋げられるという形にしても良いでしょうしね。

 そしてバランサーの部分では揺れの状況に合わせて常にオートバランスを取る形になっているので、基本的に常時電力を消耗する形にはなりますが、その揺れや加重圧における運動エネルギーを発電に切り換えられる仕組みも同時に取り付けると、必要電力量の削減に努める事も可能です。

 この技術は基本的にその内部空間の水平を維持させる為の仕組みであり、大規模的な所では先程申し上げた船や飛行機の形において効力を発揮させられるけども、さらに地味な所で言えば、なるべく外部振動も少ない平静な空間を作り上げて、慎重さが問われる仕事が出来る場所としたり、普通の住宅用での揺れの体感&影響値を最小限にさせる為に用いたり、揺れの影響をもたらせてはいけないような精密機器や繊細な飲食料品や素材などを安全に運ぶ際の箱や運搬用トラック等にも用いれる技術の形になっている。
 まあそこまでわずかな揺れでもアウトなような物の物質等は通常では不可能なのだが、外部と内部を別の空間とさせて間にバランサーを用いれば、ある程度までの揺れの衝撃は全部外郭から伝わる物をバランサーの部分で吸収させて、内部の空間内では水平を保たせたままにさせる事も可能である。
 ちなみに、そのバランサーと空間の形をさらに多重形式にさせれば、外部外郭におけるあらゆる衝撃の影響値でも中心内部には全くの影響値を無くさせるようにする事も可能ではあるが、場所における移動の影響値までは0にする事は出来ない。まあ当然ですね。外郭部分が全体的に移動したら内部の空間も位置的には移動する形になるわけですからね。 衝撃自体は最終的に0にする事も可能ではあるが、移動における影響値は0にする事は出来ない。 つまり内部の感覚で移動している感を0にする事は出来ないという事ですね。

 そしてこのシステムを最大限活用させれば、超電磁砲交通も可能にさせる事が出来るようになる。音速を超える物質の移動速度を人間も安全に使えるようになり、体に掛かる重力影響値も限りなく0に近づけて行く事も可能。ただし構造上ある程度の大きさは必要となるが。
 そしてこの技術において活躍させやすいのは、換装型汎用船となる。あれは基本的に船の下部における基本部分と上に載せるパーツ換装型で別に取り付けて行く形になるので、最初から1つのまとまりとして存在する形ではないので、この技術によって上に載せる部分での海の波間の状況でも影響を限りなく無くした上での水平空間で過ごす事が出来るようになる。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 建築空間水平維持システム~終了~オートバランサー





























 さてお次はこれも含めた離島生活を便利にさせて行く仕組みや、陸地の少ない島においても有効な仕組みに関して話して行くとしますかね。 それに加えて後には海上生活の形に関しても話して行くとしますかね。必ずしも、陸の上だけが生物の住める場所では無いという事ですね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1218回 休息 お手軽☆水嚢&シート類の屋根掛け術 [休憩]

 さていつも通りの休息回ですね。 今回はまだ話していなかった水嚢やブルーシート等の被災時の応急処置用の物等をお手軽に屋根などの高い所にある場所に持っていける方法を紹介していきます。 この方法なら初心者でもほぼ確実にある程度狙った所に物を持って行けるし、高い所から落下する危険性を大幅に無くせる安全な方法にもなります。 まあただし、ある程度の筋力かペットボトルロケットないしはロケット花火が必要な方法になりますけどね。(もしくは浮遊ドローン)

 さてその前に時事としては、今期最強の超巨大台風が週末やってきそうだという事で、異例にも気象庁が会見第1弾をやっていましたね。 現状千葉の惨状や各地での台風による大災害頻発状況を鑑みて、今回のはさすがにまずいと考えての注意喚起という事でしょうかね。
 まあ私の個人的思いとしては、千葉県放置して見捨てた報いを総理も周辺一帯での大停電とか喰らって思い知った方が良いのでは?と思ったりもしている今日この頃ではありますけどね。(ついでに総理官邸の屋根が吹っ飛んだら面白いのに。本当になったら千葉の呪いとして注目されそうですが。)
 まあ個人の思いはともかく、日本がすっぽり収まるほどの巨大さで、勢力もかなり強力だという事で、重々注意して対処して行った方が良いでしょうね。 特に千葉県や東京の離島等は前回の被災の爪痕凄まじい状況がまだ続いているようですし、通常以上の対応を考えて行った方が良いでしょうね。今回ので一部損壊が半壊規模以上になるかもしれませんしね。
 まあ有効な対抗策を取れなければ、毎回毎年の如く大災害に見舞われて日本経済に大打撃を受けまくるドМ国家になるだけですね。
 離島に対しては本当に海底アクアラインとかでも作った方が良いのかもしれませんがね。まあ既存政治家では頭の片隅にすら思い付いて行動しようとできない方法ですけど。
 宇宙では考えられても海の中では考えられないとかアホ共ですよね。

