SSブログ
犯罪対策 ブログトップ
前の10件 | -

第2253回 日本版反セクト法 明文化(仮) [犯罪対策]

 さて今日は統一教会絡みで揺れる問題に対して海外のフランスでも似たような事が起きて作られた反セクト(カルト)法を日本向けにある程度明文化させて仮の素案を私が作ってみたという感じの内容です。
 フランス版だと政治がしっかりしていたからか曖昧でも通用させられるようですが、日本だと曖昧では動かない政治家が多く、ついでに曖昧だからこそ抜け道を作りやすいというフランスの逆方向の力が働き機能しないという事なので、ならば日本向けには分かりやすく明文化させればよいという方向での考えですね。
 フランスではセクト集団に対して政治が一致団結できるけど、日本はバラバラ過ぎて使えないという民主主義の民度の違いを見せつけられているような状況でもありますけどね。

 それで、反セクト法に近しい物も作れず行動もせずに統一教会と関係を断じる岸田内閣を新たに作り上げると豪語していますが、どこまで出来るのやら?と言った所で、とにかく波乱のこの状況では安定重視でついでに統一教会とも関係無い人を選ばないといけないという二重の大変さがある状況ですね。
 さて、統一教会と仲が大変良かった自民党に日本版反セクト法なる物は作れるのでしょうか? まあこの統一教会は別に反セクト報に当てはめずとも普通に霊感商法での反社会勢力扱いで犯罪集団潰す目的で行けば叩けると思いますけどね。

 それで、フランスでは反セクト法と言って10個の項目から1つ以上当てはまるとセクト認定されて違法な宗教含めた集団として対処出来るという曖昧な表現がありますが、それらを簡単に列挙して行きますね。
 1.精神的不安定化 2.法外なお金要求 3.強制的な連れ去り(既に犯罪では?) 4.身体に対する危害 5.子供を強制的に入信させる 6.反社会的な説教 7.公共の秩序を乱す行為 8.重大な訴訟問題 9.通常経済からの逸脱 10.公権力への介入

 私なりの手心加えた言葉遣いの形もありますが、まあ概ねこんな感じです。
 それでこれのいくつかに対する明文化という感じですね。普通に曖昧関係なくやってはダメな物もいくつかありますし。

 それでは1の方から明文化できそうな物での話をして行きますが、1の精神不安定化というのはマインドコントロールに近い物なのでしょうかね?まあ教義的に不安にさせるとかはダメとか言い始めるとキリスト教も仏教なども普通に定義に当てはまりそうですから、教えの形から心が壊れるような事(心神喪失や衰弱等)や精神的な病気にかかるような行為は全部禁止という辺りが適切でしょうかね?
 次は2の法外なお金という献金含めた教団等の資金源にも当たりそうな所ですけど、法外というのでは流石に枠幅広過ぎですから、一般家庭の形を基準として、その家庭が壊れないような金額まででの法外基準という事にして、月の収入の30%までが平気と言う形で、これ超えると法外認定で、年間においても同様の形で年収入の30%超えるような物を年間で支払わせた場合は違法扱いという形にしたらものすごく分かりやすいのではないでしょうかね? つまり月の収入が30万円の家庭の場合は9万円超えたら法外認定という扱いに… まあ一般家庭扱いなら十分法外クラスと見ても良いでしょうし。
 次に3番に関しては、住んでいる場所からの強制的な場所変更等の事のようですが、本来のフランスでは子供を助け出す目的で作っているわけですから、大人は若干どうでもよいとして、主に未成年を家族の同意なく強制的にどこかへ連れ去るというれっきとした犯罪を行なったらアウトというか普通に犯罪ですよねこれ?というだけの事。 家族騙したり黙っての時点で既に人攫い事件ですから、ここに当てはめる事が必要だったのか不明な気もしますけどね。
 それで次は4番ですけど、身体に対する危害という事は、宗教理由にして罰を与えるとかで入信者等を攻撃してはいけないというだけの事でしょうから、まあこれも普通に嫌がる人等に攻撃してたら暴力行為として処罰の対象でしょうし、周りから見ても宗教的に暴力振るっている状況で周りがダメだと判断したらアウトという通報もOKという形で良いのではないでしょうかね? 基本暴力通報案件でアウトで良いのではないでしょうかね?
 次の5の子供を強制的に入信というのは、3と似たような物でしょうから親の同意がない場合もしくは子供が嫌がっていたり拒否する事を選ばせずに無理やり宗教に入れるという事を誰がやってもアウトという形にして、子供が社会一般に助けを求めるような事があれば確実に違法という扱いで良いのではないでしょうかね? 親戚などにでも嫌だというのに無理やりとかの時点で、違法扱いの基準辺りで。
 そして6番の反社会的説教に関しては、普通に犯罪をやれというような教えとか誰かを傷つけたり物を盗んだりとかいう普通に犯罪に関する事や家庭での育児放棄等のネグレクトや家庭内暴力で子供を傷つけたりする事等も全部違法認定に該当するとして、教団優先して子供を蔑ろにした時点で違法認定で良いのではないでしょうかね?
 それで7番の公共の秩序を乱す行為というのは、これも反社会行為と似たような物でしょうかね?普通に犯罪等も該当するでしょうし、迷惑行為(条例違反等)やヘイトスピーチ等も該当してくる争いが起きるような事はするなという所でしょうかね?
 次の8番での重大な訴訟問題に関しては、教団等通しての殺人系統やテロ行為にレイプ等強制強姦や霊感商法や集団詐欺事件等で金額問わずに集団で行なう事自体で街頭という形で事件や訴訟にて教団等が負ける事が起きれば違法という扱いで良いのではないでしょうかね?
 次に9番の通常経済からの逸脱というのは、密輸入や禁止商品取引などの普通に犯罪に当たる行為でしょうかね? これもう普通に犯罪組織取り締まりで良いのでは? 禁止薬物とか取引してたら完全麻薬組織扱いで良いでしょうし。
 最後に10番での公権力への介入ですけど、アメリカ等は現状不可能な所でフランスだからこれで良いという形になったような物ですから、10番自体を日本で適用させるのは少し無理があるような気がしますけどね。 まあ強制的に教えを広めさせようとかいうのは5番に該当しますし、日本でも神事とかやっていたりしますから、10番自体は反セクト法日本版では別に無くても良いと思いますけどね。

 そもそも10番無視してもその他9番までで十分に犯罪組織等との位置付けは出来るでしょうし、犯罪組織や違法カルト教団認定されている団体で無ければ政治に入ってきても問題はないと思いますけどね。他人を害するとか強制的にとかいう時点でアウトですし、政治信条等も一種の宗教的側面を持っていたりしますから、この辺りまでやろうとすると政治家にはロボットしか適任者がいなくなる。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 日本版反セクト法~終了~犯罪組織との違い





























 まあ素案としてやるならこんな感じで良いのではないでしょうかね? なんか大概犯罪組織と似たような区分の物が多いですけど、宗教団体や普通の集団等を犯罪組織とは違うのかどうかを判定する為の物ですかね? END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2229回 宗教団体に対する国のルール的善悪判断 [犯罪対策]

 さて期せずして報道特集が今日無かったので、機能の最後に話していた内容の日本で多数暗躍する宗教団体の件に関しての話をして行きます。
 日本は宗教の自由がある国ではありますが、流石にその形で色々制限取っ払ったせいでどうにも犯罪組織や悪徳商法の犯罪者達の隠れ蓑にまでなっているようですので、最低限の善悪ルールを設けて、基準から外れる教団は全て犯罪者や暴力団と同じ扱いで処罰していくようにすれば良いと思います。
 今回の安倍元総理が銃撃される原因となった教団もどうにも犯罪者臭しかしない状況になっているようですし?そろそろ警察の税金無駄食らいの状態も解除して欲しい所ですよね。要人警護の形ですら選挙スタッフになり染まってほとんど何もしなかったほど腑抜けていますしね。
 あれは実は警察のコスプレをしたただの選挙スタッフだったというのならば仕方ないとも言えるのですがね。

 宗教団体と政治家の付き合いはまあ各自の判断に任せる所ではありますが、実質犯罪者集団や暴力団と付き合っているような状況では、それは既に政治家の質が最初から無かったとしか言えないような状況ですよね。
 聖典を数千万円で一般販売とかキリスト教の人達に言わせたら偽物だとしか言われないでしょうね。キリスト教の人達は結構普通に聖典に近しい物を可能性ある人に無料で配っていますから。神の教えを広める事が第1目的だから、そこに金持ちしか買えないような金額出す事自体に主目的と完全にはき違える状況になりますからね。
 聖典数千万円で一般販売はただの悪徳商法でしかありません。昔の幸せになるツボ数百万とかと同じ。
 基本的に人を騙して高額商品を売りつけるれっきとした詐欺ですよね?それを今まで警察は被害者報告がないからと犯罪者達が平然と犯罪を行ないまくっていても見て見ぬ振りしまくっていたという事ですよね?
 そこで堂々と犯罪が行なわれていたとしても動かない警察は存在価値がないのと同じですよね。要人警護と言いながら選挙スタッフに成り果てていたのと同じように。

 それで、宗教団体に対する最低限の善悪ルールに関してですけども、基本的には信者やその家族等が借金苦になったり自己破産をするような事が繰り返されたら悪だという判定で、不審死などが続くようでも悪判定。さらに最初と似たような意味合いですが、100万円以上の高額商品の販売などをしていた場合、確実に宗教団体ではなくただの悪徳商法の犯罪者集団と同じという扱いで良いという形にして、総合的に本来救われるはずの信者が苦しんだり周りも迷惑や苦しみが広がるような事をしているような宗教団体は全部悪判定で警察の取り締まり対象とすれば、基本的な有害教団は全部一掃できるのではないでしょうかね?
 それならオウム真理教等と言った教団等も今後作り出さないような形にして行けるでしょうし、その後継団体の活動に対しても問題あれば犯罪者と同じ対応で処罰して行けるようになる。
 あとは、警察からの宗教活動に関しての査察などは受け入れる事と共にその宗教活動が悪ではないと言えるような状態をキープしているかを抜き打ちチェックや時には内定調査なども受け入れる事とすれば、そこまで問題になるような状況も減らせて行けるのではないですかね?
 隠れて犯罪行動やっているのなら、証拠抑えて教団ごと潰して行けばよいだけですしね。

 一般的に宗教という物は、神や個人の教えから幸せになる為の形の活動等を言うのであり、宗教信者になって苦しむとか周りに不幸をまき散らすのは完全に邪教団でしかないでしょう。そんな邪教団を平然と野放しにするのは社会が腐る要因でしかありません。
 ついでに高額でお金を荒稼ぎしようとするとか、完全にそのお金暴力団などの資金源にしかなりませんよね?暴力団が今も普通に活動出来ているのは、国や警察が認めた暴力団がしっかりお金を稼げる方法が残されているからですよね?
 人を騙してお金を入手するのはそれが宗教団体の名の下であれば警察は全て野放しにして暴力団の活動資金を潤わせる為だと。法律がそうならそれは自民党政府が定めている暴力団の仕事先という事ですよね?
 宗教団体という形に変装すればいくらでも悪徳的にお金を稼いでも良いとする状況を作り出している。それが善なる教団だとはとても言えませんよね?ただの邪教団でしかありませんよね?
 宗教で営利目的を優先する所は全部宗教を隠れ蓑にした犯罪者集団と同じにすればよい。
 というか宗教的に周りに不幸をまき散らすのはただのテロリストでしたね。日本は宗教的テロリストを野放しにしまくっているという事ですか。だから警察も平和ボケが過ぎているのか馴染み過ぎて。
 日本の警察が世界の宗教的テロリストと仲良くし過ぎてていて、安倍元総理が襲われている際もなぜそんなことをする同胞よ?とか思っていたのですかね?(笑) テロリストと馴染み過ぎて一瞬勘違いしてしまったと。それなら警察のあの状況も仕方ありませんよね?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 宗教団体に対する善悪のルール~終了~テロリストor邪教団





























 平和的に信者の苦しみから救えるのであれば正義で、逆に苦しみを与えたり周りを不幸にしたりお金を巻き上げるのは悪だというルールの付け方は良いと思いますけどね。その代わり宗教的信条は誰かを意図的に傷つけたり不幸にしたりする物でなければ良いという所ですね。周りや自身に不幸や苦しみを与えるのは邪教団であり、討滅される対象でしかない。
 その教えが正しいというのなら、この民主主義の国では無くさっさとロシアや北朝鮮に行けというだけである。中国は中国共産党自体が宗教と似たような物だから異宗教は滅されるだけ。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2224回 要人警護も今の時代はハイテク化 [犯罪対策]

 さて今回は銃撃事件も含めて改めて問われる日本でも安全を守るための危機意識ですね。日本は銃規制が進んでいるから起こらないとかはただの平和ボケにしか非ず、やろうと思えば爆弾くらいは普通に作れるし、小型大砲形式から銃の真似事の物は作れるでしょうからねえ。火薬式の爆弾が作れるのなら、それを小型化して筒の中に入れて玉を飛ばす事が出来るようにすれば良い。それを平和的にしたのが花火ですか?
 まあ実際的には花火を作る技術があれば同時に簡易的な鉄砲を作り出せる技術にもなるという所ですけどね。なので、作ろうと思えば完全に別ではない所から技術を転用すれば作り出す事は意外とできるという事ですね。拳銃自体の製造方法が秘密にされていようとも。
 まあ高電圧式であれば、火薬すらも不要の銃は作れるのですけどね。既にアメリカや中国に一部日本でも用いられている電磁技術を用いれば、超電磁砲の小型化から火薬を用いずに電気の力だけで使用可能な銃の類も作り出されるようになるでしょうし。

 そして最近は人が直接というよりも改造できるのならドローンに銃の発射機構を取り付けて襲撃させるなんて事も出来るようになってくるのですから、いつまでも人中心でしか犯罪は起きないとかの絵空事を展開させ続けるのはどうかと思いますね。
 犯罪もハイテク化が進むなら要人警護などの形もハイテク化していく必要性は十分にある。

 さて時事としては、選挙はいつものように自民党が勝てる時に行なうのだから勝てて当然という所での民主主義もへったくれもないただの自民党が勝つだけの出来レースの選挙で、本当にこの国の民主主義は廃れて行っている状況にあると思いますね。
 このまま自民党が勝ち続けて行った先に控えているのは確実に自民党型日本共産党が作り出されるだけですよ? 自民党が政権取っていて安定と言っても、やっている事は日本の衰退でしかなく、安定した日本の滅びに向かって転がり落ちているだけです。自民党を選ぶという事は現実から目を背けている事と同じですからね。
 そして安倍元総理をやった犯人の動機に関しては依然不明な感じが続いていますね。犯行動機と強い殺害動機がどうしても合わない。誰かに作らされたストーリーをそのまま語っているだけのようにも見えてしまう。宗教団体に家庭を崩壊させられたというのになぜ元総理個人を狙ったのか?宗教トップを狙うよりも元総理の方が基本遥かに狙いにくいはずなのに、強い殺害意識を持って行動していたというのには、安倍元総理個人に対して別の殺害意識がないと出来ない行動ですからね。
 そしてここで宗教団体が表に出てきたという所から見ると、名前売りの為にこの殺人事件を計画したのかな?とも思えてしまえますよね。宗教団体の宣伝の為に著名人を襲撃するという感じで、安倍元総理個人に対して強い殺害意識を持った人を利用して、大義名分与えて行動を実行に移したという事も考えられるストーリーの1つではありましょうかね。
 その犯人は目的を達成させられるような形で、宗教団体はその事件を元にして効果的な宣伝が行なえるという感じでね。ついでにその宗教団体から見ても気に食わない政治家等がやれるなら一石二鳥とか?というストーリーも作れてしまう今のあやふやな犯行動機から生まれて来る物でもありますけどね。 まあ現状真実はまだ闇の仲ですがね。

 それでは要人警護のハイテク化の話に戻って行きますけども、人だけで対処していく形では今後犯罪等も含めてドローン等が用いられだしたら対処していくのが大変になります。既に戦場では目覚ましい成果を叩き出しているドローンでもありますし、そこに装備する物が銃以外の物での爆弾投下の類であれば、現状でも航空法関係ないとすればいくらでも可能な状況にあります。
 それは=やろうと思えばテロなんていくらでも出来るという事を意味する事でもあります。それは世界においても共通事項ではありますけどね。ただ単に漫然な性善説での平和を考えているだけでは、今後平然と起こりうるであろうテロ等には対抗できないでしょうね。
 航空法だけで禁止とするのではなくて、電波等も用いて正規の物は禁止エリアでは電子的に飛ばせないようにする形にして、それを無視するドローン類は即撃墜の対象とする形ぐらいは現在のお日様ポカポカ道路の形では必要かとも思われますね。
 妨害電波や航空電子機器を正常作動させないようにさせる形でのドローンをむやみに使わせないようにする対抗策は今の内からでも開発は進めておいた方が良いでしょうね。それは1つの選挙などでの要人の安全を守りやすくしていく為には必要な形になって行きますから。
 ただしそれがあれば絶対というわけでもなく、対抗手段で掻い潜ってくる物も出てくるでしょうし、正規の防御型ドローンとか時には警護ロボットの活用に簡単な設置型アイテムから防弾ガラス等のバリアをいつでも展開出来るような物等も作り出せるのなら、要人警護等においての防御力と安全性を高めさせてもいけるでしょうかね。

 ただまあ私は、アナログだけで行なう選挙というのもなんか昭和感が抜けきらない感じにも見えてしまいますけどね。 それに政治家の重鎮が回れば増える支持率って、政党候補者なんかいても居なくてもどうでも良いってことでしょ?それは政治の選挙として果たして正しいのか?とも私は思いますけどね。
 まあこちらは今回の話と少し違うのでここまでにしますけども、選挙とVRを組み合わせられるのならもっと選挙は民主主義に近付くと思いますけどね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 要人警護~終了~ハイテク化





























 もっとネット世界の方でも選挙について触れられるとかそのまま投票も出来る形が増えた方が投票率は確実に増えるでしょうし、世論が政治に関心を持つ形にもしていきやすいと思いますけどね。
 主に大勢いるとされるヒキニートの人達や病気や怪我等で普通では投票等に行きにくい人達が遊説先に出向いたり投票の形をしっかり決めていく形にもして行きやすいと思いますし、ネット形式なら様々な議論討論が繰り返される場所等も作り出せて、より政治に対する理解度やどの政党が良いのかを考えられる機会も作り出せて行けると思いますけどね。
 そしてそれらが普及する事は、同時に現実世界での危険も減らして行く形にして行きやすいという事にも繋がっていく。 アナログだけが世界の全てではなく、今は新たな世界である仮想世界での形も増えてきているのだから。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2209回 そこまで委員会 法律 犯罪者に情けは要らぬ [犯罪対策]

 さて今週もそこまで委員会からの内容ですね。六法全書での法律に関する話という感じでしたね。
 まあ法律に関する事だから基本は犯罪との絡みがあるという事での関係した所の話ですね。

 さて時事としては、6月の猛暑と熱中症の危険ですけども、炎天下直射日光で厳しい暑さの中ではそりゃ危険な夏の状況にもなりますよね。必要な対策は普通の道路に直射日光を遮れる物を追加する事でしょう。そして水のミストを噴射できるように出来れば、かなり暑さ軽減効果を持たせられると思いますけどね。
 あと電力逼迫とか電力不足で今後は日本も北朝鮮みたいに計画停電が普通になるのでしょうかね?
 私に頼れば電気代が日本全国平均的に30%以下に出来るというのに、電気代逼迫と供給量逼迫で苦しむバカになりたい者が多いという事ですかね?そんなに死にたがりが多いなら、私を無視してもしょうがないですかね。
 私を頼りたいというのなら助けて上げられますけど、嫌ならそのまま電気代の逼迫と電気不足での猛暑や極寒の中生き地獄で死に絶えて行けばよいですよ。(笑) 私は原発を超える自然発電の形を2~3種類作り出していますからね。1つは水の力・1つは風の力・1つは星の力

 それでは本題のそこまで委員会の六法全書の法律に関する話をして行きます。
 まず最初の議題は児童相談所の権限の一部を警察に委ねて即座に子供を助けられる環境にするべきかという事でしたが、私はそれに普通に賛成ですね。
 児相を強化しようとした所で、その間にどれだけの子供が虐殺されれば気が済むのか?という感じで子供なんかよりも親や働く人の方が大事という児童相談所の意味をはき違えている人もいましたけども、基本的に子供優先で考えるのが普通ですよね?
 それで児童相談所だけでは子供の命が守れないならば、警察の力で命を守る形を強化すればよいだけだと思いますね。子供を虐待して殺す事は犯罪にはならないというのであれば警察は不要かもしれませんけど、普通に逮捕案件であるのなら、犯罪を未然に防止して行く為にも警察の介入は必要不可欠なのではないでしょうかね?
 児童相談所は家庭や子供の悩みを聞いたり解決するのが目的であり、直接犯罪から命を守っていくというのは管轄の範囲外にも思えますから、そこは専門家である警察の力も借りて共同で行なえる形を基本として行った方が良い気がしますね。子供が暴力を受けていて逃げられる場所もまた交番等の警察管轄ですから、ちゃんと状況に応じた対応が取れるようにする事は普通のようにも思いますけど、児童虐待は正しい事だと言いたい人もいたのですかね?

 次にAV関連での話がありましたけども、違法契約に関してはアウトだし、そんな事をやる輩共は思いっきり強姦と同じぐらいの重罪に処してやった方が良いですよ。やっている事自体はほぼ同じですからね。
 まあただ、きちんとした合意の上で出演女性が全部正確に理解して契約も正しく交わされた場合に関しては、仕事として認める形で良いと思いますけどね。それらも全てダメとか言うと、風俗関係全部OUTになりかねなくて、逆の意味で性欲犯罪が横行しそうでそれこそ普通の女性の危険が増しそうでもあるでしょうから、きちんとそれが好きな女性及び男性がメインの出演の仕事での本番含めてありだという形で良いと思いますけどね。
 そこぐらいしか働き先が無い形にするのは社会の方が問題ですから、それを強要している社会を許さないままに風俗関連全部ダメというのは、人が生きる権利すらも迫害するのか?という状況下にもなりかねないと思いますね。
 ちなみに違法契約で主に女性を被害にする契約をした犯罪者共は、重罪扱いで女性が受けた恐怖や嫌々の性行為を体験させるべく、懲役日数の数だけ男性大好きなハードゲイさん達を呼んで、男同士の本番有り行為で主演男優になってもらう罰を行なってもらうという形で、罰を出るまでか共に男好きで女性に興味が無くなるまで続けられる形にして、それを大々的に公表させる形で抑止に繋げていく方が良い気がしますけどね。
 ばれて捕まればその犯罪者達の未来はAVホモ男優かゲイたちの仲間入りという形なら、普通一般の女性を餌にする犯罪者達は恐れおののくでしょうし。そしてゲイが増えれば経済的な形も活性化させられる。主に性犯罪者達への罰の執行人等にて…
 この罰は一部の男性たちにとっては死ぬ事より辛いでしょうね。死刑囚になるのと生きる事は出来るけど男性版性奴隷もしくはゲイに宗派替えをされるという状況なら、迷わず死刑囚を選ぶ人も出てきそうですけど。男性として一生を終えるか男性以外の形で一生を終えるかの究極の2択ですし。

 それでこちらでは最後の死刑囚に対しての扱いに関しては、選択制が正しいとは思いますけども、私自体は死刑制度反対ですね。明日生きられるかどうかだけを考えているというのでは、罪の事は完全に忘れて生を渇望するだけの形になって、それすらも被害者を冒涜する行為のように見受けられますし、ただ殺されたから殺し返すというのは芸が無く、それで被害者の苦しみが解放される事も少ないのですから、罪の事を思って苦しむ形か反省を促す形の更生の形を強めていく方法で、全部年数刑の形で更生するまで罪に対する罰を執行し続けていく形にした方がよほど罪に対する苦しみを与えられると思いますけどね。
 犯した罪を忘れずに常に反省して反省しきるまで続けられる形で、それを拒否する場合は人権すらも剥奪していく形にしていく方が良いと思いますね。人として反省する機会を与えてそれを拒否するのですから、人である事自体も拒否するのなら人権等必要はなくなっていく。
 ただしそれでも死刑は意味が無いので、まず最初は選ぶ権利を剝奪し、その後は刑務所内での自由も剥奪されていくという形で罪に対する反省に背くほど人権を自分から捨てていくという形にして行けばよい。
 地獄という環境はこの世で作り出してこそ意味がある。あの世に行ったら本当に地獄がある保証はどこにもないのだから、この世で起こした罪はこの世の地獄で罪を裁くべきである。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 そこまで委員会~終了~法律





























 最近は刑務所の無意味さを示す再犯も出てきましたし、刑務所の在り方は徹底的に改善されるべきですよね。被害者を被害者にさせて置き去りにさせないようにしないといけない。加害者も一種の社会の被害者だから守るべきというのなら、本当の被害者は置き捨てられてかまわないというのか?つまり殺した者勝ちな世の中だというのなら、本当にこの世は世紀末でしかないと思いますけどね。
 弱者は殺され強者は生き残る。つまり子供は殺されても仕方なく、大人は子供を自由に虐殺しまくっても良いという言葉にもなってくる。まあそんなのでは人も獣と同レベル以下でしかないという感じですよね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2174回 ビートたけしのTVタックル 密漁&不法投棄には24時間見張りロボで [犯罪対策]

 さて本日はビートたけしのTVタックルからの話とそこまで委員会での話の一部を軽くで話して行きます。

 まずTVタックルの方から話して行きますけども、人で警戒監視していくのは非効率的であり、犯罪者をのさばらせるきっかけにしかなりません。そんな人では大変な仕事も機械ならば?ロボットを代わりに配置して、24時間監視しつつ犯罪行動していたら動画撮影で証拠を取る行動をさせたり、何なら警察所属でロボコップとかポリスロボの類で逮捕&拘束権限も持たせられる流れで犯罪者が横行する場所に対しては、24時間在中できるポリスロボにて対処するという方向なら犯罪抑止力と共に犯罪者共を一網打尽にしまくれると思いますね。
 どんな面倒な事でもロボットならばそんな事を思いもしなくて忠実に任務についていてくれますし、疲れもせず文句も言わず充電環境させ整えれば24時間完全に稼働させ続ける事も出来るので、犯罪が行なわれる場所が決まっているならばロボットに任せた方がスムーズに対処出来るようになると思いますね。
 相手が不特定の複数人であれば、配置するポリスロボットも複数用意してチームで行動できるようにすれば良い。そしてロボに対して攻撃してきたりすれば、確実に器物損害での犯罪立件も可能ですからね。
 追加でそれがポリスロボとして正式権限がある状態ならば、公務執行妨害にも該当させられていく。
 通常ロボットの場合でも器物損害は適応できるし、口うるさく対応する形にはしやすいでしょうからね。条例違反とかでの証拠映像を残す形にもしやすく、それを阻止しようとロボットに攻撃加えたら確実なる器物損害にて立件可能となる。

 そもそもの話で、資源がある場所でそれを狙って行動する人たちが出てくる場所があるなら、ある程度認可制の決まりを作っても良いかと思いますね。認可の形は緩くても構いませんが、きちんと身分証明などが出来る形を基本として、未認可は完全に違法行為で犯罪者として処罰するという形なら取り締まりなどもしやすいかと思います。
 認可なく勝手に取っている奴らは全員犯罪者で、認可を得て取っている者でマナー違反者等は再度の認可講習等に出てもらうか認可取り消しの対応にするとすれば対応は今と比べて遥かに楽になり守りやすくなると思いますけどね。
 そこにポリスロボを配置出来れば、どんだけ不法密猟者がいても根こそぎ捕まえて行ける流れに出来ます。ロボが捕まえて駆け付けた警察が連行していくという単純作業で済みますし、もしその状況下でも残っている密猟者がいたらまとめて連行できますからね。
 認可証も今の形の技術で、QRコード対応型やスマホでデジタルデータで受け取れて判別できる形にした方が良いでしょうね。紙の形だといくらでも偽造し放題でしょうから。

 それでサブな話でそこまで委員会での子供のスポーツに関して小学生での全国大会の禁止(柔道)という話が出ましたが、柔道に限らず子供の身体の成長に阻害する状況が発生するのなら全部禁止にしていく形が良いでしょうね。
 勝負で誰が1位か決める形ではなく、どれだけ基本などが出来ているのかを測り100点満点計算で100点取れたら大きく褒めてあげる程度の形でも良いのでは? そこに唯一の1位は存在せずに100点取れた全員が褒められる対象で、他はもっと頑張りましょうという普通の対応で良いのではないでしょうかね?
 対戦形式は存在させずに基本的に基礎がどれだけできているのかや技術がどれだけ覚えられて身に着けているのか辺りで判断していく形で、決めれば良いのではないでしょうかね?
 あまり過度に勝つ為の勝負としての形をやっても子供の成長には良くないと出ていますし、子供の人生はその勝負だけが全てではないので、大人の道具として見る形は止めて子供の成長をもっと大事にする形に全体を変えていくべきでしょうね。
 結局大会等で勝負にこだわる形を定めているのは悪しき大人たちであり、子供を勝負に勝つ為の道具としか思っていない教育者としての資格がまるで無い失格者ばかりですよね。現状極稀に教育者としてスポーツ等を教える人はいるでしょうけど、大半は子供を勝負に勝つ為の道具として見て扱い競わせているという形ですよね。
 状況的には監督等の所有物であるペット等と同じ扱いで見ている人が大半では? 一部の親たちも似たような所でしょうけど、子供を完全に所有物として人として見ているのではなくただの親の目的を叶える為の使い捨ての道具だと見ている非人道的な親が多いのではないでしょうかね?
 その面で見れば、スポーツ以外の分野でも親の家業を無理やり継がせようとしている奴らが子供の自由意志と自由成長を妨害して道具として扱っている非人道な親だとも言えるでしょうかね? 代表的なのは歌舞伎でしょうか?あれ傍から見ると、男子は家業を継がせる道具で女子は家業も継がせられないゴミのような感じに思っているような形にも見受けられる。
 歌舞伎全体では子供を人として扱っているのでしょうかねえ?子供は子供として普通の家庭のように育て、普通の人も弟子入りから一人前などに成れる形で流派も継げるとかの形をもっと広げても良いのではないでしょうかね? でないと私は歌舞伎こそ子供を使い捨ての道具のようにしか思っていない場所としか思えないのでね。
 歌舞伎は0歳からスポーツも最近は2~3歳から始めさせる親たちも多いような状況で、子供は親の夢を叶える為の使い勝手で洗脳しやすい道具ですか?というような状況が散見されるので、もっと子供を守って行けるような形が作られることが望ましいでしょうね。
 日本は子供を道具として使い捨てても良い文化でもあるというのでしょうかね? だから少子高齢化が止まらずに子供の出生率が低下しまくるのでしょうかね? 子供を人として見ていない日本は最大の非人権国家なのではないでしょうかね?
 まあロシアも一部スポーツにおいて子供を完全に道具として使っていますし、それと同レベルですよね日本は。禁止薬物の使用だけが違ってあとは全部同じ。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 24時間見張りポリスロボ~終了~子供を道具として見る民族文化





























 まあ子供を道具として完全に見ているのは、大会等を主催する側ですよね。勝負にこだわらせて全体をそういう方向に誘導して子供をお金の為の道具として使っている児童虐待大好きな奴ら。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第2165回 刑務所で反省を促し社会貢献を果たす刑務所貢献度ポイント [犯罪対策]

 さて今回の内容は少し前に久しぶりに私が提唱する新たな形式の刑務所の形の紹介をした所で、機能追加に当たる部分の話ですね。
 このシステムの前提条件は私が提唱する反省しなければ一生出られない刑務所の形と刑務所内部でのグレード階層分けがセットでの話ですので、これ単品だけ持ってきたら殺人鬼が何度も当たり前のように人を殺しまくれて、それを採用した人も当然のように殺されるだけの結果になるので注意ですね。
 あくまでセット品の内容であり、通常の体形に持って来ても犯罪を助長する為の仕組みにしかなりませんからね。今の刑務所が基本ぬるま湯で構成されているから。

 さて時事は特に無いですね。現状北朝鮮がどうなろうと知ったこっちゃありませんし。

 という事でさっさと本題の話ですけど、この刑務所貢献度ポイントというシステムは、今まで普通に刑務所内で受けれてきた大半のサービスをポイント支払いにて購入していく形で受けられるという形に変えるとともに、そのポイントを使って刑期も短くさせる事が出来るようにするという仕組みです。
 この刑務所内限定のポイントの入手手段は、主に刑務所内の仕事的労働でごくわずかが入手でき、反省し罪を償う行動が出来れば、それの出来に応じた形でポイントが入手でき、また、このポイント制度に合わせて刑務所内で内外様々な依頼を受けられる形から依頼の難易度と報酬の状況にてポイントを受け取ったり得られる報酬ポイントの代わりに刑期の短縮にそのまま当てられるようにもして、刑務所内でより良い待遇を得たり刑期を短くして出所までの期間を短くする目的で使えるという仕組みですね。
 依頼と言っても基本的にはそれに該当する仕事を行なうという形ですし、刑務所で基本的に犯罪者が行なう仕事の基本は普通の現場だときついとか汚いとか言われる仕事や危険な仕事に人体実験や新薬治験の形等通常の人には頼みにくい仕事等が基本的な所での形になります。いわゆる犯罪者に対する自ら奴隷となって仕事に従事できる形とでも言いますかね。
 ただし仕事先の人間関係の構築等によっては、出所後にすぐに仕事先が得られるような形に人間関係から仕事が選べるような形に向かわせる事も出来るので、労働奴隷からすぐに社会復帰させやすい形にも使って行けます。

 ただし、受けられる依頼に関してはきちんとしたルールがあり、刑務所内の者が誰でも好きな依頼を受けられるわけではなく、犯した罪に対応する依頼は受けられないとして、さらに刑務所内の反省度の階級分けの形で、反省している上層の犯罪者達程真っ先に依頼の形を見られて受ける依頼を選べる形から貰えるポイントや刑期短縮の還元率も良い形で依頼を受けられるという形になり、基本的には危険度少なく刑務所から出て労働に出る形も出来るという形での依頼が多く、わざわざ危険を冒す必要無く比較的楽な仕事で良い報酬が得られて社会復帰に向けての仕事探しや刑務所内での待遇をより良くする目的で出来る形ですね。
 ただし、犯罪労働奴隷で外に出る場合は、脱走した場合は失神レベルの電流が流れる仕様に依頼人への反抗的な態度や依頼の放棄等の命令違反があった場合もその都度電流を流されるようにするという事を含めて納得した上での形になりますけどね。そして住み込みなどは無く、基本的に毎日刑務所に戻ってくる事も条件となります。
 そして犯罪者達の反省度の状況や犯罪のレベルに応じて階層分けとグレード分けがされるという形から反省度が薄く犯罪のレベルもそれなりな犯罪者達が集まる中層に関しては、主に上層で誰も取らなかった依頼に中層から受けられる依頼が混ざった物が受けられる形で、犯した罪に対応する物が受けられない以外は同じ感じで、依頼に応じた報酬等は上層よりも少なく、上層よりも危険度等が高い仕事が多く、労働奴隷も危険な物なら存在するという形になりますが、その場合警察官の護送はより厳しい物になります。
 そして中層は基本的に全ての難易度の依頼が受けられる場所でもありますね。ただし良い条件の依頼の大半は上層の犯罪者達が受けて無くなる事がほとんどですが。
 そして最後に下層に位置する犯罪者達は、反省はなく犯罪レベルも重犯罪の者たちばかりの層であり、当然のように受けられる依頼は上層及び中層でも受ける者がいなかった依頼となり、基本的には危険度が高く難易度の難しい物ばかりとなっています。また、難易度や危険度の最も低い物は受ける事すらできない仕様となり、依頼に応じて得られる報酬等も上の層に比べて低くなります。
 とは言え相対的に難しく危険な依頼ばかりなので、低くなると言っても上層や中層で受けられる適度な依頼の報酬と変わらないレベルにはなりますけどね。だから上の層から見れば見るほど割に合わない依頼にもなるという事ですが。

 そして刑務所貢献度ポイントの利用に関しては、基本的に普通の牢屋の環境と普通の食事以外の大半のサービスや設備利用にイベント参加等において必要となる形で、今までなら普通に無条件で参加したりサービスを受けられていた物が、全部このポイントとの交換購入式に変わる為、反省もせずに依頼も受ける事なく過ごしていたらほとんど刑務所缶詰め状態で過ごす事になります。
 面会や物品購入に手紙の送付等もできなくなり、刑務所内で開かれる催し物等にも参加できなくなると言った楽しくなくなる仕組みになっているので、基本的に受けたくさせる状況を形作る為の仕組みでもありますね。
 ただし集めれば集めるほど刑務所内での暮らしは良くなっていき、また依頼等から得られる報酬のポイントをそのまま刑期の短縮に当てて出所を速める方向で頑張る事も可能です。ちなみに1度でもポイントの形に変わった物から交換する刑期短縮と依頼の形からそのまま刑期短縮にする物とでは依頼から直接の方が交換レートが良い物となります。ついでにそのレートは依頼専用です。

 そして依頼の種類に関しては、外部の会社や業者に個人や国等から外部発注で受けられる物と刑務所自体が常時出している比較的簡単な依頼等が中心となります。
 外部発注は様々な依頼の形があり、依頼内容も報酬の状況も様々ですが、刑務所から恒常で出す依頼に関しては、刑務所内の作業補助から反省する意思を高める依頼や物作りなどのいつでもできる物等が基本ですね。
 簡単な例 反省文100枚セット書き、物運び、雑草むしり、家具製作、自転車人力発電、夜のお仕事等。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 刑務所貢献度ポイント~終了~刑務所依頼





























 この制度を用いれば、社会との結びつきも今よりも上げられるし、社会の困った事を解決する方向でも活用して行ける。また、反省する犯罪者達の更生を手助けする方向にも持って行きやすく、反省しない奴らにはサービス等を与えさせなくても良い形で使えるので、最低限の人としての楽しみを刑務所の中でも得たいとするならばある程度の反省を自然と促す方向には使えるようになる。
 ついでにこの仕組みを使えば、詐欺等でお金を騙し取られた被害者達の救済にも当てていく事が出来るようになる。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1943回 たかじん委員会 法と人権 [犯罪対策]

 さて久しぶりにたかじん委員会での話が中心ですが、体調が動ける程度の復調なだけで少し頑張るとかなり体がだるい状況が続いているので、いましばらくは普段よりもさらにローペースで行きます。
 どうにも頭も働きにくい状況なので。

 という事で時事無視してさっさと本題に行きますが、コロナに関してのロックダウン法整備は必要だけど、自民党政権下ではさせずに今の野党連合が政権を取った時に民主主義議論の下制度整備を整えていく形にするべきでしょうね。
 自民党に任せると麻生氏の下で補償の部分が完全無視される事になるので、補償無しに死ねという名のロックダウンで虐殺劇にしかならないので、自民党政権下での議論は必要無いと思いますね。
 国の非常事態での法律無視等も自民党政権下での法律改正には反対ですね。ヒトラーと同じく戦争を主動的に行えるようにしかねませんし。

 そしてワクチンパスに関しては、私も反対派ですね。現状ブレイクスルー感染が普通に起こっている状況では、ワクチンパスの意味が薄いですし無症状含めて感染広げて新たな変異の可能性まで広げる形にもなりかねませんから、ワクチンパスよりも検査拡大での早期発見と早期治療での感染者抑え込みと症状発生を少なくしていく方向性で対応していく形にして行った方が効果的な気がしますね。
 ワクチンパスで素通りして感染していたら何の意味も無いですからね。むしろ感染を拡大させる要因の1つになりかねない。無料検査体制の拡充と効果が薄くても良いから幅広い普及の下に食べられる治療薬を美味しく皆が普通に食べられるという形で抑えて行けるのならそちらの方が遥かに効果的かと思いますけどね。

 あと後半は犯罪に関してですけども、成人年齢に関しては年齢で区切るのではなく、高校卒業の年齢月と同時に成人を迎えるという形に切り換えて作って、重犯罪に関しては自己意識化で行なわれた物であれば小学生高学年から通常懲役罰と同等の形にしても良いかと思いますけどね。
 そこで教育の概念とか言う人がいますが、殺し系統等の重犯罪やって被害者には教育の概念も人権も関係なく殺された方が一方的に悪いとかいう方が酷い話だと思いますけどね。 何も学ぶ機会が必ず子供の間でしか行われないという事でもないでしょうし、罪を償う期間と教育の時間は切り分けて考えるべきだと思いますけどね。
 少年院の役割は、あくまで重犯罪にまで行かなかった子供への更生を促す施設だという認識で私は思っていますからね。

 あと死刑制度に関しては日本では少数派ですけども反対派ではありますが、同時に終身刑制度も無期懲役制度自体にも反対であり、EU等のように手ぬるい対応にする気も日本の生易しい対応にする気も毛頭なくて死刑に変わる制度として一時的人権剥奪も視野に含める地獄制度を私は提唱する立場ですね。
 この世の地獄足る場所を作り上げて、罪に対して適切に向き合い償っていく形にさせる仕組みでの懲役罰の形で、基本的に全て年数月日での計算方式だけども、罪に対して向き合い反省の行動が出来なければいつまで経っても年数月日が減少する事は無く、永久的に刑務所で生活を余儀なくされ、反省しない態度が酷ければ徐々に自らの意思という形で人権が失われていく形で刑罰の形になるという今までと全く違う法律刑罰の形ですね。
 中国の形に近しい物で作りますが、基本的には自己反省の形を中心に組む形で、拒否も自由だけど拒否すればするほど人権も失われていくという形。反省の形も基本的には地獄に相応しい内容で罪と向き合って償う対応が出来なければ、一生出る事叶わず無限地獄の環境下で苦しみ過ごす形になる。
 逆に罪を正しく償っていく対応が取れれば、刑務所内でも一定の自由行動やある程度快適に過ごして行く事も出来る形として、どれだけ自分が犯した罪に向き合って行けるかによって内容が大きく変わっていくという形ですね。
 殺人犯に対しては、一定時間人権剥奪の形(本人承諾)から被害者等が殺さない程度に好き勝手にやりたい放題できるという形もありかも知れませんね。殺人犯が泣いて喚いて嫌がるような内容で苦しめさせていく方法で罪と向き合わせ殺された側の思いを嫌というほど分からせる事で罪と向き合わせ反省を身に沁みて分からせていくという形も私はありかと思います。
 それを拒否すれば自動的な人権剥奪の形から半強制的に他の形で罪を無理やり償わせていく形になるだけですが。 反省の欠片も無い奴にのんびりとした時間を与えさせる方が時間とお金の無駄でしかないですしね。

 ネット犯罪に関しては、自殺や人死にに繋がる案件は厳しく罰していく方向性で犯人特定もし易い形にしたらよいでしょうね。 まあ分かりやすい誹謗中傷等は表示されなくさせる方法等を取って行く形にして、警察がマークしやすいように対処していくという形でもよいかもしれませんけどね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 法と人権~終了~地獄制度





























 かなり直していますが、誤字脱字の自己修正をかなり行なっていて、まだ抜けなどがあるかもしれませんが今日は完全放置で行きます。
 地獄制度に関しては、今までの形からの名称を分かりやすくした形であり、基本的には地獄を味あわせるという方向性は全く変わっていませんね。死ぬ事の方が死刑の方が数倍ましな生きる事での地獄の形はいくらでもこの世で作り出す事は出来るのですよ。被害者が負った恐怖と苦しみを犯人に負わさせる形で行なうという形は、死刑と同等以上の形を作り出す事も可能なのではないでしょうかね?
 場合によっては被害者側が犯人を殺さない程度に好きに殴り倒す事も出来るという形ですから、それなら死刑制度の代わりとして納得しても良いという人も出て来るのでは?
 一方的に人の生きる人権等を奪った奴相手にまともな人権を与えさせたままにする方がよっぽど酷い人権侵害だとも思いますからね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1916回 電動キックボードでの違法横行 警察の自転車無法野放しの影響 [犯罪対策]

 今回は自転車での無法状況が電動キックボードにも飛び火している事に対する問題の話ですね。基本的に扱いは自動二輪と同じですけど、無視して自転車感覚に歩道を走るゲーム感覚殺人鬼たちが横行しているようですね。

 時事としては感染状況が少し収まっている風に見えながらも人出自体は減る所か増えているので、第2時爆発が危惧されている状況でしょうかね。
 あとは特に無し。しばらくは混迷の総裁選に関する報道で終始しそうですし。ある程度変化があったらまた時事雑記をする程度で。

 というわけで本題の話に移って行きますが、基本的に今回の電動キックボードでの違法走行が横行するきっかけは今までの自転車の無法状況に警察がかなり無視を決め込んで職務怠慢していた結果ですね。
 多少の道路交通法違反くらいは自転車ならばと無視をしていたら今度はその次の進化した乗り物の電動キックボードにて同じ感覚で使用し、歩行者の安全をより失わせる結果に陥らせてしまい、日本全体の治安悪化に繋がってしまったという感じですかね。
 自転車でさえも基本的には道路交通法に定める所では軽車両扱いですが、電動キックボードだと自動二輪(通称バイク)相当であり、少し調べるとスクーター相当での公道走行許可が出されている感覚で、基本的に現状の国の扱いはスクーターと同等であると思った方がよいでしょうね。
 それで自転車感覚で、スクーターで歩道に普通に入って走行したら完全に危険運転ですけど、電動キックボードは自転車の延長線上だからいいだろうとするバカ共が平気で人殺し上等の運転をしまくる状況が多発しているようですね。
 見た目が軽そうだからと自分勝手に判断して歩道を我が物顔で走る行為はまさしく現代の暴走族と何も変わらない悪事ぶりですね。ついでにこちらは平然と歩行者を轢き殺す勢いで動きまくるから余計に質の悪い現代の暴走族ですよね。ある意味凶器持ち歩いて周りの人をいつでも殺せるぞと脅しながら動き回る殺人者のような暴走族でしかないですね。もはや暴力団と同等といっても差し支えない。

 なんと言っても違法者には柄が悪い人が多い感じでもあり、平然と自転車感覚でよいと思って道路交通法は何も関係無いと思っている無法者等も多いですからね。自転車でも信号無視すれば立派に違反者なのですがね。
 むしろ鬱屈した今の状況でのストレス解消目的に法律や安全を破る事に快感でも覚えているのですかね。他人の安全と命を脅かす事での優越感を持って憂さ晴らしをしているとかの形でしょうか? まあ身勝手な話ですがね。
 そして車との接触事故やひき逃げ事件も多くなってきて、いよいよ警察も動かざるを得ない状況で取り締まりに動いたりしてますが、まだまだその状況は緩く遅くもっと大規模に取り締まりを行って違反者達に片っ端から罰金等徴収に悪質な奴は懲役罰方向で逮捕していく形で取り締まっていくようにして、表で自由に暴走行為が出来ないようにまで徹底した取り締まりを続けていく必要があると思いますね。
 その上で、ついでに自転車に対しても今までよりも厳しく道路交通法が守られているのかのチェックをして、流れから電動キックボードにそのままの状況で向かわないようにさせていく事前対処を出来るようにして行くべきだと思いますね。
 自転車で許すから電動キックボードでより質が悪くなっていくのです。ならばその前段階から取り締まりを強化していくようにすれば全体的な道路交通法を守りやすい形で治安を良くする方向に持って行けるでしょうね。 現状警察は悪化する治安を放置していて、職務怠慢が酷くなっていますからね。
 警察の対応改善も必要だし、やはりこのまま自転車等の治安が悪い状況が続き無法者が横行するようならば、自転車や電動キックボードに車も含めて全て性善説の仕組みは全て取り払い、性悪説の形から成る運転免許証が無ければ動かせない仕様に変更させる必要があると思いますね。
 それの不所持で無理やり動かす行為も犯罪行為として取り締まる方向で動いていくべきであり、自転車は免許停止レベルを受けた時に電動キックボードは乗る前に講習を受けないと乗れない形にして、講習自体は安全確認の形や道路交通法を正しく理解出来ているかのチェック位で簡単な物とするけど、平気で赤信号無視したり歩道逆走や歩行者を無視して轢き殺しに行ったりしたら基礎からやり直しのレベルで車の筆記試験レベルをクリアしないと再発行や許可されない形にすればよい。(実技は無し)
 その代わり、よほど安全運転に難が無い限りは自転車も電動キックボードも初期で乗るのは乗りやすい形のままとする。 基本的な社会のルールとマナーレベルでの話すらも出来ない状態では乗る事が出来ないようにするだけの処置ですね。

 まあ道路事情が平面の二次元ばかりなのも問題を悪化させる要因の1つではあるでしょうけどね。
 横の平面で語るのではない。3次元を意識した縦の構造で道路状況を語って行くのが大切である。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 電動キックボードの違法走行~終了~自転車無法地帯





























 政治家も仕事してないけど、警察も仕事をあまりしていない感じが出ていて、もっと給料に合った税金分の仕事はして欲しいですよね。道路交通法の取り締まりで自転車電動キックボードであれば車や本職暴力団や殺人事件相当よりも危険度は低いのですから。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1712回 ビートたけしのTVタックル 無法自転車交通の解決策 [犯罪対策]

 さてコロナ禍で再度問題になってきているのが、出前等の配達からの自転車宅配での実質無法状態での問題に関してですが、解決策は前にも1度出しているのですが、再度と言った所ですかね。
 まあ普通に有体の対策では、無視されて無法に元通りになる事が普通でしょうから、無法は損になる仕組みか、そもそも無法者には運転させないようにする対処ぐらいでしか有効な対策にはできないでしょうね。

 それで時事としては、昨日の夜に大きな地震がありましたね。場所は約10年前の大地震に相当する場所と同じような所であり、今回のもそれの余震である可能性が高いという事で、忘れてはならない日本の3.11の大地震を彷彿とさせる大地震の形になったようですね。
 そして1日経って朝を迎えてから、次々と被害状況が報告されて行って、最大震度6強という事での地震の被害が多数に及んでいる状況となっていますね。
 そして今はコロナ禍でもあり、自粛経済に対しては、さらなる追い打ちにもなり、さらなる支援の形等も求められてきそうな所ですかね。

 それで本題に関してですけど、自転車の無法問題に関しては、昔から問題視されてきていて、特にコロナ禍での飲食店の時短からのデリバリーの増加と共に自転車での無法運転も大幅に増加しているようで、トラブルや事故等が日本でも絶えない状況になっているようですね。
 これに関しては、昔から無法を続けていたのが原因であり、警察も基本見て見ぬふりなどをしていた事が問題の一因としてある。 そして自由に使っている状況から、ルールやマナー等で縛ろうとも、いくらでも無視されてしまえる現状では、並大抵の方法では、厳しく取り締まっていく事も、自動車等のように法律に順守させていく流れは作り難い物となる。

 これで取りうる有効な解決策としては、自転車にも免許制度を設けた上で、免許制度を自転車を使う上での解除キーの1つとして用いて、それが出来なければ自転車を使う事が出来ないようにさせて、その仕組みのない自転車への罰則を問答無用で強めて、罰金の発生の形を作り、さらに免許制度からも問題行為で逮捕されたりすれば、乗れなくなったり追加講習を受ける必要が出てきたりする流れから、安全運転ができなければ、面倒事が増えていくという形で、取り締まっていくという形か、信号無視やら走る場所での問題行動等に応じて、自動的に違法行為からの罰金が支払われていく形で、クレジットカード対応や現金チャージ型での起動の形で、そこから支払われていき、0になったり支払えない金額まで達すると、自動的に使えなくなるという形で、自主性を重んじながらも行動云々によっては、使えなくなる形で、正しい行動変容を促して行く形の仕組みを作るかですね。
 こちらの後半の仕組みに関しては、信号機や道路標識等と自転車の位置情報等と結び付けて、自動的にその行動が違反状態かどうかを判断出来るようにすれば良いだけで、前半に関しては、主に警察主体で動いていく取り締まり方ですね。
 まあどちらも基本的には、マナーやルールだけの形にはせずに、自転車というツール自体に安全運転で使っていく方向で考えないと、便利に使えなくなっていくという方向性で、制限を掛けていくように出来れば、ある程度までの無法状態の解決にまで図っていく事は可能になるかと思います。
 まあ要は、自転車にもアナログ対応ではなく、デジタル対応で形を作って行けるようにする必要があるという事でしょうね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 ビートたけしのTVタックル~終了~無法自転車交通





























 日本はもう少し、マナーの形を厳しくした方が良い気もしますけどね。自転車でならば、信号無視も歩行者轢き殺しもまるで問題ないとか、無法国家の形に近くなっていますし。
 道路体系の変化からの車道と歩行者道と自転車道を完全に分ける仕組み等も必要になってくるかとも思いますけどね。立体階層型道路等の仕組みも含めてね。 END


 ちなみに今回は、既に前に出された物からの再度という事と、新シリーズからにも別方面での解決策に繋げていく仕組みを語る事から、今回は短めになっています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1602回 罪の反省・罰の形でのVR版 一時の楽園から地獄へも [犯罪対策]

