So-net無料ブログ作成

第1193回 報道特集特集 台風激甚災害と第4次安倍無能政権 地震を超える台風 [授業]

 さて今日はいつも通り報道特集の内容ですけど、何度も言っている台風の脅威の話に台風をもっと恐れるべきという事の話をして、無能政権の方は無能ぶりと環境大臣の今注目すべき問題の簡単解決策でも紹介していきます。 誰もが納得できる方法で簡単なのは存在しているのですよね。 ただ無能バカ共には全く思い付く事も出来ないだけで。あと責任が取れなければできない事でもありますけどね。無責任内閣では絶対できませんけど。(笑)

 さて時事に関しては、あおり運転とされているエアガン乱射攻撃事件に関しては、普通にあおり目的というよりは誰かを攻撃したくて盗難車でドライブレコーダー対策をして、エアガン乱射でよしんば誰かを殺せればよいと考えてやった殺人未遂だと私は思いますね。あおりの動機は何でも良くて、取り敢えずエアガンで誰かを攻撃できれば良かったという所の犯行であり、これを一般的なあおり運転と同列に考えるべきではないと思いますね。 運悪くタイヤに当たっていればあの攻撃力では普通に自動車事故で殺す事も出来たはずですからね。だからこそ殺人未遂の事件でやるべき話ですよね。運転席付近に改造エアガン持っている時点で、罪確定ですからね。
 やはり車は人に運転させるのが危険であるという事ですね。この状況で空飛ぶ車なんて、テロリストたちに爆弾を手渡すのと同じ事にしかなりませんね。 世界でも今の状況で開発させて一般化させようとしたら、テロリストたちにもっとテロを頻発させてくださいという支援行為にしかならないでしょうね。あとは窓の開閉状況を何とか制御しないと、墜落事故死が多発しますよ?(車ごとだけでなく人単体で。)

 さてそれでは現状被害が続いている状況では続け様にこちらで話している内容ですけど、千葉県一帯での全面復旧が2週間ぐらいかかるとかいう判断が出されて、地上型なら復旧が早いとかいう自慢はどこに吹き飛ばされた?という散々な状況になっていますね。
 まあ原因は電柱が倒される状況以外に倒木等の影響が酷くて、それの除去等も電力会社がやっているという事で遅くなっているようですが、国民に影響が出ている問題でその問題解決の為に行政が介入できない様になっている事や政府が緊急事態で問題解決に取り掛かるような事をしていない時点で、千葉県民を見殺しにしようとして、電力会社に責任なすりつけをしている最悪状態であるという事ですよね。 ついでに東京離れ小島の方でも半ば見捨てられている状況下にあって、日本政府は国民の危機に対して助けようという意思が無い閣な状況になっていますね。
 人手等に関しても自衛隊などをもっと国から自発的に動かしていければ、より多くの命が救えたでしょうに電気の復旧もかなり早く出来たでしょうに、そんな事よりも内閣人事が優先で自衛隊の存在も人命救助の為には使わないと言っているかのような状況は最低だとしか言えませんね。台風如きでは使わないとか言っているのでしょうけど、最早今の台風の被害規模はいつ起きるか分からない地震以上の威力規模になっており、台風よりも地震の方が重い災害であるという認識を捨て去った方が良い気がしますね。
 地震はいつ来るか分かりませんし、レベルもかなりばらつきがあって大きい地震はあまり頻発的にやって来ませんが、台風はそれとは違い、毎年のようにやってきては毎回必ず何かしらの被害を生み出し、その数も数多く発生して短期間の間に集中的に襲い掛かってきます。そして被害の状況は年々酷くなっていき、台風によって引き起こされる災害現象は、大雨集中豪雨や強風暴風に加えて高波被害も重なる状況であり、普通に巨大地震のレベルの災害が毎年必ずやってくるのと同じ状況にあると言っても過言ではなく、その状況で台風を軽く見る事は災害対策等の面において、非常に甘い考えであるような気がしてきますね。
 ただし幸い台風においては来る状況を事前に調べておくことは可能なので、対応対策はしやすいはずなのですが、今までの惨状から何も学ばず軽く扱っていたが為に大規模災害が連発するようになっても何も対策せずにこのような惨事になっているという事ですね。 つまり今までの怠慢と驕りからこのような状況になっているという事ですね。本当に安倍政権では災害対策は何も出来ない閣ですね。
 地震や津波に浸水などは下から来るけども、台風は主に上から襲い掛かってくるので、現状のままでは打つ手が無いような状況にもありますね。
 あと日本において本当に悲惨な災害というのは、誰も頭の片隅にすらないとは思いますが、勢力が強い台風と巨大地震が同時に襲い掛かってきたら、今のままでは為す術なく壊滅クラスの大規模激甚災害になるでしょうね。それは空襲や原爆投下と同じような惨状が繰り出されるのではないでしょうかね? そこまで予想できる人は平和ボケ日本では私ぐらいな者ではないでしょうかね?
 だから全部見越した上で、モグラやシェルターと言っているわけですよね。今の甘い考えでは、本当の最悪の自然災害に耐えられる状況に無いという事でね。

 まあ本当の最悪な状況や普通に強烈になって行っている台風の前では、どんだけ地上の電柱を強化しようが無駄でしかないので、さっさと無電柱化のさらなる強化版で常時メンテナンスが可能な形での電線等の地中埋め込み化の形をした方が、いざという時の対応にしても非常に早く復旧させられるように出来るでしょうね。 ただ地下に埋め込むだけでは、何かあった時の復旧工事が遅いですからね。ついでにそこにライフライン等も全部まとめて配置できれば、何かあった際の対応がしやすくなりますね。どうせ今でもまとめているわけですしね。(警備体制もその形では取りやすいのでね。)
 あと、無電柱化系統での予算に関して話が上がっているようですけど、これからの国民生活での大切さから見ても普通に国家予算から作り出して行くのが当然だと思いますね。だってできなければ結局国民生活において大打撃になって命にも関わってくる事になるのだから、四の五の言わずに国が直接にでも日本全国無電柱化改を行なうべきでしょうね。
 あとは現状で千葉県を助けようと思うのならば、一時的にでも太陽光発電のソーラーパネル等一式を大量に支援物資として送れば、電気復旧工事がいくら遅れようとも何とか持たせていく事が出来るのではないでしょうかね? それを日本全国の業者に連携させる形にすれば、人助けの為として役立てさせられますし、今後の太陽光発電の普及にも一役買える形になって、もし販売会社や生産会社が回復するまで無償提供してくれる形になったら、その商品を買ってくれる所を増やせるかもしれませんね。 今回の大停電で、太陽光発電の強さというのもかなり出てきていますから、今の脆弱な電力送電線網の代わりとして普及させる絶好のチャンスにもなるでしょうね。もちろん基本は善意による人助けの為という行動が必要ですが。 策はいくらでも考えられますね。
 あとは人工滝発電も普通に有効なのですけどねぇ…作成も簡単で大きさによりけりですが比較的何処にでも設置できる(巨大なのは海や湖周辺のみ)というのに、出さないというのは電力的に助ける気が無いという事でしょうかね? 完全系の詳しい解説は私しかできませんけど、大体普通の人でも原理は分ると思うのですが、そこまで行かないバカでは無いですよね?

 さてお次は第4次安倍無能政権といういつも通りの無能なお友達ばかりを集めて、サプライズ&嫌がらせ含めた試練の人事を環境大臣として課した内閣ですけども、基本サプライズ含めて無能さは顕著ですね。引継ぎ出来ないと何も話せないとかは、無能である証拠ですし、政治家として話せないというのは、それが独裁政治である事を象徴させているような状況ですし、今回の千葉県やその周辺の大停電にも迅速な対応は出来ずに内閣人事優先で国民が助けを求めている最中に笑って笑顔で楽しんでいる安倍内閣というのは、まさに国民を笑って見殺しにしている状況そのものですよね。これを無能と言わずして何を無能と呼べばよいのでしょうかね?
 あと豚コレラの問題も対応せずに被害拡大させて、経済に大打撃を与えようとしているし、安倍総理の目的は日本を潰す事であるとしか言えない出来事が頻発していますね。これぞ正しく人災多発内閣ですね。

 そして福島の放射能汚染の土や水などに関して、前任はバカに今回も無責任体質で行こうとしていますが、簡単に解決出来る方法はあるのですよね。
 土に関しての最終埋立地に関してですけど、影響範囲をなるべく抑えようと思うのであれば、土自体も鉄の棺に納めた状態で場所としては、福島原発の地と永田町の地と自衛隊基地の地の3ヶ所が妥当な場所になると思いますね。 それを国民の責任に転嫁しようとする方が悪質無責任なのであり、国民から反対されまくるのだから、国が土地を買い上げられる場所に埋め立てる方が至極真っ当な形であると考えられますね。影響は無いというのならこれらの土地に埋めても平気なはずですから、最も簡単な場所であると言えるのではないでしょうかね? まあもしくは、鉄の棺に入れた状態で海底奥深くまで削って入れて行くという方法も取れますけど、頑丈にさせる形で大量の税金投入をしなければならないので、かなり大変になる事は言えるでしょうね。
 そして水に関しては、そのままだと体積容量がバカデカいですが、液体から気体や固体に化学変化させて、質量を低くさせてまとめる形でこちらも鉄の棺で同じような場所に収める方法やはたまたどちらもその鉄塊での巨大な人工の山や塔を作り上げるという形でも良いでしょうかね。
 要は核のゴミと同じような扱いで対応させていくというスタンスで行くのが手っ取り早いでしょうね。別に考える方が問題である。それが話をややこらしくしているという事でもある。
 結局の話、国が作り上げて起きた現象結果なのですから、その責任は国民に転嫁される物ではなくて、国が負うべき話であるというだけの事ですよね。 今の安倍政権は必死に国民に罪や責任をなすりつけようとしているだけである。国が負うべき責任はきちんと国が負う必要がある。それが出来ない輩共は政治家には確実に向いていない。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~台風の脅威





























 今後日本は台風対策にももっと力を出して行くべき必要があると思いますね。風の威力をうまく受け流す事が出来る建築物を作り出すとか、モグラになるとか本気で考えて行かないと、その内高層建築物を暴風で折りに来る最悪台風とかも出てくるかもしれませんね。ビルクラッシャー台風とか発生してきたら、どうなるのでしょうかね? まあ普通に車やトラック等が軽く吹き飛ばされるくらいになったら、飛び交う重量物で自動的にそのような大惨事が毎年のように繰り返されるようになるかもですが。(笑)(笑)(笑) 東京壊滅。阿鼻叫喚地獄絵図。まあそんな状況ならこちらでも普通にあるでしょうけど。(笑) そしてついでに同じような事が地上の発電所や原発にも起きると、正しくこの世の終わりを日本で迎える事となる。 対策しなければそのうち必ず地獄絵図。日本も核放棄しなければ、台風によって原子爆弾(原発)で自爆する事になりますね。 END
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。