SSブログ

第2201回 報道特集特集 上がる軍事防衛費と必要な装備の中身 [政治経済改革]

 さて今日の報道特集はウクライナ戦争から発起する日本の防衛予算引き上げと軍事戦力拡大についての話でしたけど、アメリカのバカ高いだけの兵器よりも国内生産での確実に防衛力を上げる形を重視して行った方が良いと思いますね。
 その方が結果的に予算も抑えられますし、アメリカの兵器は大概攻撃的なので、無用な攻撃力は要らないと思いますから、防衛予算引き上げは良いとしてもこれ以上の戦争攻撃力は不要だと考えますね。
 専守防衛を基軸に捉えて、防衛防御寄りの兵器を中心に揃えていくのが大事だと思います。

 あと今自民党政府が2%上げるとか言っているのは、日本がこれから経済成長すると仮定した上での2%増加という事らしいので、現状から見ると普通に3~4%増加の形とするようで、その部分では言葉巧みに国民を騙そうとする姿勢が今も見られるようですね。
 国民騙して国民からの借金増加で軍事予算を引き上げようとしているようで、国民の生活を良くする事よりも戦争費用の方が大事と自民党は言っている状況ですね。

 守るための防衛費や基地の増加等は最低限必要な所ではありますが、それによってそこに元からいる人達が追い出されるような事があっては本末転倒でしかないです。他国からの侵略ではなく、自国の軍人からの侵略によってそこに住む人たちの安寧が脅かされては何の意味もありませんからね。
 軍事面である程度の迷惑を掛けるなら、それに対する社会保障の拡充等も合わせるべきだと思いますけどね。まあ戦争で殺し合う事しか考えていない自民党にそんな配慮を期待するだけ無駄ですかね?

 ただまあ、警察署や交番があることは歓迎しておいて、軍事基地は忌避するというのはどうにも…という感じはありますけどね。やっている事は国内か国際的かで違うだけで配置する意味に関しては似たような物なのですがね。
 基本的には守るために配置していく物であり、警察署等も犯罪者やテロリスト等から見れば攻撃する対象なのですから、基地の近くが危険という事なら警察署等の近くもむしろ危険という言葉が正しいのですが、そういう認識に至っていないのは平和ボケしたバカの人達の意見が多いという事ですかね?
 それに、ロシアの様な蛮族国家であれば、基地の有無は関係なくむしろ基地が無い方が狙われているような状況があるにもかかわらず、基地は邪魔というのは腑に落ちませんけどね。ロシアは完全に軍事基地が全くない住宅地や学校に病院等を執拗に狙っており、むしろ基地がある方向の方が狙われていないとさえ思えるような状況の民間虐殺攻撃を主軸に置いているのですけどね。
 基地がある場所が狙われる戦争等は、ある程度相手が理性的で国際社会の戦争のルールに則る事が出来る国が行なう物であり、それ以外の国であればむしろ基地が無い所で人口密集地の方を狙うという事になるので、基地が無い所の方がそういう輩共に対しては危険ですけどね?
 警察があまり行かない場所にこそ犯罪者達が悪事をするようにね?無法者は基地が無い所の方を狙うのですよ。そしてプーチンはその無法者という事ですが。

 それで国の防衛に関しては、練度もお金も掛かる人は減らして無人戦力を増やして行った方が結果的に費用は減らして行けるでしょうね。どうせ日本の兵ではまともな殺し合いの戦争には精神が耐えられないでしょうし、本格的な戦争を体験していない状態では軍事力が低い国にも練度は確実に劣る。
 そんな事で無駄な戦力と予算を注ぎ込むよりも手軽に増やせて人が殺されるという心配のない無人戦力を増やして行き、減る人口の中でも確実に防衛人数を確保して、各種軍事兵器も基本的に無人化で重用できるように整備を強化していくのが良いでしょうね。
 戦車も無人化・軍船も無人化・戦闘機も無人化という形で、大半の兵器は無人化で動かせる形で、基本は遠隔操作でサブでAIによる自立行動が出来る形が望ましい。もしくは人の遠隔操作とAIによる補助での組み合わせ型というのもあり。
 あとはエネルギーコストや弾薬を節約できるように電磁式装備の普及とビーム兵器相当での電気式装備の普及を合わせられれば、相当な消耗軍事予算を引き下げていく事は出来るようになると思います。
 その上で陸海空の小型ドローンも多用して、最新技術と数による運用で旧式なでかいだけの堅物兵器を圧倒する防衛力で固めれば良いという感じですかね。
 中国もいずれ開発してくると思われる電磁発射式の対艦ミサイルとかの形をミサイル艇に詰め込んで2~3艇空母辺りに突っ込ませれば、普通に沈められるでしょうね。その周りを駆逐艦等が固めているでしょうから、それに対しても1~2艇で突撃させれば簡単に空母等というでかいだけの的は簡単に沈められそうですからね。
 まあ私はこれのさらなる発展型の対空母用兵装を考えているのですが。


 それではここまで見て頂きまして誠にありがとうございます。
 報道特集~終了~国産無人防衛力の強化





























 軍事費用を減らして行くなら、整備や製造費用にお金が掛かるミサイルよりも電磁式装備を増やして行く方が遥かに安上がりで防衛力だけなら十分に出来ますよ。代わりに攻撃方向には強力な機体性能が必要になりますが…
 中国も基本的に攻撃力重視だから電磁式装備はあまり使ってこないでしょうし、現状は電磁カタパルトによる発進補助ぐらいにしか考えていないかな? 一応ミサイル等にも応用は出来るけど、そこまでの小型化等にはまだという事かな? 軍船辺りなら十分にだろうけど。 END
nice!(0)  コメント(0)