 さてそれではお手軽屋根掛け術の方法について話して行きますけども、仕組みは至ってシンプルです。
 まず重しを付けたロープを屋根に掛けるように投げて、ロープの端同士がそれぞれ地面の端端に着くようにして、ロープで被せるようにします。(この時場所を細かくに調整したい時は、浮遊ドローン用いてロープの真ん中辺りを持ち上げて位置の調整をすればよい。)
 その後、紐(ロープでも可)付きの輪をかけて、その輪にもう1つ紐やロープを括りつけてその先にブルーシート等や水嚢一緒にさせて、そして輪の方を片方に通して、最初の紐を反対側の屋根掛けロープの反対側の位置で手繰り寄せるようにすれば、輪は紐に手繰り寄せられながら屋根掛けロープの場所を移動する仕組みになるので、それに続くように輪に連なったシート類や水嚢も同時に上に運ばれていく仕掛けにする事ができ、ある程度狙った場所まで持って行く事が可能で、後は紐の切り離しや場所や位置の固定処理をその後施せば、全て地上の行動で屋根の上などの高い所へのシート類や水嚢の設置等が可能となります。 ちなみにブルーシートで広げる場合は、最初の屋根掛けロープを2本にすれば広げながら屋根の上まで持って行かせる事が可能です。
 そしてそれぞれロープを投げたり紐の手繰り寄せなどで力が足りない人は、ペットボトルロケットやロケット花火などの手軽に作れる(手に入る)物で簡易的に爆発力で飛ばせるようにする事も可能です。(あとはボウガン式・弓式とか投石器式など)

 さらに水嚢に関しては、出来上がった物を運ぶ形でも良いのですが、水嚢の水がある程度まで入って水嚢としての機能を有する所まで水が入れられたら自動的に蓋が閉められるような便利グッズが出来れば、水嚢用の袋とそれに連なる水ホースをくっつけた物を屋根の上まで運んだうえで、固定配置場所で水を入れて、出来上がったらホースを外して上に上げる用の紐などを外せる形にすれば、力が無い人でも簡単に屋根の上に水嚢などの重しを設置させられるように出来るでしょうね。(まあある程度まで水が入ったら自動的にホースと繋げる蓋の代わりの部分が自動的に閉まってホースと離れるというような仕掛けが施された便利蓋が作られれば、この仕組みは完成する。便利蓋単体の形であれば、市販のゴミ袋からの応用でも便利水嚢に発展させられるので、その形の方が良い。)
 ついでに、輪に車輪が付けられたらさらに紐の手繰り寄せ等が楽になるかもね。 まあ紐などの手繰り寄せだけなら機械式で全自動巻機とかあれば便利だろうけど、さすがに難しい代物なのであまり話には出してません。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 お手軽屋根掛け術~終了~水嚢





























 ちなみに今回の方法は、応用をすれば屋根に降り積もった雪下ろしを地上から安全に行なう方法に変える事も可能。鉄等のチェーンで温めながら少しずつ削り取る方法やソリや鉄の板などを組み合わせてうまく削り取って行ったり落として行くなんて方法も出来る。 まあ雪下ろしの方は少々手間になるけど、地上から行なえる分安全性を確保しやすくもなる。(ホース持って行って、熱湯を流し込むという荒業も行けるかも? 屋根雪崩確定。) END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1217回 再・教育現場の働き方改革~AI搭載の学校&先生~ [授業]

 さて今回は今問題として報道に大きく取り上げられている神戸の学校での教職員同士での集団暴行等々の犯罪事件に関しての話に対してですね。 子供の事件が止められない背景には、教職員者の方の教育がされていないからという事なのでしょうかね? 狂った教育制度の中での教職員者の資質も既に低迷中でこのような負の連鎖に陥っているという事ですかね。 そしてさらに教育現場のブラック環境も相まってね。 憲法改革の前にここを改革できなければ日本に明日は無いと思いますね。なんと言っても未来の人材を育てる場所がスクラップ置き場ではどうしようもないですからね。

 それで時事に関しては、こちらも安倍総理のクズ精神から来る状況ですけど、北朝鮮の戦艦漁船が大量に日本の排他的接続水域(EEZ)にやってきて堂々と密漁しまくっているようですね。そして日本の船に対しては攻撃しまくりで、日本の警備艇とかにも平気で威嚇攻撃やら挑発攻撃を繰り返しているようで、日本は北朝鮮に舐められまくっている状況で、総理がするのは抗議のみという内容で日本の民を守る行動すらしようとしていない状況で、いつ総理のせいで犠牲者が出るのか分からない売国奴の状況になっていますね。
 日本が密漁船に対して行なう行動は世界ではとっても甘すぎる放水のみで、拿捕も捕まえもせずに追い返す事だけだから、北朝鮮側も安心して日本内で違法密漁しまくれる状況になっているようですね。その上日本の警備艇でも武器を持たない船なんかもあったりして、北朝鮮側はその気になればいつでも日本の船を沈める攻撃をしまくっても、今の安倍総理ならば何も問題は無いと見ているようで、無条件で会いたいとか言っている三下総理だからいくらでも気に入らなければ戦艦漁船で攻撃しても良いし、ミサイルぶつけても良いおバカな国扱いで見ているようですね。 そして三下安倍総理がトランプ氏に泣きつけば、核保有をアメリカに納得させる形で交渉が出来るとも考えているようで、北朝鮮の非核化にもっとも妨害行為をしているのは安倍総理の今の対応状況にあると言っても過言ではないでしょうね。拉致問題を切り札に取っている限り日本というか安倍総理は何も出来ない三下状況だから、日本に対してどんな攻撃をしてもアメリカは許してくれると思い込む状況が出来上がっているのでしょうね。
 つまり安倍総理の今までの対北朝鮮の対応が最低過ぎたから北朝鮮が調子に乗りまくって何も解決できない状態になっているとも言えますね。
 ちなみに無条件で会いたいという行動は、ただ会うだけで終わる事であり、その際に拉致の話やミサイル等の軍事的な話を一切しない事が日本の無条件の内容となるので、それで会う事に日本の意味はあるのか?という状況であり、ただ単に偉大なる北朝鮮トップに会いたいからだけというような誤解を与えかねない行為にしかならず、日本をどこまでも貶めようとする行動にしかならない。それでは拉致問題解決のらの字も出てくる事はない。
 せめて、やってくる北朝鮮船籍を片っ端から沈めまくって、経済的なダメージを与えまくった方がよほど交渉事には有利に持って行ける。(ある意味ドゥテルテフィリピン流?) その上できっちり人命救助はしまくって返しまくれば、困窮度合いは酷くなるだろうしね。

 それではタイトルに再が付いている教育現場の働き方改革について話して行きます。
 まあそれで今問題になっている教職員同士での集団暴行の件ですけど、さらにそこでは追加の問題で子供のいじめ問題も発生しているようなのですが、案の定その問題を放置するばかりか、先生が保護者に対して加害児童は守りますと発言して、被害児童を守ろうという思いは当初なかったという状況が出ていたようですね。まあそれを担当した先生というのが、集団暴行に加わっていた加害教職員だったようで、その先生担当になったのも校長の指示だったようで、体質的に気に入らない奴は集団暴行で殺しても良いような風土だったと言えるでしょうね。つまりその学校全体で気に入らない奴は自由にボコっても良いという風土で教育が行われていたようで、反社会勢力を育てる為の学校なのでしょうか?という状況になっていたようですね。それは前の校長から続いて今の校長にも受け継がれて、前の校長お気に入りの女帝もそのような感じでストレス発散目的で自由に人を傷つけても良いという歪んだ空間を作り上げて子供たちにもそれを教えていたという反社会学校になっていた模様。
 それで1人の若い先生が精神的に被害を受けすぎて休職状況にされて、他にも被害を受けている若い先生多数で、どうにも日本の教職員の数を減らして反社会勢力の人員を増やそうとしたその手の輩が学校に紛れ込んで起きている問題のような気がしますね。まあそこまで教育現場での人材不足が酷いとも言える状況ですけど。
 というか普通に大人なのですし、その加害教職員たちは女帝や校長等も含めて公開処刑でつるし上げた方が良いのではないでしょうかね?特に報道マスメディアの力で。ここでの情報公開は今の時代必要かと思いますね。というかさっさとやらないとまたフェイクニュースでの誰か無実の教職員が社会に殺される状況になりかねないので、無実の人を殺させない為にももっと情報公開の力を上げて行くべきではないでしょうかね?
 そして日本のフェイクニュースの多くは、どうにも犯人側が自分たちへの追求を一時的にでも逸らす目的で、匿名で誰かしらを犯人に仕立て上げて隠れ蓑代わりに使っている可能性もあるので、不確かな情報でネットニュースに上げて拡散希望とかしている奴がいたら、それは案外その事の犯人が隠れ蓑代わりにやっていて犯罪の片棒を担いでくれとやっている事に力を貸すだけにもなりかねないので、情報はきちんと確認して発言していく方が良いと思いますね。
 フェイクの裏には犯人が仕掛けた罠が隠されていないとも知れませんからね。そしてそれに引っかかる正義面したバカも多そうですが。実はそれが犯人と協力する事になるかもしれないのにねという状況でね。 匿名とかなら、犯人がわざと嘘情報を流す事だってできるでしょ?そういう事も考えられないバカが多いのかね?この平和ボケの住人共は。

 それで教職員の暴力系の問題では、何やら奈良の方でも発生している模様で、こちらでは4人の先生が精神的な状況で休職に追い込まれたという事が発生している模様で、人だけが行う学校教育現場での子供を守れて教職員の先生たちも守れる環境は作り上げる事が非常に難しい状況になっていると言えますね。 その上で全体的な学校の仕事状況のブラック化によって、先生の成り手が激減しているようで、もう少ししたら子供の数の減少が理由ではなく、先生の数が足りない事での廃校に迫られたり学校統合になったりする可能性が出てき始めそうな状況という事で、教育現場全体での重大な危機が訪れ始めているようですね。 これでもまだ人だけの教育現場の形こそが最強だという人至上主義で行くつもりですか? 私には到底理解できませんね。もっと便利な形で子供も先生も守っていける方法があるというのに、問題だらけで隠蔽しまくって殺しまくる人至上主義の教育こそが正しいという反社会的人殺しブラック教育のどこが良いというのでしょうかね?

 やはり強く人を守るという方向にしていきたいのなら、AIを学校教育現場にも強く勧めて導入させていくべき事柄でしょうね。独民においては小中高校の完全無償化&教育体制の見直し含めて確実にさせる方向で考えていますからね。
 子供を常に見守って集団暴行などを未然に防いで行く為には、常に見て守る事の出来ない人ではなく機械でありAIがその立場に就く事が大事だと考えますね。
 この考えの大部分は既にAI搭載の学校で話している内容であり、だからこそタイトルに再という言葉をくっつけて出しているという理由なのですけど、それに加えて一部の担当教育科目などに関しても担当の先生を学校のAIで行わせられるようにして、確実な基礎などの教科書通りや模範的な所などに関してはAIに任せて、その他の応用的な所や補助等を人の先生が行ったりするという形での負担削減&教えやすさを上げる方向にして行った方が良い気がしますね。それでその形において、教育用のデバイスを基本とさせる形にすれば、1人1人に対しての分からない所への対応をしやすく出来て、全体的な勉強効率を引き上げる方向にさせる事が出来るでしょうね。 そして人の先生では先生の都合や好き嫌いなどで対応が分かれたりする事もあるでしょうが、それが機械であるAIならば子供でも非常に対応しやすく、分からな所や不安や悩みなどを聞き取りやすい方向に出来て、勉学面の不明点を聞きやすいだけでなく様々な面においても頼りやすい形にする事ができ、そこからAIの判断で別の専用の窓口などに繋げて行きやすいようにする事も出来るので、学校にAIを導入させて先生の代わりも務められるようにすれば、総じて子供の安全を守りやすい方向に繋げて行く事も出来ますし、何ならある意味おせっかい機能として友達作りに有効に働かせていく作りをする事もAIの形でなら可能でしょうね。(好きな教科や趣味などの情報で学年超えて友達になれそうな子供たちをマッチングさせていくようにするという事も出来るのでは?もちろんその上で本人たちの意志が最終的には必要という事も含めてね。)
 そして学校搭載のAIならば、子供たちの状態変化には常に気を配れる形にしやすいですし、学校近辺含めた状況も確認しやすく、いじめや嫌がらせに集団暴行のような状況の対応も学校内ではほとんどさせない方向にしたり、問題事にも人とは違って隠蔽しようなどという私情は無く対応させて行けるので、非常に今よりも守りやすい形に出来ますし、先生たちの状況でも学校内においては同じですし、ついでにAIの形から瞬時にカウンセラー等に話せる機能やら警察等に相談できる機能等を追加すれば、対応率は非常にやり易くなると思いますけどね。

 人だけでは命や安全が確保できないのであれば、機械にAIに補助をお願いして行ってもらうという方向性で動いていく必要があるという事ですね。特に子供の健やかなる成長を教育現場でしていきたいのなら、学校全体にAIを搭載させる事は今の時代必須だとも言えるでしょうね。教育者が子供を必ずしも守る事をしない最低な時代ですからね。
 人だけで行こうとすれば必ず死者は出るし間違った教育の下未来が荒れて行く事になる。それで日本が下支え崩壊でも構わず治安が悪くなって高齢者を殺しまくる時代になってもかまわないというのなら、どうぞ人至上主義で教育現場をこのまま黒く染め上げて行ってください。
 最早平和的な守っていきたいのなら、機械のAIの力を借りなければ守っていけないほど日本の教育現場は崩壊しているのですよ。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 教育現場の働き方改革~終了~AI搭載の学校&先生





























 それに、AIならば知識を教えるという行動は人よりも遥かに優れていますから、学校のAIを育てて行きまくれば、やがてどんな子供たちの教育方面の悩みにも瞬時に対応して行けるようなAIを作り出して、子供の勉強効率を限界以上まで高めさせる事も出来るでしょうね。人だとその道の専門家以外は無理ですが。少なくとも普通の学校教師では無理。
 あとは5G使って離れた場所同士をネットで繋ぐ方法とか、ネットの学校やらVR登校等も出来るようにすれば、いろんな場面で対応していけるようになる。 全部機械の力ですね。アナログだけの寺子屋式は既に時代遅れという事ですよ。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1216回 陸上の海産資源育成施設~海に限定する必要無し~ [NEWビジネススタイル]

 さてまた世界含めた話に戻り(別に消費税含めた話は日本限定というわけでもなかったけどね。)まして、ニュービジネスというよりは新農産海産事業みたいな話ですね。
 それで今回は海だけに頼らずとも安定安心で行なえる陸上の海産資源育成施設についての話です。

 それで時事に関しては、ラグビーばっかで特に無いですね。強いて言えば、また台風が発生して今度は最強クラスでまた連休に接近する予定という事が報じられているぐらいでしょうかね。
 台風に好かれていますね日本。そして毎回の如く大災害に見舞われると。日本は安倍自民党政権下では成長も過去の勉強も一切しないという事ですかね。碌な対策を講じないから毎回大災害に見舞われるというのにね。逃げるだけではどうしても解決できない問題が山積みだというのにね。最後には日本列島残して海外亡命しますか?台風に負けて遁走する感じで。(笑)

 さて台風話を終えまして、陸上の海産資源育成施設についての話をしていきます。
 これは単純に今まで海で行なってきた魚以外の海産資源育成を海に限定するのではなく、同条件環境を疑似的に作り上げれば、陸上の建造施設でも可能なはずという事での話です。
 魚を育成できるならば、似たような形で魚以外の海産物の育成増殖も可能なはずであり、この方法を使えれば、貝類やウニに海藻類なんかも安定的に海の自然環境に左右されずに育成していく事が可能であり、食べる目的以外だとサンゴ等もこのような形で安全に成長させて守る事や品質の良い物を育成させる事に繋げて行く事も可能です。
 陸上に作るのならば、セキュリティさえしっかり出来ていれば、他国に勝手に取られる心配も無くなりますからね。取られたら取られたで犯罪確定条件となりますし、海で絶滅危機の海産資源や動植物を守りたいというのなら、陸上に同じような環境の陸の海を作り出して、守り育成するという形にすれば、安定的に数を確保していく事も出来るでしょうね。それも安全な物がね。

 それでその方法に関しては、基本的に魚を育てるノウハウから転用させる形でも良いのですが、定期的やもしくはパイプ接続等から海の水を持ってくる形で、なるべく海の栄養を取り込む形で、後は施設内での温度管理をして、育成に向いた環境で育てて行く事が出来れば可能でしょうね。
 あとは建物の状況に関して、横に長く広くするのか縦の階層構造で分けつつも全体を繋げたり細かく分けたりするのかは育成用途ごとに決めて行けば良いでしょうね。
 施設内であれば人工の潮の状況管理も行い易いでしょうしね。

 それでこの方法を用いれば、海の状況次第で出来なくなる事も防げるし、船による移動費用削減に繋げる事も出来るし、ビジネスとして稼ぎやすい方向に出来るし、後には完全機械化での安定安全で稼働させられるしで、メリットも多いでしょうね。まあただし最初にその環境を作るのは多少大変かもしれませんけどね。
 そしてこの方法を開発して行ければ、海が無い地域や国においても常に新鮮な海産資源での食事にありつくというような形にしていく事もでき、既に発展途上の魚と含めてこの形を世界に広げて行くように出来れば、無益な天然資源の奪い合いをしなくても済むし、安定的に安全な物が手に入れられるようになるので、世界全体での食料の確保率を高めて、世界の飢饉飢餓状況の対策にしていく事も出来るのではないでしょうかね?
 そしてついでに、この方法を世界で大量に用いて行くと、相対的に海の水を陸の上に持ち込んで使う量が増えるという事であり、世界の海の海面水位の上昇を防ぐ効果にもたらせることも可能です。

 さらに言えば、このような方法を用いて原発の処理水の水を用いた形で海産資源を育てて食の安全性の確認用にしていく流れから、その水の安全度を図るという方法に用いて行くなんてことも可能なのではないでしょうかね? 動植物が安全に育成できるかどうかを占う実験として用いる事も可能な方法ですね。もちろん最初に食べるのはその水が安心だという人たちですが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 陸上の海産資源育成施設~終了~陸の海





























 あとそういう陸の海での形なら、独自の海の環境を作り出して、今までとは全く違う種類や味を作り出して行くなんて方向にさせる事も出来るでしょうね。そうする事で単調に近くて海の状況に左右された状況から、安全で安定的に作れてかつて直に育成して行ける事から参入して行ける人は増えて、その分その海産資源の種類を増やして行く事もより可能になって行くでしょうね。
 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1215回 独民 消費税改革2019~ポイントの可能性とネットマネー円の使う楽しみ~ [政治経済改革]

 さてたかじん委員会がまたもやクイズ回で、ついでにラグビーに押されていたりしてあんまり見ていないので、普通に独民の消費税改革の最終節を話して行く事にします。この最終節での目玉は、現金主義者にいかにキャッシュレスにも対応してもらうかの方法とポイントの可能性にネットマネー円でのお楽しみ要素の3点ですね。特に最後のお楽しみ要素は、主に外国人旅行者に向けて日本でのお金の使いやすさを上げる為と、より日本での楽しさを増やす目的も含まれています。まあ普通に日本人が使っても楽しいようにする目的でも使いますけどね。この機能はスマホアプリか専用デバイスの形で無いと実現不可なので、前回の方からそういう話で言っています。ちなみに現金主義者対応型の方も専用デバイス形式じゃないと意味が無いというのもありますしね。単純簡略化だけでは付いてこれない人がいるのだから、その人達にも徐々についてこれるような中間ポイントを用意するべきでしょう?という話ですね。

 さて時事に関しては、山梨キャンプ場での女児行方不明事件?は未解決のまま本部は打ち切りになった模様ですね。まあ結局人海戦術の限界という事でもありますし、未然に防ぐ為の対策方法があったにも拘らずそれを無視した結果だという事でもあるでしょうね。知名度は圧倒的に低いほぼ無銘の預言者&事故事件防止のアイデア提供者ですけど、こういう事が起きる事を防ぐ方法は1年以上も前から提示して来ていたのであり、それを無視した結果であり、これからも無視し続けるのなら失敗を反省せずに学習もせず、同じ失踪者を増やしまくる平和ボケのクズばかりという事ですよね。
 まあ普通に私のアイデアとしては、山や森にキャンプ場自体が配布するとかしなくても、個人などで小型発信機等を入手して子供の安全の為に身に付けさせておくとかできる話なので、そういう事も含めて対策方法も含めた検討をしていくべきなのではないでしょうかね? まあ普通に迷子防止策や誘拐防止策としても使える方法ですしね。

 あとたかじん委員会の後半2つは普通に起こり得る話であり、AIに対する対策の話も水産資源の問題に対する話も私は既に確固たる解決策を見出していますから、特に話題にする事でもありませんね。特に魚等の天然物問題に関しては、海上都市を作り出せればある程度の問題は全部解決可能なので、本当に何とかしたいかどうかのやる気だけですよね。やる気が無ければ今までのおいしい味が食べられなくなるだけですからね。 私を無視し続ければ食べられなくなるだけの簡単な話ですよ。それらの対策方法は既に私のブログの中にあるのですからね。
 これがAIならすぐに私の所に辿り着くのかもしれませんが、バカな人間では無理ですかね。

