So-net無料ブログ作成
犯罪対策 ブログトップ
前の10件 | -

第1327回 違法営業白タク対策素案~打つ手の無い対策に光を~ +中国新型肺炎の危険性 [犯罪対策]

 さて今日は、たかじん委員会が特に話題に挙げる物でもなかった(というか宣伝番組と化した?)ので、たまに見ている報道番組のサンデージャポンからの今の春節で多く見られる問題の違法営業の白タクに関して打つ手がない状況に対する「1筋の功名になれれば良いな」的な、感じで素案を出してみます。 出来ないや無理というのは考える事を諦めたから出てくる言葉なのですよ。

 さて時事に関しては中国の新型肺炎の追加情報から、どうにもサーズを超えた可能性があるとの発表が出ているようですね。さすが第3のという事はあるのでしょうかね。まあ発生場所としても経済の中心地の1つという事で悪かったでしょうし、いくら封鎖していくとしても車や人の流れを完全に封ずる事は出来ないので、効果も限定的に止まる状況から、抑えられているという認識は止めておいた方が良いでしょうね。過剰に安心はせずに、適度に危機感を持って対応していくのが今の所必要であり、基本的には基礎免疫力上げてインフルエンザでもやっているような基本的対策をしっかりしていれば、病気に掛かる率も重病化する率もかなり低くなるでしょうね。まあ侮って怠れば別ですが。
 あと現状で新型肺炎が最も恐れられている点で言えば、直す為の薬等が無いという事でしょうね。どれが有効的に作用するのかも、抑える為に必要な薬かも分からない状態が今続いていますから、世界のどこかが薬を作り上げて量産させられるまでは、この新型肺炎の猛威と脅威による混乱と不安は増え続けるだけでしょうね。
 まあそれを中国が作れなければ、結局的には経済的に中国が損をする事にも繋がりそうですけどね。それでアメリカが何か狙っている可能性も無きにしも非ずでしょうけど。ここで量産まで最速で出来れば、トランプ再選の経済的な布石の1つにもなると考えていそうですしね。
 そして不安と混乱に関しては、既に発生地点の武漢を中心に広がりを増して行っているようで、医療を押し付けてもパンクすれば意味無いでしょうし、食料的な不安と在庫状況によっては、封鎖が強引に破壊される恐れもあるから、そこら辺も注視した方が良いでしょうね。必要なのはマスクだけではありませんからね。
 というか、いくら封鎖していると言っても、メディアたちは普通に出入りしているし、政府機関も出入りしているし、ついでに日本政府が何やら救助に向かうとか言っているようですから、まあ普通に封鎖している感は無いに等しい気もしますけどね。
 ウイルスがどこに付着するか分からない状況であるならば、移動交通用の乗り物などから今後感染が広まる可能性もあると考えたら、ほぼ封鎖になっていないでしょうしね。ウイルスの状況が日々進化している状況では、対応策としても常に先手を打つ形で対策して行かないと、今はこの状況だから大丈夫としていた対策が、知らぬ間に突破されていたというのは普通に起こり得てしまうでしょうからね。その辺の事も考えられないと、新型ウイルスへの対策としては不十分であるとしか言えない。

 さてそれでは本題の方は素案という事もあり、基本まとまった形の内容ではなく、ついでに対策方法と言ってもある意味大雑把で取り締まっていく方法なので、大きな壁に対する突破点のひび割れ程度に思っておいてください。
 それで白タクに関しては、主に外国人達が日本の移動交通手段を使わずに違法にビジネスで交通手段の代わりとして行なうもので、基本的にその行為は現地の経済を活性化させずに観光客系の外国人達だけが儲かればそれでよいという自己中心的かつ他国の経済破壊の為に行なう行動で、これを許していると、観光の盛り上がりが今一つになるといったマイナス効果になるので、取り締まりが求められているのですが、どうにも向こう側の対抗策として、家族という扱いでならば、いくら載せても良いでしょうという対抗策が出回っているようで、日本の警察が確実に黒だと見ても決定打で動けない状況に成っているのが現状況ですね。
 なのでのそれにも対応する方法としての取り締まりの対抗策としては、外国人観光客に限り形で、ビジネスの有無に関係なく1つの乗り物の中に7割以上の外国人観光客が入っていたら、それだけで白タク扱いとして運転者並びに同乗者までも全員逮捕するという扱いにして対抗すればよい。
 それでこれの判別基準である外国人観光客の定義は、パスポート等の形から2週間以内の現滞在日数で観光目的等の人が対象で、それ以外は当てはまらないが、パスポートの提示拒否等をした場合は、全部一律で外国人観光客と同等の形で取り扱うという事にすれば、逃げ道を塞ぐ形にする事が出来る。 まあ要は回避する方法が、日本の滞在許可が観光以外で出ていた上で、2週間を超える日数滞在している人ならば、いくらなんでも観光客では無いから別に良いでしょうという感じで過ごせるけども、それ以外での疑わしき形等は全部一律で罰する方向で動くという形ですね。まあパスポート提示拒否の時点で疑わしきではなくて、何か後ろ暗い事はしていると言っている状況でしかありませんけどね。
 ただしそれの回避策としては、4割現地の人達を入れたり滞在日数が多い人を入れれば良いのですが、それを集めるのに苦労しそうですし、何よりその人達の為に座席空間枠を埋めるというのは、営業的に損失でしかないでしょうから、非常に行ないにくくなるという効果を発生させられて、消滅防止までは現状できない(車の無人運転化技術に並行する形で白タク防止系の技術を機械に組み込めば別ですが。)でしょうが、相当数の数を抑止して減らして行く事には繋げられるでしょうね。
 そして罰則の方に関しては、運転者には罰金で500~1000万円ぐらいの形で、払えなければ刑務所で働いて返す形にさせて、観光客同乗者たちには、罰金は無しですが留置場もしくは対応のホテルで軟禁罰として、3日間強制的に何も身動きできないだけの罰を与えさせる事にします。(ちなみに食事などは警察司法持ち) まあ観光客にとって貴重な自由時間を奪われる事が何よりの苦痛になりますからね。場合によってはツアーから外されたり欲しい物が買えなくなったりするというきつい状況が発生しますから、需要も供給も叩く為にはこういう罰の形が良いと考えますね。
 どちらかだけ叩いても何も意味は無いのですからね。需要も供給も叩かなければ、危険を冒してでもやろうとする奴はいくらでも無限に湧いて出るのが普通ですから、原則的に需要も供給も叩いていくのが、犯罪を減らして行く為には必要だという事です。
 だから違法風俗とか闇出会いにパパ活等が無くならないでしょ? 需要だけを叩いても、供給源が放置では絶対になくならないのですよ。バカやアホはいくらでも湧いてくるのですからね。
 何事も手ぬるいから無くならず、どこかで危険を冒してもやる人は出続けるのですよ。需要と供給のどちらをも叩かないからね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 白タク対策~終了~需要と供給叩き





























 闇系の仕事での犯罪が、必ずしも女性は被害者であるという考えは捨てた方が良いですね。金の為にやっている者もいれば、脇が甘くて捕まったりする奴らもいるのですから、そこら辺もきっちり状況見極めて罰を与えて行かないと、いくらでも供給源として出来てしまうし、後の犯罪者側に進化する可能性も出てくるでしょうから、可哀そうとかで一括りにすると、それは犯罪の全てを取り締まっている事にはならないのですよ。 今の日本の法律では、犯罪行なっている奴ではなくて、引っかかった奴だけを逮捕したりで犯罪女性は放置になっていたりするケースも多いですからね。それで犯罪防止できたと言えるのでしょうかね? 犯罪者は罰せられず、バカだけ罰せられるのでは、何も意味が無いと思いますけどね。バカは無限に湧き出るのですからね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1320回 たかじん委員会 日本の司法ガラパゴス? いや、ブラックです。 !閲覧危険! [犯罪対策]

 さてようやく真面目なたかじん委員会での話ですね。真面目1発目は、日本の司法に関しての話でしたけど、日本孤立のガラパゴス化というよりも犯罪者天国で人殺し天国で腐りきっているが故の状況ではないかと思いますね。 まあそもそも犯罪に対する司法の形は世界においても被害者たちの感情を無視する内容が多いので、私から言わせてもらえれば、全て犯罪者を守る為の法体制でしかないと言えて、特に日本は劣悪過ぎる殺人者保護司法であるという感じですかね。司法がテロリストウェルカムと言って、核爆弾持って来てくださいと言わんばかりの腐敗状況ですからね。
 長年独裁が続いたから、腐り切り過ぎているのですよ。今の日本の裁判所は冥府の墓地と同じような漆黒の光に包まれているような状態ですね。

 さて今日唯一の救いの時事を載せますが、昨日のニュース7daysでの王室混乱からのブルネイ王室国家は素晴らしいという事を報道していましたけども、あれこそ正しい形であるとも言えるでしょうね。基本的に独裁状況ですけど、国民のほとんどが幸せな状況に成れている状況は、他の民主主義国家よりも遥かに民主主義率が高くて国家の在り方として出来ていると言えますね。
 王室で高みにはあれど、国民とも親しく接して行ける形で問題をよく聞いてすぐに対応出来る形は、あれこそ民主主義の形の完成系に近いと言えますね。さらに教育体制などに関しても私が目指す形そのものに近い状況で、資本主義の形からの補助の体制もしっかりしているので、基本的高水準な生活環境も整えられているという事でしょうね。
 それでそれ以外の国の王室がダメになっている理由の1つとしては、王室が政治に直接絡んで行けない状況になっている事と、国民との触れ合える状況が薄い事にあるのでしょうね。 昔ながらの王侯貴族の形では、今の民主主義には嫌われるという感じで、直接政治介入での何かしらの実績を作れない状況では、お飾り王室になっている状況が多く、その形においては、今までの枠内だけでしか動く事は出来ず、それ以外の事をやろうとすると反発が大きくなるという事ですね。
 つまりお飾り王室は国の道具奴隷と同じという事ですよね。民主主義の基本的人権が与えられない事が多い状況である。

 それでは、たかじん委員会での日本の司法の問題に関しての話で行きます。
 今回の話での基本的な所は、ゴーン脱走からなる日本の人質司法制度についてと、世界で少数派な死刑制度存続国の問題の2点が大きなテーマ課題ですね。IRに関しては別件の話でしたし、捜査に絡む権限等での人事権を安倍政権が完全掌握している独裁状態では、無理だという事で、安倍政権ならばどんな大犯罪もし放題の状況にあるという事ですよね。だから数々の政治犯罪も犯して処罰される事はほぼ何も無くて、議員たちの説明責任など何も無くても別に良いという国民はどうでもよい政権ですよね。それか国民の税金貪りつくし政権ですかね。まあそれに関しては無能な野党含めてバカヒヨコで国を腐らせる事に賛同した愚かな安倍自民党投票者達の状況もあるという事ですけどね。愚かな国民が日本をとことんダメにして行ったのですよ。まあ日本のトップを日本国民が選べない政治体制を許している時点でこの未来は見え切っていたはずですけどね。日本は元から民主主義国家では無かったというだけの話ですからね。金持ちしか投票権が無かったら、王侯貴族政治の形と何も変わりませんからね。何も民主主義ではなく、民主主義と偽装させる為に国会議員の選挙システムは作られたけども、肝心の国のトップを国民が直接決められなければ、それは絶対的に民主主義ではないと言えるのですよ。

 それで人質司法に関してと、死刑制度に関しては今までにも散々語ってきていますから、同じ事を何度も繰り返す必要も無いかと思いますが、基本的に私は全てがダメであるとしか言いようがないと言えますね。
 拘留や保釈に関しては、殺人とか性犯罪とかの重度な人を傷つける恐れがある人を優先的に強く捕まえておく必要はあるかもしれませんが、それ以外に関しては、基本的に監視や制限の形を思いっきり強くした状態でならば、拘留もほとんど無く保釈もすぐに出来るような体制を整えるべきだと思いますね。ただし証拠隠滅とか逃走の恐れが強い場合には、電子機器系の自由使用完全不可でほぼ軟禁状態でしばらく過ごしてもらって、聴取などが済み次第、制限強めでのGPSや監視ロボットの監視下での形での生活は認められる等の方法ならば、基本的に拘留や保釈の形だけは緩くさせられるようにできるでしょうね。そちらの条件は緩和するけど、基本的に一般生活環境下でのほぼ軟禁状態等での形とすれば、それは長期拘留とかとはまた別の形と出来るし、人権に配慮されやすい形に出来るでしょうからね。
 それで弁護士の取り調べ立ち合いは、人数物理的にも難しいとの現役弁護士団の話でしたが、全ての案件に対して、人至上主義でやる必要はないと思えて、ここでも取り調べの透明性と警察司法の一方的優位性を無くす為にも弁護士のAIを作り出して、各弁護士事務所等がそれぞれのAIを保有して案件ごとに合ったAI弁護士を派遣して対応出来るような形にすれば、同時に弁護士側の録音録画状況にさせる事も出来て、取り調べの国際的な透明性を上げる方向にさせる事も出来るのではないでしょうかね? AI育成に関しては、私の理論型人からの学習スタイルと既存の知識の形での組み合わせ型にすれば、大体1年ぐらいかければ基本的な対応はAIだけで行えるようにさせられると思いますよ? 私の理論型ならば、AIへの学習育成の期間は今までよりも大幅にかつ確実な形で出来るでしょうからね。
 そしてその後の軽い案件ならば、全部AI弁護士に任して行くというスタイルでやりつつ既存の難しい仕事の補佐をAIに任して行くという形にすれば、今よりも弁護士の仕事の形は今よりも親身にさせられて、より細かくいろんな事に対応させられるようにできるでしょうしね。

 それで、死刑制度含めた司法の形に関しては、基本的に私の意見は今までと変わらず死刑制度反対で、それよりも罪に対するきちんとした罰を与えて反省させていく形に変えていくのが正しいと思いますね。その形においては、日本の無期懲役とか海外の終身刑等という制度も全部無くして、アメリカのような100年超えるのも普通な懲役年数制で行く形にして、基本的に犯した罪ごとに特定の計算式からなる固定の懲役年数を用意して、それを基本的最低年数とした上で、それに+して被害者感情や情状酌量の反省度等を加味しての最終懲役年数という形にすれば、適切に犯した罪に対する罰の形を与えるにふさわしい状況が作られて、その後は刑務所内で反省の態度で行動を続ければ、懲役年数が通常よりも早く短くなっていくという形で、逆に反省の行動が出来ていなければ、遅く長くなっていくという形で、刑務所内の待遇や人権扱いも同時に悪くなっていくという感じでの形とすれば、罪に対する適切な司法の罰と反省の形で本当に更生させられるようにも反省させるようにも出来ると思うのですがね。
 これは世界の既存の司法制度とは完全に別枠の新たな罪に対して罰を与えて反省を促す形での本当の司法としてあるべき形の仕組みだと私は思うのですけどね。これならば、国民もその刑務所の形に税金が出される事もある程度の納得が出来ると思いますけどね。 要はきちんと罪に対して反省が出来なければ、一生出る事が出来ない刑務所に変わるという事ですからね。
 つまり今までのように反省せずとも懲役年数過ぎれば出られる事や無期懲役や終身刑で反省しなくても良い環境でいられる事に死刑での反省なんか不必要にさせることなく、刑務所の在り方が180度以上変わって、頑張って罪に対して反省すれば誰でも出られるようになる代わりに、反省しなければ軽い罪でも一生外に出る事は出来ず、待遇悪くなって地獄を味わっていく事になる状況となるので、基本的に嫌でも自分が犯した罪と向き合う必要性が生まれる事になるというわけですからね。まあ反省の形も基本的には、犯した罪に対する罰を受ける形ですから、大体地獄に自ら挑んで行かなければいけないという状況で、どちらを選んでも相応の地獄が待っているという状況ですね。その地獄は、被害者達を癒す為の物でもあり、本当の罪に対する反省を促して行く為の物でもあるという事です。 ついでにその地獄は、全体的な犯罪行為に対する強烈な抑止力としても機能させて行けるので、凶悪犯罪に対する地獄の形が知り渡ると、そこまでの形の犯罪になる可能性を減らして犯罪の危険性を減らす効果にも繋げて行けるでしょうね。
 現状今のままでは、どんな犯罪を犯した所で、同一の刑務所環境がほぼ与えられるだけな状況ですから、全ての罪に対して適切に対応できているとはとても言い難い状況ですからね。
 特に数年我慢すればよいとかは、犯罪に対する罰としては意味が無く、日本の無期懲役も出られる可能性が残されているし、刑務所で規則正しく外のホームレスよりも超高待遇で生活できるわけだから、反省にすらなっていなくて、事実上無罪と同等であり、海外の終身刑も基本的には楽園環境になっていたりで、犯罪犯して人を殺した方が幸せになれる状態になっていたりして、死刑も基本的にはさっさとこの地獄から逃げ出せるし、政治に殺されるという状況から反省の必要性が無くなってしまっているので、どれに関しても犯した罪に対しての反省をさせる環境になっていないクズ司法という事ですよね。 だから再犯なんて言葉と行動が生まれるのですよ。

 そして最近の日本はさらにクズな事で、裁判所の裁判官たちは、自分たちの独裁的地位を昔のように固める為に裁判員裁判制度での民間の声を潰そうと交際などで判決をひっくり返して罪を軽くする事ばかりしているようですけど、それって行為自体は完全に被害者に対するさらなる殺人行為ですよね。自分たちの利権の為に、その被害者達をさらに殺してしまおうと平気でしているというのは、もはや狂気的殺人鬼集団でしかありませんね。今の裁判官たちが自己利益の為に重大犯罪を軽くしているというのであれば、それは腐敗どころではなく、1つの殺人事件を新たに作り出している事と同じでしかないでしょうね。 被害に遭って悲しんでいる人達を笑いながらさらに深く殺して行く裁判官たちは、もはや外道のクズでしかなく、そんな外道のクズだらけな状態にあるというのでは、さっさとAIに全部総入れ替えさせるのが正しいと思いますね。一般の社会的認識では、世論感情が強く揺り動かされて正常な判断が付きにくいでしょうし、外道裁判官たちも自分たちの自己利益で動く事が普通というのならば、人を裁く裁判の形に人を配置する事自体が間違っているという事となり、公平公正さを正す為には機械の力のAI裁判官を導入させていくという形で、先の固定懲役年数計算型と組み合わせれば、今よりも裁判の形は犯した罪に対して正しく裁かれやすくなり、裁判における期間も短くさせていく事が出来るようになるでしょうね。 だって、AIならば同じ性能の裁判官を無限に作り出して行く事が可能であり、場所さえあれば相当数の案件をこなして行く事が出来ますから、総じて期間を短くさせやすくなりますね。ついでに弁護士や検察などもAIならば、後は容疑者と被害者がいて、傍聴者等がいれば良いだけなので、今までのような長期化を無くして行って、被害者の苦しみを早く取り除いていく方向にも出来て良いかと思いますけどね。

 あと、世田谷一家6人殺害の事件等で最近よく使われる心神耗弱やら心神喪失等の形は、犯罪者を守る為に作られた制度のような気がして、被害者をさらに苦しめる為に存在している状況とも言えますね。むしろそれに当てはめなければいけないのは、被害者遺族の方ではないのでしょうかね?
 なのに加害者に当てはめて罪を軽くしようというのは、日本で人殺しを認可したり人殺しを推奨させる為の制度でしかない様に思えますね。
 それを認めさせている事自体が、人殺しを認めさせる法律でしかないという事であり、これを容認している政治は、日本を殺人許容大国にして人殺しを推奨しているとしか思えませんね。
 それで6人殺害の方では、どうにも計画的な証拠隠滅やら性犯罪まで行なわれていた状況もあるようで、それで減刑がされるというのでは、どんな大犯罪を起こしても日本でなら無罪相当になるという事でしかないという事になるでしょうね。つまり今の日本でなら、100万人惨殺しようが1000万人殺戮しまくろうが、無罪相当になると言っているという事ですよね。国も司法もね。
 こんな殺し屋共に国や司法を任せるというのは、自殺志願者でしかないという事であり、早急に全部完全入れ替えしないと、日本は血みどろになるでしょうね。

 無期懲役に終身刑に死刑等というのは、犯罪に対して生温過ぎるので、罪に対応する生き地獄を与えて死ぬよりも深く重い罰を与える事が必要だと私は考えますね。それは被害者に対しても加害者に対しても本当の意味での救済の形にさせる事が出来る現状唯一の方法だと思います。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 たかじん委員会~終了~罪を罰する事の無い司法





























 ある意味私の司法制度に対する考え方は、世界に対する反逆の形でもあるでしょうね。犯罪者を大事にしようとして被害者を切り捨てる形の今の司法ではなく、被害者にも加害者にも本当の救済の道を示して行く事が出来る司法制度での刑務所状況だと言えるでしょうね。 これこそ宗教においての救済を与える為に必要な仕組みでもあるはずだと思うのですが、唯一絶対神の神様は教えてくれなかったのでしょうかね?キリストやイスラムにユダヤ教の人達は? 多神教神道派の私が先に仕組みとして公開するというのは、どうなのでしょうかね? やはり本当に救済を与えられるような教えのある神様はいないという事でしょうかね? まあもしくはそれを担当している神では無かったというだけかもしれませんけどね。思う形で見る事聞く事が出来る神様の形は世界に様々にいるという事でもありますでしょうにね。 ケンカ売りまくりEND
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1294回 特定商品等の高額転売を防いで正規販売者が儲ける店も客も助かる方法 +マイクロチップの危険性 [犯罪対策]

 さて今回は違法転売の中での高額転売に特化した形での防ぐ方法と、その防ぐ形から店が儲かり客も正規価格で買えるという事でどちらも助かる方法について紹介していきます。ちなみに無料配布系の物でもこの仕組みならば、高額転売で損をする人が減って儲けようとする悪質者が減るので、結果的に高額転売に繋がる違法転売の方にも防いでいく流れに繋げ易いです。
 まあその上で違法転売系統には、法律で重い罪で罰する形にした方が良いですけどね。軽いと犯罪が絶えないのでね。

 さて時事に関しては細かな事がいくつかですけど、まず最初はグットラックで紹介されたことについて、ペットへのマイクロチップの埋め込みについてですけど、ペットの動物を物として見て扱う分なら問題はないのでしょうけど、家族として扱うというのなら少々動物虐待にも近しい問題だとも思えますね。それに野良犬や野良猫が真っ先に殺されていくという事にも結局は動物とまともに向き合いたくないからそれを行なっているという事でもありますし、マイクロチップが埋め込まれるのが義務化された所で、分かりやすい所に埋め込むのであれば、取り出すのも簡単ですよね? どうせ捨てるのが確定であれば、多少傷つけても問題無しと考える人は出てくるでしょうし、それに対しての飼育放棄に対する抑止力の行為としては低いでしょうし、むしろそれすら面倒だから捨てるよりもさっさと殺して処分するという考えに至るケースが増えて、より問題が酷くなるのではないでしょうかね? それよりも動物の引き渡し手順の面倒化と売買式なら高額化として、簡単な気持ちでペットを飼えない様にして行く方がよっぽど捨てる所に行き着く可能性を削れるのではないでしょうかね? 結局この方法は、ペットを物として見て、いつでも簡単に廃棄しやすくさせようとする悪意が込められている物だと思いますね。
 それに追加で人に対しても埋め込もうとする流れで便利になったという人がいるようですけど、私(犯罪者意識が強い)から見れば、腕などに対するマイクロチップ等の埋め込みでのカードキー化とかキャッシュレスしやすい化とかの話は、全部犯罪もまたとてもしやすくなって、すごく狙いやすいカモが増えるという意味で、それが大普及したらとても簡単に専用ソフトを入れたスマホを手でもってぶらぶら歩きながらすれ違いざまにいくらでも高額引き出せるスリがし放題となって、ほぼ完全犯罪がし放題になりそうと抱腹絶倒で見られますね。
 だって対象物は手軽に出せる手の甲などに埋め込むのですから、丁度歩きスマホから狙い易い所に埋め込んでくれて、ベリーサンキューとしか言いようがない状況ですよね。
 さらに言えば、ほぼ剥き出しに出してくれているわけですから、カッターナイフとかで簡単に切り取り出せそうですし、奪うのも狙えばとても簡単に単純作業で相手の情報のほぼ全てを奪えるわけですから、これほど犯罪をしやすくしてくれる物は無いですね。まあこちらはペットの方に対しても個人情報を分かりやすい所に晒してくれてとてもありがとうとしか言いようがない対応ですけどね。(笑) 犯罪者目線から見るととても楽しくて、抱腹絶倒状態でしかない。(笑)(笑)(笑)

 それでグットラックでさらに紹介されていたのは、学校教育のクズさと教師の犯罪性犯罪が横行していて危険化しているという事ですけども、ならばもう人等よりも機械にAIに教えてもらう方がよほど安全でまともな教育体制になるというのではないでしょうかね? 世間の監視者という意味でもAIを学校全体に配置させて認識させられるように出来れば、単純監視カメラの設置よりも遥かに高い効果を発揮させられて、学校内における様々ないじめ要素を取り除かせていく事に繋げて行けるでしょうね。
 それに、教師のいじめを無くそうとして良い教師が逃げまくっていたら、今度はそのいじめの矛先が善良な子供に向かれて被害者続出になりそうですし、逃げるだけの対処では無意味なのですよミスターサンデーに出ていたバカな発言者さん達。
 ちなみにそこでの橋本さんの一部意見にも反論させてもらうとすると、公の場で相手をけなしたりしては絶対にいけないというのは、逆の意味から考えると相手を褒めるという行為は、その他大勢に対してのけなす行為と同等と取られる人も出てくるでしょうから、集団等の中で特定の人を褒める行為自体も同時に周りはダメだという意味で使われる事にもなり得るので、その条件だと人を褒めたり評価する事も全部禁止の社会にしなければいけなくなったりする可能性があると意見を付けておきます。 そんな社会は無機質で人間性の欠片も無くなって崩壊確定ですよね?
 こういう事を書くのだから、願わくば私もそういう討論の場にお招きいただけるのでしたら、ネット自警団の人のようではなくて、完全顔出しで出ても良いと確約できるのですけどね。
 ああそうそう、ネット自警団に対しては、たぶん名前が間違っていると思われますね。行なっている行為からしてみれば、ネット内で自警行為をしているというよりも用心棒とか辻斬りとかでの自分の正義を見せている存在だというのが正しいと思えるので、特段現状行動で自警行為はしているように思えませんからね。

 最後の時事は相撲協会でのまた騒動で、今度はインフルエンザに掛かった力士を巡業の場に強制して出したという問題で、力士には謝ったもののファン等には謝りもせずに、相撲ファンは別にインフルエンザで罹患していくら死んでも良いという考えが、相撲協会理事には蔓延しているのだと思わせる状況が垣間見えて、この人殺し集団と思える状況になっていますね。

 それで長い時事を終えましてようやく本題?と言える通常商品や限定商品等の高額転売を防止して、店も客も助かる方法の紹介と行きますが、至極簡単な対処法で何とかなります。
 それは、一定期間を置いたりして、後日メーカー等の公式サイト等の形で、完全予約受注による受付分のみの発送販売をしていくという流れにしたら、それが販売できる状況がメーカー等に残されている限り、確実に売って利益が出せる状況で客に販売していく事が出来るようになるので、店にとっては手段と方法さえ残せれば、後々いくらでも在庫の用意を気にせずに売り続ける事が可能となり、客としても購入までの時間と正規販売のお金さえあれば、高額転売されている物から危険を承知で買う必要はなくなるので、高額転売の意味や価値が無くなり、公式な場所から確実に後日買って行けるという事でなら、高額転売狙いで買おうとする人自体を無くしていく方向でネット界等から消して行けるようになり、それにつられて多少は違法転売をする人の数も減らして行く作用に繋げられるでしょうね。まあその上で違法転売の方は普通に犯罪適用にさせれば、撲滅していく事も夢ではなくなる。
 完全予約型での公式販売型であれば、売れ残る心配も在庫余りの心配も完全に無いので、通常商品の基本店売り生産終了からとか期間限定生産を先行販売の形にして、残りは完全予約を公式からとすれば、公式メーカーおよび販売店は基本的デメリットの事を考える必要無く利益を出し続けていく事が可能となる。 まあ後はサイトの維持管理に掛かる経費ぐらいだが、全体統括の中からやるのであれば、微々たる金額経費だとも思うのですけどね。
 あとは通常商品代金に完全予約注文と発送料金の諸経費を込めた価格で提示すれば、高額転売の価格よりも遥かに安価な価格で、利益を確実に出しながら欲しいと思う人が1人も居なくなるまで客を楽しませる事が出来るようになる。 同時に高額転売目的で買う人がいなくなっていくので、本当に欲しい人だけが買って行くようになり、全体的に資源の無駄を解消していく流れにして行ける。つまりこの形も1つの自然に対するエコ活動にもなり得るという事である。ついでにそれにおける正しい経済の流れにも向けられるので、経済の好循環も生ませやすくなる。

 ちなみにこの仕組みは地域限定などでの無料配布等とかに高額転売を掛けられた際の対策としても有効で、基本無料からの発送代等含めた諸経費分だけの形で出せれば、高額転売撲滅の方向で対策できるし、今のふるさと納税の形からならば、オマケとして欲しい人には無料で取り付けますとかの形で、地域の限定無料配布品とかをふるさと納税のオマケ品で出しても良いのではないでしょうかね? 基本それは無料品という扱いでしょうし、それ自体も地場産品に該当するから、現法ふるさと納税にも問題なく適応できるはずですけどね。 そうすれば、同時効果でふるさと納税の貢献にも役立ったりしますから、そちらの方向で活躍させていくと、地域限定無料収集品をふるさと納税の形からも集められるとかで、より効果を発しやすくなるのではないでしょうかね?
 高額転売に掛けられるよりはよっぽどふるさと還元効果は高いように思いますけどね。

 ちなみに高額転売防止においてチケット等の場合、見つかり次第公式の方で番号等が分かるのならば効果停止にさせて、使えなくさせてから瞬時に公式の方で代わりの物を販売できるようにしていくという体制で行くと、通常方法からの形でも高額転売で取引される事を防いでいくように出来ますね。 さらにその流れからの高額転売を発見する人たち専門の仕事を作って、チケット販売等をする人たちと契約して、代行業務から報告して対策して行くという形で新たなビジネスにさせる事も出来るでしょうね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 高額転売防止~終了~完全予約受注販売





























 ちなみにこの高額転売防止の対策法にはもう1つの側面があって、最近日本では自然災害で多くの物が失われまくっていますけど、その中には限定商品とかも大量に含まれたりしているのでしょうから、それらが失われる事での高額転売が煽られるという事にもなったりして、より問題が悪化したり、高額転売ビジネスでの犯罪者の資金源にもなったりするから、それの防止対策の意味合いも含まれているのですよね。これを認識したうえで、この対策方法が普及して行けば、より経済は明るい方向に進ませていけるようになって、店も助かり客も助かって犯罪者が追い込まれていくだけの形に出来るでしょうね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1271回 指殺人を防ぐ為の方法~正当防衛攻撃~ +人間の武器とは… [犯罪対策]

 さて今日のメインは韓国の社会で暗躍する指殺人社会に対しての犯罪対策の形の紹介ですね。
 まあ同様の事は日本でも起こり得ていて、それらを有効的に撃退する方法ですね。要は、トラップ仕掛ければ良いのですよ。

 さて時事に関してはたかじん委員会の話をちょこっとやりますが、戦争反対と武器の保有での究極の平和論での武器が無ければ戦争は起こり得ないとかいう話もありましたが、同時に人間が持ちうる武器が無くなれば、全世界の総人口から約9割の人間が死に絶える結果になって、大量虐殺でもって平和を得たいのですか?という話にもなりますね。
 ここで言う人間が持ちうる武器という物は、兵器という物よりも根源的な事で言えば、火又は炎と電気に関する物であり、これらが存在する限り戦争に関する武器を無くす事は出来ないので、それらを消して果たして今の人間たちがそのまま生きられる保証はどこにもないでしょうにね。
 それにそれは過去の人間たちが繁栄してきた歴史すらも否定する事になる。人間が持ちうる武器が無ければ、ここまで数多く繁栄する事はあり得なかったでしょうからね。
 炎は基本動物たちに取って恐れる物ですが、人間はそれをメイン武器としても様々な物を食べていく為の必需品としても用いていますし、電気は今の時代の高度な電子技術、つまりスマホやPCやネットに電化製品などの事であり、これらも手放して今まで通り平穏無事に生きていられる保証はあまり無い状況で、平和の為の武器放棄に必要と言われたら、あなたはどちらを選びますか?
 まあ普通の人達では、武器を所持してもいいから今の生活が必要というでしょうね。
 それに今の時代では直接的な兵器が無くとも大量殺戮兵器は日常の中から作り出せてしまうのですよ。 それは、よく言われるIoTの形の中で、ネットと繋がった状態でそれをハッカーに乗っ取られた場合の攻撃として、1~2年前の名探偵コナンの映画でもやられていましたが、ネットを介した電化製品や車等に対するハッキング攻撃によって十分大量殺人が可能な爆発攻撃や大量殺戮が可能な時代なのですから、たとえ直接的な兵器を無くしても、ネットやネットに繋がる便利な機器にロボットがあり続ける限りネットを介した戦争は繰り広げられるだけです。
 だからそういう人間が持ちうる武器を無くそうとするのなら、電気に関わる物も全て無くさないと、戦争は止められないけど今の時代でそれを無くすと、それに依存して生活する人たちの多くが犠牲にならざるを得なくなってしまうという事でのあの悲惨な結果的数値が現実として出てくるわけですね。
 だからこそ、ただ単の平和論だけ語る人は戦争の本質が何も見えていないおバカと言うだけですね。そも戦争も人が感情を持って行動するから起きる現象であり、時にそれは双方の正義の衝突によっても引き起こされるので、人間が人間である限り戦争を止める事は出来ないのですよ。
 その状況でどうしても止めたいのならば、抑止力になり得る防衛兵器か経済能力等が必要になるというわけですね。まあ経済能力もただの豊かな経済能力では狙われるだけなので、同盟で強く守ってくれる所が必要になりますけどね。 それはこの世に犯罪者が出なくなる事が無いのと同じであり、お金を持てば何かしらで自己防衛能力が必要になるという事ですよね。

 ちょこっとを拡大の話を終えまして、指殺人を防ぐ為の方法の話をしていきます。
 この話が日本で話題になったのは、韓国人のアイドルグループでありアイドルだった人が、ネットの誹謗中傷等を連発する指殺人鬼たちによって殺されたのでは?という話が大きく取り上げられているからという事での話ですけど、韓国の芸能界の諸事情的には、完璧な人間以外は必要無いという完璧至上主義の形があるようで、少しでも完璧の型から外れる所があれば、ネットの形で誹謗中傷等を集中攻撃でやられる社会状況があるようで、それで今までにも何十人もの有名人が自殺等に追いやられているようで、潜在的に韓国という国は、完璧至上主義が強すぎて簡単に人を殺そうとする危険国家でもあるという事でしょうね。 まあ女性アイドルにして言えば、日本のひと昔のようなアイドルはトイレになんか行かない事を守らなければいけないとかいうのを貫かせているような感じと言う事ですよね。
 要は人である事を辞めないと、韓国芸能界ではまともに生きていく事が出来ない状況になっているという事ですよね。 非常に息苦しい感じですね。それでいて経済効果力は低いのですから、経済効果力が高くて少しのミスや失敗なども温かく受け入れてくれる日本等に活動場所を移したくなるというのは当然かもしれませんね。社会性として、人の温かみの状況が段違いですからね。 まあ日本でもないわけではありませんが、韓国ほど酷くはないという事でしょうね。

 それで話をようやく指殺人を防ぐ為の方法の形に戻して行きますが、基本は法律で犯罪化させる状況にする事が良いのでしょうが、それが難しい場合や時間が掛かる状況の時は、正当防衛攻撃で予め注意を促す形で、誹謗中傷を書いてくる人にだけ向けたウイルス入りトラップを仕掛けて配置しておけば、対処する事は出来るでしょうね。なにせ相手はわざわざそのウイルス入りの状況に入ってきてくれるわけですから、そこから逆探知でウイルスを仕込ませるのは意外と簡単に出来るはずですね。
 要は、誹謗中傷などの悪質な攻撃に当たるコメントを書いてくる相手に対してのみ発動する形で、それが投稿された瞬間に投稿している相手のPCやスマホに向けて、その通信線を通じて強力なウイルスがそこから侵入していく形にして、攻撃してきた相手を正当防衛で逆に攻撃する事によって、相手を物理的に黙らせる方向に働きかける事が出来るようになるでしょうね。
 それには、予めコメント等を投稿できる場所に誹謗中傷等のコメントを記入した場合、ウイルスが送りつけられますという注意書きをしておいての対応とすれば、後は掛かった攻撃側がいくら文句を言おうとも、誹謗中傷をしていたという事実を認めて、ウイルスが来る可能性も認めてやっている行為となり、自己責任で対処される方向になるので、いくらそれで喚き散らそうが全部そいつが悪いという事で片を付けられるようになりますね。
 表系のコメントが書き込める場所では、それを基本の形にしておけば、裏に行かない限りはネットコメントでの安全圏を作り出す事も出来なくは無い事となるでしょうね。
 そして対象範囲の索敵としては、1発アウトなコメントをする輩や悪質とそれを受け取る側が認めた状態での再度似たような事をしてきた場合等での発動という形にさせる事も出来るでしょうから、全てのワードを機械で認知させる必要無く対象範囲を限定して悪質攻撃者のみに正当防衛を働く事が出来ます。 悪質な攻撃によってネットの中でもリスクが生まれてきたら、それをされる場所ではやらなくなっていく方向に出来るでしょうからね。無法地帯で放置していたことが問題だっただけですよ。

 そしてその状況下で法律としても悪質な誹謗中傷のコメントを書いている人は名誉棄損などでの犯罪に問える状況として、その行動を認可しているコメント系サイトやそれを許しているサーバーなどにも犯罪ほう助の形でそれなりに罰していくという形(ただし1コメントごとにそれなりだから、溜まると激重になりますが。)にすると、指殺人系犯罪を防いでいく流れにも同時に罰金など荒稼ぎの形にも出来るでしょうね。
 悪意や正義を持って故意に人を攻撃する行為に対して、これからはネットの中でも取り締まりを強めて行った方が良いでしょうね。今までが無法地帯であっただけですからね。
 大事なのは、それを行なう個人だけでなく場所を提供しているサイト管理人やネットを繋げているサーバーやプロバイダ等にもそれらを許しているという事でのほう助の罪などで共に罰していくという形にすると、抜け道を作りにくくしていく事が出来る。
 どうせやるならば徹底的な対応が安全な形を作り出して行く為には必要である。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 指殺人~終了~ネット戦争





























 まあただし正当防衛攻撃は、過剰にやり過ぎると本人の成長の為にならない可能性が出てくるし、人気が出にくい可能性も出てくるので、本当に悪意持って誹謗中傷してくる悪質な相手のみを対象にした方が良いでしょうね。見極めをうまく出来ないと、メリットの方法もデメリットになったりしますからね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1229回 たかじん委員会 事件スペシャル 日本の警察と法体制がなっとらん! [犯罪対策]

 さて言葉遣いがいつも結構バラバラですが、同一人物が作成しております。(様々な方言等が入り混じっていて私の言語になっているので。ちなみに地元は山口ですが、普通に人と話していてよく言われる出身地は、広島や東北出身だと言われますね。あとたまに四国。)
 と、洒落から始めてますが、今回はたかじん委員会の話で参りたいと思います。まあただし事件スペシャルでいろんな事件について話されていた回だったので、特に事件の詳しい内容などには拘らずに全体的な注目ポイントに関して話をしていきますね。 まあ基本的な事は今までに話している内容と似たような物ですがね。それが私のこの分野に対する基本姿勢という物ですからね。

 さて時事に関しては、毎度お馴染みな高齢者の運転殺傷事故が起きたという情報もありますけど、今も深く広く闇を広げている報道としては、教職員同士での集団暴行事件でしょうかね。
 未だに加害教師共は学校や教育委員会から守られているようですけど、謝罪する気が本当にあるのなら即刻顔を表に出すべきですよね。顔を出さずに謝罪を代弁させても何の反省の言葉にもならず、未だに悪いと認識していないのと同義ですから、謝罪をするのなら大人としての誠意ある対応が必要ですよね。まあそれを守っている輩も等しく同罪に該当してきますがね。組織立っての集団暴行事件というのは非常に質が悪く、それで学校内での暴力事件が増えたり被害児童が放置される状況が広がるというのは、教育現場として最悪の環境を作り出しているという事であり、それらに対する学校側での対応も家庭科室をリメイクするとかカレーを一時中止にするとか、的外れな内容ばかりで、加害教師を守ろうとするあまり全校生徒をも犠牲にしてでも構わないとするやり方は、もう完全に教師失格ですよね。即刻今回の加害教師に加担する教師共全員が教員免許取り消しにされて然るべき状況だと思いますね。それをさっさと行わせてから本格的な罰を与えるというのでも良いのではないでしょうかね?(そうすれば有給休暇も受け取れなくなるでしょうしね。)
 それに全国のカレー店も言っていると思いますけど、カレー自体に罪はなく、それを凶器として使った教師に問題がある事なのだという教えの形にすればよいだけの形であり、罪のないカレーにまで罪を負わせて子供たちの楽しみすらも奪おうとする考えは最低以下ですよね。ついでに、カレーと一言言ってもいろんな種類のカレーがありますからね。それら全部を禁止にさせようというのは、食に対する冒涜でもありますね。あの見た目で反応するのなら、キーマカレーとかハヤシカレーとかならかなり別物扱いですしね。(カレーはカレーですが。)

 それにしても教師も一種の公職員だから今ネットで囁かれている上級国民に該当するから隠れていられるのでしょうかね? まあそういう裏制度が今も生き残っているというのが、この国が本当に民主主義の国では無いという証拠でもありますけどね。私の闇話を見ている人は分ると思いますが、未だにこの国は王侯貴族階級に支配されている国なのですよ。

 さて時事から黒い内容で行っていますが、本題もかなり黒いですね。ただし危険な内容はあまり使いませんけどね。(発言レベル的に。だから危険シンボルは付けてません。)
 それでたかじん委員会の事件スペシャルの話でしたけども、細かい内容内訳は放って置いて、全体的なこの国の闇の話についてですけど、まずは警察と暴力団でしょうかね。
 暴力団は言わずもがなで、未だに表の街を普通に歩けている時点で、犯罪抑止の観点から見れば異常な状況である事は言えて、大概の凶悪犯罪は暴力団が絡んでいる事が多く、暴力団が普通に存在出来ている事自体が犯罪の発生源を残している状況であり、存在そのものが罪でもあるような輩を平然と表の街に残している状況は、法律も最低であり警察も一般国民を守ろうと本気でしていない事の表れであるという事ですよね。
 まあちなみにこれほどボコボコに暴力団の事を言っていますが、全員刑務所に一生ぶち込めとかいう気でもなく、前にも言ったように専用体系の地下都市を作り上げてまとめて放り込んでそこで好きに暮らしてもらうという形にしようというのが私の考えですね。
 要は私の基本理論である一緒になってはまずい事にしかならない人たちとの住み分けを行なう形で、表にいる暴力団と一般の人達との接点を無くしてなるべく平和的に解決しようという話です。
 そしてその地下都市で、それなりに満足できる環境を構築させてやれるのならば、正しく住み分けが出来るという物でしょうしね。それが完全な反社会としてテロリストと同じという事なら、全力全壊で潰せば良いだけですしね。
 まあ暴力団を野放しにしている理由は、今のこの国が被害者達よりも加害者達を全力で守ろうとしている法体制になっているからでしょうけどね。つまり、警察が働ける場所を作り出す為だけに国民に不安と恐怖をまき散らす暴力団を残しているというわけでしょうね。つまりそれでの形は国民を犠牲にする形で、警察での上級国民を食わさせるという仕組み作りの形というわけでしょうね。政治と深く繋がっている警察上層部などが主な上級国民というわけですよね。ついでにエリート等も含めて。
 さらに言えば警察の方もかなりの割合で政治と深い付き合いをしている感じであり、主に上級国民とされる政治家や官僚に公職員等に関して犯罪等の行為に対して甘い対応をしているのもこの国が王侯貴族制度の残った国であり、腐敗を長引かせて甘い汁を吸いまくり、上級国民とされる者達が好き放題にして下級国民を虐げられるようにしているからという事でしょうね。
 そして原発の方も国策から来ている物であり、それに関して守る者達もまた上級国民だという状況下でもあるから守られているのではないでしょうかね? 全ては腐った腐敗王侯貴族制度の為に作られて守られている仕組みなのではないでしょうかね? そこに一般国民は含められておらず、貴族たちを太らせる為の搾取されるだけの存在として扱われているという事ですよね。
 だからその為には、民主主義としてふさわしくない資本主義が取り入られているわけですね。より弱者から搾取をしやすくする為の形でしょうからね。

 それでお次は少年法に関してですけど、これも前にいろいろ問題を提起してきましたけども、完全にこの法律自体が犯罪の発生源になっている感じですよね。
 更生の見込みの為に少年少女たちを守る為の法律とされていますが、裏の見方をすれば犯罪者養成の為の保護制度でもあり、子供ならばどんな大罪でも許されるという加害者有利で殺した者勝ちな法律の形になっています。つまり子供の内ならば、気に入らない奴は好きに殺しても良いという事をこの少年法が認めているという事であり、殺人を誘発させている法律になっています。
 この法律を守ろうとする輩共は、等しく加害者を守って被害者達には一切の人権を与えずに殺されてしまうのが正しいとしている狂気殺戮者の思考の持ち主ですよね。 もしくはそれも警察が仕事をしやすくする為の仕組みでしかないのかもしれませんね。結局は多数の犠牲を求めて幾人もの血を求めているだけの法律になっていますね。
 もうこの法律は仕組みを完全に変えた方が良いでしょうね。今の少年法なんて完全撤廃させて、軽症の傷害事件以下の軽犯罪に関してはこれまで通りで良い(というか大人でも似たような物だが。)とさせて、傷害だと重症~殺人に入ったらアウトで、犯罪のレベルも大規模で有名になった時点でアウトな形で犯罪者情報全公開というのを年齢関係無くやるという形にした方が良いでしょうね。
 でないと、この少年法があるから今の学校のいじめ暴力事件は過熱しているのだと思いますからね。いくらやって人を殺しても少年法で守られるというのでは、気に入らない奴の人殺しが正しいという事を教える状況になっていますからね。少年犯罪が増えているのも基本的には少年法で守られているというのを学習しだしてきているから、どんな犯罪をしても良いという心構えになって好きに人殺しが出来ると行動しているわけですよね。普通の状況においての失う物が無い状況ですから、好きに犯罪が行えるという事になってしまいます。そしてそれに味をしめれば、大人になってからも似たような事を繰り返す状況となり、少年法自体が子供の清い教育からかけ離れた悪法に成り果てているという事ですよね。
 少年法の法律自体が子供たちへの犯罪を行なう事の抑止力を無効化させているのです。だからいろんな犯罪に好きに出来るし、いじめをしても子供なら絶対に許されるという状況で、加害者は絶対に守られて被害者は絶対に守られないという状況になっているから、それが横行するわけですよね。全ては、弱い者いじめをして気に入らない人を殺せる者がこの国から認められた覇者となり、それが出来ない心優しい者が苦しめられる事になるわけですね。
 まさに悪法で守られた無法国家という事ですね。日本には殺人などの凶悪犯罪を正当化させる法律があるのですからね。そして上級国民に選ばれれば、似たような形で多少の犯罪行為をしても許される権利が与えられるという事であり、本当にこの国は法律と警察の支配制度によって気に入らない奴を殺せる殺人犯こそが英雄視される殺人許可国ですね。
 だって、上級国民であれば、暴力団を介して人殺しまで許されているようですしね。そんな無法国家なんですよこの国は。それをうまく隠蔽する為の仕組みが整っているというだけでね。(笑)

 さて最後は事件スペシャルとの直接的な関係はありませんが、たかじん委員会でも問題提起されていた表現の不自由展での表現の自由についての話ですけど、やはり差別やヘイトスピーチに繋がったり政治的な物に繋がる表現の自由というのを行政機関のお金や場所でやるのはまずいと思いますね。これが個人で自己責任で行なうというのであれば、それは完全に自由であり、表現もいくらでも自由にして構いませんが、今回の内容は愛知県主催の中でやるというのだから、大問題として物議を醸しているわけですね。
 問題になっているのは少女像と天皇侮蔑の表現ですけども、片方は現在でも日韓の問題となっており、解決されていない状況での政治利用されまくりの状況での表現であり、もう1つは天皇殺しを認めるかのようなカルト教的なテロリストを生み出しかねない表現の形であり、これを公的な機関がやるというのは、ある意味で現天皇制度に対する反逆の意志と取られてもおかしくはない表現となっていて、それ自体が一種の反乱状態にも等しく思われそうであり、それはさすがにまずいであろうというのが私の見解ですね。
 それで市長が反対の表現を強くしていましたが、あれを不自由表現公開側が否定する事は出来ないでしょうね。なぜなら、あれも立派に表現の自由で求められて良い行動という事になり、それを批判するというのは、それ自体も表現の不自由の表現をしているという事になりますからね。
 つまりそれを批判する事自体が自己否定の形になるという事ですよね。表現の不自由展を公的機関でやるというのなら、それも受け入れられなければ、結局は愛知県知事の側も自分たちに気に入らない表現は規制する人たちでしかないという事です。
 さらに表現の自由やらどこまでが自由の範囲などかについて番組内でも軽く討論されていましたが、黒人差別や奴隷制度賛成とかでも表現の不自由の方に入るでしょうし、それを出来るのかという覚悟なんかも必要ですけど、それよりも日本で危険とされる表現の自由は法律でも禁止された児童ポルノに関する内容ですよね。これこそが日本での表現の不自由に該当する内容であり、これも公開するぐらいの行動が表現の自由だからと言えるのか愛知県知事側に問うてみたいですね。
 まあやったら確実にその後逮捕確定ですけど、表現の自由の規制など必要無いとか言っていたらこの児童ポルノに該当する内容やら性差別に該当したりレイプ賛成とかの表現の自由までもが許されてしまう事になり、それは国を荒らして犠牲者をいたずらに増やして悲劇をまき散らす害悪にしかならないので、やはりそれらに関する一定の基準や範囲対象の区分けは必要だと考えますね。
 全ての表現の自由を許したら、犯罪横行の無法状況で血みどろの世界にしかならないのですよ。
 やはり何事にも一定の基準やルール等は必要という事ですね。平和な状況をなるべく維持させていきたいのなら。 ただしその基準を作るのは、政治では無く大衆の大半の考えである事が望ましいと言えますね。だから日本で児童ポルノの表現の自由はダメという法律になっているわけですしね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 たかじん委員会~終了~殺人を認める日本の法律





























 さて今回の話で、やたらとネットの言葉の上級国民という言葉を使いましたが、面白半分で使っていますね。まあ今回は多数使いましたが、今後使う確率は低いかと思いますね。私の方ではこれに該当する言葉として、政治家や金持ち共という言葉がありますからね。もしくは腐敗という感じですかね。結局上級と位置付けされている輩は基本的に腐っている事が現状のデフォルトですしね。だから上級ゾンビの方があっていますね。もしくはエルダーリッチ(高位の不死者)かな?
 さっさと日本も神聖魔法で正常化させるべきですよね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1161回 香港の大混乱デモ と 若者と大麻 [犯罪対策]

 さて今回は主に関西情報番組の.tenから特集されていた2点を本題に話して行きます。
 香港はさすがにやり過ぎというか、無差別攻撃は感心しませんね。 そして若者と大麻の方は大麻で稼ぐ人たちが野ざらしな状況で、大麻使用者等を簡単に社会に解き放つからそうなって当然という事ですよね。

 それで時事の方は超巨大になって大規模な被害が予想される台風10号に関してですけども、まあ住宅に不安があったり付近環境に不安がある人はさっさと避難しておいた方が賢明でしょうね。
 のろのろ雨台風という事で、想定されるのは集中豪雨に近い状況からの浸水状況が多発しそうな勢いなので、地盤が浸水地域の所は特に注意した方が良いでしょうね。

 されでは本題の香港の大混乱デモの話から行きますけども、ついに国際空港の占拠までやって全便を動けなくする所までやって、中国が第2の天安門を引き起こしそうな所まで事が進んでいるようですね。
 まあその前からも香港警察が威嚇射撃から本格射撃の形で催涙弾ながらも殺す気で対処し始めて、デモ参加者の1人が失明する所まで被害を受けたという事ですから、お互い過激化し始めている事は言うまでも無いのですが、集団デモにしては今回のは無策すぎるデモ占拠行動ですね。
 対象が中国だけならまだしも、国際空港で全部を対象にするのは、味方してくれるかもしれない外国人達にも攻撃と迷惑を与えているという事であり、その状況で自分たちの悲惨な境遇を訴えてもあまり効果は無いと思いますね。
 無策に占拠行動してもあまり効果はなく、むしろ自分たちの行動を世界的に非難される恐れもあるのだから、やるならもっと賢く行動すべき話です。 相対するのが中国ならば、中国便だけ止めて他の外国便は全部OKで通行スムーズにさせつつ今の香港の状況を訴えるようにするというのが賢いやり方であり、無差別攻撃型では味方すらも要らないとするような行動となる為やるべきではないと考えますね。
 デモをやるならばきちんと方向性を持ってやらなければ、無策では何の意味も無く、場所によっては味方すらも攻撃するような状況にしかならないので、やるならばバカの集団行動ではなく、最低でも行動方針の方向性は必要である。 というか香港の問題をもっと海外の人にも知って欲しいというならば、普通に邪魔にならない程度にデモ行動を行なえばよいだけのはずである。あれだと香港の今の状況を知って欲しくないというような逆の意味のデモにも取られかねませんからね。
 ただ人が集まってもそれが無策で烏合野合の集だと、何の意味もない行動になる事も普通にあるという事を覚えておくべきですね。

 まあただこの状況では、あまり中国も本腰攻撃は出来ないでしょうかね。やれば普通に脱香港加速化の流れか内戦勃発になって、どちらも解決までは短いかもしれないが、それが引き起こす世界への影響度は計り知れない物となって、反中国や反1党独裁に対する連合などが築かれて不利になる可能性が高くなるから、そしてアメリカに付け込まれる隙を与える事にもなるから、直接分かり切った第2の天安門事件の引き金を引く事は難しいと思いますね。 事が人権問題にも絡んでくるから、アメリカとヨーロッパ勢が本格的に協力関係で来られたら、中国がロシアと手を組んだとしても厳しい世界大戦になる事は必死でしょうからね。 というかそこにインドや一部中東等がアメリカ側に付いたりすると、中国側は内部の不穏分子(人権弾圧してきた民族など)の状況と共にまともに戦い合える状況にはならないでしょうね。 現状中国は敵作りまくる政策していますからね。

 さて次は若者と大麻の状況が酷くなっている現状に対しての話ですが、これに関しては従来通りの大麻や薬物関連に対して刑務等終了後も一定期間どこかの場所で信用試験判定などを行なう形にして、ダメならそこから二度とどこにも行けません的な形にさせると、再犯性の高い奴が街に戻る事やそこから発生するであろう薬物の繫がり状況も寸断出来て、薬物の網を切り崩して行く事に繋げられるでしょうね。
 あと若者に多いというのは、学校等でも暴力関係の加害者児童は守られている風潮があったり、学校のトラブルなども多い事からどっちの意味でも若者が大麻などの薬物と関係を持ちそうな状況が作りやすくされているという事があり、大麻などにおいては初犯発生源としてはやはり暴力団がのさばらしにされているからの影響や大麻などでは逮捕されても罪が軽い事が多くて、すぐに社会に戻れる状況にあるから蔓延率が低下して行かないのでしょうね。

 大麻などの薬物は日本では重罪であり、場合によっては二度とこの社会にも会いたい人にも会う機会が与えられなくなる可能性がある恐ろしい薬物であるという情報とそういう事になる法制度を作り上げた方が良い気がしますね。
 そしてネット等でも気軽に閲覧できる形で、大麻や薬物関連でネット検索したらどれでも簡単に上位に薬物使用者の成れの果ての街というのがヒットするようにさせて、信用試験に落ちまくって出られなくなった人たちの状況や嘆きなどが自由に閲覧出来たり会話できたりするような場を設けると、薬物廃絶に向けて良い効果を与えやすく出来るのではないでしょうかね。

 大事なのは見せしめの公開処刑場を用意するという事であり、薬物ハマって抜け出たくない人にとっては楽園で、薬物天国の街で二度と出られないけど日々幸せな場所で暮らそうとか言う広告含めてやれば、相当効果を発揮させられるのではないでしょうかね。怖さなどを伝えるという意味においても、薬物をやめられない人を閉じ込めて地上に再犯率を上げさせずに蔓延させないようにする為の治療地区でもあり薬物天国の場所でもあるというその場所の必要性がね。
 もちろん場所は地下都市型ですね。巨大な医療施設兼薬物脱却の信用試験場所でもあり、薬物を絶てない人の最後の地でもあるという形にして、そこでも生活は可能という形にすれば、経済的にも薬物使用者をうまく働かせる事が出来るようになりますからね。 犯罪者に対して多少の人権無視すれば、メリットばかりの環境が作られるというわけですね。 犯罪者ではなく、治療対象者という意味でも打って付けですしね。

 まあその上で簡単に増やして来る元凶の暴力団等も地上からは根絶させていかないと、無制限に危険な物が増やされたり知識を広められたりするだけですからね。こちらも完全駆除しとかないといけません。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 香港の大混乱デモ~終了~若者と大麻





























 ちなみに私は覚醒剤とかやる必要が無い派ですね。わざわざ金払ってまでする必要が無くて、己の体内で似たような成分は自己分泌できるので、外部から持ってくる必要も無く、禁断症状が出たりする事も無く、警察に捕まえられる事もない究極の形でいますので、要らないというだけですね。 ちなみにこれは、自己暗示力を極めれば、大体誰にでもできるようにはなりますが、慣れないうちでミスると暴走するので、危険性はそう大して変わりませんね。ただし思い込む力が強くないと何の効果も出ないので、向き不向きがはっきり分かれてくる闇の方法ですね。
 まあ自分にそういう状況の暗示をかけるから、本当にそういう体験が出来て、禁断症状やら金がかからない比較的安全な方法なのですが、こちらは強い効果を出そうとすると訓練が必要になってくるので、手軽さは無いですね。 すべて自己暗示の力次第ですからね。 END
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1125回 書面や文章による特殊詐欺を99.99%防ぐ為の方法 [犯罪対策]

 さて今回は今朝の報道番組のビビットにて報道された新たなアナログ詐欺の形において、それをほぼ防げる形の対策方法を思いついたのでそれの公開とします。 まあ書面や文章などの文字媒体に限る形ですけどね。それに前回の電話による対策と組み合わせたら、どれだけ新しいのが出て来ようともほぼほぼ対策しつくせる状況に出来るでしょうね。

 さて時事の方は参院選挙に関しての内容で、こちらの情報番組の関西のten.にての内容から何も実現しようとしないバカ議員とそれを応援するバカ政治家の構図が話されていましたけども、これを分かりやすく例えたら選挙に立候補するバカ息子と親の権威などで当選させようとする親バカの構図と全く同じではないかと思いますね。要は裏入学系統と構図は同じという所ですね。
 親(既存政治家や総理総裁トップ)が具体的に政治語れても子供の立候補している側が抽象的な言葉しか語れないようなら、その立候補者は親がどれだけ良くても無能議員にしかなれませんね。政治に対して自己努力が出来ていない議員にしか票を投じれないというのであれば、その選挙は腐っているとしか言えませんね。そういう政党や既存政治家の力が無いと当選できないようなバカ議員が選挙に勝たせられるから日本の政治が腐って行くのですよ。政治家の裏入学許しまくってバカが政治家になりまくるから日本の政治はダメというわけですね。そして使われるのは席だけの数で、後は政党独裁者が好き放題しまくるのみという民主主義無視の構図が多い。特に自民党。続いて代表野党の輩共。
 政治家を選ぶ際には、立候補する人がどれだけ現実的に物事を語れているのかを判断基準にした方が良いですね。親の七光りのバカを当選させずに、きちんと政治を学べているかどうかを判断させるのはそこを見た方が良いですね。そしてその後の支援者達との会話でさらに掘り込まれてもきちんと対応できたらなお良いですが、それで化けの皮が暴かれる可能性もあるでしょうね。政治家にオウムは要らないのですから。

 さて政治と選挙の話を終えまして、本題の書面や文章による特殊詐欺を99.99%防ぐ為の方法の紹介をしていきます。
 まずこのアイデアの発想に至った出来事としては、今朝の報道番組のビビットにて、嘘の裁判訴訟関連のハガキが届くといった形での郵送方式のアナログ詐欺がまた流行り始めたという内容で、詐欺師共はデジタルとアナログを順繰りに使い回しているような形で、耐性が薄くなった所を狙うような形にしているようですね。
 まあでもそれで用いられるのはいつも古典的手法で、嘘八百の内容を本物っぽく見せて騙し取るという形自体には変化は無いようで、書面文章系統も似たようなありそうな言葉で語る事は変わらずといった感じで、時代によって表現方法が多少変化するぐらいですね。
 始まりの形が単純ばかりであるならば、それに対抗させる方法は簡単に行なわせる事が可能です。大事な事は、何かよく分からない物が来たら必ず何かに審査してもらうような形を取らせられるようにする仕組みを構築させたらよいという事ですね。それを人手を使わずに機械式で出来れば簡単に使わせられるという事で、今回の対策の形の紹介ですね。

 その方法というのは、書面や文章の内容から各種単語の情報を読み取って正しい内容やよく使われるような偽の言葉などを全部分けて判断して採点出来る機械や携帯から等のアプリを作り上げて、機械にその文章を読み取らせたりして、文章全体の本物感の判定と各種使われる単語が本当に存在するかどうかの判定が出来る形にして、その書面文章の本物度を点数方式で表して本物か嘘かを見極められるような物を作り上げて騙されそうな人に使わせて行ったら、普通に防いで行く形にしていけるのではないでしょうかね? ついでにその機械(アプリ)には読み取った文章内容から内容を一時保存させて、機械販売等(配布やレンタル)の形で警察や特定の詐欺に詳しい弁護士などと協力させて、読み取った文章情報を瞬時に表示してそこからも判断できるようにさせて、機械等を通じてやり取りできる仕組みで正しいかどうかを確認出来て、その後の行動も教えてもらえるような仕組みにすると、なお良い形に出来るのではないでしょうかね?

 さらに言えば、ハガキ形式で送られる物に関しては、ポスト等にその書かれている情報等を自動で読み取れて判断出来るような機能を持たせると、怪しさ満点の内容物は強制排除で持ち主に渡らせずに近くの警察などに判断を委ねる形にさせる事も出来るでしょうし、SMSやメール等で来る内容もそれを確認すると同時に自動起動させる仕組みにおいてその内容が正しい物かどうかを瞬時に表示させる機能を持たせたら、それによる防止効果も高くさせられるでしょうね。
 そう言った感じで自動起動型や本物か偽物かを自分で判断する前に機械の形で先にチェックする事を基本付けられるような形にしたら、初見の形から騙される事はほぼ無くなる事に繋げられるでしょうね。そしてその機械の情報判断力は、ネットに繋げられれば常時更新させて、繋げられない場合でも3ヶ月~1年ぐらいの形で適時定期更新(物理)が受けられるような形にすれば、増えて行く詐欺の形にもどんどん対応して行けるように出来るでしょうし、同時に電話線等に繋げられるのならそこから言語形式で内容を警察や弁護士などに確認してもらえる形ならば、随時対応させる事も容易いはずです。
 この仕組みを使っている形でなら書面や文章による特殊詐欺を99.99%防ぐ事は可能となります。
 機械による自動対応式から警察や詐欺対応の弁護士などの判断も確認出来る形式ならば、専門家たちがバカではない限りはほぼ確実に防げる形に出来るでしょうね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 特殊詐欺~終了~99.99%防ぐ方法





























 あとは、荷物の受け取り確認の形をAIロボット等で代わりに行なって中身の確認も自動で行なって、安全で正しい内容物かどうかを自動判断してくれるような形を作ったり、携帯やPCでの送られてくるメールや文章などを自動で確認して安全かどうかを先に確かめてくれるAI含めた機能を有させる方向にさせると、基本的な特殊詐欺の形は完全にシャットアウトにさせて行く事も出来るでしょうね。それが普通の世の中になったら、特殊詐欺師たちも廃業確定でしょうね。普通の往来での人騙し詐欺師に戻るしかなくなる。あとは出会い系での詐欺等ぐらいですかね。これらはどう機械を導入しようとしても詐欺かどうかの判断はしにくいですからね。危険度を表す事ぐらいが限界でしょうかね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1111回 AI搭載の交番~夜間の警備も普段対応に警察官防衛に役立つ~ [犯罪対策]

 1並びで間違えていないか心配な状態での今回のある意味記念回的な状況で、AI搭載の施設の新しい内容をふと思いついたので公開して行きます。
 これは最近の日本の交番での警察官が襲撃されて拳銃などを奪われやすくなっている事等に対する危険性から回避して行く為に必要な対策の1つとして、交番自体にAI搭載としての防衛対応能力を持たせて、普段の警察官対応の代わりから警察官自体の防衛までを交番の判断で行えるようにしたら、交番への襲撃のリスクの軽減に繋げて行く事が出来るのではないでしょうかね? これなら、交番閉めで後ろから襲われる事は確実に無くなりますよ。

 さてそれではいつもの時事ですけども、令和になってからも日本や世界の異常気象は相変わらずの様子で、各種気候変動の状況は多く発生しているようですが、これを元に戻そうと考えるのはナンセンスですよ? だって地球は生物として生きているわけですし、生きている証拠での大地の移動に起こる振動地震も人間に例えれば皮膚が新しく変わる事と変わらない状況であり、それを止めようとする事は地球を殺す事になりますからね。 そして変わりゆく気候変動も地球が生物として成長する過程で発生する変動状況であるのならば、それらを人間から見て害悪だと感じてどうにかしようとする行為は、それこそ地球に取って見たらウイルスの行動にしかならず、それを新陳代謝でどうにかしようとする事はごく自然な感じだと思うのですけどね。
 大事なのはこの地球で生きる生物にとっては、昔が良かったから昔のままが良いと進化を止めるよりも変わりゆく地球環境に応じた形で進化の過程を進めて行く必要があると思いますね。
 どっちにしろ地球温暖化なる現象の最大の要因は地球の総人口数の増加が原因なのですから、これをどうにかできない限り変化率を少なくする事は不可能ですよ。変動増減値を多少少なくしようとした所で、その基礎値が爆発的に増加されていっているのですから、雀の涙ほどの対策にしかなっていないでしょうね。 だからこそ対応出来る形で進化をした方が良いという事です。
 完全にまねしてはいけませんが、トランプ氏のやっている事はあながち間違いではないという事です。(何度も言いますがね。)

 あともう1点非常に軽い内容ですけど、野党が今行なっているような政治パフォーマンスは安倍政権の腐敗対応より酷いのでどうにかならないのでしょうかね? あんな無駄なことやるよりも大多数の国民から支持と理解が得られる今の問題等への対抗策や代替案を考えるべきなのでは? だから基本支持率が低いのでしょうしね。わずかな基礎を守るよりも浮遊票を確実な物(政党支持)に変える努力をすべきです。

 それでは多少久しぶりなAI搭載の施設の交番編の話をしていきます。
 このAI搭載の交番というシステムは、最近相次ぐ警察官を襲撃して拳銃を奪ったりする状況等に対しての対策案であり、人口減少で警察官の人手の確保も大変になってきているでしょうから、それに対する補助の意味も込められており、ついでに交番が無人になっても交番自体が警察官対応の代わりが出来て、非常時に中に人を入れて守れるという機能を持ち得れば、今以上に地域の安全を守れる場所へと変える事もでき、独自の防衛能力を持たせる事で、暴漢や悪漢などの犯罪者達から一般の人達に警察官までも守れるような形に出来て、完全24時間常時交番付近の治安を守る行動を取らせる事が出来るようになるので、安全地帯を作るという意味においても非常時の対応も取りやすくなるという意味においても今よりも能力が格段に引き上げられる事は言うまでもないかと思われます。
 そして交番にAI機能を搭載させれば、その時点で完全に全世界の言語に対応出来る能力を持たせる事にも繋げられるので、より国際対応能力豊かに高められる事に繋げられ、交番を開けたり閉めたりする必要もなく、簡単な対応程度ならばAIの機能でも十分に対応させてより明確に言葉を聞き漏らさずに記憶して行くようにする事も出来るでしょう。それにより落し物対応や道案内の対応等は今よりもスムーズに出来るようになるかと思われますね。

 また、防衛や治安維持の観点も含めた既存の防犯カメラには、防衛迎撃能力でカメラに水流放射能力(低温~高温)や麻酔銃にペイント弾や強力粘着弾等の能力を持たせて、その防衛防犯カメラを複数取り付けさせれば、かなり強力な防衛能力で持って、付近の危険人物などから一般の人や警察官に中に避難した人たちを守りながら対応できて、ついでにAIから遠隔操作できる警官ロボ(ロボコップ)を駆け付け対応出来るようにさせれば、付近の警戒などでは人間の警察官の必要性無く、今まで以上に治安を守りやすいようにする事も出来るようになるでしょう。
 そして基本的にロボボディであれば、多少の刃物程度では怖くもないでしょうし、人間以上に修理すればすぐに直せるという意味も込めたら、直接の危険荒事対応では警官ロボの方が有効になるケースも今後は増えてくるのではないでしょうかね? それにその形なら殺傷武器を携帯させる必要もなく、普通にロボ的捕縛系の対応能力(先の防犯カメラの防衛迎撃のような形含め)で行けるようにすれば、交番による地域安全を守る形での拳銃の所持の必要性は無くして行けるのではないでしょうかね?

 そしてこういう系統であれば、全国各地の様々な場所に交番を設立させていく事ができ、人が少ない過疎地においても普通に設立させて増やして地域の安全に貢献させていくように出来るので、より危険な状況に対応させていきやすくなるでしょうし、AIからの対応であれば、常時警察本部とも対応は出来るでしょうし、情報交換意思疎通に周りの同能力の交番とも情報共有が非常に行ない易く出来て、落とし物検索や迷子に道案内対応や凶悪犯などの逃走対応にも役立てやすくなると思われます。
 そして有事の際の対応としても常駐配備できる警官ロボを複数保有させておければ、各種トラブル対応にも役立てられ、交番自体の防衛能力も含めて、さらなる交番の能力の向上に役立てられるようになると思われますね。
 それに、警官ロボから遠隔通話の機能で持って本職の人間の警察官がリアルタイム動画で声と顔で持って対応させるようにする事も出来るので、あらゆる場面に対応させていく事も出来るようになるでしょうね。

 この系統の仕組みで持ってAI搭載の交番とする仕組みにすれば、それこそ全世界でも普通に配置させて増やして地域の安全の貢献に繋げて行くようにする事も出来るのではないでしょうかね?
 何せ24時間常時付近の状況に完全対応出来る能力(交番として)を持った交番に出来るわけですから、多少の危険地帯にも配備させていくようにして安全地帯を徐々に押し広げて行くようにする事も出来るのではないでしょうかね?
 それに人も追加で配置して行くようにすれば、いざという時の危険対応での安全の確保の状況は今よりも交番を安全な場所という事に出来るはずですよ?(警察官が突然の襲撃に危機感を覚える事が確実に減少するという意味でね。)

 あとは普通に警官ロボの可能性も普通に見出して、凶悪犯の取り押さえ用や突撃時の戦闘メンバーとして活躍させるなどでも活用して行くようにしたら、人間の警察官への被害も少しは抑えられるようになるのではないでしょうかね? 人の回復は遅いですが、機械ならばそれなりに早いですからね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 AI搭載の交番~終了~警官ロボ(ロボコップ)





























 全て人が対応するだけでは、今の日本の少子高齢化な状況では対応しきれなくなっていると見るべきであり、世界的に見ても人間では練度の習得までには時間がそれなりに必要だが、AIや機械ならば1度覚えさせれば、後は全部それを使いまわして簡単に覚えさせられるので、必要な練度の状況や基礎能力は人間よりも上達させやすく数も揃えやすいので、特に危険地帯等の状況においては、人よりもその有効性は高いと見ても良いのではないでしょうかね? いざとなれば普通に盾としても使えますし。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1091回 鉄道問題痴漢最強対策「完全分離」 +レジ袋完全有料化への裏技 [犯罪対策]

 さて今回は少し前に話題に挙がった鉄道痴漢の問題からシャチハタ等の印鑑会社が痴漢対策グッズ政策に本腰を入れた事に対しての注意と、そんなことに力を入れるよりも確実な対策方法の紹介をさらにバージョンアップさせて話して行きます。 された後の対策に力を入れるよりもされる前の対策にもっと力を入れるべきです。そして男女共に痴漢絡みに会いたくない人にもっと救済が与えられる仕組みにしていくのが痴漢も冤罪も無くして行く動きに繋げて行けます。

 さて時事の話でここでは軽く触れますが、毎日のようにここ最近車暴走絡みで子供が被害に遭うような事が続いていて、本当に狙われているような状況が続いていますね。 そして何度叫ばれても止まらない高齢者運転での事故の続発も留まる所を知りませんね。 まあ大体事故を起こす人は自分は大丈夫だと思って人を轢くのですから、それを自信に思っている人がまず運転を止めるようにした方が良いのでしょうね。 まあそうはいっても車が必要な状況に陥らされている人は多いこの世紀末日本ですし、素直に機械のサポートに頼る形にした方が子供の命を防ぐ形に繋げ易いと思いますよ。 自殺目的の行動はダメで、車での無差別犯行は良いとか、倫理観おかしいと思うのですけどね。そちらを声に上げるのなら、こちらももっと上げて行かないと駄目なのでは?

 それで+の所の時事としては、レジ袋完全有料化の話が本決まりしたような状況になって、来年ぐらいから施行される予定になっているようですけども、この対象が全ての形になっている所で割りを食らう所も出てくるでしょうけど、それに対する裏技的な事を少し紹介して行きます。
 まず条件としては無料配布は禁止という話ですから、少額だとしても有料であれば良いという事になります。ただしいちいち聞いたりするのは面倒だしトラブルの元になったりする事での問題が多数ありそうですが、レジ袋を貰ったりするのを現物では回数券扱いでの購入体系にしたり、ポイントカードなんかを出している所では、そこのシステムに回数購入の形で10枚1円とか100枚1円とかの設定にさせても、有料化の形にはなりますし、それらさえ持っていればレジ袋をその回数分そこで貰える形に出来るので、持ち運びの手間なども省けるように出来ます。
 また、ポイント式がある所ならば、本来貰えるポイントをその袋の代金に割り当てる事が出来るようにしたり、予めそれも含めてポイントを多く配布できる形でのレジ袋有料化用に使って行くようにする事もでき、ポイントを溜めていない人に対しては、本来得られるはずだったポイント分がそれで自動消化される形での自動差し引き型有料化の形にすることもでき、その形をポイント形式ではなく、現金レジ等の形式であらかじめ袋有りでの代金設定として、袋が必要無い人だけボタン1つでその代金分を減らせる形にするようにしても、手間暇や余計な言葉掛け等を不要にしてスムーズにさせる事も出来るでしょうね。
 あとはそれぞれ独自マークとか入っているレジ袋などを買取式にして、商品を買う時に使われるレジ袋の代金分をその袋を後でまとめてなりで使用できる形で持ってきたら、使用できるレベルに応じて買い取りをするような仕組みにしても、良いかもしれませんね? これも一種の再利用!

 という感じで、いろいろ裏技なりを話した後は、鉄道の痴漢問題に対する最強の防止対策と印鑑プッシュ方式の問題点などについて話して行きます。
 まず印鑑型痴漢マーク付の話から行きますが、確かにそれは犯人特定の意味から見れば非常に有効な対策方法となりますが、同時にその効果性から大量の冤罪を生み出す可能性も秘めており、無関係で両手を上げて電車に乗った男性が女性の無理やりの行動でその手に印鑑を押されて痴漢とされて冤罪にされる可能性を作り出してしまう事となり、無実の人が確定証拠で逮捕又は女性に示談金を騙し取られる犯罪を無限に生みかねない危険性も同時に秘めているという状況になるでしょうね。 ついでにその方法で道行く人すべてに対して使って痴漢確定の証拠でもって次々と街を歩く男性全てを無差別に対象として犯罪者扱いにさせる行為が出来て、お金を騙し取る行為を横行させる事にも繋げられてしまうので、それらの対策なども考えられないと、単なる女性用の犯罪グッズにしかならないでしょうね。
 そういう対策を付けるとするなら、多少値段は高くなるでしょうが、その印鑑にボタンを付けて、一定時間印鑑内蔵の小型カメラで録画できる機能でもって、犯行の状況を録画できる形と合わせて、それを確たる証拠とするような形にしないと、女性が一方的に男性を狩り続ける無法社会となって、女尊男卑の一方的な差別社会に瞬時に変わるでしょうね。
 そしてそうなると、日本に男性の観光客は一切訪れなくなるでしょうね。法的に女性にお金を騙し取られる国で、男性側の訴えは何も聞かれないという最低の国に成り果てるでしょうからね。
 そしてその流れで女性に近付こうとしない草食男子は大量に増えて、女性を見かけたら全力で逃げろという社会になり、日本は滅びを迎える事となる。 現状の形では冤罪しか生みだしませんからね。

 そしてそういう状況に対して私が言いたい事は、された後の対策を考えるよりも、される前の対策での女性が痴漢の被害に遭わないようにする取り組みにもっと力を入れるべきだと私は考えますね。
 そしてこの鉄道に関する話においては、それらを完全にさせる方法は存在します。
 要は分ければ良いのですよ。痴漢が発生する主な要因は男女が同じ場所に居て不特定多数の人がいる状況から作り出されるというのならば、その発生源の元を完全に分離してしまえば、発生自体を防げる事に理論上はなります。
 その形の1つとして今は女性専用車両が作られて普及していますが、その1つの電車に1両のみでは不十分であり、男女不平等な形でもあるというのは毎回言っている内容ですけども、それに加えて、駅のホームにおいても完全にそれに合わせる形で分離させたら、その状況においての痴漢の発生率をさらに引き下げる形にする事が出来るのではないでしょうかね?
 つまり電車の左右と駅のホームの左右空間で完全に男性空間と女性空間を作り上げて、分けるという形にして、間に中立地帯として、主に家族連れやカップルに性的な事情で見た目と中身が一致しない人等が使える場所としての3空間を駅にも電車にも用意して完全に分けさせる形にすれば、痴漢の発生自体も防ぐ仕組みに出来るのではないでしょうかね? ちなみにそれでの中間は中立地帯としてどちらの性別でも可能という形にさせて、今までと同じ駅などでの仕組みとする。
 そして男女におけるどちらの空間にも言える事は、基本的にその性別の人しか入ってはいけない決まりとさせて、それが嫌なら中立地帯に入れば良い形にする。
 そして女性専用に男性が入って行った場合は、問答無用で痴漢扱いされても仕方なしのルールとして、男性専用の所に女性が入って行っても痴漢判定はされない状況にするとすれば、それにおける一定のルールは作られる事となる。
 なお、片方の空間に無理やり連れて行こうとする場面が発生した場合は、誘拐未遂として犯罪扱いにさせる流れで行けばよい。
 そしてその流れにおいては、電車には必要であれば、中立地帯にトイレを配置させて、機能性を上げるならば、それに加えて男女専用の両方にも付ける形で、計3つぐらい用意する形にする。

 あとは電車の構成状況等は、基本的に面倒ならば固定(男女2で中立1の編成。8車両ならば、男女がそれぞれ3ずつで両端に陣取り、間に中立を2つ用意する形にすればよい。)で良いが、男女の利用率などで変動させる場合は、それぞれ1車両分を移動出来る形にしたり、中立地帯をそれぞれの車両から増やす方向にすればよい。 そうすれば臨機応変に対応を切り替えられるようにする事も出来る。まあ基本は固定型で考えれば特に問題はない方向で、痴漢被害が嫌なら女性専用車両に、痴漢冤罪が嫌なら男性専用車両に行くという形にすればよい。
 また、状況によっては完全に電車を男性や女性で全車両分ける形にして、それに普通の形を含めて3種類の電車を用意させるなんて言う事も考える事は出来る。(まあ現実的かどうかは置いておいてね。) それにおいて、男性専用の路線や女性専用の路線などを時間帯なども踏まえて作り出して行く方向性にしても良い。

 これらが完全な分離型の考え方であり、これならば発生そのものを封じる方向に持って行く事が出来るようになる。 まあそれでの中立地帯は、現状の体制のままだからそこで起きる可能性は生じるのだが、わざわざ好き好んで行く女性は果たしてどれだけいるのだろうかね?
 あとはそこに居る人達の考えで持って痴漢の発生を防いで行くようにすれば良い。というか、大体そこに行こうとする女性には連れがいるでしょうから、その人に守ってもらう方向性で考える形にすればよく、1人だけならば女性専用車両に乗れば良いという感じでもある。この状況下では、8車両編成ならば3車両もあるのだから。基本的な状況から見ても十分な数だと考えるのですけどね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 鉄道痴漢対策~終了~レジ袋有料化対策





























 鉄道痴漢においては、空間を完全に分離させれば、発生の確率をほぼ無くせるのですし、それで男女双方に安心を与えさせる事が出来るようになるのですから、その形が最も良いと考えるのですけどね。
 そしてそういうトラブルの発生での遅延の可能性を減らせるのなら、鉄道会社にとっても問題の防止システムとしても良い気がするのですけどね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1084回 防犯カメラでは、全ての犯罪は防げない。 [犯罪対策]

 さて私が改革爆弾落とす前に日本に衝撃が走る事件が今日の神奈川県で発生したようですね。
 内容としては、学校に行く為にスクールバスを待つ児童の列に包丁二刀流で突如襲い掛かった謎の不審者が次々と児童を狙って殺傷を繰り返して、最後は自分の首も切って自殺して終わった凶悪事件に関する話です。
 この事件で犯人の動機が不明の状況で、自動をどうにか守る事が出来ないのか等について今日は報道は中心に話していましたが、守る為の方法なら私に頼って下さればいくらでもあると断言できますね。完全にこういう凶悪事件を防いで行くのは難しいとかの話が多いですが、防ぐ為の方法ならいくらでもあります。普通の人やそれなりの天才では無理かもしれませんが、私でなら完全に防いで行って、子供たちが自己防衛を取らなくても良いような安全な登下校を送れる形にする方法ならいくらでもあるという事ですよ。
 まあ既にいくつかこのブログでも公開しているのですが、その効果性を無視してバカな議論を繰り返しているから防げないというだけですよ。
 ちなみに警備員を増やすという案があったりしますが、それで前みたいに警備員の中にまぎれた犯罪者に好き放題させても良いというのでしょうかね? その辺りが全く考えられていないという所ですよね。
 何度も言いますが人では最終的な信頼に足る事は出来ません。強大な敵の為に共に戦う必要があるとかいう状況ならともかくとして、警備の仕事においてその人の資質やら性癖やらを全部網羅して適切な所に人員を配置できるほど人材的に豊かではないという状況ならば、人の警備員で子供たちを守って行くという行為には無理が必ず出てきますし、その結果それ以外が疎かになってもダメな点もあるでしょうから、全て人が守らなければいけないという江戸時代以前の考えで行くのは危険すぎると言えるでしょうね。

 さて今日はこの話で終始して行きますけども、まずタイトルの意味から話しますと、防犯カメラの存在は犯罪防止の効果として高いとよく言われておりますが、厳密には防止というよりも犯罪発生確率の軽減効果というのが正しいでしょうね。
 そして効果は軽減であり、ある程度抑止させていく効果は狙えるのだが、犯罪に対して深い知識や技術がある物等はその状況でも平気で犯罪は行なえるし、今回のような自ら死ぬ気で凶行を行なうという形での政治が絡めば自殺テロのような相手には何の意味も持たない状況ではあります。
 つまり、そういう死んでも良いとか捕まるのは承知でと考えている輩への犯罪抑止や防止に軽減効果は全く存在しないという事は知識として頭に入れておくべきです。それを知っておかないと無駄な考えで防犯カメラを増やせば大丈夫とかバカな行動になる事もあるでしょうからね。
 まあこの状況に至る理由は、現状の防犯カメラの効果がただ監視するだけの効果でしかないという所で、これに前にも言った水の放水機能や人用強力麻酔銃の発射に催涙ガス放出とかの防犯防衛機能を搭載させると、そのカメラがある所での犯罪は行なえなくなるでしょうけどね。(犯罪出来ずに捕まえられる自殺にしかならないから。) こういう防犯防衛機能を搭載できたならば、犯罪防止効果を持たせる防犯カメラとして機能させていけるのでしょうけどね。まあこの場合名称は「防犯防衛カメラ」かな?

 そして今回の痛ましい包丁二刀流の凶悪事件では、児童や周辺にいた人が犠牲になって、大量の負傷者が発生しましたけども、防ぐ方法は現段階で思いつくだけでも3種類ぐらいはあります。時間をかけたり他の人と意見交換が出来るならばまださらに数を増やして行く事が可能ですが、現状は3種類思い浮かんでいて、その内2種類は普遍的に全ての形での子供の登下校の安全を確保して、子供に自衛手段を持たせる必要の無い昔のような安全登下校を送らせる事の出来る方法ですけども、それは既に方法として紹介している内容ですね。
 1つは割かし無視されがちですが、私が提唱する安全確保の最強案の1つである地下歩道やら地下交通の形を構築する事ですね。これなら基本の出入り口での侵入経路を制限させておけるので、不審人物の侵入を防ぎやすい形にする事が出来ます。その上で学生用公共交通網とかを用意すれば、離れた場所でも不便なく移動させる事も可能になる。
 出入口の1つは学校という形にしてもう1つを、いくつかのポイントごとでそこまでは親御さんたちや付近の人達で送る形式でなら、無理もなく守りやすい形に出来るし、そのポイント等も病院や警察署に交番などから行ける形にすると、地上の防衛拠点としても使い勝手が良くなる。(その上で登下校の時間帯には人員を一時的にでも増やしてもらうという形に出来ればさらに安全。)

 そして2つ目の方法としては、ドローンや無人機を子供の安全見守り用として大量に導入させる形ですね。要は警備員の代わりという形で、この形式であれば常時周辺一帯をドローン等に警備周回させて見回りさせる事も出来るし、ドローンや無人機を増やしまくって児童1人に1機付かせるような形式で、いざという時の見守り防御やら不審者撃退できるような機能を持たせる事が出来れば、人の警備体制よりか遥かに優れた防犯安全体制を確立させて守り抜くようにさせる事も出来るでしょう。
 そして無人機たち等の連携効果等も強くさせて行ければ、不審者見つけ次第即捕縛して行くような強い効果をもたらせていく事も出来るでしょうね。人と違って死ぬことを恐れる事の無い無人機等では、より子供の安全を守る為の行動を取らせやすく出来るようになる。ついでに犯人が生身なら無人機の大きさによっては体当たりで押さえられるし。飛行ドローンでも小型麻酔銃やら催涙ガスの一斉放射とかで迎撃させれば、何もさせずにおとなしくさせる事はしやすい。
 これに追加でレンタルシェアガードシステムなんかも基本配備できる形でいざとなったら追加動員できるような形にさせると、町の治安自体も守りやすい形にしていく事が可能。

 そして3つ目は限定的な対処方法ですけども、今回のスクールバス等で児童が集まりやすい場所が発生してくる状況での対処として、地下又は2階辺りの空間に専用の待機場所を用意して、外から襲撃されそうな形にワンクッション置く形での待機させる形にすれば守りやすく出来る。 いざとなれば完全防御体制で守り抜くような形に出来るとなお良い。つまり普段使い用の集会地点シェルターですね。そしてそこから直通形式等でバス等に入れるような形式の形に乗り場と乗り物が工夫して行くという形にさせれば、その待機時と乗り降りの無防備な瞬間の守りを構築させやすくなる。
 限定的だけども地味に効果はあると言える。まあついでに待っている間に車に突っ込まれたりする事を防げる効果もあったりするのですけどね。

 以上の3つの方法の地下交通登下校の形と、地上での無人機達のフルガードの形と、普段使いようのシェルター形式の方法が現時点で思いついている方法ですかね。
 この中で1番簡単なのが3番目で、早期に取り組んで行けるのが2番目で、1番安全を確保してのんびり移動してもらえるように出来るのが1番目の方法になりますね。 まあどれも一長一短ありますけどね。

 それで最後に犯行動機が不明な自殺した殺人鬼ですけども、子供を狙ったという事ははっきりしており、抵抗の出来ない弱い存在を狙ってかつ集団でいる確率の高い相手を狙ったという所で、最後に華々しく自殺したいという考えであったのか、それとも社会の構造に何らかの不満があったり自分が落とされたりして貧困の苦痛などからの恨みで幸せそうなやつらを恐怖と苦痛のどん底に落としたいからという身勝手な理由で行なった辺りでしょうかね? まあ犯人の周辺状況が分からないから完全な憶測ですけども、そうやって凶行を行なう輩はいるという事ですね。
 そんな事件は今までに結構ありましたし、何よりその人達の考えていそうなことが分かる精神一部壊れている私が言うのですから、精神狂ったらそういう事を考えて犯行を起こす輩はいるという事です。
 何度も言いますけど、私はオタクで精神繋ぎ止めているだけの状況ですからね。だからこそそれがある限りは冷静にこういう事にも分析できる特異な状況でいるわけですけども。

 まあ他人巻き込んで死にたい奴はたいてい今までの暮らしの中で生きていたくないほどの嫌な事があって人生悲観して行なうのが普通ですけどね。(精神異常心理学的見識) その代表例は、貧困状況からの心安らかに死ねるという宗教的自殺テロという辺りですか。
 今回の児童が通う学校がキリスト系ですから、そういう事も考えの1つに入れておいた方が良いのかもしれませんけどね。 これで「アラーの為」にとかほざいて凶行繰り返したら分かり易かったですけども。

 まああとは包丁に特殊なAI機構でもって、人に刃が向けられたら自動で刃を収納させるとかいう機能を付けたり出来れば、包丁の危険性を少しは軽減できるでしょうかね?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 児童殺傷凶悪事件~終了~絶対の安全





























 あとは特殊な考えとして、基本的に包丁を使える権限をAIが管理して行く仕組みにして、基本は刃が収納されている状況で、料理をする時だけ専用の機械に許可を求める形で双方のAIが認可すればその空間でのみ一時的に包丁が使えるような形にすると、犯罪等に使いにくい形で使用させていく事も出来るでしょうかね。
 その上で、衣食住最低保障により、基本的に普通の条件下では包丁料理をする必要はないという形にさせて、包丁料理がしたければそういう形での限定使用の高価な形で使用して行くという方向に国として社会全体として変えて行くような形に出来ると、包丁の危険性を限りなく排除して行く事も出来るでしょうかね。
 さらにその上で、食材の切り分けなどを変幻自在に行なえる調理用クッキングロボとか作り出したら、さらに包丁の必要性を無くして行く方向にさせる事も出来るかな。
 最終的に包丁の使用をロボットだけが行うという形でならば、人が持つ形での危険性を排除しつつ包丁自体は使われ続ける形にしていく事も可能。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 犯罪対策 ブログトップ