So-net無料ブログ作成

第251回 今芸能を騒がせている若手女優の出家問題について

 さて今回はいつもならスルーしている芸能系騒動についての私なりの意見を話していきます。(今回のは結構問題系で騒ぎになっている為。) ちなみにカテゴライズはどれにも該当しないため、未分類とさせていただきます。 まあ報道系も少し芸能系に属しているから少々偏って報道している傾向にある為に、どちらにも属しない公平的な感じで話していきます。とはいえ、傾きを正す的な感じで行きますので、少々女優側寄りの発言が多くなりますが。(あの宗教団体に寄るつもりは塵ほども無い。)

 さて今回の騒動の発端は、今人気急上昇中の若手女優が突然宗教団体に出家してしまったという事で、事務所と宗教団体との現在代理戦争が行われて揉めているという状況です。(まあ女優本人自身もSNSで意味深な事を呟いたりしているみたいですが。) この揉めている内容では、仕事に関する事や給料に関する事などで、真っ向から意見が2分されている状態で、どちらが事実なのか?で揉めているというわけですね。(現在各種報道や芸能関係は、大体が事務所側のみの情報を信じ切っての発言をすることが多いみたいです。) トランプ氏の時でも問題となりましたが、事実は厳密的には1つではないという事です。報道などでは事実という存在は必ず1つであるという認識で通していますが、事実が1つであるのであれば、この世界を全否定する事にも繋がります。だって皆さんが考えている事や思っている事は全員違うのですから。確かに歴史などで見る過去等の出来事などは事実は1つとなっていますが、日夜新しい情報などが入っていき事実の更新が続かれている状況となっている。この内容を頭に入れると、事実は厳密的には1つでは無い事になります。人それぞれの記憶によって事実の数は無限大にも存在するのです。だって今までの事実が今では事実ではないという状況は幾度となく繰り返されているのですから。立場が違う状況で1つの事実を見た時、導き出される事実は1つではないという事です。だって人は全員考える内容が少しずつ違うのですから。(機械のように全く同じ図式しか浮かばないのであれば別ですが。) という理論の元考えると、事務所側が思い描く事実と、宗教団体側が思い描く事実と、女優本人が思い描く事実の少なくとも3パターンが現在発生しているという事ですね。 歴史的な1つにまとめるべき事実には、この3つの事実が完全に交じり合わないと真相の事実にはたどり着けないでしょう。ただしこれは基本的な事実という判定で、実際には思考性の違いで事実はそれぞれにより違うという事になります。 現在の報道や芸能関係の方は、ほとんど事務所側の事実しか信じようとしなくて、宗教側や出家女優側が事実は他にあるというのです。 それに事実は人々の思想によって捻じ曲げられる事も多くあります。本当に全ての謎が解けて全てが判明するまでの期間では、1つの事実という存在は存在しないのです。 そして完全な事実という存在もまた存在する事は無いのですが。(個人だけの事であれば、完全に近づける事は可能でしょうが、そこにほんの1秒程度でも誰かの要因が加えられると完全な事実という事が存在しえなくなるのです。)
 まあ事実についての内容はこれぐらいにしてまた本題へと戻らせていただきますが。(完全に内容理解してもらう為には、対話型で長時間の話し合いが必要になると思うので、割かし簡単な所でこの長さです。)
 現在どのような意図が有れ、この女優が幸せの実現とか言う宗教団体に出家している事は確実な事ですね?ならば何かしらの非が事務所側にあったことは確実な事でしょう。それによって内面的精神的に思い悩んで、結果宗教団体に出家したことも現在判明している事実です。この状況下で、事務所側の事実だけを鵜呑みにした発言は事実を無視する発言となるでしょう。(数ある情報の一部だけで全体を見ているという偏った内容になりますから。) まあとはいえ、宗教団体の言葉が信用しにくい内容であることもまた事実の1つでしょう。しかしこれと本人らしきSNSも含めて考えた発言報道をしていなければ、報道としては残念賞ですね。偏りすぎる報道は、時に事実を捻じ曲げてしまう危険性があるのですから。 今本人は宗教団体やSNSの発信によれば療養期間と言っています。ならばここは一旦落ち着いて、しばし様子を見て本人の出方を待ってからでも事実の確認は遅くは無いでしょう。 今現在表に出てこない事もまた事実で、何かしらの回復が必要な期間であるという事もまた1つの事実であるのですから、早く真相が知りたいが為に女優を追い込むような早まった真似はしない方が良いかと思われます。
 今現在の1つの仮説ですが、女優本人が知らず知らずのうちにうつ病を発症していたとした場合、急がせる行為は自殺の誘発状況を生んでしまうという危険的可能性も予測の範囲に含まれます。現在出てこれない状況で休みが必要かもしれない状況では、この状況の可能性も範囲の1つとして入れて行動を考えて行かなければいけません。 その状況なのかもしれないというのに、無駄に拙速して非難をするようなコメントを発する芸能人や報道各社は、人間的な配慮性が少し欠けているのではないかと思われます。あとで謝れば良いと考える方もいるでしょうが、それがきっかけで自殺に走るといううつ病患者も数えきれないほど出た状況が確認されているというのに、少々稚拙な無責任行動ではないでしょうか? これでもし女優が本当に自殺などでもした場合は、どう責任を取るのでしょうか?(まあどうせ誰も取らないのが通例でしょうが。) なすれば、今しばし本人がTVの前に出てこれるまで待ってから意見や避難などをするべきことだと思うのですが。 確かに芸能界の常識上では今回の突然の引退と出家騒動には、問題行動で非難されてもおかしくは無い状況ですが、これが本当に精神面の病気か何かである場合は、死ねという発言の追い討ち効果になる場合があるという事です。 不確かな状況であまり変な発言をするのは、良識ある芸能人としてはいかがなものかと思います。 別に病気ではない可能性もあるでしょうが、突然出てこられない状況ですから、何かしらの負の面はあるはずですから。
 先ほどの事実が違うという内容の事は、事務所側が思っていた事と女優側が思っていた事が違うという事でしょう。あの報道だけを見ると、事務所側は事務所が良くなる風での意味合いで感じていたという認識にも見て取れます。給料に関しても普段2~3万位の人でもいきなり10万とかになったら「これだけ貰えるのですか?」となるだろう?その状況下での差異がある可能性がある。 また仕事の拒否などは事務所が本人は嫌がっていると言っても内心は受けたがっているだけだろうと見て受け取っていたり、「死にたいや辞めたい」系も本気で受け取っておらず冗談で受け取っていたから何も知らないという可能性もあるという事だ。また宗教団体側も本人が出て発言をしておらず団体が出て話しているので、確実的な信憑性には欠けるおそれがある。
 またこの宗教団体への突然の出家には、本人の直筆の通りに洗脳やマインドコントロールをされての行動の線もあるだろう。ただその状況にされるほどには神経や精神がすり減っていたという状況も考えられるので、これまた事務所側の何かしらの非があった可能性は捨てきれない物がある。 もしくは何年も前から洗脳などを少しずつ受けてきて、この突然になって完全完了しての行動の可能性もあるだろう。 現在の全てが憶測の状況では、事実の断定はする事ではないという事になる。全ての物事への起点を作るのは、女優本人の登場後になるだろう。それまでにある程度の断定をして発言をすることは稚拙な行動という事だ。

 それでも芸能界の暗部には、SNSでも載せてあったような闇は存在することは確かだろう。 だってコネという存在があるという事は、その闇の存在を否定できないという事だから。(人気を得る為や、知名度を上げる為と相手の弱みを握っての否定させない流れなどは、現在よく起きている犯罪などを見てもよくある事だろうに。デビュー前の奴や若手ではよくある事だろう?)


 それではここまで見ていただきまして誠にありがとうございます。
 出家女優~終了~無限大の事実










 事実の違いは、戦争や争いなどでよく起こる事変だね。世界歴史的には、勝った国が事実としての権利を得て事実にし得るけども、負けた国としてもその戦いでの事実があるという事だ。 現在のVSイスラム国でも世界から見れば、テロ組織との戦いだという事実になるけども、当のイスラム国からしたら邪教徒殲滅の聖戦が事実という事になっている。 事実と一概に言っても、それが本当の事実である証拠は誰も証明できないのが事実という存在だ。 だって昔の事実では、地球がまっ平らだという事が事実という認識でいた時代もあるほどだからな。 宇宙の全てが分からない現状では、完全な事実という存在は存在しえないという事だ。
END
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0