 さて散々平和ボケのおバカなサル共に挑発した所で、独民消費税改革の最終節の話をしていきます。
 まずは現金主義者でもキャッシュレスに参加しやすくなる話ですけど、やる事は簡単です。ネットマネー円の特殊デバイスの形に現金お財布機能を付けて、現金を入れて収納できるようにさせて、支払いに関してはレジ側の特殊機器と接続させて、現実的にお金の出し入れをせずに機械の自動処理で支払いを行なうという形にさせて、支払いの形を非常にスムーズにさせる疑似キャッシュレス型とします。
 この方法ならば、現金でありながらもキャッシュレスのような支払いの形にする事ができ、支払いに掛かる手間暇を大幅に削減させる事ができ、レジの無人化などの形にも繋げ易く出来ます。
 要はお財布とこの専用デバイスをくっつけた上で、現金のお金を機械式に入れて溜めておけるようにして、デバイス表示の方で内部の現金残高を表示できるようにして、ついでにその状態から特殊なATM系の機器から内部の現金を丸ごとそのデバイスのネットマネー円に移す事も出来るようにして、どちらでも使えるという形にして、もちろんそのまま現金用のお財布として使う事も可能という事にすれば、基本的な現金主義者でも気軽に使う事が出来る疑似キャッシュレス&キャッシュレスの形にする事が可能となります。 これは専用デバイス形式でなければ実現させることは不可能ですね。 さすがに現金主義者の人でもお財布を持たずに現金だけでうろつく人は少ないでしょうしね。ついでに現金での面倒なやり取りもしなくてスムーズ(現金入ったお財布デバイスを置くだけで自動的に会計されて現金が支払われるという形ですからね。ついでに釣銭の方はネットマネー円の形で返金されるという形にしたら、処理はさらに早く出来るし、そのままネットマネー円の利用の形に繋げて行きやすくなる。)になるというのなら、高齢者にとっても非常に便利なお財布デバイスに出来ますからね。
 さらにこれらのネットマネー円専用のデバイスにおいて、レジに繋げるだけで短時間分の充電もされるように出来るという形にすれば、充電忘れで使えなくなる心配も解消させる事が出来て、より使いやすい形を維持させる事も出来るでしょうね。

 それでお次はポイントの可能性に関してですけど、まず先にネットマネー円に関してもポイントが溜まるようにして、キャッシュレスの形のネットマネー円形式なら100円ごとに1ポイントたまるようにして、現金型の疑似キャッシュレスだと200円ごとに1ポイント溜まるようにします。
 そして普通とは違う方向の話で、ネットマネー円支払いでのレジスターのお店で対応可能な支払方法が現金かネットマネー円だけのレジスターでのみ1000円ごとにスーパーポイントが1ポイント溜まっていく仕組みとさせて、他のキャッシュレスに対応できないような主に中小の店舗にてお金を使うごとにこのスーパーポイントが溜まるという特殊な仕組みも追加させて、様々なポイントの活用範囲の幅を広げる目的と中小店舗応援の形にさせる事が出来ます。もちろんお金がある大企業(参加フランチャイズ含め)でも同様の事が出来るでしょうが、そちらの場合には2000円ごとの形にさせて、スーパーポイント発行の形に関してのみ国の機関で管理するという形にします。
 それでポイントの可能性に関してですけど、これまでのクレジットや電子マネー等でのポイントの役割は1ポイント1円で扱える値引き用の仕組みばかり(一部サイト等では他の利用も出ていますけど。)ですが、そればかりでは芸がなく、ポイントを溜めるという意味は少ないと思うのですが、このポイントに関して単純にお金目的の意味だけではなく、ポイントだけで使えるカジノでの一攫千金用のゲームを楽しめるとか、ある程度ポイントを溜めたらそのポイント額よりも高額の限定クーポン等に電子型で発行して使えるようになるとか、ポイントを利用して抽選に参加したりポイント貯めて確実に物が貰えるような仕組みを追加したりすれば、ポイントの利用価値を増やす事ができ、そのポイントの有効利用性を増大させて、溜める事や使う事にもっと生かして行く事が出来るようになるのではないでしょうかね。
 そしてスーパーポイントではさらなる上位の形に参加できるという事にすれば、ポイントの楽しみ方を増やす事が出来るとともに、この仕組み上でのネットマネー円の使用価値を増やして行く事に繋げて行く事も可能です。
 そしてこういう仕組みであれば、短期外国人旅行者にもよりポイントに関して楽しみつつお得になってもらう形として利用させやすくする事が出来ます。もちろん単純値引きにも使える物としてね。

 そしてさらなるお楽しみの効果として、買い物をした時にこのネットマネー円で支払う際にスマホアプリや専用デバイスの画面上にポイントの獲得のアニメが流れるようにして、そのアニメの形を多数用意させて、動物流れ式とか野菜引っこ抜き式とか釣り式とかゲームの特定キャラ式とか本当に多数の形である程度ランダムで、特定の商品や場所に対応してアニメ表示が変化するという形で、ポイント獲得の楽しみの演出を用意させると、単純に買い物でネットマネー円を使用してのポイント獲得に楽しさを加える事が出来るようになります。
 それが例えば、ポイント獲得ごとにひつじが1匹ずつ柵を飛び越えて行く(眠らないように)とか、マリオのコイン式とかのネタ系とかも用意したりすれば、見る楽しみを与える事に繋げられ、同時にどんなアニメがどこで見られるのかを探索しながら買い物などを楽しむ形にさせる事ができ、より楽しい消費に繋げて行く事が出来ます。(アニメ非表示でもポイント獲得は出来る形でオンオフできるように。)
 そしてアニメ表示の時のみスーパーポイントが入手できるような形にしたり、ポイントの他に限定クーポン等がランダムで手に入ったりするような形を追加して、単調なアニメにも見て行く楽しみを追加させたりすると、より楽しくこの形の使用価値を増やして行く事に繋げられるでしょうね。それもさながら何かしらの探索ゲームとして扱う事が出来るようになり、まだ見ぬアニメを探して日本全国を探し回るような形で、経済流通の形を隅々にまで広げて行く事も可能となります。
 それでついでに田舎の方程クーポンなどの入手確率が高くなったり特殊なアニメが見られたり、方言や地域文化も含めたアニメ表示等を出来たりすると、日本を満喫してもらう事に繋げたり日本の楽しさを日本人も再発見していくような形にさせる事が出来るのではないでしょうかね。
 それからさらに見つけられたアニメをネットを介してどれだけ見つけられたのかを出せるようにして、1度閲覧したアニメは再度見られるようにするなどの形で、アニメのコレクションやら気に入るアニメを見つけ出して行ったり友人たち等と競ったり自慢しあったりするなどの形にも利用していく事が出来るのではないでしょうかね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 独民 消費税~終了~ネットマネー円





























 もちろん今回話した方法を既存の形に変えてやることも可能ですが、お財布デバイスは現状ネットマネー円ぐらいでしか出来ないでしょうし、ポイント活用の方も普段から倍率アップとかポイント還元している所では調整が難しいでしょうね。そしてアニメ表示等はスマホ使ったペイ系ぐらいじゃないと難しいのではないでしょうかね? それらすべてを含めて考えているのが私が考えたネットマネー円でのキャッシュレスの形ですね。
 それに現状日本国内だけで使える現金円の電子マネー版という扱いですから、クレジットのような全世界対応型での大規模展開は検討していませんね。そうなると別の予算等が必要になって、日本での特色のある形では使えずに本末転倒になりますからね。元の日本全国でのキャッシュレス化に向けた形にするのなら、日本国内限定から始めるのが最も適切な形です。それにこれは国の形で行う民営とは違う形なので、よりクレジット化させることは難しい。だから国内限定の形がふさわしいのです。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1214回 報道特集特集 香港事実上内戦 [世界問題]

 さて今日は普通に報道特集の内容を話して行きます。とは言え、私が香港の民主化に対して思う所は変わっていませんけどね。 香港は、1国2制度での民主化を望むのか、それとも独立での民主化を望むのかという判断があると思いますが、現状中国共産党の形での1国2制度での民主化はまずありえないでしょうね。独裁国家が内部の話で民主化なんて認めるはずがありませんからね。
 そして現状代理戦争にまで発展してきているので、このままのデモ活動を香港人がしていても、得られる物はないでしょうね。

 さていつもの時事ですけど、関電の方は不正だらけで消費者無視しても自分と原発大好きで、何か起きたら逃げようとする最低人種な社長会長含め上層部連中として、福島原発での処理水と呼ばれる水の放出問題等が取り上げられたりしていますが、あの溜まった水が本当に全部基準値以下の処理水であるのならば国際基準に基づいて放出してもいいかもしれませんが、私が現状ダメだと思うのは、本当に全部処理された水である事の確証があるのか?という所ですね。
 噂話では、70~80%の水が完全に処理されておらず、何かしらの汚染が残った状態で放置されているという情報もあり、それの真偽を1つ1つ確定させてやって行かないと、被害を受けるのは主に日本になるわけですから、国内外においてそういう噂が上らない具合の確定した証拠情報を作成させるべきだと思いますけどね。
 私の見立てでは大方東電辺りが処理水に紛れ込ませて汚染水を混ぜて、処理費用削減とかやっていたとしても私は驚きはしませんけどね。あれだけの量あるわけですし、ついでにあの地の放射線占有量もそれなりにはあるでしょうし、本当に全てが大丈夫という保証無しに曖昧な基準でまとめて放出とかしたら、それこそ風評被害だけでない実被害が日本人に襲い掛かるかもしれませんからね。
 東電側の情報だけで処理水であるとの確定はせずに、国とその他の民間でもタンク1つずつ検証して行って、処理水であるかどうかの確認をしていくべきだと思われますけどね。 基本原発をしている電力会社は日本国民の命を捨てても良いと思っている社長共上層部が多いですからね。あんな人殺し集団がやった検査等安全基準にも満たない。 国と欲に従って原発を手放す気のない電力会社は基本ひとでなしですからね。 その電力会社の言う安心安全は信用価値がない。

 あと1つ言えそうな事は、あの汚染水だか処理水だかわからない水は、地上配置型巨大人工滝発電での巨大棺桶構造にさせたら、海に放出せずにそれ自体で毎時膨大な電力を稼ぐ発電施設に出来そうだという私の理論もあったりしますが。超有効活用策。あれだけのタンクが作れるのなら、巨大人工滝発電の機構も普通に出来るはずでしょうけどね。そして原発以上のクリーン?発電施設に。
 それでそこからの流れで、さらに処理を進められる仕組みにすれば、いざという状況でも大丈夫に出来るでしょうかね。