 さて今回は、自転車のあおり運転犯罪を見ながら思いついた、より効果的な罪に対する反省や罰の形をやりやすく実現させる為に、VRが使えると考えての内容ですね。より反省度合いが計り易く、口では何と言えても、深層心理化での反省の度合いまで確認する事が出来るようになるので、今までの形よりもより強くなる方法ですね。
 まあ犯罪者側にとっては、今までよりも嘘で抜け出にくくなるという悲しい方法ですが。
 それにしても、犯罪者を虐める方法を考えるのは楽しいですね。これは、弱い者いじめではなく、かつての強い者を虐める行為ですしね。

 さて時事としては、関西の番組では、大阪都構想論議が多くなってきましたね。それで1つ言いたい事は、本当に公明党というのは、強い者に巻かれたいだけの犬ですね。結局今回の賛成意見というのも、次の選挙の際に維新と戦いたくないからというだけで、中身に関してはあまり関与せずに、自分の支持者たちに対して、中身は考えず、アホになってただ従えばよいと言っているような物であり、それは基本的民意と民主主義を汚す行為にしかならない。
 大阪市民の為とか言っていても、結局公明党は、自分たちが次の選挙でも政治家に残り続けたくて、その為に大阪で勢いの強い維新と戦わない方法が欲しいというだけで、賛成派に回っただけとも取れる状況で、だからこその反対からの急遽の鞍替えになっているというわけですね。
 そして公明党は、国としては自民党に付き従い、どれだけやっても現状は、強い者達だけに付き従う根っからの犬政党だという事ですね。
 なぜそれをやるのかと言えば、その方が政治家として高い給与を楽に得られるからですね。あれですよ、一般的な会社内で、ゴマすりばかりやって昇進するような人たちが、公明党だと考えれば理解も早いでしょう。みんなの為と言いながらも、実際は自分の為だけに行動するのが、公明党の基本ですよね。それでそこからのおこぼれを支持者に配るという感じですかね。
 だから支持者には、賢い人はいて欲しくなく、バカやアホしか要らないという事でしょうね。もしくは、トップが例え日本でのテロリストに変わったとしても付き従ってくれる信者ぐらいでしょうかね。一部の公明党支持者の中には、オウム真理教に従っていた人たちと同種の人達がいるようですからね。

 それでもう1つの時事として、菅総理が世界に対して、温室効果ガスの排出量実質0を目指す期限を定めましたが、私の形なら、35年までには可能ですね。そして50年までならば、実質マイナスにする事も可能ですよ。つまり、周りから吸収できてしまえるほどにする事も可能です。
 私の発電スタイルならば、原発も石炭火力も必要ありませんし、森林に関しても、世界樹創造を複数作れば、世界の大森林に匹敵する規模は簡単に作成可能ですからね。
 私の中では、原発も石炭火力も旧式のゴミ同然であり、どれだけ新しくしようとゴミには変わらないのですよ。再生可能での半無限の形が複数できていますからね。それと比べたら、月とすっぽん以下ですよ。 私の形では、基本的に海がある場所が、発電地帯になりますからね。日本のような島国ならば、いくらでも面積はあるでしょう?

 それでは、本日の本題の犯罪者いじめになり得る罪の反省・罰の形のVR版の話をしていきます。
 この方法を思いついたのは、自転車のあおり運転に関して、反省せずにまた戻って来てやる可能性が高いと思い恐怖する付近の人達の思いの形から、私の仕組みにおいて、その形の反省度を計る為にはどうすればよいのかを考えていて、現実の場に出しても警察付き添いなどでは無理があるし、逆に刑務所の施設内でやっても意味はないだろうから、こういうケースで反省度を明確な形に表すにはどうするべきかを考えて、VRの形で仮想再現させれば、可能かもしれないという事での内容となりました。
 ただし、単純にVRでの試験等の形では、今までと同じように嘘で潜り抜ける事も出来てしまうので、VRでありながら抜き打ちチェックの形を実現させる為に、抜き打ちのタイミングで、対象者が寝ている状況に、さらに睡眠薬やガス等も用いて、簡単に起きにくくさせた状況で、装着感が分からない形で、VRゴーグル系を付けさせて、身体の動きの形を仮想空間内に投影できる機器等も取りつけさせたうえで、起きてもらい、そこから夢か現か分からない状況下で、抜き打ち試験の開始となります。
 その状況で対象者(犯罪者)は、リアルな夢と思うような状況で、友達等の知り合いもしくは、内心の思う犯罪行動を想起させて、夢のような形なら何でもできるという形にさせて、仮想空間内で、犯罪をさせる方向にけしかける事で、その後の行動によって本当に反省しているのかどうかを判断させていく事が出来ます。
 この形ならば、現実の形で反省の度合いを判断するのが大変な犯罪等において、刑務所での苦労に対して、都合の良い夢だから何をしても良いという誘いなどを与えて、さらに場面状況でも都合のよすぎる形で、当人が引き起こした犯罪等が仮想空間内で行ないやすくなるという形を作り出し、反省出来ていなければ、確実にまたやるだろうという形でもって、判断出来る形から、これを1つの反省の状況を計る為の判断材料の1つに出来るという事ですね。
 同時に一部の犯罪に対しての罪に対する罰の形にも用いて行けますね。 女性に対する強姦魔とかならば、仮想空間内で、女性を襲う度に、その女性が一瞬にして裸のマッスル男に変わるとかならば、精神的に相当なダメージになるでしょうしね。
 それか、仮想空間内で逃走者となって、男性の同性愛者にしつこく追い回されて、捕まるとそっち方面の状況が仮想空間内で嫌というほど繰り返されるという状況ならば、相当な被害者側の思いを感じさせる事が出来るのではないでしょうかね?
 それと組み合わせて、捕まったらARの形で、現実に引き戻されて楽しい時間を過ごすとかいう形ならば、それは一種のゲームでありながら、決して遊びと捉えられない恐怖のゲームになるでしょうね。

 ちなみに私の中でこういう例が多いのは、女性が受ける被害の形を犯罪者の男性が嫌というほど味わっていく形になれば、少しは性犯罪の形も少なく出来るかな?という思いでやっていますね。
 というか本気でこの形が出来上がると、男性の性犯罪者は、楽園の後に必ず地獄を見ないとまた社会に戻ってこれなくなりますね。それは、再犯率を極限まで下げる効果が期待できるでしょう。
 まあその他、仮想空間での判断等の形ならば、近所迷惑とか嫌がらせにあおり運転等のイラつく行為から犯罪に繋がる系の反省度を判断するのにも十分使えますからね。反省しきるまで二度と出られないように、その反省も心の奥までしっかりと反省しないと刑務所から出られないようにすれば、被害者たちの心労も少しは軽減できるのではないでしょうかね?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 罪の反省・罰の形~終了~仮想空間での判定





























 あとは、お酒系に違法薬物系等でも使えそうですよね。主に精神に作用する事も仮想空間内での判断の形にはしやすいでしょうし。まあだからと言って、こればかりではなく、きちんと現実方面も織り交ぜての形が私の地獄巡りコースですけどね。
 反省の言葉を口に出して言うだけならば、オウムにだってできます。本当に必要なのは、口での反省の言葉ではなく、本当の心から思う反省の形であり、それを判断出来る形を取らなければ、罪に対する罰の正しい形にはならないでしょうね。
 だから私の形では、死刑は無くして、年数は有限式にどこまでも増やせる形の懲役刑とし、本当の心からの反省が出来るならば、誰しもが出る事が可能な形に変えたいという感じですね。そして期間も反省の度合いに応じてリアルタイムに変化していく形ですね。 まあ逆に反省しなければ、1日からでも無期と同等にも増えていきますけどね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 犯罪対策 ブログトップ