So-net無料ブログ作成
新アイテム開発 ブログトップ
前の10件 | -

第1356回 電磁力低反発?ベッドやクッション等 [新アイテム開発]

 さて、磁力の無駄な使い方にならないのかどうか不安な今回の話ですね。まあ基本は磁力や電磁力を用いて低反発?(多分普通と意味が違う)なふわふわ感のあるベッドやクッション等の形についての話ですけど、まあ基本まともな感じで見ない方がよろしいかと思います。疑似的な浮遊感とふわふわ感を得やすい形に出来るかも知れませんが、まあ内容がまともではないと絶対的に言える話ですからね。あくまでこんな磁力の使い方もある程度で見てください。

 それでいつもの如くに時事の方ですけども、中国新型肺炎の厚労省のクルーズ船対策の大失態が発覚してから、基本方針の大転換をする羽目になって、今日は専門家も集めて大忙しだったようですね。急場凌ぎの対策にしても、もう大丈夫ですという対応からしばらく閉じこもってくださいというような形に変わったようですし、周りの意見を聞かずについでにクルーズ船乗客たちの不安も無視して安倍政権主導のワンマン運転をしていたから起きた大失態の惨劇ですよね。
 これによってさらなる不安の拡大と混乱を巻き起こしながら、下船後に帰り着く際に公共交通を使わせまくった事でのさらなる市中感染大幅拡大を招いた責任等は確実に取ってもらわないといけないのではないでしょうかね? というかこれだけ無能ならば、さっさと大臣交代させて体制一新させた方がまだ良いのでは?とも思ってしまえるような状況ですが、その頭の総理が同じでは結局何も変わらないでしょうから、このまま感染を広める活動に終始したらよいのではないでしょうかね安倍政権と厚労省は。
 あとそれと関係あるのかどうかは不明ですけど、次々と移動交通機関に所属する人たちの感染も国内で発覚して行って、ルート不明な市中感染の状況はさらに拡大を深めて行っている状況と言えて、これで簡易キットが出来たりすると、中国ペースで一気に増えていくような感じにもなりそうですし、その為政府がその辺遅らせているのかもしれませんね。なにせ安倍政権の題名言語は隠蔽ですからね。全てにおいてまずその言葉が頭文字に付くのが安倍政権でしょう。

 そして新型肺炎の感染は日本・中国・韓国中心のアジア圏だけでなく、EUやタイなどの他の国々にも波及して行っているようで、これは中国観光客の影響というよりも今度は日韓の観光客や日韓からの帰国者等が大きく影響している可能性もあって、その為による次なる世界の封鎖対象が中国から日本や韓国に向けて動き始めているようですね。
 まあ韓国もキリスト教の分派みたいな宗教から爆発的に感染者を増やしているようで、新型肺炎教にでも変わっているかのような増え方になっていますよね。そして日本では、完全市中蔓延型でのどこにウイルス保有者が紛れ込んでいるのか全くの不明で、それが日本全国に広がっているという状況から、基本中国と変わらない危険度か相変わらず人が密集する場所も多く残されている日本の方が危険とも言える状況で見られているようで、果てには多くの中国人から心配されたりする始末にまで日本人の平和ボケの精神が危惧されているようですね。
 これで抑えるとかは、どこに保有者がいるかもまったく分からないのに言える話ではないと思うのですが、日本の政権は無能揃いか平和ボケが過ぎて頭がパーになった痴呆老人集団だというような状況になっていますね。感染経路不明者が出た時点で、抑える事は不可能に近い数字になっているのですよ。だから対策の段階を早期に移せなければ、いつまで経っても後手後手は何も変わらず終いには完全にウイルスたちに抜き去られる亀より遅い奴らになるのですよ。
 あと風邪の症状が見えたら取り敢えず自宅に居てとかいう発言の中では、それにおける政府行政側のサポートが無ければ、今の経済生活状況では人は必ず生きる為の生活費を稼ぎに外に無理やり出たり、食料品を買いに出るわけでありまして、その辺のサポートしなければ、完全に封じ込めるのは不可能というわけですよね。政府が好んで大量虐殺がしたいというのなら別ですが。 ついでに花粉症の人も風邪に該当されると、動けなくなるわけですけどね。何より貧困者たちが殺されていく差別も発生しているようで、無能政府での混乱は酷くなる一方ですね。一気に経済が崖崩落になりかねないですね。
 あと受験シーズンにちなんだ対応で、東京大学だけが感染者に冷たい対応をしているようですが、それだと無理にでも受験しに来る人を増やして、東京大学をホットスポットに変えるような事になりかねないので、差別は反って自分たちを貶める事になりかねませんよ? 発熱状況の有無なんて、日本のおバカな水際対策をすり抜ける要領で熱さましとか解熱剤飲んでくればいくらでもスルー出来るでしょうしね。未だに頭が明治時代以前な輩が多いようですね。

 さて時事が多い回でのお決まり的な回に今回も当たりますけども、本題は軽いと思います。
 内容的にも基本は磁力反発を用いて、ベッド等の寝具であれば、ベッドにおけるマットの下部分や敷布団におけるシーツの下側に位置する部分と相対する部分に反発用の磁石を備え付けさせて、磁力だけで事足りるのならそれで、事足りないのなら電磁力を用いる形にして反発磁力でベッドな部分を持ち上げさせて浮遊させられるようにすると、疑似的な磁力反発における低反発のような感じでさらにふわふわ感を演出できるようになるといった感じでの内容で、電磁力と就寝者の重さを調節させて適切な形で快適な眠りに誘えるような低反発具合を整えさせる事も出来るようになるでしょう。
 そして電磁力での目覚まし機能として、電磁力発生場所をランダムやら固定方式で変化させまくって、いろんな感じで体を強制的に動かせまくると、強力な目覚まし効果にもそれでも起きない奴にはどこかの方向に転がり落とすような形に使わせる事も出来るようになって、問答無用の人がベッドを持ち上げて転がり落とすかのような動きをさせるようにも出来るのではないでしょうかね。それはある意味ベッドにおける最終手段でのAIの行動に近いような目覚まし手段にもなるような。
 それとは別に強制的なストレッチ機能や起き上がり補助としても使えるような形にも出来そうですけどね。

 そしてクッション系においては、磁力反発での低反発?とか軽い浮かせ効果等にも使えるでしょうが、電磁力と組み合わせて効果を発揮しそうなのは、椅子等に対する座布団やら座クッションの形から椅子の座る部分との間に磁力反発での電磁力反発にまで強化させると、よりゆったり座らせたり、ある程度の上下運動な感じにさせる事やバランスボールを用いているような感じにしたり、眠気防止機能等での形にしたり、最近流行りの昼寝などに対しての椅子側からの自動目覚まし機能で座っている部分を押し上げ効果で起こすというような形にさせる事も出来るのではないでしょうかね。
 基本的に磁力反発でクッション等を浮かせられるのなら、クッション自体の厚みは薄くても反発における浮遊感でのふわふわ度は高められますから、効果を高めやすい作りに出来て、長時間座りっぱなしでも疲れにくいような形にも出来るのではないでしょうかね。
 まあただし、人に座らせたりして浮かせられるほどの磁力を持たせるには、それなりに多くの磁石磁力を持たせるか電磁力を用いていく方法になって行くでしょうけどね。
 ただしこの磁力反発系の仕組みであるのならば、クッション系のカバーや椅子等に追加配置とかの形で持って、後付け追加配置で使えるようにして行く形を取りやすいのではないでしょうかね。
 あとは服等にも似たような効果をもたらせたり出来れば、より磁力反発効果での形を高めたりにも出来るかも知れませんね。まあそこはあくまでの話ですが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 電磁力低反発?~終了~新型肺炎世界的な広がり





























 さて次は磁力絡みで便利な引っ越しグッズ関連でも出すかな?地上の物理法則でも磁力による反発効果では、物を浮かせやすいですからね。重力に反作用させられる形で自然の摂理で浮かせられるのは磁力反発ですからね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1350回 磁石テープ~繰り返し使える簡単テープ~ [新アイテム開発]

 さて今日は磁石磁力系のアイテムの話ですね。そしてこれは文房具類や梱包道具類に該当するような簡単で繰り返し使いやすいタイプの形の紹介です。

 さていつも通りに時事は中国新型肺炎に関する所ですけど、もう増える事に関する内容は市中感染での大量感染が広まっているので無視するとして、それ以外の事についての情報があれば公開していく形として、今日の所は安倍政権の見方では市中感染の手前とか現実を直視しないおバカな状況で見ているようですが、現実問題としては完全に市中感染での何処で感染者が見つかってもおかしくはない状況なので、インフルエンザや他のウイルス等の病気と同じ類で見た方が現実的ですね。
 そして不要不急の外出とか曖昧な言葉で集団で集まるような事を防止して行ってもらいたいようですが、日本の現在の社会構造上それは不可能な事に近く、無理難題を国民に対して吹っ掛けている無能が考えた言葉でしかありませんね。
 あと、新型肺炎対策での感染状況の確認などで4日間ぐらい休んだり外に出ないようにしろというのは、経済苦で死ねという言葉や食料などを買いにも外に出るなと言っているような言葉で、完全に国民に対して死ねと言っているだけの言葉であり、政治家や金持ちはそういう事をしなくても良いという政治家目線だけで考えられたことがはっきり分かる内容ですね。普通の国民の生活状況を何1つ考えた内容ではない。
 出て欲しくないのなら、その分の国や行政府でのサポート体制を高めた状態で言うのならまだ良いのですが、完全に責任丸投げで国民に負わせるだけの無責任発言繰り返すだけというのは、旧民主党政治よりも劣悪でしかないですね。
 そしてそういう状況では、日本に大きく経済的マイナス要因が重くのしかかる事になるだろうと簡単に予測できるのに、景気はこれから回復するとかバカな判断が出来るのも、一般国民生活状況をまるで理解する気も無いから言える言葉ですよね。今の安倍政権では国民の事を見る事が一切ないのですからね。高い所から見下す事しかしていない。
 あとクルーズ船に関して、事前に検査して後は陰性なら下船(乗客のみ)してもらうだけという状況のようですが、それは香港人からの感染だけで広まった場合の対応であり、船内で二次三次感染で広まっている場合には、確実に安全圏とされる2週間を完全に下回る状況で検査しての陰性という判断になるので、現状では十中八九感染していたとしてもまだ見つかっていない人である可能性が濃厚な状態で下船させるという今までの隔離対策を無に帰すかのような対応をするという事ですよね。
 そしてこの状況でもクルーズ船クルーの大半は無視されている状況であるので、この中に感染者が普通にいた場合には、乗客最終検査終了後に感染させてしまう可能性も普通に残されているわけであり、感染1日目で下船するような人も出てくる可能性が高いという事になりますね。これはどんな愚物が作り出した政策なのでしょうかね? そして安心しきって下船していく最中で大量感染する可能性も現状かなり高いというのに、さらなる市中感染拡大を安倍政権が意図的にやろうとしているのでしょうかね? クルーズ船には一切情報与えず死刑囚のような対応をしながらね。
 だから送り込んだ人たちが次々に感染していくのですよ。ある意味バイオハザード的状況ですよね。それを安倍政権の愚策が活性化させている。本当に人殺しが大好きな総理ですね。

 それでは本題の話に移って行きますけども、これは内容的にはかなり簡単な物でありますね。
 基本的に普通のテープ等に磁石成分の配合率を磁力強度で分けて混入させて、それだけでも粘着性能必要無く磁石磁力だけである程度は固定させられて、さらに対象物の方には磁石シールを張り付けたり鉄製品類のシールを張ったりして磁石テープに反応してくっつくような形にさせると、粘着性必要無く、いくらでも張り直しも使い回しも摩耗する事無く、何度の使用も可能な磁石テープとして使えるようになります。
 あとは固定強度は、磁石テープの磁石成分率を高めれば、強固にさせていく事は可能で、枚数重ねての強度アップにも繋げる事は可能です。
 この形ならば、簡単なテープの代わりとして使う事も家庭内や企業内での保管用物資に対しての紙テープ等の代わりとして、張り直しも簡単で段ボールに影響を特に与えず繰り返し別の用途にも使い回せるテープの形になります。
 まあその代わりの弱点は、剥がした所で跡とか付かないので、機密文書等の送り渡しや重要な配送物等の梱包用には使えないという事ですかね。 信用出来る引っ越し時の梱包用等には使えるでしょうけど。
 粘着性の部分を磁石磁力で変換しているので、磁力対応型に変えられるならば、デコレーションテープや配送会社を使わない個人間の贈り物用のテープ等でも使ったりする事も出来るかもしれませんね。
 使う際にも剥がす際にも全くべたべたする事が無い確実に繰り返し使えるテープの形です。
 まあ剥がした際の跡での確認が必要な物には一切使えませんが、身内的な物だけの使用ならば、かなり使いやすい物に出来ると思いますね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 磁石テープ~終了~市中感染





























 さて磁石やら電磁力の方も簡単な方でまた幾つか少しずつ出して行きますかね。 地味な便利グッズもいくつか思い浮かびましたしね。ただし内容は地味なのが多いからあまり期待しないでね。レベル的にはアイデア100均系が多いかな? END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1334回 新型 安全重視のヘリ~墜落時の被害率を限りなく0に~ [新アイテム開発]

 さて今回は日本でのヘリ墜落のニュースを見て思った安全重視なヘリの新型の形についての紹介です。基本は飛行ドローンを参考にしつつ、飛ぶ物は必ず落ちる可能性があるという事から耐衝撃吸収機構は備えるべきという考えの新型ヘリですね。

 さて時事としては不安と状況情報が広まる限りは続ける予定の中国新型肺炎に関する話ですけど、どんどん世界で感染拡大が広まって行って、既にパンデミックは発生していると見て良いでしょうね。
 現状メインは中国で、その次に日本が感染拡大率が高いでしょうね。まあただ、感染率は高いけども、毒性は低いのでそこまで過敏に恐れる必要はありませんけども、現在ワクチンや有効な対処法が見つかっていないという事で、主に高齢者等にとっては脅威の病気でもあるでしょうね。
 まあそれでもインフルエンザと比べれば能力自体では、ステルス感染性能以外は低いので、日本に関しては先にインフルエンザを注意しつつその対策をしていれば、大抵はなんとかなるでしょうね。 まあでもインフルエンザ自体にでも対処していない人が多い状況では、感染予防的な効果意味は低く、まあ基本は感染しても症状が発症しないままでの治癒で収まる形が多いのではないでしょうかね? 基本的な衛生健康状態や病院での対応状況も中国よりは良いでしょうから、そこまでの心配事はする必要もないでしょうね。
 むしろ日本の場合は、インフルエンザでの感染率と死亡率が未だにかなり高いので、新型肺炎気にするよりも先にインフルエンザ対策をより気にした方が良いと言えるでしょうね。中国新型肺炎が勝って恐れられる点は現状ステルス感染能力とワクチン類が無い事だけですね。ただし基本元気にしている人には意味が無い病気のようですけど。

 そして本日のたかじん委員会は、今の日本の政治状況の惨状に対しての学園ドラマでしたけども、既出が多いので今回は取り上げていませんね。 まあ総括するなら、国会政治の体質が与党独裁過ぎて、野党から意見を聞く必要が無い体制になっている事が問題で、それだから弱小野党しか育たずまともな議論がなされなくなっており、与党は独裁維持の為に変える気もしていない無能国会に成り果てているという感じで、天下り法人のさばり天国で日本の社会が食い荒らされて崩壊まっしぐらになっているという感じでしょうかね。全ては今の政治国会の体制が日本を崩壊に導こうとしているという根本的な問題が浮き彫りになっているという事ですね。
 まあ後は気付かれていないのでしょうけど、それもこれも日本の総理を国民が直接選べない状況がこれを作り出しているという事に気付くべきですよね。国会内で問題が起きても国民型の民主主義が参加できなくなっている内部独裁状態だから起きている問題だという事にね。ついでに今じゃ、選挙も金持ちの道楽にしかなっていませんしね。参加資金のハードルに政党補助金の影響で、不公平選挙で国民が政治に参加できる土台を無くしている選挙には何も意味が無いのですよ。
 公平な選挙には、政党補助金は邪道でしかない。それは民間参加者を排除する為だけのシステムである。 私ならば全部変えますけどね。詳しくはオウカハルマニフェスト等で。
 まあ実質天下りが発生してしまうのも、それだけ無駄な政治家が多いから出てきてしまう病状とも言えるでしょうね。中国新型肺炎よりも酷いこの政治末期がんを何とかしないと、日本はただ滅びるだけとなるでしょうね。日本の経済総合成長率は、安倍政権になってから世界先進国最下位に落ちましたしね。これは、前民主党政権よりも酷い結果である。

 さて、いつも通りに現政治体制の批判も終えた所で、安全重視設計の新型ヘリの形についての話をしていきます。
 まあこれは最近の世界においてもヘリでの墜落による事故での死傷がが多く発生している事でのヘリの安全性に対しての疑問から出てきた形なのですが、いつまでも単一ローター式の1回転羽根だけでのヘリのままというのは、それが故障なりしたら、後は墜落して死ぬだけの結果になり得る状況で、安全対策の面では完全無視の設計で、気軽に小型で飛べれば良いだけの存在としてヘリが存在しているようですけども、これからの時代では、ヘリの搭載人数の確保よりも飛ぶ物は必ず何かしらで落ちる可能性があるという事を踏まえた上での安全設計を施すべきだと私は考えます。
 その基本理念から考える新型の安全重視のヘリの形は、単一羽根のヘリではなく、さらに二枚羽根のオスプレイでもなく、ローター4つで羽根も4つの中心支えとして、十字の先にそれぞれ回転翼のプロペラを付けた飛行ドローンのような形状でのヘリの形にすれば、1つの回転翼のローター等に異常が起きても、他3つで飛行を支えられるようにできるならば、墜落の危険性を減らす方向にさせる事が出来ます。
 さらに4十字の形から6角形や8角形等の多角形の形で羽根を増設させていくと、それに応じて墜落の危険性を減らして行く流れにさせて行けるでしょう。ただし、羽根を完全固定では、飛行に関してのバランスが取りにくいでしょうから、それぞれ多少位置方向を変更できる形にさせて、さらに飛ぶ際の風量速度も変更できる形で、どれか等が故障した場合の基本設定等も組み込んで、臨機応変な持続飛行状況を作り出せるような形に出来れば、ヘリにおける墜落の危険性を限りなく減らして行くようにできるでしょう。
 ただそれだけではまだ不安が残るので、そこからさらにヘリ本体等に墜落落下しそうな場合にエアクッション等を内部だけでなく機体外部にも展開出来るような形を取って、機体が損傷する事自体を防止出来る仕組みにして、中にいる人の安全をとことんまで守るような形に出来れば、ヘリの墜落時の安全性の確保にさらに墜落場所への被害を減らす方向にも繋げて行けるでしょうね。
 さらにヘリ本体の上部に開き空間があるのならば、ヘリ用のパラシュートなりを付けておければ、落下の速度を下げる働きからより守る方向にも繋げる事が出来て、さらに安全性を高める形にもする事が出来るでしょうね。
 それらの際に基本的に犠牲になるのがヘリに乗り込める人の数ですが、安全性と引き換えにするのですから、多少乗り込める数や運べる重量制限が低くなっても、いざという時の安全設計を重視する方が大事だと私は思いますけどね。
 まあしかし、多翼プロペラ式でヘリを飛ばす形にするわけですから、その分浮遊飛行力は上昇させやすくなり、浮遊ホバリングや飛行能力を高めやすく操作しやすい形に出来るので、今の形よりも救助用とか安全飛行の交通の便の形としても使いやすくなっていくでしょうけどね。重量に関しても多翼プロペラを増設させて行けばよいわけですしね。
 そこから基本浮力用と進み用で分ける形にすると、オスプレイの安全改良型のような形で運用できるようになるでしょうしね。ただし機体自体の大きさは基本的に大きくなるので、1つのヘリでの大量人員輸送には向かないでしょうけど。あと安全重視設計だから、軍用としても安全輸送の必要性以外では今一つ。まあでも従来ヘリよりかなり頑丈になるのは言えてるでしょうけど。

 ただしそれらも、風力エンジンが作れ次第かなり変化してくるでしょうけどね。エネルギー無限での仕組み以外に、風力量増強における浮力効果を狭い空間でより多く得やすいという基本効果が付きますので、安全性にもエコにも速度的にも充実上昇の効果が付与されるので、より使いやすくなるでしょうね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 安全重視のヘリ~終了~多翼プロペラ式





























 ちなみにこの基本設計をベースにして車にも付けさせられるようにすると、車にベースを載せて合体させてから、多翼プロペラ式で飛び上がる見た目ほぼ車型飛行ドローンという形にすれば、簡単に飛行形態にさせる事も出来るのではないでしょうかね? ちなみにその場合の機体形態は車型ヘリという扱いにすればよい。 まあただし、車やヘリ等を一般化させて走らせたり飛ばせるようにすると、まず間違いなく墜落事故の危険性が相当激しくなるので、安全設計を1番に考えてそれ系の社会的な仕組みも整えないと、アメリカの9.11が日常的に起こる事になりかねないので、その辺は注意した方が良いでしょうね。
 1日にして東京のビル群が全部真っ二つに折れまくるとか普通にありそうですからね。無法整備状態で行けば。それは世界でも同じような事が言えますが。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1329回 磁石磁力BOX~組み合わせ超自由でエコに貢献~ [新アイテム開発]

 さてようやくアイデアが本固まり出来たので、公開するカラーBOXの強化発展型の磁石磁力版ですね。ネジが一切必要無く、いつでも組み合わせ構成を変える事が可能なBOXの形です。

 それで毎度の時事の最初は中国の新型肺炎の続報に関してですけど、どうにも感染発見スピードが高まっているようですね。まあ武漢の病院であれだけすし詰めでいたら感染拡大も仕方なしという気がしないでもないですけどね。
 ついでに封鎖前に武漢脱出していた人たちが市民人口の半分くらい居たようで、封鎖の意味があまり無いというか一足遅かったという気がしてならない状況で、中国全土への拡大も危惧し始める状況での混乱が蔓延しているようですね。
 そしてついに日本でも検査逃れて入ってきた感染者から日本での感染へとフェーズが進んだようで、次は中国人観光客を受け入れまくってきたツケが日本で回されて広まる危険性が高くなってきた模様ですね。 この状況下では、中国にあまりマスクを回すと、日本での感染拡大にまで繋がる恐れも出てき始めそうですから、ちゃんと自分たち等の分を確保した上で余剰分を売りに出すなどをしないと、結果的にマイナスにしかならなくなる恐れが高くなってきましたよ。
 まあその状況で日本でも蔓延が酷くなると、さらに中国人や他の観光客も逃げ出すようになって、中国の二の舞状況に成りかねなく、さらなる深刻な経済打撃と新型肺炎の蔓延による混乱が強くなっていくでしょうね。 まあ日本政府や中国人観光客頼りの経営から観光客マネーに目が眩んで大いに招き入れた結果でもあると言えますけどね。そして水際対策等も意味のない形でやった結果でね。
 そして日本でも広まりを見せたら、その瞬間から酷い経済打撃に繋がるというのに、目先の欲しか目に入らない結果こういう事になっていると言えるでしょうかね。 受け入れはしたとしても、移動や行動の制限を設けて、感染拡大に繋がるような状況ではない形にすればまだ良かったのでしょうけど、国民の安全よりもお金が大事な今の日本政府には無理な対応ですよね。
 武漢からの日本人緊急帰還に関しても自宅待機型だと、余計に蔓延を進ませる危険性も高いでしょうから、せっかくならば政府の国庫の方から使う形で、お客さんがキャンセルばかりで困るホテルや旅館等と協力して、しばらくの間缶詰対策に協力してもらう方向で、宿泊費を政府が出す形にすればよいのでは? 少なく見積もっても500人以上緊急帰還の人達がいるようですし、それで自宅待機で国民の不安と混乱と差別に繋がる状況を放置するのではなく、取り敢えずの隔離対策の形でどちらにも余計な不安などを与えさせないようにする対策が必要だと思いますね。 でないと、日本でまずい状況が蔓延して余計な混乱と経済大打撃に繋がっていくでしょうしね。それに、この方法ならキャンセルで困る宿泊施設の国からの補償みたいな形にして使う事も出来るので、いろいろと都合がよいのではないでしょうかね?

 それと軽く話しますが、今朝のグッとラックにて性教育を早い内からする必要があるという事に関しては納得できますね。性犯罪防止の意味も強いでしょうし、男女の関わりに違いなどを早い内から学んで、変な間違いなどを起こさせない為の子供を守る意味でも必要だと思われますが、性犯罪が大好きで男女差別主義者たちな自民党では、下手に教えさせず子供を苦しめてやろうという状況でしかないように見られますね。社会の部品として育てて、後で襲おうとしているからの状況ではないでしょうかね? 性犯罪に関しての罪もこの国では軽すぎますしね。
 私ならば、いろんな意味で地獄を味わってもらう形で、再犯はおろか、それの一部公開にて抑止効果も狙わせる形にしますね。性犯罪を受ける形で罪を償わせてね。一方的な愛の形をその犯罪者も受けないと出られないような形にすれば、再犯など出来なくなるというか、そちらの方向に染まらないと出れなくなるというとても恐ろしい刑罰ですからね。性犯罪をすると、性癖を強制変更される罰。

 それで時事が長くなる時の大体の形と同じパターンですけど、今回の本題の磁石磁力BOXもかなり軽いですね。まあこの次の話の布石というか予備知識としての意味合いもかなりあるので、それも含めた形でのエコにも繋がる組み合わせ自由なBOXの形の磁石磁力版ですね。
 基本の木材等で使われたりするカラーBOXは、ネジ等で強度の補強をする必要があって、1度作り上げたら、再度の解体が大変になったりして、不必要時の粗大ごみになったりもして便利な反面面倒でもある代物ですけど、それを磁石磁力コーティングにすれば、ネジを使わずに強力に固定させて、ついでに組み合わせが今まで以上に自由となり、さらに解体の手間も楽になった上で、再利用がしやすい形に出来るので、何度もいろんな形で利用したり組み合わせて作り上げる事が出来るので、かなりエコで使い勝手の良い形に出来ると思います。
 ちなみにその方法としてはとても簡単な物で、木材等の板に対して、角になる部分全てに磁石をコーティングさせて、他の同じ物と磁石磁力で組み合わせられるようにすれば、それだけでもそれなりの強度での磁石磁力BOXにさせる事が出来るでしょうし、それの耐荷重量増強としては、L字磁石やT字磁石等にT字磁石のさらに角から折れ曲がる形でのより強化強固型の磁石パーツを組み合わせると、磁石磁力同士の引き寄せ合う力が増して行き、かなり強固な強度で耐荷重量の強化に繋げられると思います。
 そしてそれらの取り外しは、普通に手でも取り外せると思いますが、あまりに磁力が強くなって取り外しが難しい場合は、別途電磁力式から強力な磁力で引き寄せられる機器等を作り出せば、取り外しも出来るようになるでしょう。

 この形の磁石磁力コーティングの板等であれば、本体が破損して使い物にならなくならない限りは、1つの板パーツとして組み合わせ方自由に使っていけるようになるでしょうね。まあそれにネジ穴とか付ける必要無くて、磁石磁力のコーティングを角全体に付けるだけで良いので、余計なゴミも作成時に出さずにいろんな大きさで個別販売もしやすくなるので便利かと思われますね。
 この形ならば、組み合わせはすごく自由に組み合わせて磁力で固められるので、板だけでなく棒とかも組み合わせたりして、磁石磁力だけで組み合わせるお手軽DIYとかにも出来るのではないでしょうかね?磁石磁力コーティングの方も簡単に作れるキット等を出せば、さらに良いでしょうしね。 磁石磁力だけで組み合わせるならば、誰でも簡単に危険性の無い形で組み合わせて行けるでしょうしね。
 磁石と板などの組み合わせは、まさに無限の可能性を生み出し作り出して行く事も出来るでしょうね。作り上げた物も不必要になれば、簡単に取り外し解体してから、再度別の物に再利用して行けばよいわけですから、板パーツ等が壊れない限りはそれを使えて、仮に1つ壊れても、他のパーツからすぐに部分交換で使えるようにする事が出来るので、資材資源的にもエコであり、パーツの組み合わせが自由という事では、今までとは違ったよりカラフルでユニークな形で実用的な物を作り出すのも簡単になって行くでしょうね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 磁石磁力BOX~終了~エココーティング





























 そして今回のさらなる発展型は、電磁力式での家等の形ですね。電力さえしっかりとあるのなら、仮設でも行けるでしょうし、移動可能住宅としても使えるでしょうね。まあその辺に関する事を詳しくやる予定です。自然発電等とも組み合わせた形にしないといけませんしね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1322回 道路改造計画 磁力誘導システム~車と場のリンク効果~ [新アイテム開発]

 さて久しぶりなこのシリーズでの話ですね。風邪の方は明日ゆっくりで治す予定。(そんなに重病でもないので。)
 ちなみにタイトルでは誘導と書いてますが、場所によっては強制移動型の方が早いかもしれません。車操作の面倒システム入れるくらいならね。

 さて時事は細々とした物がいくつかありますけども、まずは犯罪絡みで少し話すと、今朝のグッとラックにてぶつかり屋の話が出ていましたが、まあ確実に暴行傷害系統の犯罪ですよね。場合によっては殺人未遂に相当する凶悪犯罪にも該当しそうな犯罪であり、見かけ次第逮捕して行けるような社会的仕組みが必要だと思われますね。
 というか声掛けせずにぶつかりに行って注意を促すとか、言語が無くて体で思い示すしかできない野蛮な原始人ですか?という話であり、それは戦争行為でしかありませんね。学校や子供の生活で言語を学んだ経験は1つも無いというのでしょうかね? ストレス発散等に関しては完全に悪質犯罪であり、それが悪化すると人殺しに発展する凶悪犯罪の予兆行為ですから、犯罪として立件させまくるのが良いと思われますね。 ちなみに私の仕組みでの罪に対する反省と罰の形でこれを対象にさせると、アメフトやボクシング等の格闘技等においての受け身役?(防御役?)のアシスタントで働いてもらったり、格闘技類でのスパークリング系ボコられ役での仕事に従事させる形にすると、嫌でもぶつけられる側の気持ちを理解させられるのではないでしょうかね? あとは刑務所での女性のストレス発散用での玉蹴りの受け役。何の玉なのかは明言しなくても分かりますよね。
 それで犯罪絡みでもう1件として、関西情報ネットのtenにて、学生たちの闇バイトがなぜ減らないのかという事に関しては、手軽さや儲けられて逃げられない環境下になるとか、少年院後の仕事復帰が難しいとかいろいろ言われてますけど、はっきり言えるのは、罪に対する反省の形が完全不十分過ぎて、酷い犯罪であるという反省がされなくて出られてしまう事であり、ついでに社会の体質が資本主義での働かなければ生きていけないのに、低賃金が普通になり過ぎていて、普通に生活しようとする為には能力が無い人には犯罪に手を染めないと生きる事すら難しくなっていく資本主義の闇が出ているという事ですよ。
 それに、特殊詐欺とかも基本的には軽い罰でしかないので、闇仕事で稼いで遊んだ後に逮捕で刑務所で3食屋根付き生活過ごしてまた闇仕事を繰り返せば、意外と順風満帆な生活に出来てしまえる日本の環境があるので、そういう犯罪が絶対になくならないという事ですよね。逮捕されても反省する必要無くまたシャバに出られるのですから、犯罪を繰り返した方が幸せになれてしまうこの国の体制に問題があるという事ですよ。まさに正直者が馬鹿を見るという事を表しているかのような司法制度と政治体質ですからね。犯罪して儲けた者勝ちが体現されている国ですから、この体質のままでは無くなる事は絶対にありえないですね。
 それに詐欺とかされても被害者はお金を返してもらえることはほとんど無いのが基本とされちゃっていますし、私なら詐欺系の場合は、刑務所に入れた後に反省の形の1つとして、被害者に弁償しきるまで出られないという条件を付けくわえさせますね。 こうすると詐欺犯罪等が容易に繰り返される事はほぼ無くなるでしょうね。そして被害者は民事裁判とかでさらなる苦労をすることなく、確実に司法制度の仕組みからお金を返してもらえるようになります。
 というか、それは普通な事のはずだと思いますけどね。そんな普通が出来ない世界が普通だというのなら、私に変えさせれば、それを普通に被害者完全救済の形に変えさせられますよ?

 最後は安倍総理の通常国会開始の演説に関してですけど、オリンピック尽くしで中身のない空虚な内容になっていましたね。環境大臣の真似でもしたのでしょうか?
 というか今回の発言内容では、完全にオリパラピックを政治の道具として扱うような状況に成っていて、憲法改正の道具にまでしようとしているようですから、健全なスポーツの祭りにたっぷりと政治利用のドーピングしまくりな安倍政権という感じになっていますね。
 あとオリンピック関連でなんか厚底靴での新記録連発とかで禁止にさせようとかの話があるようですけど、本来選手の足を守る為の靴という認識で言えば、必然的に厚底にさせる必要がある筈なのですが、禁止にさせて選手等に怪我を推奨でもさせたいのでしょうかね? それに価格や手に入り易さも民間普及レベルでも簡単な感じになっているようなので、これが禁止で贅沢品の限りのオーダーメイドが許されている状況に成ったりしたら、それこそ問題状況ではないかと思えますね。貧乏人は陸上競技に参加するなと言っている差別発言にもなりかねないでしょうしね。
 マラソン系を潰してでもオーダーメイド等での売り上げを重視させたいのかな?判定しようとしている輩共は。

 それで本題の話の方に入って行きますけども、まあそんなに量は多くありませんね。
 この磁力誘導システムというのは、今までに紹介済みの磁力制御システムからの形で、道路面への引き寄せや反発の効果以外の形で、駐車等の形において磁力によって誘導もしくは誘導アシストにも使えるのではないのかという話であり、磁力制御の形での反発の形から車を少し浮遊させた状態で横方向に移動させたりしても簡単に車の駐車にも出来るでしょうし、通常移動での車の自動移動の形に道路面の磁力駐車の形で移動予定ポイントとその他移動禁止ゾーン等には磁力の壁を形成させる形にさせると、駐車に関する移動のシステム負担等を減らせるようにも出来るし、さらに人運転でのアシストにも応用させていくようにする事も出来るようになるという感じですね。
 磁力による形ならば、車カメラを使わずに安全に移動させる事も出来ますし、場所によっては駐車だけでなくて安全に出口等へ運ぶ役割として機能させる事も出来るでしょうからね。
 ちなみに反発浮遊からの強制移動型ならば、縦列駐車だろうと超簡単にさせられますね。車を横方向に磁力で引き寄せれば良いだけですし。出発はその逆でOK。 そういう仕組みを民間まで普及させると、駐車が凄く簡単になるでしょうね。ついでに場所を作るのも簡単になって行くし、より多くの場所を確保しやすい形にもしていきやすくなる。つまり空間のエコにもなるという事ですかね。
 そしてこれは自転車類でも似たような事は可能に出来る(自転車の装備で磁力対応が必要な場合もあるけど)でしょうし、船においての接岸やら陸揚げの形もやり易くなるでしょうし、移動移送も簡単にさせられやすくなるでしょうし、飛行機等においてもある程度の磁力空間壁を作り出す事が出来れば、視界不良等でも離発着が可能に出来たり、エンジン系不良の可能性にならなければ可能にさせられるようにできるので、今よりも安全性と利便性を上げられる方向に出来るでしょうね。
 ついでに磁力を思いっきり用いれば、引き寄せと反発効果の最大利用でのエンジンコストの削減と離発着の時間削減等にも役立てられるようになるでしょうね。磁力でのブースターやネット(網)構造にさせれば、それらも十分に可能でしょう。
 磁力電力が大幅にあれば、将来飛行機が地上を移動する事が無いようにさせる事も出来るようになる。まあこれはもちろん軍事転用も普通に出来てしまう事でもありますけどね。私のブログでは簡単な事に関して隠す気はありませんよ。まあ簡単のバラつきは人それぞれになるでしょうが。普通の人では簡単な事でも軍事転用にすぐ繋げられる人はあまりいないでしょうしね。

 様々な移動を便利に出来る磁力の力ですけど、便利な科学は必ず何かしらの形で軍事利用にもされる事は世の常ですね。今までは大抵の科学の形は逆からでしたけど。私の作る形からでは、平和利用の化学発展が軍事利用にも出来るという状況にもなっているという事ですね。
 良い面があれば、必ずその反対の悪い面もあるのが原則普通な事なのですよ。それで良い事しか言えない奴は信用出来ないという事ですね。だって詐欺師とか犯罪者は基本悪い情報は流しませんからね。だから、良い事しか言わない輩とか宣伝口調等は、たいてい悪い奴の仕業であると思った方が、世の中うまく進めやすいでしょうね。メリットデメリットがはっきり出ている方が、信用しやすいですね。
 それはつまりその情報等で考える必要があるのかどうかの違いという事ですね。デメリットが出されればメリットがどれだけ良くても人は考える事を少しはするでしょうからね。それで考えさせたくないから、大抵の犯罪者や詐欺師等は悪い情報は流さないのですよ、考えてほしくないからね。
 以上、社会の豆知識?でした。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 磁力誘導システム~終了~犯罪とそれに対応する罰と反省の形





























 正直な話、詐欺事件等に対して司法の形で反省の形において刑務所等からの仕事形式で犯罪者に弁償しきるまで出さないという仕組みにして行くと、確実に詐欺系の事件は減少していくでしょうね。どんなに悪魔の誘いがあっても刑務所反省弁償の辛い体験があれば、それを繰り返したいとは思わなくなるでしょうし、被害額がでかい時には出られるまでに相当時間が経っているでしょうしね。つまり出てくる頃には再犯する体力と精神力が無くなって出てくる事になりやすいでしょうからね。
 そしてそれが知れ渡って行くと、そういう闇バイト等に気軽に参加しようという気すらも薄れていくでしょうし、かなりの効果が出ると思うのですけどね。 ついでに私の政策の形からだと、衣食住最低保障の仕組みの恩恵によって、そこに手を出して稼ぐ必要性がかなり低くなり、出社後も基本的な生活的恩恵が受けられるので、再犯して生きようとする必要自体も無くなりますからね。
 結果、私のやり方ならば、犯罪者が生きにくい世の中に変わって行く事になりますね。
 ついでに言えば、老後の貯えをしっかり貯めておく必要性が皆無(衣食住最低保障)になるので、高齢者大金狙いの犯罪も対象自体が減って行くでしょうから、犯罪の数自体も否応なく減っていく事になるでしょうね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1318回 電磁力ONOFF開閉スイッチ~開け閉め労力ボタン1つで~ [新アイテム開発]

 さて昨日以上に地味で目立ちそうにもないけど、それなりに便利になる電磁力アイテムの紹介ですけど、今回は基本となる物が電磁力ですらなくて磁石磁力依存の物になりますね。
 この流れは電磁力扉(ドア)と似たような流れとなります。からくりと磁石組み合わせただけで、十分に基本形として役立ちますからね。今回電磁力はさらなる利便性としてのオマケみたいな所になりますね。(だからタイトルは電磁力外しても問題ないのが今回のアイテムですね。)

 さて今日の時事は、震災系の追悼などで特に無いですね。あと昨日の新型肺炎関連の情報で、日本で掛かったのは日本在中の中国人のようですね。帰国の話で勘違いしてしまいました。
 まあ後の追加情報では、死者が増えたそうですが、どちらも高齢者での基礎免疫量が低い人が死んでいるようで、普通の健常者にとっては今の所普通の肺炎クラスの病気でしかないという所のようですね。中国が今出している情報で見ればの話ですが。 それで報道でも言っていましたが、まだはしかやインフルほどの危険性はない様子なので、新型だけに注意するよりも既存の脅威に対する注意をしっかりしておいた方が良いかとも思いますね。インフルだって重病になれば死に至る病気でありますし、子供たちが掛かれば異常行動での死に至る危険性がある怖い病気ですから、新型に恐れるよりもまずインフル対策をしっかりする方が大切かと思いますね。

 あとオーストラリアでの自然火災が超絶大規模になって大量の犠牲を生み出し続けているようで、非常事態のような状況になっているようですけど、ここまで来ると細かい対策では焼け石に水以下の状況でしかないので、大規模作戦で今の火災状況を完全鎮火させることに重点を置いて、その消火作業の際の多少の犠牲は無視して今大丈夫な所を守る事に重視して消火作業をしていく方が良いかと思いますね。
 救えそうな命は全部救うみたいな形で細かく切り込んで行くだけでは、次々と延焼範囲が拡大して行って、結果的により多くの犠牲が発生していくだけになるでしょうから、苦肉の判断をどこかで取られなければ、終わりが見えなくなって大丈夫な所自体が無くなって全てが終わりになりますよ? 細かく行っても完全消火範囲を増やしていけるなら話は別かもしれませんが、現状手段でそれが不可能ならば、そんな無駄な事で新たな犠牲を増やし続けるよりも、無理すれば助けられるかもしれないけど今の大丈夫な場所を守る為にそこには犠牲になってもらうという手段も考えないといけないという事ですね。全部を守れるだけの力が現状無いのであれば、多少の犠牲はやむを得ない。その力を持とうとしなかったが故の犠牲として扱っていく必要がある。
 この考えで非情と言われても別に良いのですよ。どちらの選択肢がより多くの命を救えるかを考えた時の現状の力量においての取れる選択肢がそれしかないのであればね。私なら、最初から全部の命を救えるだけの力を保持しておくという選択肢で持ってから対処する方向で動いておきますけどね。今回のは、それを怠ったが故の状況での選択肢です。
 非情で結構な手段であれば、いくらでも方法は出てくるでしょうしね。大量の土砂で持って潰しまくれば良いのですからね。もしくは海水からの集中放水でも良いでしょうね。

 さて時事での命のやり取りに関する重苦しい話を終えまして、本題は打って変わって軽いのほほんとした内容ばかりですね。
 それで本題は、(電磁力)ONOFF開閉スイッチという内容で、簡単留めの形で磁石の磁力が使われる製品が数多く生み出されていますけど、さらなる便利要素にも使っていける事や単一磁石磁力の組み合わせだけでなく、簡単なからくりと組み合わせるだけで、磁石における簡単なONOFFの開閉機能にもなるスイッチ構造にも出来るという話を今日はしていきます。
 それでさっさと磁石式ONOFF開閉スイッチの話から行きますけども、基本は単一磁石におけるS極とN極の引き寄せ効果における用途で使われる事がほとんどで、力によって引き離す事が出来るというのが一般的な形ですよね? それを簡単なボタン1つで、引き離す事自体も磁力でやってしまおうという仕組みで、方法としてはものすごく簡単で、開閉したりする磁石の所を2つ用意して、ボタンによって移動する仕組みとすれば、同じ場所にあるはずの対となる磁石の力に対しては、引き寄せ効果から反発効果に変わるので、離す要素として使えるようになります。もしくは磁石配置で空き空間があるのならば、磁石を回転させても良いでしょうし、反発極を上から被せる等の形にしても良く、いろんな形で磁石の引き寄せ効果をボタン1つで反発させる形に切り換える事が可能です。
 このような仕組みを使えば、不用意にボタンで開いてほしくない場所以外であれば、開ける際の引き離す為の力は、ボタン1つで済ませる事が出来るようになり、その後自動的に磁石の配置が元に戻る仕組みを付けたら、後は戻すだけでよくなりますし、電磁石を使えば、戻す際もボタン1つで自動的に閉められる形にする事も出来るでしょうね。
 物における開閉では、必ずどこかの部分が合わさっているはずなので、そこを起点とした磁石配置からの電磁力の組み合わせを作れば、電磁力によって開閉をボタン1つで行わせる事も簡単に軽量化して出来るようになりますので、物が重くなる事を最大限減らして取り付ける事が可能となります。ついでにこの形からは、電磁力扉と同じように後付けの形も作りやすいですしね。
 まあ全部からくり仕掛けで、磁石の力だけによる方法も出来なくはないのですが、完全それ専用体系で作らないと無理ですね。

 それで磁石の便利面は主に引き寄せ合う力と反発させる力で、主に引き寄せる際の磁石の恩恵は様々な所で受けていると思いますが、まだ少ないと言えるでしょうね。様々な電化製品等のカバー等にも磁石の力と物理からくりを組み合わせれば、より簡単に開閉が出来るようになるでしょうし、梱包類固定の形でも磁石の力は使っていけるでしょうし、マジックテープの代わり等の使い道や棒と組み合わせての磁力ラックや簡単配置用にのれん掛け等もどこかの設置工事等必要無く簡単に出来るでしょうし、磁石磁力の組み合わせを強くすれば、簡単に固定力を強める形にする事も出来るでしょうからね。 まだまだ利用可能な位置は多いと思いますよ?
 確かどこかで使われていたはずですけど、寝具と磁石を組み合わせて、枕や掛布団があまり大きく動かないように磁石磁力で固定させるなんて言う方法に使っている所もあるという噂を聞いた事がありますし、まだまだ利用価値は多いと思いますね。 そう言えばバスタオルの使い方の1つとして、磁石使ったら楽になったり、バスローブ系統も磁石の力を使うと楽に安心に使えたりするのではないでしょうかね?
 あとはハンガーなどの基礎形態を根本から変えてより便利により強固にさせていくなんていう形にも使えるでしょうし、容器詰め替え系も磁石の力を使ったら、より零れないようにも出来るのではないでしょうかね?


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 電磁力ONOFF開閉スイッチ~終了~磁石の力





























 まだまだこれからも磁石の力の発展のアイデアを考えて行きますよ。新たな所では、組み合わせ自由な磁石BOXなんて物も思い付いて、より考えがまとまったら紹介する予定です。まあ途中で使えないと思ったら公開する気もありませんけどね。 ではでは。END 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1317回 電磁力スコップ~誰でも簡単に掘り掘り~ [新アイテム開発]

 さて電磁力アイテムに戻りましての今回の紹介ですけども、今回は様々な用途で使える力の必要のない電磁力スコップですね。この形なら軽量化&ロング等の形にもしやすいので、利便性を上げられるスコップになります。

 さて時事としては桜を見る会問題がまだまだ紛糾している事に加えて、政権が過ち認めたにもかかわらず認めただけで他は何もしようとせずに、認めればどんな政治犯罪も無罪で終わりだという独裁政権ぶりがはっきり見える状況になっていますね。普通の会社ならばトップ辞任が普通の案件でも、独裁政権では認めたらそれで終わりと出来るのが独裁者とその政治の特権ですよね。
 副総理組長も問題発言をしても悪い事だとも思っていない様子で、民族差別する事の何がいけない事なのか?と思っている感じでしたね。東京人だけいれば他はいくら死んでも構わないという差別主義組長ですかね? 今日本は政治犯罪者集団が政権を奪い取っている状況ですね。

 あとは新型肺炎の脅威に関しては、いくら水際対策していても、潜伏期間があるのならばあまり意味は無いでしょうし、中国はれっきとした独裁国家ですから、情報統制もしっかりされているはずであり、国際問題になりかねない問題を見つけても他国に知らせない可能性も含めて考えた方が良いかと思いますね。
 多分ですけど、今回の初の日本人感染者の状況から見るに、ヒトヒト感染の可能性は限りなくあると見て良いでしょうけど、現時点での感染能力はまだそこまで高くないと見る感じの判断でよいでしょうかね。まあそれでも憶測な判断状況ですけど、より正確な情報を中国が隠し持っている限り、周りは憶測+αでより警戒をしていた方が良いかとは思いますね。
 観光客の集客率よりも人命優先の方が何においても優先されるべき案件だと思うのですけどね。
 日本政府としては、いくらでも日本人の犠牲者が出ても良いけど、観光客が減る事は御免という立場なのでしょうかね? さすが中国と同じく独裁政権の状況ですね。

 それでは本題の電磁力スコップの話に移って行きます。
 この電磁力スコップは、他の電磁力アイテムとまあ同じように簡単な制御機構から磁力の反発によって高度の力を引き出して使うという形なのですけども、スコップにおいて使われるべき所は、作用点となる先の平たい所と力点である所の中心部の支点の所で、早く言えば掘り掻き出す部分と連結させている部分に電磁力制御を付けて、普段吸着状態からボタンで反発状態に切り換えさせて、上方向を繋げたまま下方向の反発力を出す形で、電磁力を用いて強力なバネの効果を生み出させると、スコップとしての使い方で電磁力を機能させる事が出来るようになります。
 この形ならば、誰でも簡単に持ち手の力量関係無くボタン1つで電磁力反発でスコップの先を動かして勢いよく掘ったり掻き出したりする力に出来るようになります。
 ただこれだけの機能ならば、機械式だけでも十分に作り出す事はでき、電磁力を用いる必要は全く無いわけですけども、電磁力の形ならば比較的軽量化にさせやすい事と、重い機械をがちがちに固める必要無く、スコップの支点と作用点での電磁力吸着と反発が出来さえすればこの形が作り出せるので、持ち手の部分からボタン等で長く伸ばす形にしたり、蛇腹ロープ等での自由に曲げさせられる形から、その部分までも電磁力の磁力によって曲げた状態で固定化させた上で、スコップ側の電磁力を別に使って直線スコップだけではない用途にもスコップの力を使わせていけるようにも出来るでしょうね。

 さらに雪堀シャベル系スコップとして使う場合には、超電導させて細かく震えさせまくる事によって、雪雪崩をスコップの力で部分的に発生させる形に使ったり、スコップの表面に熱を発生させる機構を付けてヒートスコップの状態から電磁力で反発掘りさせると、どんな固い雪の塊でも部分的に溶かしながら反発の力で楽々に掘って行くという形にする事も出来ますし、冷気発生機構を付けてコールドスコップのような形で水を氷の粒や冷やしてスコップで辺りにばら撒いて使うなどの地味な用途に使わせる事も出来るでしょう。
 まあ後は、持ち手は従来スコップの形状でなくても構わなくなるので、好きにさせられる事もあり、磁石磁力の形だけでもそれなりに強い反発の掘る力を作り出す事も出来る(ただし再使用には、手で戻す必要アリ。)ので、電磁力でも磁石磁力でも使える磁力スコップの形という感じですね。使う作用値を変えれば、掻き出す方向で使っていく事も出来ますからね。
 全て磁力による反発の力で物体移動させるので、スコップの先の部分の物質自体が破壊されない限りは機能させられます。 まあつまり、あんまり硬すぎる物には使えないという点はあまり変わらず、誰でも簡単にそれなりに強い力でスコップが使えるようになるというぐらいのアイテムですね。 ただそれで素材の強度を上げた場合で相手が固い場合は、逆に使っている側が動かされる可能性も無きにしも非ず(通常形態のままだと)なので、あまり物理的に不可能だという所には使えないという常識の範囲内での便利アイテムでしかありません。
 どうしても重い物に使いたい場合は、素直に機械に全部任せた方が早いですしね。
 電磁力では機械式に比べて、基本的に軽量化&利便性向上ぐらいにしか使える要素は人仕様の形ではありませんからね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 電磁力スコップ~終了~反発力での掘る力





























 さて今度の電磁力系アイテムは地味なの行こうかな?というか電磁力というよりも磁石磁力優先な感じが思い浮かんでしまったしね。簡単にきっちりというのも磁石の力の強みですよね。 FIN
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1307回 磁力発電~半無限永続大規模発電~ [新アイテム開発]

 さて仕事始めな今日の回で、ようやく私の3大自然発電の最後の1つである磁力発電の形についての紹介と行きます。まあ基本的には、反発と重力での兼ね合いをベースにして、シーソー原理で半無限に運動エネルギーを作り出す構造ですね。ついでに多少の電力使って電磁力変化式なら、さらに簡単により大きな電力を簡単に作り出す事も出来るでしょうね。

 それでいつものように時事ですけど、IRカジノでの中国企業からの闇献金問題で維新側の議員が受領を認めたようで、残り否定している自民系も受け取っている可能性がさらに高まりましたね。
 それで見えるのは、維新よりも自民の方が心底腐っている無駄議員という事ですね。まあ維新側も受領は認めたけども、部下の責任にして記憶にないと言っているようで、基本的な腐り加減は残っていますけどね。
 これは法案の所でカジノメインで話す所から間違っている話なのですけどね。昨日も言いましたが、IRにカジノの存在は必須ではなく、おまけ扱いであるのだからそれ以外の物で代用も出来るというのに、IRを主張してカジノ以外は許さないとかいう法律で行くのは、IRよりもカジノが目当てである事の表れであり、トランプからの高額買いでしかない。有力カジノ会社もトランプ氏の息のかかった企業のようですからね。まあ癒着に基づいたカジノの売買に安倍政権が頷いたという話ですよね。

 そしてゴーン日本大脱出の件での国内空港プロセスでの重大な問題点が徐々に浮き彫りになってきたようで、なんでも日本でのプライベートジェット機での飛行ならば、手荷物検査がほぼ行われないようで、何でもかんでも持ち込み&運び出し放題な状況になっているみたいで、その方法でならどんな犯罪人も日本から逃がせて、逆にどんなテロリストやら小型核爆弾だろうとも日本に持ち込む事が容易に出来るようで、日本の安全性は無いも同然である事が世界に証明されるような状況であることが発覚したようですね。
 それで要は、プライベートジェット使えば、日本で禁止されている銃剣類やら覚醒剤等の麻薬も持ち込み放題で、アメリカ等よろしく銃社会にする事も簡単に出来てしまうような空港の荷物管理体制になっていたという事ですね。これは如何に安倍政権が国民の安全を守る気が欠片も無い事を明らかにしているも同然の状況だという事になりますね。まあ昔からの話であるならば、歴代の政権政党全部に当てはまる話ですけどね。まあほぼ自民党でしょうけど。
 これで日本オリンピックだと、確実に政治宗教テロウェルカムな状態になっているという事ですよね。
 それで今イランとアメリカが一触即発になっているという事では、北朝鮮共々狙われる確率が上がっている気がしてなりませんね。アメリカのお茶の間テレビ中継にオリパラピックの惨劇とかが大きく出たりしたら、トランプ氏の状況はどうなるのでしょうかね?
 別にイランが国を挙げてやる必要は無くて、イランの中のテロリストが勝手にやったという事にすれば、国的な状況にせずにアメリカに対する多大なる反撃にも出来ますし、基本的にイランがやるとすれば、国的な形ではなくテロ攻撃での反撃方法が基本となるでしょうね。
 戦争等も真正面からぶつかるだけが戦いではありませんからね。経済的な形もあれば、不意打ち専門で徐々に崩して行く方法での戦争もありますからね。

 それで時事終えまして本題に入りますけども、磁力発電の構造は基本シンプルですけど、半無限化させる為にはいろいろ仕組みが必要になってきます。
 基本の形としては、磁力における反発の形をベースとして、それに加えて地球が本来持っている重力の影響値を組み合わせて磁力発電の場所における空間位置固定をした状態で作り出せる物で、簡単な物は横にぶれないような形で上下に磁石を設置させて、上の方を吊り上げる形で下とくっつける長さまでで用意して放置させると、初期の位置から落とされた時に反発されて、加速力に反発する形で、上に戻されてまた下に落ちるというのを数回か繰り返してから、いずれ加速値が減って行き中空に止まる形になります。 これはボールなりの弾む原理の形と同様の仕組みであり、磁石における磁力においても同じような形になるでしょう。
 ただそれだけではいつか止まってしまうし、だんだんと勢いが弱まって行くので、それを補い勢いを強めたままにする為には、シーソー原理に基づいて、2つの磁石の落下状態値を繋げさせる形で、片方が上がった状態でもう片方が下がった状態から始めると、シーソー原理の構造とそれぞれの加速値と反発の勢いの形から、かなり長時間大規模な運動エネルギーを作り出す形にさせる事が出来るでしょう。
 ただそれでもいずれは加速の影響値が少なくなっていくでしょうから、さらにもう1工夫として、加速影響値における電力の発生状況が減ってきた際に地面部分に設置している磁石のどちらか片方を下に沈めてからバネ式で弾き飛ばすという仕組みを付け加えると、反発と加速の影響値を再度復活させる形にする事が出来るようになるので、この形で放置すれば、常にほぼ一定の大規模磁力型運動エネルギーを生み出し続ける事が出来るようになります。それを発電の形に使えば、大規模磁力発電の形に繋げていく事が出来ます。
 ちなみにバネ式の部分を電磁力形式で磁力を引き上げさせるという形にしても同様の効果を得させられるように出来ます。

 そしてもう1つの形としては、今度は横に振り子のような形で、半円を描くように磁石を設置させて、左右の端々にも反発の磁石を設置させて、振り子の動きに合わせる形で左右の端々の磁石も左右に移動させられるような形で仕組み付けをして反発もしくは吸着同士の形にすれば、それぞれの方向で強い勢いの状態を維持させたままにさせて、移動する運動エネルギーを無限に生み出し続けさせる事が出来るようになります。
 まあどちらも言える事は、磁石が移動する範囲を一定内に固定化させて、磁力と重力を合わせる形で反発なりの力を永続的に持たせる仕組み付けをすれば、半無限式の磁力発電という形にする事が出来ます。
 基本は磁石のみでの反発の形からの仕組みとなるので、電磁力に頼る必要性はあまり無く、純粋に固めて大きくしたりした磁石の状況によって反発の力を用いて半無限に運動エネルギーを引き出すという仕組みですね。まあこれでもまだ改良の余地はかなりありますが、例の如く全てを載せないのがここの形なので、取り敢えずは基本の所までとします。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 磁力発電~終了~磁力+重力





























 さてこれを作っている最中にユニークな発電施設の形が思い浮かんだので、今後少しずつ公開していきますね。日常の風景を次々と自然発電化。ある意味そこまでやるのか発電?
 まあ今日紹介した磁力発電含めた3大自然発電を整えるだけで、大抵の大規模消費電力体系でも賄えるのでしょうけどね。 ただ体系の話としては、発電施設は今の時代にいくらどこにだってあっても困る物ではないでしょうからね。今後は様々な場所を機能そのままに発電施設化にも出来るという話も合わせていくとしましょうかね。 THE日常自然発電END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1303回 凧揚げ風力発電(広告布系風力発電) [新アイテム開発]

 さて真面目と思いきや、年始系でのお遊び的な新規風力発電の体系紹介と言った所の話です。
 まあ遊びと言いつつそれなりに発電成果は高められる方法ですけどね。まあ見栄え重視での付与効果で発電が出来るといった程度のオマケ発電な感じの今作です。何かの役に立てば程度の内容ですね。

 さて時事は本気で無いですね。ネットから拾えるニュースは多少あるものの、あまり興味を引く物はないので、今日は時事の休みという感じで、半分お遊びの風力発電メインで参ります。

 さてこの風力発電は、回転風力ではなくて、単純に布系統などで風を受けて物体移動させられる力を利用した風力発電の形で、ゴムとか引き戻す力をある程度用意した物の先に凧揚げの凧や広告系のアドバルーン(最近消滅してきているが)に旗みたいなのぼり等をつけて、それが物理風力で受ける移動の力を初期状態から移動されるという物理に置き換えて発電とさせる体系で、風力状況に応じてリミッター変化させる形なら、軽い風力からでも発電にも置き換えて行けるし、元の状態の効果も発動させたままと出来る。

 それで、凧揚げ程度は完全お遊びとしても、広告系ののぼり等においては、それ自体を小型発電機としても使えるという形ならば、それ自体の意味を少しは上げる事にも繋げられるでしょうし、風を受けて移動させられる力を利用する形ならば、作りやすいし危険性も少ないので、簡単な風力発電の形として使うようにする事も出来る。
 それにこの形を応用して、普通ははためくだけの旗等にこの風力発電機構を取りつけさせると、無風状態でも割かし見える状態にさせて、風が吹いたらその分を風力発電の形に変えさせる事も出来るようになるので、地味でコツコツとした発電的な意味ではそれなりに使うようにも出来るでしょうかね。

 あとは帆船系等(ヨット)とかで、メインで働かせる物以外にサブの所にも同様の形から風を受けて移動させる形からの風力発電とさせる形での小型風力発電機とさせる事も可能。
 こちらの風力発電は、効率や能力は普通の回転風力発電よりも低く悪いものの小型で作り易く危険性もほとんど無いのが特徴で、基本的に風を受けての移動される力を利用するだけなので、せいぜい人が受ける影響は布等に叩かれる程度である。
 だから子供のおもちゃ程度にも安全に使えそうな小型風力発電機としても出来そうですね。簡単な科学の実験用とかね。ま、ものすごく地味ですが。


 それではここまで見て頂き誠にありがとうございます。
 凧揚げ風力発電~終了~簡単安全小型風力発電機





























 ついでに言える事は、回転風力と違って、置き場所や配置場所に困る必要性も薄くて、日常の中に配置しても危険性がほとんど無いと言った事が利点でしょうかね。ただし、発電性能に期待してはいけませんが。あくまでサブ目的ですよねこれは。日常系風力発電体系の1つですね。 FIN
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第1299回 電磁力扉(ドア)~きっちり自動で開閉機能~ [新アイテム開発]

 さて年末特番ばかりでまともな報道ネタが入らなくなっての今回の話は、持ちネタの電磁力系グッズに関する話ですね。電磁力扉とタイトルでは言ってますが、磁力(磁石)だけの物もいくつか含まれますね。それは何も扉だけにマグネットを使うだけが使い方では無い事の形です。

 さてニュース番組がほとんど無いので時事も特に無いのですけど、短い分を細かく見ていると、年末での放置された被災地は、人手が足りなくてブルーシートの屋根で過ごしたり、お金が無くて建て直しも出来ずに他所へ引っ越しをしたりと国の対応が悪すぎて疲弊させられる年越しの被災者が多いようですね。 それでいて安倍政権系は主に年越しパーティーで楽しくするのですから、被災者と政治家の落差は激しい物があるとも言えるでしょうね。碌な国の仕事もせずに放置しての有様ですからね。
 それに、ブルーシート系被災の所も直そうにも悪質な業者が出回っているから信頼出来る所に頼もうとすると人手不足で2~3年後になるとかで、そのペースで行くと直した直後にまた台風被災で打ちのめされるような状況になりかねなくて、真に人至上主義が良いと言いたくっている割には、どうにも出来ない負の連鎖しか見えてこないようですね。
 さっさと切り替えて、ロボット技術による建築の信頼性を作り出した方が、相次ぐ自然災害からの復旧率を高める為には必要なのではないでしょうかね? 今の日本では災害や事故が多発していて、復旧せねばならん所が山放題にありますからね。それを人口人材減の人至上主義では絶対的ににっちもさっちもいかない状態になるのは目に見えていると思うのですがね。
 ついでに国の被災家屋に出す補助のお金等も低すぎて、とても新規でやり直す為のお金にはならなくて、国が被災者にはお金を出したくないけど出さないと体裁が悪いから仕方なく出している感がありありの金額率の状態だから、地方が衰退していくという状況で、やっている事は完全に地方潰しの地方殺し体制でしかないですよね。これではますます日本の全体経済は衰退していく一方ですね。そして年金財源やら国の予算も減っていく。それもこれも日本の政治家にお金が渡されまくっているからですよね。確実に日本では政治家に回される支出が全体予算の最低でも1%以上は存在していて、悪ければ10%以上も存在しているのではないでしょうかね? 困っている国民にお金を回すぐらいなら政治家の私腹を肥やすお金に使った方が有意義であるとか今の政治家達は思っていそうな状況ですからね。
 日本の政治家さんは無料で使えるお部屋がたくさん国から与えられて、ついでにそこに住むだけでもお金がもらえるという超優遇待遇ですからね。無料で使える部屋代だけでも月100万円は軽く超えるみたいで、これは隠された政治家給与ですよね?

 という感じで被災者たちの大変さの状況から、それに比べての日本の政治家達の優遇状況に対する不満も込めてのいつものような話を終えまして、そろそろ本題に入って行きます。
 今回のは電磁力扉で、基本的には電磁力の力で開閉する扉やドアといった説明が早い話なのですけれども、電磁力での反発から開く事に吸着の引き寄せ効果で閉める効果は磁力ならではの効果であり、IoT等の形とも組み合わせやすい技術にもなってきます。
 それは通常の横開きの形での形だけでなく、シャッター等に類される物を開閉する際にもこの電磁力を用いると、簡単に自動で出来る上にしっかりとその場に固定させる事も出来るようになり、通常の電力等と違って、磁力による吸着効果での防御力も加わるので、より強固な形での閉める効果にも出来ます。
 ついでに言えば、浸水とか横などから水が迫ってくる際の対策として、店の入り口などの所に下から迫り出してくるタイプのシャッター等があれば、土嚢や水嚢よりも簡単に防御効果高く防ぐ事も出来るようになるでしょうね。

 そして、電気式と電磁力式で大きく違う所は、電気式だとメカメカしく機械を全体配置させていく必要が多くありますが、電磁力式ならば電磁力の反発と吸着の形が出来れば良いので、非常にコンパクトにあらゆる扉などに付ける事が可能で、現在タイプの窓ガラス系等にも取り付けてIoT化させる事も出来るぐらい、後付けも簡単なのが電磁力式の方ですね。
 理由はと言えば、電磁力作動方式の本体は必要だけども、後の形は磁石磁力の形での反発と吸着だけなので、対応のヶ所の数ヵ所に電磁力対応の磁石と線の配置をして付ければ、簡単に簡易自動化の形で磁力による開閉が可能になりますし、置く配置場所の形からは、開け方の形のバリエーションも複数用意する事も可能になります。そしてそのまま電磁力維持させてわずかに開いた状態で固く固定させる事も出来るようになるので、風や換気用の隙間は欲しいけど、防犯対策や動物の侵入を防ぎたい場合等には効果的に作用させる事も出来るようになります。 まあただ、この形での簡易自動式では、超強力な固定は不可能なので、基本的な日常使用程度の形だという感じですかね。つまり短期程度なら良いけども、長期使用には向かないという事でね。

 さらに磁石の形だけでも出来る便利な所で言えば、日本家屋系には割かし普通にあったりするふすまや引き戸等(旅館とか特に)ですけど、あれは横の移動線の中で自由に動いて部屋同士の仕切りにしたり繋げて大きな部屋に出来たりする物ですが、割かし自由に動きますよね。
 そしてピッタリ閉めるのが少し大変だったりしますが、あそこの端々に磁石を埋め込んだり付けたりすると、閉める際にはある程度の距離から自動的にピッタリ合わさって閉まってくれるようになり、ある程度の固定効果もあって、収納させたい時にも仕切りとして使いたい時にも結構使えるアイテムになるのではないでしょうかね? ついでにそこも電磁力式にすると、開けられそうで絶対に開けられない(破壊以外では。)強固な木と紙の仕切りにする事も出来ますね。
 つまりその形においては、一部金庫系の能力効果とか男女分けの効果とかにも強力に作用させたりする事も見た目的にはほとんど変化させずに設置する事も可能です。基本的にふすま等の端の堅い部分と線の部分に埋め込めばよいので、普通に視認する分には変化無いようにする事も可能です。これが最大の電気式と電磁力式での違いにもなりますかね。
 見た目の変化を気にするような所にも使いやすく設置して行けるのが電磁力式ですからね。それに例え電気が使えなくても、通常の磁石磁力の効果は発揮されるので、それなりの能力効果は維持される事になる。
 完全に見た目は古い和の形なのに、備えられている機能は最先端の自動式とかの扉やふすまの和旅館や古民家等というのも出来ますね。ちなみに電磁力ならば、それだけでも鍵の効果として機能させる事も出来ますしね。ただし発動状態では電気が必要ですが。
 つまり、物理鍵が付けられない場所でも、電磁力式の鍵が付けられるようになったりもするという事ですね。見た目的にはほぼ何も変わりない状態でね。
 ちなみにそのカギとしての電磁力効果は、通常の扉やドア等にも併用して付けられるようになるので、より強固な形の為という事でも付ける事は可能ですね。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 電磁力扉~終了~見た目変わりなく





























 さて今年も残す所通常営業ブログは1日のみですね。31日は休みますからね。ちなみに大掃除ネタは、プラの方での世界も未だ放置しているプラゴミ問題の闇の方での話の大掃除ネタの話にしたいと思います。レジ袋を無くすだけでは世界規模にすれば何の対策にもならない現実があるのですよ。それに数年以上掛けている状況では、焼け石に水どころかアマゾン大火災等にコップ1杯(200ml)の水を掛けているような物でしかないですね。 END
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 新アイテム開発 ブログトップ