 さて大手原発電力会社は信用ならないという話を終えまして、香港の事実上の内戦の話ですけど、もう警察が民間人等にやりたい放題で攻撃を加えて、殺人発砲も辞さない状況になっている状況で、香港デモ集団も過激行動頻発となっているようで、事実上の内戦へと局面を変えて行く状況になっていますね。それは香港人と中国政府との対決の構図を香港人と香港政府の形での代理戦争であり、民主主義の自由と中国共産党の独裁支配との対決の構図にもなっていて、世界の民主主義陣営にとっては中国と香港政府のこれからの動きに注目が集まって、どのような終わりを見せるのかで中国との世界的な付き合い方も変わってくるでしょうね。
 民主主義を一切認めず支配して黙らせるという形であれば、民主主義社会との対立構造になるのは必死ですし、だからと言って中国共産党の支配地域を減らす事はしたくないでしょうから、まあ現状の中国側の動きは香港人弾圧の形で動きを抑えて、世界には香港の1国2制度は守られている事を騙っている状況でどうにかするという辺りを考えているのではないでしょうかね。
 それにこのままでも集団を不法逮捕しまくって行けば、自然と数も減るだろうからそれで落ち着かせて黙った辺りで動きを完全に封じて、香港完全掌握を静かに行なっていくという事をして、デモ参加者たちを中国式の裁判で絞めて民族弾圧と民族虐殺の形に静かに行なっていくという辺りをしそうですね。
 中国という国には民間人の人権は存在せずに、政府に少しでも異を唱える者や気に食わない者は不法裁判で殺しても良いとする恐怖政治の国ですから、平気で人権無視の虐殺劇は繰り返すでしょうね。
 それに今の香港警察の動き方は中国本土での政府に反する行動をする者を不当逮捕する警察と全く同じ行動パターンをしていますから、その時点でも1国2制度は既に崩壊していると見た方が良いでしょうね。まあ政治の中枢を握っているのが中国政府寄りで、中国政府に近しい人しか政治家になれないその現状はどう見ても1国2制度は既にあって無い物になっていると見るのが正しい現状であると言えるでしょうね。
 だから通常の議会議論とかせずにいきなりデモでのマスク禁止法案とかの法律を勝手に作れるのですよね。中国式の独裁政治だから。国民の動きを縛る法律を勝手に作れるのは独裁国家でしかなく、それをやる事自体が1国2制度の仕組みからも完全に外れて、元の約束を破棄している状況にあるのですから、そりゃデモ集団がさらに過激になるのは仕方ないでしょうね。
 今回の報道特集でのデモ集団にいる人達は、平和的なデモをしても全無視されたから過激になったと言っているようですし、結局独裁政治の形ではいつかは戦争を生み出すしかできないという事でしょうね。
 平和的に行なっても独裁政治には力でもって押さえつけられるのであれば、それに反逆する動きは当然出てくる物であり、この状況において先に手を出して攻撃して行ったのは香港政府と中国政府にあると見て良いでしょうね。かつての約束を完全に無視して中国化を強引に進めようとする先制攻撃を行なったのですからね。これは香港の人達から見れば、侵略攻撃にも等しいからこれだけデモ行動が活発化&過激化して内戦さながらの状況になっているのではないでしょうかね。

 今香港人が覚悟を持ってデモをして勝利に導いて行きたいのなら、完全平和的なデモを行なっている所に暴走した警察官集団を突撃させて、天安門事件を彷彿させる虐殺まがいの状況を誘導演出させる方向にしたら、さすがに世界が黙っちゃいなくなるのではないでしょうかね?
 もしくは世界の香港に親身になる国の要人を香港政府が歓迎するとか何かしらで会う形にさせて、デモ隊が逃げた所に偶然普通の場所でマスクをしていて移動していたら、香港警察にいきなりタコ殴りにされるとかいう国際問題に発展するような事にさせたら、香港と中国側がおとなしくならざるを得なくなるのではないでしょうかね? それが中国と対立する大国の要人だった場合には、香港警察の先制攻撃によって中国がその大国にいきなり先制攻撃をしたという形にすると、世界から中国が経済的等で総攻撃に遭うという形にする事も出来るでしょうね。
 要は何かしらの形で、突然平和的にしていた民衆に警察官がいきなり襲い掛かって天安門を彷彿とさせるような事にさせれば、それだけで相当な反撃には出来るでしょうね。わざとデモには関係ない人達に警官がいきなり襲い掛かるという構図を作り出せれば、世界的な非難は当然受けて香港政府や中国は窮地に立たされるでしょうから、そこから巻き返しの策を国際社会と共に取って行くという方向にすれば、ギリギリの延命状況は最低でも勝ち取る事は出来るのではないでしょうかね?
 完全勝利で民主化にまで行きたいのであれば、そこから国際社会の支援を受けて経済都市においての中立地帯にさせる事やどこかの大国からの保護を受ける形で中国と縁を切る形にする方向にしなければ、まず無理でしょうね。どうせ本来の壊された1国2制度の原形のタイムリミットもそう長くはないでしょうからね。
 その事も踏まえて考えるならば、何かしら状況を一変させる行動をデモ側が起こせない限りは、中国政府に一矢報いる事も出来ないでしょうね。
 独裁政治に立ち向かう形で、民主主義を世界の支援含めて勝ち取りたいのなら、その支援を受けられやすい形での何かしらの犠牲は必要だという事ですね。国際問題に発展するような犠牲無くして今の動きにくい国際社会は動かせませんからね。
 というより今の国際連合は人死にが出るのを望んでいる団体でもあるという事ですかね。誰かが犠牲にならなければ動けないというのはそういう事でもあるでしょうからね。
 だから私はそういう組織が嫌いなのですよね。犠牲が発生する事を防ぐ行動が出来ない組織は役立たずでしかない。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~香港事実上内戦





























 さて香港の行方はこれからどうなるのでしょうかね? まあ既に戦地になっているのは言うまでもありませんが。他を認めない独裁政治が招いた惨状。
 まあ基本的に中国は北朝鮮以上に人殺し大好き国家であるという事でもありますけどね。北朝鮮ならば金づるの人質ですけど、中国は国的なお金があるから容赦なく殺しまくったり国際法違反の拷問もしたりするのでしょうね。政府に批判的な人は誰彼構わず不当逮捕で殺されていく国ですからね。そこに猫は暮らせず、犬しか住めない土地である。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -