SSブログ

第2870回 回復 止まらぬ円安 原因は少子化? [休憩]

 さて今回は休憩時事雑記回ですね。 円安がガンガン上がっていますが、もうこの状況には日本政府も若干お手上げの様子で、やる気が無いというよりもやった所で無意味と思われる所まで来てしまったというのが問題としては強いようですね?
 つまり日本の今後の経済成長力などに期待値が無いから円安が加速する状況で、最たる原因は問題が明らかなのに有効な少子化対策を打ち出さない自民党にあるという事です。少子化は日本の全てを問題だらけにして貧弱状態にさせる。これがまだ鎖国のような状態たっだら内輪問題だけで済んだ話ですが、残念ながら海外輸入依存の状況では、少子化の問題はそれこそ防衛よりも重要度は高く、日本にはミサイルよりも子供が必要という事です。

 海外に生活基準を依存しない国であれば少子化でも何も問題は無く、自国問題だけに留まった話ですが、海外との国際関係が強く、なおかつ輸入に頼るような国の状況では少子化というのは国を困窮させて経済を死滅させていく猛毒にもなるのです。バイオテロを受けている状況で政府が国民を見捨てている状況ですよね? そんなバイオテロで国が死にそうなのに問題放棄している政権を支持するバカな国民がより国を腐らせるとも言いますが。
 まず外国からの攻撃よりも現在進行形で猛毒になっているコロナよりも恐ろしい少子化という猛毒に対する解毒剤を見つけないと今の日本に未来はないでしょうね? 状況によっては北朝鮮よりも先に日本が滅びる。

 滅びる理由としては、このまま少子化が進むと円安の波は止まる事を知らなくなり、あっという間に160円から200円以上にまで上り詰めて、日本の輸入に頼る企業の大半を倒産という状況に追い込み、約中小企業の半分以上が滅ぶ形から一気に日本で大量失業の大不景気に陥るでしょうね?
 それはAIの台頭ではなく、少子化の台頭によって雇用が企業が大量に失われて、経済の基盤が大きく崩れ去る事になり、日本に期待が持てなくなった大企業なども日本を見捨てていき、さらに国の貧困化及び経済の崩壊は進み、輸入品は超贅沢品として扱われて庶民は買う物がほとんどなくなり次々に飢饉で飢えて死んでいく状況から真っ先に子供たちが犠牲になり、急傾斜の坂を転がり落ちるように少子化がさらに加速して、2050年頃には国が維持できなくなる可能性が高いでしょうね?

 それも全て自民党がこのまま特に何もしない少子化対策を続けて、金利も引き上げずに円安が160円から一気に天井知らずに陥ればの話です。 円安対策で効果が強いのは為替介入よりも大企業などを多少困惑させてでも金利を大きく引き上げる事でしょうね?
 見せかけ上の金利を大きく跳ね上げて、しばらくの過度な円安上昇値を抑制させて、その間に子供は大事な宝であり日本全体で育てていけるような支援策を拡充させて盤石な政策を作り上げられれば、そこから金利を元に引き下げ直しても円安が急激に進む事はないでしょうね。
 まあその為には自民党では無理があるという事でもありますがね? 自民党はどこまで行っても少子化対策をする気は昔の民主党以下でしかなく、今後の日本の経済と少子化対策を考えると、今の政党で残されているのは立憲民主や日本共産党にれいわ新撰組などの政党に限られるでしょうかね? 自民党や維新では有効な少子化対策を打ち出すのは無理でしょうからね? 何よりも決め手は女性議員の多さにありますが。
 維新も目立つ幹部に強い女性議員がいれば少しは見直せるのですが、全くいないような状況ですからね?

 あと金利以外の面で言えば、私が常々言っている食糧とエネルギーの自給率の100%超えを目指す事であり、その上で老後や生活の不安材料となる形の打破として衣食住最低保障制度で国民の暮らしを下支えする事が出来るならば、円安がどれだけ進もうが問題は無くなり、食糧もエネルギーも職業も安定化させられて、復活の道を目指せるのですがね?
 輸入に頼らない国の在り方が国の復活再興の為に必要な事です。

 自民党や日本維新では日本を良くさせる事は不可能であり、経済がただ滅んでいくだけで貧困が加速する事しかありません。逆に立憲民主や日本共産党にれいわ新撰組なら政権運営自体に多少の不安要素と防衛面の不安はありますが、その代わりに少子化問題と経済においては強い力を持つでしょうね。
 防衛も少子化問題も経済も全てを解決して守りたいのであれば、劇薬の独裁者候補の私を使うほかないでしょうけどね? 全てが万事良い方向にできる政権というのは今の日本に無いのですよ。
 夢のような未来溢れて平和な国の在り方をバカな日本国民たちが放棄したせいでね?

 少子化対策で1番必要となる物は何かといわれたら、私は子育てが1つの仕事になる事と子供が多い事はそれだけ豊かで幸せな生活が送れる形を国が認める事にあるという所ですかね?
 子育てが1つの仕事として認められるならば、その為の自由時間というか労働時間以外の時間が認められてしかるべきとなり、子供を持ったとしても夫婦における自由な時間が確保されて、なおかつそれは仕事であり、国などからしっかり給金が得られて生活に困る必要のないお金が得られる事となり、仕事化によるお金も自由も得られる最高の仕事が子供作りになるのですから、確実に子供を増やそうとする流れは増やせますよね?
 その上で副業も可能である場合、子育てしながらお金も貯められる形でさらに育児支援などで優遇される生活が送れる状況ならば、まず生活の資本として子供を作ろうというムーヴは作れますよね?
 その上で子供がいる事が大事という状況から子供の安全も守られやすくなり、社会全体で子供を育てる流れも非常に作りやすくなるでしょうね?

 これが私のオウカハルの少子化対策における異次元の対策です。育児の明確な仕事化(そして給金)


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます
 円安少子化~終了~育児の仕事化(専業主婦(夫)は高額給料)



























 さて後半はゲームの話ですね。
 基本はエンジェリックリンクの話です。
 今回のイベントももう終わり際でけものモフモフなセクシーイベントが終わって、次はお花見でエンクリ第2期参加メンバーでのイベントですね。ただお花見らしさはその中の母親キャラがやりたい放題に近い状況のため、かなり失われているようですが、一応お花見イベントという形に。
 エンクリは基本的に家族を主体にした話が多いですね。そして必ず出てくるのは姉妹関係。
 あとは外伝では堕天使たちの交流を中心にしつつ先行公開の新規キャラが多数といった状況に。
 まあ外伝方面は新規キャラをバンバン出すのは良いのですが、実装速度が恐ろしく遅く、初登場から大体1年後くらいの実装ペースで、基本が隔月での第3土曜日に1キャラずつという状況の為にかなり遅い印象。それでありながら外伝での新規キャラの出現状況が大体4ヶ月毎に3~4人というペースなので、100%追いつく事は無いですよね?
 というか通常イベントでは主に新規キャラよりも今までに出たキャラの衣装違いも多く出して行っている状況から、新規キャラが出にくいという事も相まって、このような状況に。まあ溜まり過ぎると通常イベントに新規キャラが一気に出るなどもあるようですがね?
 イベント毎の配布キャラも相当多いですからねえ。大体2~3週間毎に配布キャラ1人来ますので。
 それでいて場合によっては配布キャラが腐らない形もしっかり用意されているこのゲームですからね。 システムバランスはかなり良いゲームという感じ。
 唯一大不人気のモンスターラボ(過去名)というコンテンツを除けば。いい加減改修されないのだろうか? 現在は最強メンバーが出てきてしまって、流れ作業化してしまったのだが。それでいてデイリー以外の報酬が無いに等しいのも問題。 END
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント